忍者ブログ

ミスター・ミセス・ミス・ロンリー

  • posted at:2015-09-22
  • written by:砂月(すなつき)
みさたーみせすみすろんりー
市山パースル=日本A・T・G
配給:ATG
製作年:1980年
公開日:1980年12月20日
監督:神代辰巳
プロデューサー:市山辰己 原田美枝子 佐々木史朗
企画:多賀祥介
原案:刹那
脚本:神代辰巳 刹那
音楽:千野秀一
演奏:ダウンタウン・ファイティング・ブギウギバンド ナショナルズ
撮影:押切隆世
照明:秦野和人
美術:大谷和正
録音:米山靖
編集:山地早智子
助監督:高橋安信
製作主任:熊田雅彦
制作担当:大堀誠
演出助手:渡辺寿 秦衛
撮影助手 芦澤明子 前田亮 星野和弘
照明助手:小谷朗 小野和幸 松浦正志
美術助手:藤田徹
小道具:大関進
録音助手:中村淳 沢畑明
ネガ編集:南とめ
編集助手:大坪隆介 吉田博
記録:津田のり子
進行:福永知幸
衣裳:京都衣裳 田内道世
メーク:おかもと技粧 住吉久良蔵
装飾:高津映画装飾
スチール:渡辺昌二
撮影機材:フカザワ
照明機材:三和照明
車輌:富士映画K・K 関東照明
録音所:櫂の会
現像:東洋現像所
オリジナルサウンドトラック盤:「ミスター・ミセス・ミス・ロンリー」ポリドールレコード
協力:大関酒造株式会社 日本マランツ株式会社 TAC株式会社 シドニーローム・薔薇の館
出演:原田美枝子 原田芳雄 天本英世 荒井智子 井川晃一
アメリカンビスタ カラー 138分

小説「三角陥斊」に登場する主人公・千里に共感し同じ生き方をしてみようと考えた若い女は、千里と名乗りエピソードに沿って手錠を電柱に繋いだ。そんな彼女を拾ったのは、たまたま車で通りかかったバーのマスターの半崎市雄だった。市雄は彼女を途中で降ろすつもりでいたが、家にまでついてきたのでなぜあのような目に遭ったのかと尋ねた。すると千里はわからないと答え、する側には正当な理由があっても、される側は死ぬほどつらいと言った。市雄は夜が明けたら追い出そうと考えていたが、千里はいつまでも居続けた。大声や手の動きに対して極度に怯える千里と、人懐っこい彼女を拒み続ける市雄。ある夜、市雄は酒の勢いで自分のことを勝手にしゃべり始めた。赤坂や銀座で毎晩100万使うバーの常連客から5万円のチップをもらったこと、その男から金をもらうと外国へ逃げたくなること、逃げたくても国籍がないためパスポートを作れないこと、混血児である自分が3歳のときに捨てられ、孤児院に入れられたが数年後に逃げ出したこと、そして誰も追いかけてこなかったこと。

大手商社の三信商事と共同でカズノコの買い占めを行った北川商産が経営の悪化で倒産した。北川商産は三信商事のダミー会社と噂されているのだ。負債総額は500億円といわれ、社長の北川は個人口座に振り込んだ会社の資金15億円を引き出すと姿を消した。この事件に関心を寄せていたのは三崎栄介だった。栄介は資産家の下村竜一郎に近づき、北川が海外へ逃亡しアムステルダムからピレネー山麓のアンドルーに無事についたという話を聞いたと話した。だが下村は暴走族まがいの連中を使って現金を横取りし、その交換条件として逃亡を手助けしたという話を信じようとしなかった。すると栄介は、北川とは中学時代の同級生だったことで話し合いはスムーズに行ったと答えた。自分の会社を倒産させた三信商事を恨んでいることもあり、二人の間柄は楽観的なものではないと説明した。そして北川との信頼関係はあなたとの関係と同じだというと、プロはそんな精神的な遊びはしないと席を立った。後日、再び接触した下村に違法ギリギリの行為で資産を増やしていることを栄介が指摘すると、彼は「私に3億円任せますか?」と言った。1週間後に北川商産の債権者会議があり、告訴となれば破産管財人が当たることから、債権者の顔見知りにその3億円で告訴しないように持って行けるかもしれないというのだ。それとは別に親会社の三信商事に破産責任の告訴をし裁判が長期化する間に残りの資金を動かして増やせばいいと下村が提案すると、栄介は身を乗り出した。

下村と別れた栄介はタクシーを停めようとするが、どのタクシーも空車のランプが点いているものの素通りして行った。頭に来た栄介が石を投げると見事にヒットし引き返してきたことから慌てて逃げ出した。交差点に飛び出した彼は市雄が運転する車にはねられた。

屋台的映画館
PR

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R