忍者ブログ

トラック野郎 故郷特急便

  • posted at:2017-06-20
  • written by:砂月(すなつき)
とらっくやろうふるさととっきゅうびん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1979年
公開日:1979年12月22日 併映「夢一族 ザ・らいばる」
監督:鈴木則文
企画:天尾完次 高村賢治
脚本:中島丈博 松島利昭
撮影:出先哲也
録音:林鉱一
照明:萩原猶義
美術:桑名忠之
助監督:新井清
編集:戸田健夫
音響効果:原尚
記録:宮本衣子
擬斗:尾型伸之介
演技事務:山田光男
装置:清水次郎
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:福崎精吾
装飾:酒井喬二
宣伝担当:坂本年文 山本八州男
スチール:加藤光男
協力:俳優センター
資料提供:NHK
現像:東映化学
進行主任:佐藤和之
音楽:木下忠司
主題歌:「一番星ブルース」菅原文太 愛川欽也
挿入歌:「傷だらけの恋」石川さゆり
協力:日本高速フェリー(株)
企画協力:(株)カントリー
協力:関西汽船 土佐闘犬センター 椎名急送 哥麿会 全国平和連合はなぶさ会 
出演:菅原文太 愛川欽也 石川さゆり 森下愛子 原田大二郎
アメリカンビスタ カラー 110分

国道4号線を南下していた一番星こと星桃次郎とやもめのジョナサンこと松下金造は、高知ナンバーの大型トラックに煽られた。そのトラックがドライブイン水車に駐車しているのを見つけた二人は「よさこい喧嘩犬」と書かれた名行灯に難癖をつけてケンカを仕掛けたのだが、ドライバーの垣内竜次は大きなお世話だと言ってそれを叩き割った。そして一番星号にも手を出したことから桃次郎は彼を殴ったが、竜次の愛犬である土佐犬が出てきたことで震え上がった。

銚子港で荷を降ろした桃次郎たちは、養殖ハマチの餌を高知へ運ぶ仕事が急遽決まったことで東京港フェリー埠頭からさんふらわあに乗船した。元気のない様子の金造を心配した桃次郎が事情を聞くと、彼はうつむいて話し始めた。久しぶりに我が家へ帰る金造を心待ちにしていた妻・君江だったが、帰れなくなったことがわかると激怒し特殊浴場で働くと電話口で怒鳴ったのだ。思い悩む金造がふと空を見上げると一羽のカモメが飛んでいた。それが短い間二羽に見えたことから単なる疲れだと気にすることもなかった。すると何処からか歌声が聞こえてきたことから桃次郎はその方向へ歩いて行った。歌の主はキャバレー回りの歌手の小野川結花で、桃次郎は彼女を見た途端一目惚れした。

高知に到着すると二人は横浪スカイラインを通って市場に向かっていたが、日が暮れると金造は目の不調に気付いた。センターラインがダブって見えるのだ。蛇行するジョナサン号は路肩を越えて停まり、心配した桃次郎が乗り込むと金造はショックを受けていた。桃次郎は金造を病院へ連れて行くと君江に電話を掛けた。そして積み荷を全て運び終えた早朝、病院へ電話を掛けると君江は到着していたが金造は姿を消していた。自殺の恐れがあることから桃次郎は足摺岬へトラックを飛ばすと、連絡を受けた仲間たちが先に着き天狗の鼻と呼ばれる崖に立つ金造の説得を始めていた。彼は桃次郎の姿を見たことで怖気づいたが、波が打ち付ける岩に目が眩んだことで体の力が抜けた。バランスを崩したその時、金造の体にしがみついたのはそこを通りかかった西尾風美子だった。風美子の優しさと高知弁に心打たれた桃次郎は、ドライブインくろしおで彼女が働いていることがわかると、金造を洲崎の病院へ連れて行った帰りに花束を買ってアタックした。風美子を自宅まで送り届けた桃次郎だったが、うちのせがれの嫁だからあの娘には手を出すなと隣に住む垣内清馬から忠告されたことでショックを受けた。くろしおに戻りヤケ酒を煽っていると、風美子の同僚の多美子は彼女が独身だと言った。行方不明の息子が戻ってきたら嫁にすると清馬が勝手に言っているだけなのだ。その放蕩息子の話を聞いて頭にきた桃次郎は清馬と再び会い、もうあきらめろと怒鳴った。

屋台的映画館
PR

こちら55号応答せよ! 危機百発

  • posted at:2017-06-15
  • written by:砂月(すなつき)
こちらごーごーごうおうとうせよききひゃっぱつ
松竹(大船撮影所)
配給:松竹
製作年:1970年
公開日:1970年8月8日 併映「ズンドコズンドコ全員集合!!」
監督:野村芳太郎
制作:升本喜年 浅井良二
脚本:野村芳太郎 ジェームズ・三木 吉田剛
撮影:川又昻
美術:重田重盛
音楽:木下忠司
録音:栗田周十郎
照明:三浦礼
編集:浜村義康
調音:佐藤広文
監督助手:山根成之
装置:中村良三
装飾:印南昇
進行:玉生久宗
衣裳:東京衣裳株式会社
現像:東洋現像所
振付:一宮はじめ
制作主任:吉岡博史
主題歌:「55号平次の歌」坂上二郎
挿入歌:「夜と昼の間に」ピーター
・・・:「愛の美学」ピーター
・・・:「愛する故に懺悔して」ピーター
・・・:「サッちゃん」皆川おさむ
・・・:「ちびっこカーボーイ」皆川おさむ
出演: 萩本欽一 坂上二郎 倍賞美津子 長山藍子 ピーター
アメリカンビスタ カラー 88分

同級生の酒井静子に恋する萩原金助は、中学卒業後に東京で就職して立派になり行く行くは彼女と結婚することを夢見ていた。ところが静子は父・大作の故郷である鹿児島の高校に入り卒業後は少し勤めてから結婚するのだという。定年が決まっている駐在さんの大作は少年院で院長として働くことが決まっており、結婚相手の理想像が父親だと知ると金助はいつか自分も同じ道を進みたいと考えるのだった。月日は流れ、金助は夢を叶えるために警察官採用試験を受けることにしたのだが、付け焼き刃の勉強では太刀打ち出来ないため仕方なくカンニングすることにした。だがそのあからさまな態度は監督官補の蟹形平次郎巡査にばれて教室からつまみ出されたのだった。

晴れて警視庁の巡査となった金助は城南署捜査係見習いとして平次郎とコンビを組むことになった。当初、金助は彼の顔を見てギョッとなったが、平次郎が自分の顔を覚えていないことで初対面のふりをした。先輩風を吹かす平次郎は正義感の強いベテラン刑事だが、先走って失敗を繰り返すことで署の厄介者扱いされていた。少年時代、平次郎は少年院の愛光塾に収容されていたが、大作の尽力によって更生した。大作は彼が修業する前に他界したが、ある約束が平次郎を模範院生にさせたのだ。それは立派に更生したらお前の願い事は何でも聞いてやるというものだった。平次郎は早速、母の形見である結婚指輪を静子に渡そうとしたが、突然のことに戸惑う彼女は受け取りを拒否して逃げ出したのだった。

警察官としてのイロハを金助に教えていた平次郎は、事件性の臭いが強い二つの組織を紹介した。一つは大阪万博での警察の取り締まりから逃れてきた暴力団・三日月組。代貸の松崎はキャバレー・アポロを根城に勢力を伸ばそうとしていた。そしてもう一つは地元関東のテキヤ・血桜組だった。ある日、一人で町内を探ることになった金助がアポロの前で張り込みをしていると、松崎が何者かに刺された。驚いた彼は近くの交番で一服していた平次郎に報告をしたが、現場に戻ると松崎や舎弟は姿を消していた。周りにいたホステスたちも何も見ていないと言い張り、松崎の車から証拠となる凶器は見つからなかった。だがシートから多量の血痕が発見された。

屋台的映画館

ガメラ 大怪獣空中決戦

  • posted at:2017-06-11
  • written by:砂月(すなつき)
がめらだいかいじゅうくうちゅうけっせん
大映=日本テレビ放送網=博報堂
配給:東宝
製作年:1995年
公開日:1995年3月11日
監督:金子修介
総指揮:徳間康快
製作代表:加藤博之 漆戸靖治 大野茂
制作:池田哲也 萩原敏雄 澤田初日子
制作補:島田開 高橋博 齊藤久臣
企画:佐藤直樹 武井英彦 森江宏 鈴木伸子
プロデューサー:土川勉
ラインプロデューサー:南里幸
キャスティングプロデューサー:鈴木良紀
アソシエイトプロデューサー:門屋大輔 木嶋二郎 高橋千尋
脚本:伊藤和典
撮影:戸澤潤一
美術:及川一
録音:橋本泰夫
照明:吉角荘介
編集:荒川鎮雄
スクリプター:石山久美子
助監督:片島章三
製作担当:植野亮 及川義幸
音楽:大谷幸
音楽プロデューサー:三浦光紀
主題歌:「神話」爆風スランプ
特技監督:樋口真嗣
出演:伊原剛志 中山忍 藤谷文子 蛍雪次朗 本田博太郎
アメリカンビスタ カラー 95分

1995年5月23日午前1時過ぎ、プルトニウム輸送船「海竜丸」から並走する海上保安庁巡視船「のじま」に座礁したという緊急連絡があった。そこは水深が3000メートル以上の海域であることから一等航海士の米森良成はありえないと考えたが、海竜丸の船底が何かに乗り上げたことは事実だった。さらに海竜丸の船長は奇妙な報告をした。乗り上げた環礁が勝手に離れて行ったというのだ。それを聞いたのじまの船長は首を傾げたが、その環礁が自船のレーダーにも映っていたことで信用した。ミンダナオ島の南南東約300キロの海上で起きた出来事だった。

良成は今回の件に責任を感じていたこともあり、海上保安庁の初動調査のメンバーから外れたことに憤りを感じていた。そこで第三管区海上保安本部にきていた八洲海上保険の社員・草薙直哉と話す機会を作り自分も漂流環礁調査に参加させて欲しいと願い出たのだった。だが直哉は良成が民事に介入することに疑問を持っていたため、あの環礁の正体を確認するまで引き下がるつもりはないことを正直に話した。長期休暇を取った良成は、直哉の娘で女子高生の浅黄を味方につけると草薙邸に押しかけ家事一切を引き受けてご機嫌を取った。すると直哉は渋々許可を出したのだった。翌日、漂流環礁探しに出航した調査船「けんざき」で良成は持論を展開した。目撃情報などによりクリスマス島近辺からギルバート諸島、カロリン諸島を経てフィリピン海溝の東へ向かったとされる環礁は、北赤道海流から黒潮に乗って漂流していると考えて間違いないと言った。そして最後に確認された地点と黒潮の潮速から考えられる大まかな現在地として石垣島の南方を予測した。

九州大学・平田教授の研究室からの紹介で福岡市動植物園を訪ねた長崎県警の大迫力刑事は、五島列島・姫神島で起きたことの詳細を聞こうとしたが、園長は現場へ調査に出かけていた。代わりに応対した鳥類学者の長峰真弓に珍しい大きな鳥の雛が見つかったことを話すと、逆に島で何かあったのかと聞かれた。すると力は一昨日起こった嵐の夜のことを話し始めた。時化の中、船員は無線で助けを求めたが、その時に「鳥が!」という最後の通信を残して消息を絶ったのだ。それが何を意味することかわからず動植物園を訪ねたのだが、真弓にもさっぱりわからなかった。そこで二人は姫神島に向かったが、その惨状は嵐によるものだとしか考えられなかった。自分の知る限り建物を打ち壊すような生物などいるはずはないと考えていた真弓だったが、鳥が吐き出した巨大なペリットのような物が落ちていたため調べてみることにした。すると中から平田が愛用していた万年筆が見つかった。

屋台的映画館

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

  • posted at:2017-06-06
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうせんかんやまとにいちきゅうきゅうほしめぐるはこぶね
宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会(プロダクションI.G=バンダイビジュアル=ジーベック=バンダイ=バンダイナムコゲームス=ボイジャーエンターテインメント=東北新社=松竹=オー・エル・エム=ランティス)
配給:松竹
製作年:2014年
公開日:2014年12月6日
総監督:出渕裕
企画:石川光久 河野聡 西﨑彰司
プロデューサー:郡司幹雄 藤澤宜彦 鈴木忍
総括プロデューサー:上山公一 古川寛高 黒田康太
制作プロデューサー:下地志直 小山剛弘
チーフディレクター:別所誠人
原作:西﨑義展
脚本:出渕裕
総作画監督:結城信輝
キャラクターデザイン:結城信輝
チーフメカニカルディレクター:西井正典
メカニカルデザイン:石津泰志 玉盛順一朗
セットデザイン:青木薫 高倉武史 小林誠
撮影監督:青木隆
美術監督:谷岡善王
美術:小倉宏昌
色彩設定:鈴城るみ子
編集:小野寺絵美
音楽:宮川彬良 宮川泰
音響監督:吉田知弘
音楽プロデューサー:西﨑彰司
音楽制作:ボイジャーホールディングス バンダイビジュアル
CGディレクター:上地正祐
CG制作協力:SUNRISE D.I.D.
アニメーション制作:XEBEC
声の出演:小野大輔 桑島法子 鈴村健一 大塚芳忠 中村繪里子
アメリカンビスタ カラー 112分

西暦2199年、瀕死の地球を救うために7か月の航海を経てイスカンダル星にたどり着いたヤマトだったが、女王のスターシャ・イスカンダルは船体を汚染浄化システム・コスモリバースのシステムとして改造する際に、波動エネルギーの出力を兵器に利用する「波動砲」の発射口を封印した。イスカンダル人は波動エネルギーを兵器に転用した最初の人類で、大マゼランを血に染めて大帝国を作り上げた。だがその反省から二度と愚行を繰り返さないために艦長の沖田十三へ交換条件を提示したのだ。

ヤマトが大マゼラン銀河を後にしようとしていた頃、大ガミラス帝国のデスラー総統の死で目的を失った反乱軍のバシブ・バンデベルは帰国を思案していた。そこに現れたのは彼らが「蛮族」と呼ぶ帝星ガトランティスのグタバ(小マゼラン)遠征軍で、謎の破壊兵器によって抵抗も虚しく殲滅された。デスラー政権崩壊で他民族のガトランティスが台頭してきたのだ。

ガミラスとの戦いが終わり、あとは受け取ったコスモリバースシステムを地球へ届けるだけとなったことでヤマトの艦内は平穏な空気に包まれていた。そんな中、突然攻撃を受けたためガミラスの標準コードで呼びかけたが応答はなかった。そこで反撃を行うと新たに現れた巡洋艦とともに旗艦「メガルーダ」が出現したのだった。戦術長の古代進はガトランティスの大都督・雷鳴のゴラン・ダガームに対して事を構える意思がないことを伝えたが、彼には和睦という選択肢はなかった。何故ならガトランティス人は戦闘的民族であり、ダガームはその中でも最たる者だったからだ。ガミラスに甚大な打撃を与えた波動砲を持つヤマトは彼にとって魅力的であり、その技術は忠誠心を誓う大帝陛下への手土産として最適だった。そこで軍門に下って船を明け渡せと要求したが、古代が怯まずに断ったことで総攻撃を開始した。

7隻の戦艦が迫ってくる中、三時の方向に自由浮遊惑星が存在するという報告を受けた古代はそこへ逃げ込む選択をした。波動砲を撃てないヤマトにとって戦闘行為は自死に等しいからだ。宇宙魚雷などの攻撃と波動防壁で損傷を最小限に止めたヤマトだったが、手柄が欲しいグリアテはしつこく追跡を続けた。ダガームはそんな彼を忌々しく思い、ヤマトとともに火焔直撃砲で葬り去ろうとしたのだ。火焔直撃砲は超高熱エネルギー弾を目標へワープさせて爆破する兵器だが、巡洋艦の影響で転送座標に誤差が生じヤマトは命拾いした。このままでは敵の的になるだけだと判断した古代は複雑な空洞構造を持つ惑星に降下することにしたが、そこは異様な生物の巣窟だった。

屋台的映画館

チチを撮りに

  • posted at:2017-06-02
  • written by:砂月(すなつき)
ちちをとりに
ピクチャーズネットワーク=日吉ヶ丘PICTURES
配給:デジタルSKIPステーション
製作年:2012年
公開日:2013年2月16日
監督:中野量太
プロデューサー:平形則安
脚本:中野量太
撮影:平野晋吾
照明:谷本幸治
録音:島津未来介
助監督:松尾浩道
制作担当:星野友紀
脚本協力:大野敏哉
音楽:渡邊崇
VFXスーパーバイザー:樋口良
音響効果:大塚智子
編集:中野量太
出演:柳英里紗 松原菜野花 渡辺真起子 滝藤賢一 二階堂智
アメリカンビスタ カラー 74分

学校を抜け出して川原で弁当を食べ昼寝するのが日課になっている女子高生の東村呼春(17歳)。いつものように昼寝をしていると、脱いだ右足の靴が流されたのだった。幸か不幸かその靴は流木に引っかかって止まったが、川の真ん中にあるため取れやしない。困っている呼春に声を掛けたのは通りすがりの二人の青年だった。釣りから帰る途中だった二人は興味本位に釣竿を振るが、釣り針は簡単には引っかからなかった。太陽が西にかなり傾いた頃、何やってんのと呼春に呼びかけたのは姉の葉月(20歳)だった。フリーターの彼女は昼キャバで働いているが、大事な話があるから午後6時に自宅へ集合せよという母・佐和からのメールがあったため早上がりして帰宅する途中だったのだ。青年たちの頑張りでようやく靴を手にすることが出来た呼春は、姉の自転車に二人乗りして帰った。

母が言う大事な話とは?再婚?血が繋がっていないとか?そんな話を二人がしていると、仕事で外出していた佐和が寿司を持って帰ってきた。夕食中にマグロのことで葉月と呼春が口論していると佐和があることをポツリと言った。二人の父・正高が死ぬというのだ。半年前に末期がんが見つかりもう助からないと3日前に正高の弟の西森徹二から連絡があったため、佐和は翌日が休日の二人に会いに行くように勧めたのだった。だが葉月は彼女の性格を知っていた。自分が嫌なことはいつも娘に押し付けるのだ。正高は14年前に愛人を作って家出したので、葉月たちにはこれといった思い出はなかった。そんな二人に佐和は会ってお別れしてくることと命令口調で言い、葉月にあの人の顔写真を撮って欲しいとカメラを渡した。どんな顔をして死んで行くのかを見てザマーミロと笑ってやるのだという。それを聞いた彼女たちは絶句した。

翌日、お遣いを引き受けた二人は渋々電車に乗った。呼春が父のことについて尋ねると、葉月は小学校に入学した頃の話を始めた。どうしてもチョコの匂いがする消しゴムが欲しくて万引きし、それを知った正高は激怒して叩いた。その後ずっと頭を撫でながら泣き続けた姿を見てもう二度としないと心に誓ったのだ。それを聞いた呼春は姉をうらやましく思った。佐和が父に関する写真を全て焼いてしまったため、彼女にはこれといった思い出がなかったからだ。その頃、自宅にこれから正高の葬式が行われるという連絡が徹二から入った。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R