忍者ブログ

恐怖女子高校 アニマル同級生

  • posted at:2020-02-20
  • written by:砂月(すなつき)
きょうふじょしこうこうあにまるどうきゅうせい
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年12月1日 併映「実録安藤組 襲撃篇」
監督:志村正浩
企画:三村敬三 杉本直幸
脚本:掛札昌裕 中島信昭
撮影:増田敏雄
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
音楽:鏑木創
編集:神田忠男
助監督:野田和男
記録:牧野淑子
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄臣
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角良男
演技事務:饗庭益雄
衣裳:豊中健
擬斗:土井淳之祐
進行主任:長岡功
出演:池玲子 田島晴美 織部ゆう子 成瀬正孝 一の瀬レナ
アメリカンビスタ カラー 86分

「自由」が校風の聖和女学院。アメリカ・カリフォルニア州の名門セントグレゴリーカレッジと姉妹校である学院では成績優秀者で選考にパスすれば無償で留学出来る特典があった。ある日、5人の転校生がくることになった。麻生政江、阿部静子、荒木真砂美の3人はいずれも前の学校で問題を起こして見放されたが、親が300万円の入学金を支払ったことで編入となった。小早川一絵は成績優秀者だったが留学制度に魅力を感じ編入を志願した。そして残りの風花亜紀は姿を現さなかった。彼女の姉・美紀は学園切っての成績優秀者でアメリカに留学中だった。その日の夜、4人は入寮することになったが、学園を仕切る「黒バラ会」によって身体検査を強要された。だがそれを黙って見ていられなかったのは遅れてやってきた亜紀だった。番長の紅原竜子は彼女が「口笛の亜紀」だとわかると手下に手を出すなと命じた。竜子は誰よりも亜紀の厄介さを知っているからだった。

5人の転校生は3年B組に入ることになったが、そこは黒バラ会の巣窟だったこともあり亜紀と竜子の対立は激しさを増した。そんな中、体育会会長・深沢嵐子はフェンシング部に入部した亜紀の身体能力に目をつけ正選手として選手権に出場するように勧めた。その夜、学園の関係者が開いたパーティーに亜紀を連れてきた嵐子は理事長の篠原角太郎に紹介した。頑張ってくれたまえと声を掛けられたものの、堅苦しい場に不慣れな亜紀は片隅に置いてあった椅子に座るを一息ついた。すると何処からか口笛が聞こえてきたため音の出処を探した。窓の外にいたのは洗車中の男。嵐子の話によると彼は最近入った篠原のお抱え運転手の梶村政男で、近寄らない方がいいと忠告されたが気になって仕方がなかった。

体育館でフェンシング部が練習を行っていると黒バラ会がやってきた。すると嵐子は練習を途中で切り上げ竜子らを部室へ連れて行った。不審に思った亜紀が中の様子を立ち聞きすると、体育会が黒バラ会を支配下に置き毎月5万円の上納金を搾取しているがわかった。だが亜紀はしばらく見ないふりをすることに決めた。嵐子に絶対的な権力を与えたのは篠原だった。篠原との愛人関係を結んだ嵐子は体育会の援助費増額を要求するなどやりたい放題だった。一方、反撃の機会を狙う竜子は政江らを黒バラ会に誘い込みメンバーを増やしてチャンスを窺っていた。

口笛のメロディーを誰から教わったのか。それが知りたくて亜紀は梶村に会いに行った。何故ならその曲は美紀が彼女のために作ったものだったからだ。それがわかると梶村は美紀とのことは黙し、調べていた体育会と学園の関係についてだけ明かした。

屋台的映画館
PR

REX 恐竜物語

  • posted at:2020-02-16
  • written by:砂月(すなつき)
れっくすきょうりゅうものがたり
「REX」製作委員会
配給:松竹
製作年:1993年
公開日:1993年7月3日
監督:角川春樹
製作:角川春樹 奥山和由
プロデューサー:霜村裕
ダイアローグライター:内館牧子
原作:畑正憲
脚本:丸山昇一 角川春樹
撮影:飯村雅彦
照明:小林芳雄
録音:瀬川徹夫
美術:稲垣尚夫
特技監督:大岡新一
編集:稲垣恵一 荒川鎮雄
助監督:長谷川計二 原田昌樹
音楽:朝川朋之
主題歌:「ときの旅路 REXのテーマ」米米CLUB
挿入歌:「GOOD NIGHT」米米CLUB
・・・:「REX 恐竜物語」安達祐実
恐竜制作:カルロ・ランバルディ
出演:安達祐実 大竹しのぶ 伊武雅刀 平田満 山崎裕太
アメリカンビスタ カラー 106分

自然豊かな北海道・十勝に住む立野千恵は古生物学者の父・昭良、祖母・早苗との三人暮らし。発生学の研究者である母の直美はニューヨークの大学から誘われたことを最後のチャンスだと思い離婚して海を渡った。その影響からか、それとも昭良の転勤が多いせいか千恵は学校へ行かなくなり自宅で大好きな絵ばかり描くようになった。そんな彼女を元気づけようと早苗は昭良の調査に半ば強引に同行させることにした。先日、昭良と助手の盛岡大助が調査を行った縄文人の洞穴から五千年程前に作られたとみられる小さな土偶が発見されたが、それはティラノサウルスレックスに少年が乗っている形状をしていた。恐竜は一億年前に絶滅していることからその土偶はオーパーツである可能性が高かった。そこで今度の調査ではアイヌの老人・信田仙次郎にガイドを頼み、TVプロデューサーの福富吉行を同行させた。洞穴を進んで行くとその奥にはペトログラフが彫られた縄文時代中期の遺跡と御神体があり、信田が管理し祀るその場所で昭良は前回の調査で卵の欠片と土偶を見つけたのだった。御神体は黄金の恐竜でペトログラフにはムーの古代文字らしきものが刻まれていた。その先にも洞穴は続いていたが信田は祟られる恐れがあるために行ったことがなかった。だが道中でここから出して欲しいという誰かの声を聞いたという千恵が希望したことで更に奥へ進むことになったが、頭が痛いと彼女がいい出すと信田はその場所から祈りを捧げた。すると信田の体は宙に浮き、奥へと吸い込まれて行った。昭良たちは後を追い掛けたが大きな滝に阻まれた。だが滝の奥から声が聞こえると千恵が言ったため脇を通って裏に抜けようとした。ところが四人は足を滑らせて穴に落ち、氷の滑り台を落ちて行った。たどり着いた場所にはクリスタルで出来た祭壇があり、一足先にきた信田が祈りを捧げていた。その前にはクリスタル製のピラミッドがあり、その中には何かの卵があった。ここから出して欲しいという声がそこから聞こえてくると千恵が言ったことから、昭良は恐る恐る近づきピラミッドに触れた。するとそれは一瞬輝くと結界が解かれ、露わになった卵を昭良と盛岡が大事そうに抱え上げると突然祭壇のクリスタルスカルが光ったのを合図に洞穴が崩れ出したのだった。信田はカムイの怒りを鎮めるために残り、千恵に不思議な力を持つオカリナを託した。

落盤事故から一週間後、昭良の研究所に福富がやってきた。昭良は取材を許可したが孵卵器の中にある謎の卵について孵化するまで一切放送しないことを約束させた。福富は放送局の上層部に掛け合い必要経費として三億円を用意させていた。つまり恐竜が産まれなければ彼は責任を取らなければならなくなるのだ。そこで福富は勝手に発生学の第一人者をニューヨークから呼んでいた。それは伊藤直美、つまり千恵の母だった。長い間心待ちにしていた再会に千恵は喜びを隠せなかったが、仕事にしか興味を示さなかったことで落胆した。

屋台的映画館

色情海女 乱れ壷

  • posted at:2020-02-12
  • written by:砂月(すなつき)
しきじょうあまみだれつぼ
日活
配給:日活
製作年:1976年
公開日:1976年7月31日 併映「犯される」
監督:遠藤三郎
プロデューサー:岡田裕
脚本:大工原正泰
撮影:高村倉太郎
照明:直井勝正
録音:古川恒夫
美術:林隆
編集:堀田好倫
音楽:奥沢散策
助監督:飛河三義
色彩計測:中島光男
現像:東洋現像所
制作担当者:山本勉
出演:八城夏子 渡辺とく子 石津康彦 丘奈保美 堂下かづき
シネマスコープ カラー 71分

外房の小さな町で海女として働く布川初子は兄の浩一を仕事のパートナーとしている。ある日、いつものように鮑を獲った初子がボートで休息を取っているとカップルが浜に打ち上げられているのを見つけた。すぐに意識を取り戻したのは前島鈴子という女の方で、彼女は警官の質問に答えようとせず、一途に杉田安男の回復を願った。その杉田も海女たちの介抱により意識を取り戻した。

初子は、昼は海女として働き、夜は潮路ホテルで海女芸者のアルバイトをしていた。そんな彼女を浩一は心配で見ていられなかった。母親は同じだが父親が違う兄妹の兄。初子がだらしないと死んだ母親までバカにされることになるからだ。たとえ血が繋がっている兄妹とはいえ、時には初子を女として見てしまうこともあった。

民宿の手すりにもたれ掛かり海を眺めていたのは鈴子と安男だった。元々死ぬつもりでいた二人に今後の予定はなく、網元の大高吉太郎のところへ相談に行ったことがきっかけで鈴子は彼が経営するバー・いずみで働くことを勧められた。店を任せられる人がおらず長い間、閉店状態が続いていたことから吉太郎にとって願ったり叶ったりだったのだ。二階には三畳の部屋が備わっていることから鈴子はここに腰を据えることに決めた。

ある日、初子は家を出る決意を口にした。前夜、初子は酔って寝たふりをしたが浩一は体を求めようとしなかった。二人の間には強い愛情があったが、それを阻むのが兄妹という壁だった。それをいつまでも打ち破ろうとしない浩一に初子は苛立っていた。更に浩一がいつまでも結婚しないことを海女仲間の若松玉江たちからバカにされていることもその理由だった。兄のために何かを変えなければならないという自分なりの答えだった。

浩一と口論になり家を飛び出した初子が夜の海岸で時間を潰していると何処からか歌声が聞こえてきた。その声の主は安男だった。彼は初子に助けられたことを誰かから聞いて知っており、いつかお礼をしなくちゃと言って去ろうとした。だが彼女は引き留めて死のうとした理由を聞き出そうとした。すると安男は、身も心もボロボロになりこの町にたどり着いたが海岸に打ち上げられた漂着船を見てその姿を自分に重ね合わせたのだと言った。生きていても意味がないと考えたが、生き返ってみるともう一度船がみたくなり海岸へやってきたのだった。そんな彼に興味を持った初子は家に連れて帰り体を重ねた。隣の部屋にいる浩一に見せつけるように。すると翌日、浩一は町を出て行った。

屋台的映画館

恐怖女子高校 不良悶絶グループ

  • posted at:2020-02-09
  • written by:砂月(すなつき)
きょうふじょしこうこうふりょうもんぜつぐるーぷ
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年9月1日 併映「まむしの兄弟 恐喝三億円」
監督:志村正浩
企画:天尾完次
脚本:関本郁夫 志村正浩 鈴木則文
撮影:赤塚滋
照明:若木得二
録音:堀場一朗
美術:吉村晟
編集:堀池幸三
助監督:俵坂昭康
記録:森村幸子
装置:近藤幸一
装飾:松原邦四郎
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角良男
演技事務:伊駒実麿
衣裳:岩逧保
擬斗:土井淳之祐
進行主任:真沢洋士
挿入歌:「好きではじめた女じゃないが」太田美鈴
挿入歌:「私が今愛し始めた女は」愛川まこと
音楽:荒木一郎
協力:福田レーシングチーム
出演:池玲子 白石襄 叶優子 春日朱美 芹明香
アメリカンビスタ カラー 87分

米軍基地の街にある私立聖愛女子学園の三年A組は良家の女子ばかりで構成されている。学園は彼女らの親による多額の寄付金で運営されていることを理由に特別扱いを行い、一流の政治家夫人や実業家夫人などトップレディーとなるべく特別なエリート教育を施した。信頼とともに権力を与えられたA組は紅ばら会を結成し学園内の風紀を取り締まったが、頭痛の種はD組の存在だった。スクラップコースと呼ばれるD組は商店街で万引きした商品を売り捌いて小遣い稼ぎするようなワルの集団で、紅ばら会番長・西園寺美也の片腕である副番の野中鷹子はいつか粛正したいと考えていた。ある日、父親の仕事の都合で美也が北海道へ転校することになり、新番長を決める選挙が行われることになった。鷹子ともう一人の副番の速水絹枝が候補者として選ばれ、1票差で鷹子が大役を引き継ぐことになった。ところがその夜、市会議員で父親の信孝が泥酔状態で多重事故を起こし即死。助手席に乗っていた妊娠5ヶ月の尾形雪子という女性も即死したことで世間は興味本位に大騒ぎした。雪子は速水グループのトップ・速水勇策の秘書だったからだ。相手家族への償いで野中家は財産を失ったため鷹子は学校を辞めて働こうとしたが、母・紀代子はどんなことがあっても学校だけは卒業しなさいと引き留めた。PTA会長の速水の援助により最低限の暮らしをすることが出来るようになった鷹子だったが、所定の寄付金を2ヶ月分滞納していることを理由に学園長の二階堂寛からD組への編入を通告された。 その結果、クラスメイトからは今までの恨みをリンチという形で仕返しされた。だがメリケンリンダこと山崎リンダとサシの勝負をしたことで二人の間に友情が芽生え、紅ばら会と戦う決意をした。鷹子はスクラップコース全員で恐竜会を結成し、番長としてハヤブサお鷹と名乗ることにした。

仕事のパートナーであるシェパードと密輸で私腹を肥やす、速水は身辺を嗅ぎ回る信孝を事故に見せかけて消した。そのために犠牲になった雪子はただの駒だったのだ。二人の関係を更に強くするために、速水はシェパードが目をつけた紀代子を提供することにした。その一方で番長の座を手に入れたが鷹子の存在が疎ましく感じていた娘の絹枝はジープで鷹子を襲ったが、窮地に陥った彼女を助けたのは通りすがりのダンプの運転手・尾形二郎だった。鷹子の名前を知った二郎は何かの縁を感じていた。それは彼が雪子の弟だったからだ。二郎はこの街が嫌になり東京へ出て働いていたが、姉の死で舞い戻ってきた。そして様々なことを調べて行くうちに事故が実は仕組まれたスキャンダルではないかと考えるようになったのだ。重大な秘密を握ったことでの抹殺。黒幕が誰なのか知りたがる鷹子に、二郎は死んだ二人の名誉のためにこの俺がきっと暴いてやると約束した。

屋台的映画館

男はつらいよ

  • posted at:2020-02-05
  • written by:砂月(すなつき)
おとこはつらいよ
松竹(大船撮影所)
配給:松竹
製作年:1969年
公開日:1969年8月27日 併映「喜劇 深夜族」
監督:山田洋次
制作:上村力
企画:高島幸夫 小林俊一
原作:山田洋次
脚本:山田洋次 森崎東
美術:梅田千代夫
撮影:高羽哲夫
照明:内田喜夫
編集:石井厳
録音:小尾幸魚
調音:松本隆司
音楽:山本直純
監督助手:大嶺俊順
装置:小野里良
進行:池田義徳
制作主任:峰順一
現像:東京現像所
協力:柴又 帝釈天読踊会 川甚 東京きものセンター
出演:渥美清 倍賞千恵子 光本幸子 笠智衆 志村喬
シネマスコープ カラー 91分

全国を渡り歩く香具師の「フーテンの寅」こと車寅次郎。20年前に父親とつまらないことでケンカをし、血が出る程ぶん殴られたことがきっかけで二度と戻るものかと家を出た。とはいうものの花の咲く頃になるといつも故郷のことを思い出すのだ。風の便りで両親や兄が死に、たった一人残された妹だけが達者に生きていることを知っていた。生まれ故郷まできたもののどうしても帰る気になれず江戸川の土手に佇む寅次郎だったが、それでも子供の時分を思い出し柴又帝釈天の参道の方へ歩いて向かうと何やら賑やかな音が聞こえてきた。その日が庚申の祭りであることがとわかると寅次郎は居ても立っても居られなくなり、ねじり鉢巻きを締めると纏を若い衆から受け取り思い切り振り回すのだった。やがて住職の御前様と再会して涙。そして境内で叔母のつねとも再会したことで実家の敷居を跨ぐ決心をした。彼の実家は帝釈天の門前にある団子屋「本家とらや老舗」で、改めてつねや彼女の夫でとらやの6代目の主人である叔父の竜造と挨拶を交わした。だが寅次郎の本当の目的は妹のさくらを一目見ることだった。ところがその日はオリエンタル電器の電子計算機係でキーパンチャーとして働く彼女が残業で遅くなると聞き、それではと土産話に花を咲かせた。するとそこにさくらが帰ってきた。馴れ馴れしく近づいてくる見知らぬ中年男を気味悪がるさくらだったが、やがてそれが長年離れていた兄だとわかると笑顔に変わった。

明くる日、寅次郎が庭を散歩しているとつねの大声が響いた。その日はオリエンタル電器の下請け会社社長子息とさくらの見合いの日だったが、付き添いで行くはずだった竜造が寅次郎の帰宅に浮かれ過ぎて泥酔してしまい二日酔いで動けなくなったのだ。彼女がこの話に乗り気でないことを知った寅次郎は安請け合いしたのだが、場所は高級ホテル。不作法な寅次郎は調子に乗ってしゃべり続けるうちに酔いが回り、自分とさくらが腹違いの兄妹であること、酔っ払って芸者に産ませた子だからお前はバカだと事あるごとに女道楽の父親から言われていたことなどを話したことで場はしらけた。さくらの助けがなければ歩けないほど泥酔して帰宅した寅次郎は、自分の手柄で縁談は成功したと確信していた。ところが翌日、破談になったことを竜造とつねから聞かされその原因がお前だと言われた寅次郎は自棄になり暴れた。すると竜造は、このザマなら死んでいた方がマシだったとお前の親父は草葉の陰できっと泣いているだろうと言った。その言葉が堪えた寅次郎は夜が明けると置手紙をして出て行った。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R