忍者ブログ

不良番長 やらずぶったくり

  • posted at:2019-09-17
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうやらずぶったくり
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1971年
公開日:1971年7月31日 併映「女渡世人 おたの申します」
監督:野田幸男
企画:矢部恒
脚本:山本英明 松本功
撮影:稲田喜一
録音:内田陽造
照明:銀屋謙蔵
美術:江野慎一
編集:田中修
助監督:岡本明久
擬斗:日尾孝司
進行主任:松本可則
装置:根上徳一
装飾:酒井喬二
記録:高津省子
美粧:井上守
美容:花沢久子
衣裳:長谷稔
演技事務:佐々木一朗
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
挿入歌:「ダイナマイト・ロック」梅宮辰夫
協力:南房白浜海岸 グランドホテル太陽
出演:梅宮辰夫 渡瀬恒彦 山城新伍 一ノ瀬レナ 渡辺やよい
アメリカンビスタ カラー 89分

東新宿警察署の派出所跡地を根城とする神坂弘とカポネ団は、間違って助けを求めて飛び込んできたウナギも巻き込んで新たな商売に打って出た。それはお嬢様学校の聖学修院女子高校の前に献血運動のテントを張り、清純な乙女からいただいた大量の血液を血液銀行に売って一儲けしようと考えたのだ。一人分を千円として一日百人で十万円。そうなればひと月の売り上げは三百万円にも上るのだ。ところが最初にきた二人にうち一人からワッセルマン反応、つまり梅毒が、そしてもう一人からは淋病の陽性反応が出たのだ。計画が頓挫し途方に暮れる神坂が跡地の前でうろついていると、ひとりの女性が彼を警官と間違えて繊維会館へ行く道を訪ねてきた。これはチャンスとばかりに建物へ誘いこもうとしたが、そこに声を掛けてきたのはネリカン仲間の伊吹信次だった。伊吹の村では今年から遠洋漁業に出ることになり、その手続きのために東京にでてきた。その際、街を案内してもらうためにいとこの鮎子と待ち合わせをしていたのだ。伊吹は一緒に行かないかとカポネ団に声を掛けたが、操業で朝晩ない生活を2週間も送らなければならないことがわかると皆辞退した。

何か儲かる商売はないかと思案する神坂だったが、やる事なす事大失敗。結局は得意なスケコマシで勝負することにした。神坂は新たな商売として全トル連なる団体を設立し風俗嬢の引き抜きを行おうとしたのだが、同業者のこまし屋五郎に見つかった。ところが口八丁で手を組む運びとなり、五郎が率いるずべ公軍団・七色会までも仲間に引き入れた。とんとん拍子に話がうまく行くはずが、今度は暴力団・花岡組に目をつけられ特殊浴場に出入り出来なくなってしまった。それでもめげない神坂は派遣型女性専用風俗を考案。これが珍しさも相俟って大評判を呼び、電話のベルが鳴り止まないほどの繁盛をした。その状況に黙っていられないのが花岡組で、神坂たちは痛い目に遭った上に新宿を追放された。行き場所のないカポネ団は南房総に向かい、成り行きで手に入れた山ほどマグロの缶詰を叩き売って一儲けしようと企んだ。ところが立花水産が製造したその缶詰は工程中に有機水銀が混入したことで出荷停止になっており、パトロール中の警官から職務質問をされたことで神坂たちは初めてそのことを知ったのだった。

伊吹を訪ねて漁村にたどり着くと、そこで鮎子と再会した。彼女の父・浜田徳兵衛はかつて網元として働いていたが、立花水産の缶詰工場が廃液を垂れ流したことで近海での操業が出来なくなった。補償一時金を手に入れた村民が次々と廃業する中、伊吹は遠洋で操業する道を選んだのだった。一方、金持ちの村民に目をつけた神坂は七色会を呼び寄せてひと商売することにした。

屋台的映画館
PR

夜汽車の女

  • posted at:2019-09-14
  • written by:砂月(すなつき)
よぎしゃのおんな
日活
配給:日活
製作年:1972年
公開日:1972年7月19日 併映「隠し妻」
監督:田中登
企画:三浦朗
脚本:宮下教雄
撮影:山崎善弘
照明:松下文雄
録音:福島信雅
美術:川島軍二
編集:鈴木晄
音楽:坂田晃一
助監督:長谷川和彦
色彩計測:仁村秀信
現像:東洋現像所
制作担当者:大内利男
出演:田中真理 続圭子 桂知子 雪丘恵介 織田俊彦
シネマスコープ カラー 71分

都会から離れた静かな場所に建つ考古学者・水城元邸。そこには27歳の裕美と23歳の妹の冴子が暮らしていた。母親を早くに亡くしたことで冴子は裕美を母のように慕い、それは姉妹愛を越えたものになっていた。ある日、水城は裕美に大学の研究室で働く有川洋二との結婚を勧めた。それを知った冴子は当然断るものだと思っていたが、いいように進めてくださいと裕美が答えたため愕然とした。二人の間に他人が入り込むことは考えられないからだ。その夜の食事には有川が招待されており、気に入らない冴子は終始無礼な態度をとった。そして裕美の心が彼の方へ傾いて行くのを恐れた冴子は気を引こうと懸命になった。ある日、離れの倉庫で以前から交際していた有川の同僚・松井五郎との関係を有川から見られ自重した方がいいと指摘された冴子は、逆ギレして姉はあなたにもったいないわと言い放った。

裕美は水城とともに御茶会に出掛け、女中のひろ子も休みを取って羽を伸ばした。ひとり自宅に残った冴子が庭で裸になって肌を焼いていると有川が水城を訪ねてきた。すると冴子は姉から聞いたキスもろくに出来なかったという話を持ち出し嘲り笑った。そしてここには誰もいないと挑発すると有川はムキになった。それから二人は頻繁に会うようになり、彼女の体の虜になった有川は冴子と結婚をする決意をした。だが冴子にはそんな気など更々なかった。その夜、10時を過ぎても彼女が帰ってくる様子がなかったことから、裕美は心配なさるからこのことをお父様に言ってはなりませんよとひろ子に忠告した。するとひろ子はこんなことを言ってはお叱りを受けるかもしれませんけどと前置きし、毎日のようにやってくる有川が冴子が出掛けている日だけこないと言った。あなたがそんなことを気にしなくてもいいのよと裕美は叱ったが、心の中は荒れ狂っていた。嵐の中を帰ってきた冴子を問い詰めると、有川は私の体に夢中だがこちらは何とも思っていないと弁解して部屋に逃げ込んだ。怒りを鎮められない裕美が居間でたたずんでいると、慌てたひろ子が飛び込んできた。水城が倒れたというのだ。ドサ周りの劇団と一緒に上京してきたひろ子は妻を亡くした水城に拾われ、それ以来ずっと彼の身の回りの世話をしてきた。そしていつものように夜のお勤めをしていたところ脳溢血を起こしたのだ。何とか一命を取り留めたものの寝たきりの体となった。

夜が明けると有川が訪ねてきた。今の自分には冴子が必要だと考えていた有川は、付き合いが浅かった裕美との関係を解消し、改めて冴子との交際を水城に認めてもらおうとしたのだ。ところが水城は断固として反対した。何故なら冴子は妻の不義の子であるため、結婚しても財産を継ぐことが出来ないのだ。それを知った有川は再び裕美に近づくことにした。

屋台的映画館

月光仮面 悪魔の最後

  • posted at:2019-09-10
  • written by:砂月(すなつき)
げっこうかめんあくまのさいご
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1959年
公開日:1959年8月4日 併映「快傑黒頭巾 爆発篇」
監督:島津昇一
企画:園田実彦
原作:川内康範
脚本:織田清司
撮影:西川庄衛
録音:加藤一郎
照明:入江進
美術:中村修一郎
助監督:山田稔
編集:祖田冨美夫
進行主任:石田人士
音楽:小川寛興
進行主任:石田人士
主題歌:「月光仮面は誰でしょう」近藤よし子 キング子鳩会
・・・:「月光仮面の歌」三船浩
出演:大村文武 山東昭子 若水ヤエ子 梅宮辰夫 柳谷寛
シネマスコープ モノクロ 60分

祝探偵事務所で所長・祝十郎の助手を務める袋五郎八とカボ子は、夜道に響いた車の衝突音に驚き現場に向かった。事故現場は実業家・岡本省吾邸の前で、車の運転席には岡本本人の姿があった。息絶えた彼の傍らには「白髪鬼」と書かれた紙が貼られていた。翌日の朝刊ではこの奇妙な事件が大きく報じられ、世間の注目の的となっていた。警視庁三谷警察署には捜査本部が設置され、松田警部は岡本の妻・春子から話を聞くことにした。その中で東條三郎という人物と最も親しくしていたことがわかった。その頃、東條は祝に会うために事務所を訪れていた。彼は自宅に送られてきた一通の封書を祝に手渡した。その中には「東條三郎 右六月二十八日死亡す 白髪鬼」と書かれたカードが入っていたため、恐ろしくなって助けを求めたのだった。東條の口ぶりから白髪鬼の正体を知っているに違いないと考え追及したが、彼は何も聞かずに匿って欲しいと懇願し続けたのだった。そこに松田から電話が掛かり、事情を説明しているうちに隣の部屋から悲鳴が聞こえた。東條は殺され、遺体の上には白髪鬼と書かれた紙が置かれていた。その傍らには毒クモがいた。

祝の事務所には松田の他に刑事と東都タイムスの山本記者が集まっていた。警察に届けることが出来ない事件が岡本、東條、白髪鬼の間で起きたのではないかと松田は考えていたが、祝は事件が更に発展すると予想した。岡本を検死した結果、衝突したときに出来た外傷の他に毒殺された場合に起きる脳神経のマヒを確認した。ところが被害者の胃からは毒物が検出されなかったのだ。それを聞いた祝は部屋の隅に置かれたテーブルから実験用のシャーレを手に取ると松田の前に置いた。その中にはまだ日本で見つかっていない種の毒グモが入っていた。日本には優秀な毒物学者がいたが、戦時中に南方へ行く途中で魚雷の攻撃に遭い死んだと言われていた。だが祝はその人物の名前をどうしても思い出すことが出来なかった。存命であれば事件解決の糸口となるのだが。

松田が帰った後、祝は調査のために山本と出かけようとしていたが、怪しい人影が走り去るのを見て追い掛けた。だが相手は追いつけないほど足が速く、住宅街の暗闇に姿を消した。ところが今度はゆっくりと歩くくず鉄屋が目の前に現れ、通り過ぎたかと思うとナイフ投げで攻撃してきたのだった。何とかそれをやり過ごし男を追い掛けると、いつの間にか鬱蒼と茂る屋敷の庭に迷い込んだ。そこには防空壕があり階段を降りて行くと、部屋では白髪の老人が書き物をしていた。その姿を見て白上博士の名を思い出した祝は、彼が白髪鬼の正体であることを見抜いた。

屋台的映画館

ウール100%

  • posted at:2019-09-07
  • written by:砂月(すなつき)
うーるひゃくぱーせんと
「WOOL 100%」製作委員会(クロックワークス=ピラミッドフィルム=双日)
配給:クロックワークス
製作年:2005年
公開日:2006年10月28日
監督:富永まい
エグゼクティブプロデューサー:酒匂暢彦 高橋増夫 松江正俊
プロデューサー:遊佐和彦 原田雅弘
ラインプロデューサー:関友彦
脚本:富永まい
撮影監督:瀬野敏
美術:都築雄二
音楽:矢口博康
監督補:谷口正行
VE:仲野喜久治
録音:前田一穂
編集:長嶋勝一
アニメーション制作:ROBOT
助監督:市原大地
照明:尾崎智治
装飾:柴田博英
美術制作:高橋徹
スタイリスト:三田真一
着物制作:田島貴代子
ヘアメイクディレクター:小西神士
編み物監修:八田幸子
制作主任:稲垣清隆
制作進行:落合洋介 谷岡貴雄
出演:岸田今日子 吉行和子 北浦愛 ティアラ 兼田カロリナ
アメリカンビスタ カラー 99分

今は昔か、あるところに梅と亀という老いた姉妹が住んでいた。二人は長い間、古い屋敷に暮らしてきたが、訪ねてくるものは誰もおらず、誰にも会いたいとも思わなかった。姉妹は毎日一度だけ街に出掛けるが、その度に何かしら拾って帰ってきた。街にはあまりにもたくさんの物が捨てられているため、何時だって気に入った「ヒロイモノ」を見つけることが出来るのだ。二人はヒロイモノをとても大切にし、夜はそれらに囲まれることで安心して眠ることが出来た。そんな夜を何千回と迎えたが、聞こえないくらいの小さな音が耳の奥に流れていることを姉妹は気づいていなかった。そしてその流れの中に、長い間拾われることを待っている誰かがいることを。

毎朝、姉妹はおせっかいな幼稚園の先生と園児たちによる合唱で起こされる。朝食を取り、その日の気分に合わせてヒロイモノの杖や靴などをコーディネートすると、いつものように街へ出掛けるのだ。そしてゴミ捨て場から目ぼしい物を見つけると満面の笑みでそれを眺め屋敷に持って帰った。だがその日は川原へ向かいもう一苦労することにしたのだが、その甲斐あって赤ちゃん用の玩具を見つけることが出来た。思わぬ収穫に満足し帰ろうとした矢先、二人は足を取られて草むらに倒れ込んだ。姉妹の足には毛糸が絡んでいたのだ。長く伸びる毛糸を辿って行くと、そこには真っ赤な毛糸の玉が山のように盛られたかごが置いてあったため、二人はそれを持って帰ることにした。

帰宅した姉妹はまずヒロイモノをきれいに拭き、スケッチブックにその絵を描いた。今日の収穫は「おきあがり小法師」、美容機器の「ビューテーセブン」、そして「真っ赤な毛糸玉」だった。その日の深夜、物音に気づき恐る恐る姉妹が覗くと居間に灯りが点いていた。そこでは少女が毛糸を使って一心不乱にセーターを編んでいた。運ぶときに転がり落ちた毛糸玉の糸を辿って屋敷にやってきたのだ。彼女はあっという間にセーターを完成させるとすぐに着込み網目のチェックを始めた。ところが気に入らない箇所が見つかり頭を抱えると「あみなおしじゃあ」と叫んだのだった。その音量は耳を塞がなければならないほどの驚くべきもので、止めると同時に彼女は裾をほどくとまた編み始めた。ところが突然倒れるように眠ってしまったため、姉妹も寝ることにした。翌朝、姉妹は眠ったままの少女を置き去りにしてヒロイモノ探しに出掛けると、いつものように収穫を手にして戻ってきた。冷蔵庫の中は荒らされ食器は散らかされていたが、厄介者がいなくなったと安堵のため息をついた。だが再び現れて叫びながら屋敷中を駆け回るため頭を抱えた。お腹がいっぱいになれば眠たくなるはずと食事を与えることにしたのだが、少女は逆に編み進めるスピードを速めたのだった。次なる手段として少女を布団に寝かせて絵本を読み聞かせようとしたのだが、自分たちが先に寝入ってしまった。

屋台的映画館

遙かなる山の呼び声

  • posted at:2019-09-04
  • written by:砂月(すなつき)
はるかなるやまのよびごえ
松竹
配給:松竹
製作年:1980年
公開日:1980年3月15日
監督:山田洋次
制作:島津清
制作補:小坂一雄
原作:山田洋次
脚本:山田洋次 朝間義隆
美術:出川三男
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
編集:石井巌
録音:中村寛
録音補:原田真一
調音:松本隆司
音楽:佐藤勝
スチール:長谷川宗平
監督助手:五十嵐敬司
装置:小島勝男
装飾:町田武
衣裳:松竹衣裳
進行:玉生久宗
現像:東洋現像所
制作主任:峰順一
協力:北海道 中標津町
出演:高倉健 倍賞千恵子 吉岡秀隆 武田鉄矢 木ノ葉のこ
シネマスコープ カラー 124分

北海道根釧原野で風見民子は一人息子の武志を育てながら酪農で生計を立てている。嵐に見舞われたある春の夜、全身ずぶ濡れの男が道に迷ったと突然訪ねてきた。怪しい男を家の中に入れるわけには行かないので、彼女は男を一晩だけ納屋に泊まらせることにした。その晩は牛の出産の予定日であり、深夜になって産気づいたことから民子は男に手伝ってもらうことにした。早朝、男は礼を言って立ち去ったが、それでは申し訳ないと民子は謝礼金を包んで武志に持たせたのだった。

夏になると再びあの男が民子を訪ねてきた。男は一週間でもいいから働かせて欲しいと懇願するのだ。未亡人の民子にとって男手は必要だが、得体の知れない男を受け入れるのには抵抗があった。そこで農協を通してからでなければ雇えないというルールがあるだとか、零細農家だから多くは払えないだとか言い訳して断ろうと努めた。だがそれでもいいというので渋々認めることにした。男の名は田島耕作。彼は依然と同じように納屋で暮らすことになったが、民子は警戒を緩めることはなかった。翌日になると耕作は過去に牧場で働いたことがある経験を生かして作業を進めた。だが出された食事を家の中で一緒に食べようとはしなかった。そんな彼を不思議に思いながらも民子はトラクターなどの扱い方を指導した。耕作のことが気になるのは隣家に住む亡夫の兄の妻・房子も同じだった。何か後ろめたい事情があるに違いないと考えている房子は金目の物に気をつけなさいと釘を刺した。そんな彼女らの心配をよそに、武志や房子の娘・ひとみは耕作と親しく話すようになって行った。

民子がいつものように作業を行っていると、料亭オホーツクの店主・虻田太郎が訪ねてきた。彼女に好意を持っている太郎はくる度にお土産を持参して再婚の返事を期待した。だがいつまで経っても進展しないため、ついに強引な手段に出たのだった。その時は箒を振り回して追い返したが、後日性懲りもなくやってきた。民子の悲鳴を聞いて駆けつけた耕作がバケツの水をぶっかけると太郎は尻尾を巻いて逃げて行ったが、しばらくすると今度は弟の次郎と三郎を引き連れて戻ってきたのだ。道東で知られた虻田三兄弟を舐めるんじゃないと豪語する太郎だったが、勝負はあっけなく決まった。その夜、納屋に押しかけた太郎たちは手打ちと称して宴会を勝手に始めたのだった。

ある日、民子が子牛の世話の最中に腰を痛めて入院した。その間、房子は武志を引き取ろうとしたのだが、彼はそれを拒否した。何故なら父親のような存在である耕作と一緒に生活を送りたいからだ。一方、あの一件以来、耕作を兄貴と慕うようになった三兄弟は牧場の作業を手伝うようになった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R