忍者ブログ

サブイボマスク

  • posted at:2020-07-03
  • written by:砂月(すなつき)
さぶいぼますく
サブイボマスク製作委員会(DLE=ホリプロ=イドエンターテインメント=東映=木下グループ=ローソンHMVエンタテインメント=東映ビデオ=ドリーミュージック・=and pictures)
配給:東映
製作年:2016年
公開日:2016年6月11日
監督:門馬直人
製作:椎木隆太 堀義貴 尾辻重信 遠藤茂行 木下直哉 坂本健 間宮登良松 依田巽 伊藤主税
企画:DLE and pictures ステラキャスティング
プロデューサー:伊藤主税 鈴木基之 紙谷零
アソシエイト・プロデューサー:和田有啓 平野宏治
ライン・プロデューサー:角田道明
脚本:一雫ライオン
撮影:葛西幸祐
照明:金子康博
録音:芦原邦雄
美術:三浦真澄
装飾:吉田敬太
衣装:森山久美
ヘアメイク:森下奈央子
記録:菅谷雪乃
キャスティング:伊藤尚哉
編集:和田剛
サウンドエディター:勝俣まさとし
キャラクターデザイン:わるいだ~
プロダクション・スーパーバイザー:岩崎雅公
助監督:岸塚祐季
制作担当:宮森隆介
音楽:堤裕介
主題歌:「ブラザー」ファンキー加藤
劇中歌:「春雄の唄」サブイボマスク
・・・:「かけがえのない人」サブイボマスク
製作プロダクション:DLE and pictures inc.
制作協力:Plus D
製作幹事:DLE
出演:ファンキー加藤 小池徹平 平愛梨 温水洋一 斉木しげる
アメリカンビスタ カラー 114分

近々消滅可能性都市に認定されるかもしれない地方都市・道半町。過疎化が進むこの町からは若者たちが次々と逃げ出し、残った者には働き口がなかった。近隣に巨大なショッピングセンター・ドリームタウンが出来たせいで商店街は活気を失って今や廃墟同然。店主たちも死人同然。役場には生活保護申請者の列が出来ていた。そんな町を再興しようと立ち上がった春雄は相棒の権助と青年団を結成し手製のゆるキャラまで作って盛り上げようとしたが反響はイマイチだった。幼い時に両親を失った春雄は、育ててもらった商店街の人たちに恩返しをすべく孤軍奮闘していたが、このままでは本当にダムの底に沈み兼ねなかった。商店街のど真ん中でミカンの上に立ち自作の曲で一人ライブを行うが、観客は権助の他に年寄りだけ。歌声は虚しく響いた。他の街から女性を連れてきて、肉屋の店先で5対5の街コンをやっても盛り上がらなかった。どうしていいかわからなくなった春雄が自分の部屋で寝転がっていると、権助がスケッチブックを差し出した。そこにはサブイボマスクが描かれていた。

サブイボマスクは伝説のプロレスラーで、その正体は春雄の父親だった。夏に行われる祇園祭に会わせて凱旋し無料で商店街プロレスを行うなど地元に多大なる貢献した。人々を再び感動させるにはヒーローが必要だと考えた春雄は父親の遺志を継いでマスクを被りサブイボマスク二世となった。ところが町長の大蔵は変化を望んでいなかった。サブイボマスクの中の人が歌いそれを見た年寄りたちが喜べばそれで十分だと考えていたからだ。この町の人々が生気がないのは感動がないからだと考えていたサブイボマスクは、謎のシンガーとして歌いもう一度この町に感動と笑顔を取り戻すことを宣言した。それを聞いた大蔵は感動して涙を流した。

ある日、サブイボマスクと権助が橋の上にいると、その横をパンティーを被ったブリーフ一丁の男が横を通り過ぎて行った。そしてその下着泥棒を追い掛けていたのはサブイボマスクの中の人の元カノ・雪だった。彼女は東京でモデルをしていたが、訳あって娘を連れて生まれ故郷に戻ってきていたのだ。思い出話もそこそこに男を追い掛けたサブイボマスクはついに男を追い詰め、格闘して体力負けしたが下着だけは取り返すことが出来た。うれしさのあまり雄叫びを上げると、偶然通り掛かった巡査に不審者として連行された。

屋台的映画館
PR

ああ爆弾

  • posted at:2020-07-01
  • written by:砂月(すなつき)
ああばくだん
東宝
配給:東宝
製作年:1964年
公開日:1964年4月18日 併映「砂の女」
監督:岡本喜八
製作:田中友幸
原作:コーネル・ウーリッチ
脚本:岡本喜八
撮影:宇野晋作
美術:阿久根巌
照明:山口偉治
録音:伴利也
音楽:佐藤勝
整音:下永尚
編集:黒岩義民
監督助手:山本迪夫
狂言指導:和田喜一郎
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当者:堤博康
出演:伊藤雄之助 越路吹雪 中谷一郎 砂塚秀夫 重山規子
シネマスコープ モノクロ 95分

大名組六代目・大名大作は三年の刑期を終えて出所した。ところが子分たちは誰も迎えにきておらず、代わりにやってきたのは息子の健作だった。大作は東南アジアに旅行に行っていると嘘をついており、飯が臭くて不味かったと言うと健作はいい経験をしてきたねと笑った。そんな彼に何故誰もきていないのかと尋ねると、どうやら選挙の準備で忙しいらしい。帰る汽車の中で梅子と二号のミナコのどちらと先に逢うべきか思案した結果、器量の良いミナコの方に決めた。ところが別宅のアパートには別人が住んでおり時の流れを感じた。本宅へ戻る前に子分たちに会いに行こうとしたが、大名組は株式会社大平和に替わっており、入り口には「ペンこそわが命」がスローガンである矢東彌三郎の選挙事務所の看板が下がっていた。社員の竜見から会長と呼ばれて気持ち良くなった大作だったが、気になることが一つあった。社長は一体誰なのか。それがミナコの兄だと聞くと一応納得したがそれでも釈然としなかった。何故なら一度も会ったことがなかったからだ。いや、一度会った。別宅のアパートだ。市議会議員候補として将来を背負って立つ矢東と健作の二人がいれば大名組は安泰だと大作は高笑いした。

久しぶりの本宅に戻った大作だったが、何故か表札には矢東彌三郎の名が。不審に思い中に入ると、ミナコは助けを求めて息を引き取った。彼女の命を奪ったのは子分のテツだった。大作が服役すると矢東は子分を騙して大名組の乗っ取りを謀った。それとともにミナコも寝返ったのだ。一人残ったテツは機を窺って復讐を試みようとしたが無理だった。それでも何とか大作の出所までに手柄を立てようと考えたテツはミナコを成敗したのだ。大作は彼に自首を促すと、自分は殴り込みを掛けようと包丁片手に屋敷を飛び出した。向かった先は別宅のアパートだったが矢東はおらず、フラフラになりながら次に向かったのは大平和だった。だが社長室にたどり着く直前に力尽きた。その頃、落ちぶれた大作から逃れるために一芝居打ったテツとミナコは大笑いしていた。

大作が目覚めるとそこは現在の本宅だった。以前とは比べ物にならない程のあばら家で、妻の梅子は蓮華教に心酔していた。大名組を支えるために健作が新聞配達する程までに落ちぶれていることを知ると怒りが湧いた。だがよくよく考えると高血圧のせいで倒れたことがわかり、何とか穏やかに復讐する方法はないかと考えた。ある日、大平和の近くを通り掛かると矢東がいた。大作は懐のドスで片をつけようと考えたが、それを止めたのは幼なじみのシイタケこと椎野武三だった。彼は今、矢東の運転手をしておりその実直さは絶大な信頼を得ていた。別れた後、刑務所で同室だった田ノ上太郎と再会した大作はある計画を思いついた。爆弾製造の名人である田ノ上に作らせた万年筆型の爆弾で暗殺するのだ。ペンで命を落せば本望だろうと大作はほくそ笑んだ。

屋台的映画館

わんぱく王子の大蛇退治

  • posted at:2020-06-28
  • written by:砂月(すなつき)
わんぱくおうじのおろちたいじ
東映動画
配給:東映
製作年:1963年
公開日:1963年3月24日 
演出:芹川有吾
製作:大川博
企画:吉田信 高橋勇 飯島敬
脚本:池田一朗 飯島敬
動画監修:山本早苗
音楽:伊福部昭
原画監督:森康二
美術:小山礼司
色彩設計:横井三郎
背景:福本智雄 杉本英子 影山勇 千葉秀雄
考証:蕗谷虹児
撮影:石川光明 菅原英明
録音:森武 石井幸夫
編集:稲葉郁三
効果:岩藤龍三
記録:上山英子
演出助手:高畑勲 矢吹公郎
製作進行:松下秀民
主題歌:「母のない子の子守唄」渡部節子
舞踊振付:旗野恵美
声の出演:住田知仁 岡田由記子 九里千春 山内雅人 川久保潔
シネマスコープ カラー 86分

遠い遠い昔の神様の時代、アメノミナカヌシはイザナギとイザナミに地上を固めて皆が楽しく暮らせる国を造るように命じた。早速イザナギはイザナミとともに天の浮き橋から大きな矛で下界を掻き回した。矛を上げるとその先から滴が落ちていくつもの島が出来た。そのうちの一つのオノゴロ島にはスサノオというわんぱくな少年がおり、その腕っぷしはトラのタロウを打ち負かしてしまう程だった。そんなスサノオを母・イザナミは、男の子は力が強いだけではなく優しい心も持たなければいけないと諭した。ある日、突然イザナミが亡くなり、父・イザナギは彼女が一人で黄泉の国に旅立ったとスサノオに説明した。死について理解の出来ないスサノオは母に会いに行こうとするが、イザナギに叱られ浜辺で一晩中泣いた。泣き疲れて眠ると夢の中にイザナミが現れ、これからは自分の力で生きて行かなくてはならないと勾玉を与えた。それが余計に母への思いを強くし、夢から覚めると海を渡るための舟を作り始めたのだ。まず夜の食国で兄のツクヨミと、高天原で姉のアマテラスと会う。そして東へ進み母の国へと向かうのだ。興味本位で動物たちは集まってきたが、行き先が黄泉の国だとわかると皆尻込みした。だがウサギのアカハナだけは強がって参加することに決めた。

舟が完成するとスサノオはアカハナを連れて旅に出た。その様子を高台から眺めていたイザナギは、夢を追ってどこまでも行ってみるがよいと静かに見守った。舟が大海原へ出ると突如空に暗雲が立ち込め巨大な波がスサノオを襲った。波はこの海域に棲む怪魚アクルの仕業だった。水中に潜ったスサノオはアクルを拳で一撃し、向かってきたところをひらりと交わした。そして再び向かってきたところを剣で一閃し戦いに勝利した。スサノオとアカハナが転覆した舟を元に戻そうとしていたところ、凶暴なアクルに手を焼いていた海の神ワダツミが現れ、お礼として夜の食国へ連れて行った。夜の食国は海の底のその下にあり、黄泉比良坂という洞窟がその入り口となっていた。スサノオたちが奥へ進んで行くと氷で出来た宮殿があり、門まできたが戦いの大臣から拒絶された。怒ったスサノオが傍にあった氷柱をへし折って門に投げつけると、脅威を感じた大臣はツクヨミから借りた氷の鏡の力で彼を氷漬けにしたのだった。ツクヨミの不思議な力によってスサノオは元の姿に戻ったが、怒りが治まらない彼は再び大暴れした。そんな弟に呆れたツクヨミは見えない力で壊れた箇所を修復すると、何をしにきたのかとスサノオに尋ねた。そして母がいる国へ行く途中だとわかると、お前の行ける国ではないから諦めて父のもとへ帰れと忠告した。それを聞いたスサノオは怒って部屋を出て行ったが、ツクヨミは残されたアカハナに何か困ったことがあったらこれを使いなさいと氷の玉を渡した。

屋台的映画館

新 男はつらいよ

  • posted at:2020-06-25
  • written by:砂月(すなつき)
しんおとこはつらいよ
松竹(大船撮影所)
配給:松竹
製作年:1970年
公開日:1970年2月27日 併映「アッと驚く為五郎」
監督:小林俊一
製作:斎藤次男
企画:高島幸夫
原作:山田洋次
脚本:山田洋次 宮崎晃
美術:宇野耕司
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
編集:石井巌
録音:小尾幸魚
調音:松本隆司
音楽:山本直純
監督助手:大嶺俊順
装置:小野里良
装飾:町田武
進行:福山正幸
衣裳:東京衣裳
製作主任:池田義徳
現像:東洋現像所
主題歌:「男はつらいよ」渥美清
協力:柴又 神明会
出演:渥美清 倍賞千恵子 三崎千恵子 前田吟
シネマスコープ カラー 92分

旅先での心温まる話に触発されたテキヤの車寅次郎だったが、叔父夫婦に孝行したいが金はなし。そこで愛知の競馬場に乗り込むと、高齢で不人気という評判にも拘らず名前に惚れ込んで競走馬のワゴンタイガー(ワゴン=車、タイガー=寅)を一点買いした。すると見事に的中し18万円を手にした。調子に乗った寅次郎は手持ちの資金をもっと増やそうとのめり込んで行ったのだった。場内で偶然会った朝日印刷所社長の桂梅太郎は付き合い切れずに先に帰り、その様子をとらやの竜造とつねに報告した矢先、店の前にタクシーが停まった。乗っていたのは寅次郎で、大穴を当てたことで気が大きくなり名古屋から柴又までタクシーを飛ばしてやってきたのだ。彼は店に入るなり手土産替わりに二人をハワイ旅行に招待するといい出し、その話は町内で持ち切りとなった。だがそれは孝行の美談では終わらなかった。寅次郎が100万円の札を見せびらかしたことで柴又の男どもはあくせく働くことが馬鹿らしくなり、つねは歩くたびにお祝いの言葉を掛けられた。そして竜造は心労で熱を出し寝込んだのだった。そんな中、寅次郎の妹・さくらや彼女の夫の諏訪博は一定の理解を示しつつ成り行きを静かに見守ることにした。そんな騒動など気にもしない当の寅次郎はというと、彼を兄貴と慕う川又登が勤める旅行会社へ行き全額を即金で支払った。出発当日、着飾った叔父夫婦とともに出掛けようとする寅次郎を引き留めたのは登だった。社長が旅行代金を持ち逃げしたというのだ。このままではご近所さんに合わせる顔がないと考えた寅次郎はとりあえずタクシーに乗って空港に向かった。そして到着すると見送りにきた博に事情を話し、3人は無事に出発したと皆に伝えるように言った。

誰にも見つからないように夜が更けてからとらやに戻ってきた3人は息をひそめて4日間をやり過ごすことに決めた。様子を見にきた博はまださくらにすらこのことを伝えておらず、ハワイのことを聞かれたときにどうするか心配した。すると寅次郎は水が合わずにホテルから一歩も出なかったと言えばいいんだと言い張った。その日は何事もなく終わったが、翌日の夜に事件が起こった。とらやが留守であることが町中に知れ渡ったおかげで泥棒がやってきたのだ。待ち伏せをして捕まえたところまでは良かったが、博はふとあることに気づいた。警察に通報すれば寅次郎たちがとらやにいることがばれてしまうのだ。このまま嘘をつき通すのか、それとも町内の笑い者になるのか。寅次郎は泥棒を逃がす選択をしたが、この騒動で居ることがわかってしまい竜造たちは平謝りする羽目になった。明け方になり人々がいなくなると寅次郎と竜造は口論を始めた。そして寅次郎は自分の誠意が伝わらなかったことを悲しみ柴又を出て行った。

屋台的映画館

淫絶海女 うずく

  • posted at:2020-06-21
  • written by:砂月(すなつき)
いんぜつあまうずく
日活
配給:日活
製作年:1978年
公開日:1978年7月22日 併映「女高生 天使のはらわた」
監督:林功
プロデューサー:八巻晶彦
脚本:池田正一
撮影:山崎敏郎
美術:佐藤徹
録音:秋野能伸
照明:新川真
編集:鍋島惇
音楽:月見里太一
助監督:村井良雄
色彩計測:野田悌男
現像:東洋現像所
製作担当者:岩見良一
出演:八城夏子 桂たまき 青木奈美 凡天太郎 橘雪子
アメリカンビスタ カラー 69分

房総半島の漁師町で海女となって三年。磯村美代は病気の父・伝次の介護をしながら働いていた。彼女には安房漁協で働く佐藤清という恋人がおりいずれは結婚を考えていた。ある日、家出をしていた網元の息子の中浜竜一が四年ぶりに帰ってきた。そのことを彼の父・竜三はとても喜び跡継ぎになることを確信した。だが竜一が帰ってきたことで町の女たちは自分にもチャンスがあるのではないかと色めき立っていた。美代は竜一と乳兄弟であり、幼い頃から家族同然で育ってきた彼女にとって彼は無視出来ない存在だった。

ある夜、竜一の歓迎会が小湊観光ホテルで盛大に行われた。竜三が漁師町を観光地として売り出す目玉として海女芸者に目をつけたことを話すと、竜一は遠方への漁で男たちが土地を離れた間の収入源として有効であることに理解を示した。一方、寂れ行く町を救うべく各地を回り、海老の養殖が観光資源となりうることを学んだ竜一がそのことを話すと、実は佐藤が同じところに目をつけていたことを知った。彼は既に県への働きかけを行っており、近々五千万円の助成金を受け取ることになっているのだ。竜一が気になっていたのは佐藤の素性だった。彼は三年前にふらりとこの町にやってきたが、頭が切れることから竜三は漁協で働かせることにしたのだ。竜三は竜一が美代に惚れていることを知っており、女将と結託して二人をくっつけることにした。女将は気を利かせて梅の間で美代が待っているとだけ伝え、竜一は言われた通りに暗い部屋で女を抱いた。その頃、美代は通用口から抜け出して佐藤と待ち合わせをしていた。

翌日、竜一が海岸で養殖場の構想を練っていると仕出し屋で働く田浦雅江が近寄ってきた。だが竜一は昨夜に起きたことを聞かれても覚えておらず、彼女が何のことを言っているのか理解出来なかった。それもそのはず、梅の間にいたのは泥酔して頭から布団を被って寝ていた雅江であり、そうとは知らない竜一は暗い部屋で彼女を抱いたからだ。そこへ漁の準備をしに美代がやってきたことから雅江は勝ち誇った笑みを浮かべた。片思いだった竜一と肉体関係を結んだことでライバルから奪い取ったと思ったからだ。ところが美代は強気な態度を取ったため、負けず嫌いな雅江は秘策に出た。それは海女仲間が見守る中でどちらが長く潜っていられるかを競う勝負だった。海女経験のある美代と全くない雅代。結果は意地の張り合いで二人とも溺れ浜に運ばれた。美代は竜一が、雅代は命綱係の太市が蘇生を行ったが、無謀な勝負をした美代に腹が立った竜一は息を吹き返すと頬を張った。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R