忍者ブログ

惑星大戦争

  • posted at:2018-12-10
  • written by:砂月(すなつき)
わくせいだいせんそう
東宝映画=東宝映像
配給:東宝
製作年:1977年
公開日:1977年12月17日 併映「霧の旗」
監督:福田純
制作:田中友幸 田中文雄
原案:神宮寺八郎
脚本:中西隆三 永原秀一
撮影:逢沢譲
美術:薩谷和夫
録音:伴利也
照明:小島真二
音楽:津島利章
電子音響デザイン:大野松雄
効果:東宝効果集団
整音:東宝録音センター
監督助手:今村一平
編集:池田美千子
スチール:石月美穂
現像:東京現像所
制作担当者:橋本利明
特殊技術・撮影:山本武
特殊技術・美術:井上泰幸
特殊技術・照明:森本正邦
特殊技術・スチール:田中一清
特殊技術・合成:三瓶一信
特殊撮影・操演:松本光司
特殊技術・監督助手:川北紘一
特殊技術・光学撮影:宮西武史
特殊技術・作画:塚田猛昭
特殊技術・特殊効果:渡辺忠昭
特殊技術・制作担当者:篠田啓助
特技監督:中野昭慶
出演:森田健作 浅野ゆう子 宮内洋 新克利 大滝秀治
シネマスコープ カラー 91分

1988年秋、地球に流星雨が飛来し一部が地上へ落下する現象が起きていた。それと同時に世界各地で電波障害などが発生し通信網などが混乱を起こしていた。休暇を取りアメリカから帰ってきた国連宇宙局本部の三好孝次は日本支部の松沢所長から呼び出しを受けた。全米各地で謎の飛行物体が目撃され、UFO騒ぎで大混乱に陥っているというのだ。それはワシントン付近に集中しており、シュミット博士を中心とする研究グループが追跡調査を行ったがまだその正体を確認出来ていなかった。嫌な予感がすると松沢が言い掛けたとき、交信不能だった宇宙ステーション「テラ」と20時間ぶりに繋がった。三笠忠隊員は金星上から周波数1420メガヘルツの断続的な電波が地球に向けて送信されていることを報告した。それは通信用のものだと考えられたが解読出来ず、地球からも金星へ向けた同じ周波数の電波が送信されていることがわかった。三笠がそれらの情報を伝えていると突如モニターの画面が乱れ、再び正常に戻ると彼は巨大なローマ船がステーションにぶつかると叫んだ。通信が途切れ室内に静寂が訪れたが、松沢は全力を尽くして調査しろとスタッフ全員に発破を掛けた。

三好は宇宙防衛艦「轟天」建設プロジェクトの中心人物だった滝川正人を訪ねた。1980年代に世界各地でUFOの目撃騒動が起き、宇宙からの侵略を危惧した国防軍は滝川に建設を依頼した。その後、建設が始まったが完成寸前で強制的に中止したのは滝川自身だった。その頃になると騒動は下火になっていたこともあって、平和な地球には不必要だとし計画の中止とともに国防軍を退官したのだ。そのときのメンバーの一人が三好だった。彼は本部からの指令できたことを明かし、流星雨と謎の飛行物体とに関連があるというデータが存在し、テラの事故も同様であると説明した。そこへ松沢からシュミットが調査中に森の中で殺されたという電話が掛かり、滝川は只事ではない感じた。ところが三好が帰った直後にシュミットが現れたのだ。数日前から得体の知れない男たちにつけ狙われ身の危険を感じた彼は、わざと偽のニュースを流して極秘で会いにきたのだ。シュミットはすぐにでも轟天を完成させてもらいたいと単刀直入に言った。そして最終部分を君が完成させることが無理ならば、その作業を国連が行うから設計図を渡して欲しいと言った。だが滝川はそれを断った。何故なら彼は目の前にいる男を信用出来なかったからだ。すると男はおもむろに立ち上がり銃を構えた。そこにやってきたのは不審に思って引き返してきた三好で、隙を突かれて銃を取り落とした男は窓を破って逃走した。この事件を宇宙からの挑戦と判断した政府は急遽、大石国防軍司令を長とする防衛対策本部を設置した。大石は情報分析の結果、敵基地は金星上にありと断定し滝川に轟天の完成を要請した。滝川はこれを承諾し、建設計画は再び動き出したのだった。

屋台的映画館
PR

わたし出すわ

  • posted at:2017-12-20
  • written by:砂月(すなつき)
わたしだすわ
アスミック・エース エンタテインメント
配給:アスミック・エース
製作年:2009年
公開日:2009年10月31日
監督:森田芳光
製作総指揮:豊島雅郎
プロデューサー:竹内伸治 三沢和子
ラインプロデューサー:橋本靖
エグゼクティブスーパーバイザー:黒澤満
脚本:森田芳光
音楽:大島ミチル
撮影:沖村志宏
美術:山﨑秀満
照明:渡辺三雄
装飾:湯澤幸夫
録音:高野泰雄
音響効果:伊藤進一
編集:川島章正
スクリプター:森永恭子
衣裳:宮本まさ江
キャスティング:杉野剛
助監督:増田伸弥
製作担当:樫崎秀明
製作管理:山本勉
プロデューサーアシスタント:今井淑恵
制作プロダクション:セントラル・アーツ
出演:小雪 黒谷友香 伊坂俊哉 山中崇 小山田サユリ
アメリカンビスタ カラー 110分

民家の郵便受けに1キロもの金塊が投げ込まれた事件が世間を賑わせていた頃、山吹摩耶は東京から故郷の北海道・函館に戻ってきた。新居となるアパートへの引っ越しを終えると彼女は業者の二人に気持ちとしてポチ袋を渡した。ありがたく頂戴した布田と大国は廊下の角を曲がると早速中身を確認したのだが、その金額に驚いた。10万円の現金が入っていたのだ。何かの間違いではないかと思い布田は後戻って返そうとしたのだが、摩耶は重い荷物を動かすことが私には出来ないことだからと受け取ろうとしなかった。そしてそのお金を有効に使っていい思い出を作ってくださいと言うと、布田はこれ以上問答しても仕方ないと諦めて素直に受け取った。

高校の同級生だった道上保が市電の運転手をしていることを知っていた摩耶は、彼が担当する路面電車に乗り込み終点の谷地頭に到着すると声を掛けた。驚く保に摩耶は話があるからと仕事が終わる時間を聞き車庫の付近で待ち合わせをすることにした。昔の仲間に連絡をして欲しいと言われ保が電話を掛けたのは、北産乳業社長夫人の魚住サキ、専業主婦の平場さくら、実業団のマラソンランナーとして活動している川上孝、養魚試験場の研究員・保利満の親しかった四人だったが、それぞれの事情で誰も集まらなかった。その夜、飲食店に入った保は誰もが彼女に会いたがっていたと嘘をついたが、しばらくいるから大丈夫と摩耶は当たり障りのない返事をした。そして路面電車の話題になると、彼女は保が高校時代に世界中の路面電車巡りをしたいという夢を持っていたことを話した。だが今の保は市電の運転手として働くことで十分満足していたし、家庭を持つ身で世界を巡る資金を捻出することなんて出来るはずがなかった。「そのお金、私が出してあげようか?」。それを聞いた保は悪い冗談だと思った。金塊が郵便受けに投げ込まれていたのなら別だが。数日後、彼の自宅に摩耶からの荷物か届き、その中から手紙とガイドブックと一緒に大金が出てきたことから保は妻のかえでとともに腰を抜かした。

自分が経営するレストランに摩耶を呼び出したサキは学生時代のことで話の花を咲かせ、玉の輿に乗ったことを自慢げに語った。そして食事が終わると野暮ったい姿をした彼女を百貨店に連れて行き着飾ろうとした。その帰り道、摩耶を待っていたのはかえでだった。悪い金ではないかと疑うかえでに摩耶は偽札ではないし盗んだ物でもないことを説明した。すると彼女は次の疑問を口にした。「何か主人とあったんですか?」。摩耶はただの高校時代の友達だったと説明したが、それで疑念が晴れるはずがなかった。「お世話になった人にせめてものお礼として、受け取ってください」。それを聞いたかえでは困った人のために有効に使うべきだと言ったが、そういうことなら相談してご主人に理解してもらえばいいじゃないですかと言い包められた。すっかり摩耶の虜になったかえでは彼女を神様のように尊敬するようになった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R