忍者ブログ

謝罪の王様

  • posted at:2020-04-07
  • written by:砂月(すなつき)
しゃざいのおうさま
「謝罪の王様」製作委員会(日本テレビ放送網=東宝=讀賣テレビ放送=バップ=電通=読売新聞社=大人計画=札幌テレビ放送=宮城テレビ放送=静岡第一テレビ=中京テレビ放送=広島テレビ放送=福岡放送)
配給:東宝
製作年:2013年
公開日:2013年9月28日
監督:水田伸生
プロデューサー:飯沼伸之 和田倉和利 福島聡司
エグゼクティブプロデューサー:奥田誠治
製作指揮:城朋子
製作:門屋大輔 市川南 藤門浩之 伊藤和明 寺田篤 松田陽三 長坂まき子
脚本:宮藤官九郎
音楽:三宅一徳
撮影:中山光一
美術・タイトルデザイン:都築雄二
照明:松本憲人
録音:鶴巻仁
編集:平澤政吾
監督補:相沢淳
助監督:足立公良
キャスティング:武重裕子
製作担当:島根淳
ラインプロデューサー:宿崎恵造
音楽プロデューサー:平川智司
主題歌:「ごめんなさいのKissing You」E-girls
制作プロダクション:シネバザール
企画・制作:日本テレビ放送網
出演:阿部サダヲ 井上真央 竹野内豊 岡田将生 尾野真千子
アメリカンビスタ カラー 128分

「弁護士に相談する前に」が謳い文句の東京謝罪センター。所長の黒島譲は「謝罪師」を生業としている。小さなトラブルから舞台挨拶での暴言・失言・暴露、不倫、二股、洒落にならない遅刻などあらゆる局面で最大級のインパクトと説得力を持つ謝罪方法として土下座は長く日本人に愛されてきたが、実はそれを越える謝罪方法があった。「土下座の向こう側」や「土下座越え」または「土下座の彼方」と業界で呼ばれるその方法で黒島は難題を次々と解決していくのだ。

<CASE1>司法書士を目指す帰国子女の倉持典子は、不慣れな車の運転でヤクザが乗る後続の車に衝突してしまった。うまく謝ることが出来ない彼女は相手の弁護士に言われるがままに誓約書へ判子を押してしまい、いつの間にか大阪のデリヘルで働くことになっていた。示談金は400万円、毎月12万円の返済で利子が10日で3割、しかも誓約書にサインをしているという最悪のケースだった。

<CASE2>大手下着メーカーでは系列会社と共同で新製品のプロジェクトを進めることなり、企画部の沼田卓也が本社へ出向することになった。プレゼンで企画が通りそれを祝う食事会が開かれたが、二次会で本社担当の宇部美咲に酔った勢いでセクハラ行為をしたことで訴えられたのだ。

<CASE3>大物俳優として知られる南部哲郎。女優で元妻の壇乃はる香との間に生まれた息子の英里人が傷害事件を起こした。直ちに記者会見を開かなければならないが、最近離婚した影響ではる香は同席することが出来なかった。会見の予定は午後7時に迫っており、黒島は用意された会場で急遽会見のリハーサルを行うことにした。南部の芝居じみた謝罪に辟易した黒島は、彼が主演するドラマを悪い参考例として見せ改善を促した。

<CASE4>美咲の弁護を引き受けたのは、世界27か国の弁護士資格を取得した一流国際弁護士の箕輪正臣だった。コロンビア大学に留学した際、マンハッタンにアパートを借りて家族3人で暮らしていた。人生の目標であるアメリカでの資格取得に熱意を燃やしていた彼は、勉強を邪魔した当時3歳の娘に対し思わず手を上げたのだった。その後、離婚をして別々に暮らしているが、箕輪の心には今でもそのことが引っかかっていた。何故なら講師を務めている大学の法学部にその子が入学してきたからだ。相談を受けた黒島はその名前を聞いてとても驚いた。

<CASE5>映画プロデューサーの和田耕作は大ベストセラー小説を映画化したのだが、あるシーンに映ってはいけない人物の姿があった。それはオタク文化に精通しお忍びで何度も日本にきているマンタン王国の皇太子を助監督が知らずにエキストラとして参加させていたのだ。激怒したマンタン政府はクレームをつけてきたのだが、皇族の肖像権を侵害した場合に懲役20年の重罪となることを知った和田は慌てて黒島に相談を持ち掛けたのだった。

<CASE6>昭和46年11月に群馬県で生まれた黒島は小さな旅館を営む両親と二人の姉に育てられた。地元の小学校に入学した彼は友達と旅館の露天風呂で50匹のザリガニを飼育しようとして全て死なせた。8歳のときに家族の前で行った「土下座」の不思議な感覚が今の彼を形成しているのだ。

屋台的映画館
PR

宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち

  • posted at:2020-04-03
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうせんかんやまとあらたなるたびだち
オフィスアカデミー
配給:東映洋画
製作年:1981年
公開日:1981年3月14日 併映「ヤマトよ永遠に 」
総監督:西崎義展
演出:田口勝彦
監修:舛田利雄
企画:西崎義展
製作総指揮:西崎義展
総設定:松本零士
総監修:松本零士
原案:西崎義展
脚本:山本英明
SF原案:豊田有恒
チーフディレクター:白土武
総作画監督:小泉謙三
音楽:宮川泰
絵コンテ:安彦良和
作詞:阿久悠
助監督:棚橋一徳
テクニカルディレクター:石黒昇
作画監督:宇田川一彦
動画作監:清島孝一郎
メカ設定:中村光毅 板橋克巳
美術監督:勝又激
音響監督:田代敦巳
音響効果:柏原満
録音:千蔵豊
演出助手:安濃高志
文芸制作:山田哲久
音響制作:本多保則
制作担当:広岡修
主題歌:「新たなる旅立ち」ささきいさお フィーリング・フリー
・・・:「サーシャわが愛」島倉千代子 フィーリング・フリー
録音所:アバコスタジオ
現像所:東京現像所
声の出演:富山敬 麻上洋子 仲村秀生 青野武 永井一郎
スタンダード カラー 95分

西暦2201年、宇宙の邪悪な侵略者・白色彗星帝国との戦闘後、大ガミラスの再建とガミラス民族の復興を目指すデスラー総統はガミラス残存艦隊を率いて新たな惑星を捜す旅に出ようとしていた。新天地への大航海前に、寿命を迎えようとする母星・ガミラスを一目見ようと立ち寄ったところ、見慣れない船団が無断で鉱石のガミラシウムを採掘していたのだ。母なる星を傷つけるとは許せぬ。激怒したデスラーは艦隊に一斉射撃を命じ船団は全滅した。ところがそのときに生じた爆発がきっかけとなりガミラス星は崩壊。落胆、後悔するデスラーだったが、彼の目の前では新たな事象が発生していた。連星を構成していたガミラス星が崩壊したことで引力のバランスを失ったイスカンダル星が漂流を始めたのだ。好意を寄せる王女・スターシャの身を案じたデスラーは追跡を開始した。彼の他にもイスカンダル星に注視している者がいた。それはガミラス星で採掘を行っていた暗黒星団帝国だった。ガミラス星でしか採取出来ないガミラシウムとイスカンダル星でしか採取出来ないイスカンダリウムを手に入れることが出来れば現在遂行中の宇宙間戦争を優位に進められる貴重なエネルギー資源だからだ。マゼラン方面軍・メルダーズ総司令はデーダー第1艦隊司令に追跡を命じた。

白色彗星帝国との激戦の末に辛くも勝利を収めた宇宙戦艦ヤマトは傷ついた姿で地球に帰還した。そのヤマトは急ピッチで修復され、復帰した乗員たちの他に新人も加わったことで訓練が出来るまでに準備が整っていた。火星付近でのテスト航海が行われる中、デスラーから入電があった。コントロールを失ったイスカンダル星が速度限界点に達しワープしたというのだ。艦長代理の古代進は悩んだ。彼の兄はスターシャの夫・守だが私情で動くわけには行かないからだ。だが地球防衛軍司令長官は救援を命じた。地球を救ったスターシャに恩を返すべきだと。

重力星雲を前にイスカンダル星は動きを止めた。デスラーは交信を行い、着陸時に戦艦へ乗り移るようスターシャに促すが、デーダー艦隊の奇襲によりガミラス艦隊は大打撃を受けた。デーダーはイスカンダルの大宮殿にも容赦なく総攻撃を仕掛け、室内から様子を見ていた守は覚悟を決めた。そのとき上空に現れたのは進が率いるコスモタイガー隊だった。

屋台的映画館

山のあなた 徳市の恋

  • posted at:2020-03-31
  • written by:砂月(すなつき)
やまのあなたとくいちのこい
「山のあなた」製作委員会(フジテレビジョン=ジェイ・ドリーム=東北新社=東宝)
配給:東宝
製作年:2008年
公開日:2008年5月24日
監督:石井克人
製作:亀山千広
企画:大多亮 飯島三智
エグゼクティブプロデューサー:清水賢治 島谷能成
プロデューサー:谷口宏幸 松崎薫 和田倉和利
ラインプロデューサー:鶴賀谷公彦
脚本:清水宏
脚色:石井克人
撮影:町田博
美術:都築雄二
録音:森浩一
照明:木村太朗
編集:石井克人
特機:落合保雄
キャスティング:園田真吾
スケジューラー:増田天平
VFXプロデューサー:石井教雄
装飾:柴田博英
スタイリスト:宇都宮いく子
衣裳:川崎健二
ヘア・メイク:大渡八千代
スクリプター:目黒亜希子
音響効果:柳原利正
助監督:志賀研介
製作担当:萩原満
音楽プロデューサー:緑川徹
製作プロダクション:シネバザール
出演:草彅剛 加瀬亮 マイコ 広田亮平 津田寛治
アメリカンビスタ カラー 94分

新緑の頃、山の温泉場に二人の按摩がやってきた。ぼんやりした福市とは対照的に徳市の勘はとても鋭かった。前の方を歩く目明きを後ろから追い抜くことに生き甲斐を感じ、時には背負った子供の数まで言い当てることが出来る。毎年南の温泉場からやってきて、寒くなるとまた南の温泉場に帰って行く。それはまるでツバメのようだった。そんな二人の横を馬車が追い抜いて行った。徳市はその時に嗅いだ微かな匂いから、東京のいい女が乗っていると予想した。温泉の按摩宿泊所に着いた二人に早速仕事の声が掛かった。福市は観音屋で徳市は鯨屋だ。挨拶も早々に客間へ向かうと、待っていたのは三沢美千穂という女だった。彼女は静養にきたわけではなく、これから何処かへ行くわけでもなし。物音にひどく怯えているようでもあった。肩をさすりながら何か曰くがありそうな様子を感じ取った徳市はご心配なことでもおありですかと尋ねた。すると美千穂はやんわりと話題を変えた。

翌朝、按摩仲間の間で話題になっていたのは海の温泉場で流行っている女按摩のことだった。東京辺りでは職業婦人の進出が激しくなったことで男の失業者が増えていると聞き、そのうち男按摩も大勢の失業者が出るだろうと嘆いていた。そんな中、鯨屋のお菊が徳市を呼びにきた。美千穂がすぐにきて欲しいというのだ。徳市は素早く身支度を整えると美千穂のもとへ急いだが、福市たちはそれを羨み妬んだ。徳市が喜び勇んで通りに出ると何処からかあの匂いがした。その出処を立ち止まって確かめていると、それは砂を踏む下駄の音とともに横を通り過ぎ、やがて遠ざかって行った。確かにこっちへきたはずなんだが、逃げるなんてまったく不思議な女だ。徳市がそう思うのも当然だ。彼の勘を試したくなった美千穂はいたずらを仕掛けたのだった。

散歩に出掛けた美千穂が戻ってくると、鯨屋では騒動が起きていた。一度は退館したものの再び泊まることになった東京の学生たちの金が湯に浸かっている間になくなっていたのだ。警察に届け出ればいいのだが、旅館の主人としては表沙汰になると信用問題に拘るためどうしたものかと思案した。その結果、滞在費と帰りの汽車賃を弁償することで落ち着いたのだ。学生たちの不在時に二階にいたのは美千穂だけだったような。主人は頼りない記憶をたどった。

鯨屋の向かいにある観音屋に泊まるのは美千穂と同じ馬車に乗っていた大村真太郎と甥の研一だった。真太郎があまりにものんびりしているので研一は長く滞在するものとばかり思っていたが、突然発つと聞きとても驚いたのだ。美千穂や徳市、福市と出会い、見知らぬ地にようやく慣れたところだった。拗ねた少年は真太郎に黙って美千穂のところへ出掛け、そうとは知らない真太郎は方々を捜し回った。

屋台的映画館

愛のぬくもり

  • posted at:2020-03-28
  • written by:砂月(すなつき)
あいのぬくもり
日活
配給:日活
製作年:1972年
公開日:1972年4月19日 併映「新宿真夜中物語 男と女」
監督:近藤幸彦
企画:三浦朗
脚本:はたの三郎
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:秋野能伸
美術:渡辺平八郎
編集:鈴木晄
音楽:月見里太一
助監督:小椋正彦
色彩計測:仁村秀信
現像:東洋現像所
製作担当者:秋田一郎
出演:田中真理 仲浩 森竜二 相川圭子 南条マキ
シネマスコープ カラー 70分

卒業間近の東都大学のゼミ生たちは横浜元町にあるゴーゴーバー・アストロでのコンパに初めて経済学部助教授の中上甲之助を招待した。彼らの中には単位が足りない者もいるため、「ゴマスリ」で何とか全員が卒業出来ないものかと企んだのだった。その中の一人・二宮順一がご機嫌を取ろうとして裸でタコ踊りを始めたところ、真剣に踊っていた客の浅見リナからふざけるなとクレームをつけられた。穏便に済ませようと中上が間に割って入り名刺を渡すと、大学の助教授なんてつきあったことないから今夜私と寝てみないとリナが誘ってきたのだ。半信半疑の中上は店が終わるのを待ち、出てきた彼女に冗談かも知れないがと前置きした上で食事に誘った。リナは本気よと答えるとホテルへ向かった。中上は大教授の娘婿という肩身の狭い生活からひと時でも逃れたいと思った。

あの日以来、リナのことが片時も頭から離れなくなった中上は再びアストロへ行くが、リナは話し掛けてきてもそれを無視した。一夜をともにした夜、会うのは一度だけと約束したからだ。あまりもしつこく話したため酒を頭から掛けられるという屈辱を味わった中上だったが、それでもめげずに彼は洗面所で身だしなみを整えた。だが席に戻るとリナの姿はなかった。

妻・千加の父親が名誉教授となり、祝賀会が開かれることになった。当日、出掛ける支度をしていた中上が電話に出ると、驚いたことに受話器の向こうにいたのはリナだった。中上は研究室からの急用だと嘘をつき、千加に叱られながらも普段着の着替えた。待ち合わせの場所に行くとリナはアストロで会ったときとは別人のようなあどけない表情をしていた。そんな彼女に用なら何でも言ってごらんと中上が言うと、リナははにかんで笑った。一日を遊園地で過ごした中上は、これまで見せたことがない彼女の一面を知ったことでますます惚れ込み、君のためなら何でもするから頼みを聞いて欲しいと土下座した。

数日後、中上邸を訪れていたのは二宮だった。心を入れ替えて積極的にゼミに参加することにしたのだが、肝心の中上が連日休んでいるのだ。心配になり訪問してみると千加はそのことを知らなかった。だが夫の最近の言動や行動の変化に気づいていた彼女は、自分の体を報酬として差し出し夫の尾行を依頼をした。

屋台的映画館

大脱獄

  • posted at:2020-03-24
  • written by:砂月(すなつき)
だいだつごく
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1975年
公開日:1975年4月5日 併映「ウルフガイ 燃えろ狼男」
監督:石井輝男
企画:矢部恒 坂上順
脚本:石井輝男
撮影:出先哲也
録音:広上益弘
美術:藤田博
照明:川崎保之丞
編集:祖田冨美夫
助監督:橋本新一
記録:勝原繁子
擬斗:日尾孝司
スチール:遠藤努
進行主任:東一盛
装置:畠山耕一
装飾:田島俊英
美粧:入江荘二
美容:石川靖江
衣裳:河合啓一
演技事務:石川通生
現像:東映化学
音楽:青山八郎
製作協力:北海道層雲峡 ホテル大雪
出演:高倉健 木の実ナナ 室田日出男 郷鍈治 山本麟一
シネマスコープ カラー 91分

網走刑務所に収容された死刑囚はいつ行われるかわからない死刑執行の宣告に怯えながら日々を過ごしていた。執行の宣言は朝の点呼前に告げられることになっており、時に感情を抑えられず狂ったようにわめき散らす者もいた。死刑囚の中には精神的苦痛に耐えられずに自ら命を絶つ者もいた。網走刑務所には現在8人が収容されているが、彼らの罪名は様々だった。南川剛太(強盗殺人放火)、赤田光一(爆弾大量殺人)、北郷国臣(左翼党首殺人)、風見辰吉(傷害・殺人)、梢一郎(強盗殺人)、大池浅吉(強姦放火殺人)、国岩邦造(尊属殺人)、里見清次(毒殺大量殺人)。里見が自殺をした日の夜、うめき声が聞こえ不審に思った看守が独房の中の様子を窺うと大池が血を吐いて倒れていた。慌てて鍵を開けて近寄ると、大池は突然襲い掛かり命を奪った。手に入れた独房の鍵を各々に渡した大池は、看守が持っていた拳銃を使ってもう一人の当直の看守から拳銃を脅し取った。

月明かりの中、雪深い平原を進む7人は民家を見つけると部屋に押し入り、住民を縛って着替えの衣服を手に入れた。そんな中、死刑囚の間で先を急ごうとする者たちと家の女を強姦したいという者たちとが対立し、北郷が赤田を絞殺した。すると身の危険を感じた大池が北郷を射殺し興奮した勢いで若い娘を強姦しようとした。その時、捜査犬の鳴き声が聞こえると風見が言ったことから死刑囚たちは慌てて台所から食べ物をかき集めると外へ逃げ出した。吹雪は一向に止む気配はなく、老人の風見は途中で一歩も動けなくなっていた。すると拳銃を備える大池と南川は風見たちから上着と食べ物を奪うと去って行った。2人を見送った風見は力の残っているうちに歩けるだけ歩けと梢たちに発破を掛けた。土地勘のある彼は大池たちが向かった方向に行き止まりの谷があることを知っていたのだ。遭難は気が狂う程苦しいと風見は嘲笑した。

風見は梢と国岩に雪の穴を掘らせ、その中でビバークした。眠りが死に直結することから、梢はこれまでに起きたことを夜明けまで思い返すことにした。裏の道に足を踏み入れたことがきっかけとなり彼は仲間の剛田から銀行の金庫破りに誘われた。夫に先立たれて生活が困窮する妹親子がいることのあって梢は錠前職工の技術を活かして大金を手に入れることを目論んだが、警備が手薄になる真夜中の時間にも拘らず警備員が巡回してきたことで捕まる覚悟を決めた。ところが剛田はその警備員をを撲殺したのだ。その後、梢は逮捕されたが、剛田は仲間の友成や情婦の時子と口裏を合わせて裁判でアリバイを証言したのだ。罪を被せられた梢は死刑判決を受け網走へ送られたのだった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R