忍者ブログ

悲愁物語

  • posted at:2019-02-15
  • written by:砂月(すなつき)
ひしゅうものがたり
松竹=三協映画
配給:松竹
製作年:1977年
公開日:1977年5月21日 併映「雨のめぐり逢い」
監督:鈴木清順
制作:梶原一騎 藤岡豊 川野泰彦
プロデューサー:川野泰彦 野村芳樹 浅田健三
原案:梶原一騎
脚本:大和屋竺
撮影:森勝
照明:小林秀之
録音:大橋鉄矢
美術:菊川芳江
編集:鈴木晄
記録:津田のり子
助監督:斉藤信幸
色彩計測:田村輝行
制作担当:秋田一郎
音楽:三保敬太郎 とみたいちろう
主題歌:「戻っておくれ」とみたいちろう
制作宣伝:東京プランニング
協力:第五回ワールド・レディース ゴルフトーナメント 川越初雁カントリー・クラブ
現像所:東映化学工業
録音スタジオ:アオイ・スタジオ
制作補:島田十九八
キャスティング:西岡昭
協力:デサント カントーグループ
美容家:山野凱章
出演:白木葉子 原田芳雄 岡田真澄 和田浩治 佐野周二
シネマスコープ カラー 93分

東欧の花と称された女子体操のエースのイレーナ・チブルスキーは引退後、繊維メーカー極東レーヨンの専属モデルとなった。スカウト競争に敗れたライバル会社の日栄レーヨン社長・井上はIOCやソ連に働き掛けて彼女の訪日を妨害する作戦に打って出た。それと同時に企画室長の森を呼び出すとチブルスキー以上のタレントを見つけ出すよう命じた。社長の命令は絶対であり、外国人タレントを対抗馬として立てても勝ち目がないことから森は今までの方針を転換し純日本人で行くことに決めた。森から待機を命じられたCMディレクターの古沢がファッションコーディネーターの田所圭介のところへ相談に行くと、ゴルフは出来るかと田所は言った。彼が目をつけていたのは桜庭れい子というプロゴルファーだった。芦屋カントリー・クラブでキャディーをしていたことから高木プロに才能を認められ、昭和51年の高木引退時に上京しプロ入りと同時に女子プロ新人王を獲得した。初雁カントリー・クラブに所属するれい子は抜群なプロポーションの持ち主だがパンチに欠けていた。より彼女のことを知るために田所は週刊ゴルフダイジェスト編集長の三宅精一と連絡を取りゴルフ場に出掛けた。三宅が書いたれい子の記事は個人的な感情がなければ表せないような内容だったため、恋人ではないかと当たりをつけたのだ。田所としてはれい子に日本選手権のタイトルが必要だった。だが実力はそのレベルに達しておらず、そんな彼女が奇跡の優勝を果たせば注目度が一気に上がるのだ。そこで田所はまず300万円の前金を渡し、優勝すれば3000万円の契約を結ぶ条件を三宅に提示した。

三宅はれい子のコーチに高木を指名した。高木は日本女子プロゴルフ選手権が行われるコースを体感で覚えさせると、翌日は悪天候でも対処出来るように巨大扇風機の前でボールを打たせた。その翌日は人工雨とハードなトレーニングは続き、昼夜問わず一日1600球を欠かさず打った。特訓の間に撮ったグラビアの効果もあって選手権は予想以上の注目度となり、会場には多くのギャラリーが詰め掛けた。序盤は5位と出遅れたが徐々に順位を上げ首位の所恵子に肉薄した。ところが最終ホールでバンカーに捉まり、更に体力も限界を超えて倒れたが、最後の気力を振り絞って立ち上がると渾身のショットを放った。ボールはカップに吸い込まれ、土壇場で逆転優勝を決めた。その結果、れい子の人気は爆発し日栄レーヨンの小売店からは本社へポスターの催促が相次いだ。この状況に上機嫌の井上は優勝パーティーに出席することに決めた。一方、田所は三宅に電話を掛けゲスト出演以外の番組を全て断るように言った。翌月からテレビの新番組がスタートするため、れい子の希少価値を高めるためにメディアへの露出を控えるようにしたのだ。そのような工作によって彼女は日栄レーヨンと専属契約を結び多額の契約金を手に入れた。中学生の弟と住むための大邸宅を郊外に構えたれい子だったが、周辺で暮らす主婦たちからは妬まれた。

屋台的映画館
PR

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち

  • posted at:2019-02-11
  • written by:砂月(すなつき)
さらばうちゅうせんかんやまとあいのせんしたち
オフィス・アカデミー
配給:東映洋画系
製作年:1978年
公開日:1978年8月5日 
監督:松本零士 舛田利雄
製作:西崎義展
総指揮:西崎義展
プロデューサー:吉田達
アニメーション・ディレクター:勝間田具治
原作:松本零士
原案:西崎義展
総設定:松本零士
脚本:舛田利雄 藤川桂介 山本英明
企画:西崎義展
撮影:諌川弘 吉坂研一 藤田正明 山崎友正
音楽:宮川泰
主題歌:「ヤマトより愛をこめて」沢田研二
衣装デザイン協力:花井幸子
テクニカル・ディレクター:石黒昇
助監督:棚橋一徳
絵コンテ:安彦良和
総作画監督:湖川滋
作画監督:小泉謙三 荒木伸吾 芦田豊雄 宇田川一彦 落合正宗
美術設定:辻忠直
美術監督:勝又激
共同デザイン:スタジオぬえ
編集:千蔵豊
SF設定協力:豊田有恒
声の出演:富山敬 麻上洋子 納谷悟朗 仲村秀生 青野武
アメリカンビスタ カラー 155分

西暦2201年、宇宙空間に出現した白色彗星は進路上にある邪魔な障害物を次々と飲み込み粉砕して行った。またそれを利用した前衛艦隊が植民地となりうる惑星に対して攻撃、侵略を行い、そこに住む人々を奴隷にした。新たな恐怖が宇宙を席巻していたが、地球はまだそのことを知らなかった。放射能による汚染を取り除き本土の再建を果たした地球は、連邦政府を樹立し平和と繁栄の道を進んでいた。開発の勢いは太陽系の他の惑星にまで及び各惑星に基地が置かれた。資源の開発は急ピッチで行われていたが、その資源を輸送する第15輸送補給船護衛艦隊の護衛艦艦長を務めていたのは、宇宙戦艦ヤマトの艦長代理としてイスカンダル星から「放射能除去装置 コスモクリーナーD」を持ち帰った古代進だった。地球への帰途の際、地球防衛軍司令部へ定時報告を行おうとしたが通信障害によって妨害された。そのときに微弱な通信音を傍受したが、それが何を意味するのか誰にもわからなかった。

空港に降り立った進は帰りを待つ恋人の森雪と再会した。二人には三日後に行われる結婚式が待っており、雪の頭の中は結婚後の生活のことでいっぱいだった。浮かれる彼女に呆れながらも進は復興して行く街の姿と自分たちの未来を重ね合わせていた。その日はヤマトの艦長を務めた沖田十三の命日であり、夕暮れに合わせてかつてのクルーが集まり献花を行うことになっていた。そして日が暮れると今では別々の部署に配置された同僚が一堂に集まったこともあって親睦を深めた。そこへテスト航海から帰ってきた新造戦艦アンドロメダが上空を通過してムードをぶち壊したため、酔っ払った連中は罵声を浴びせた。

翌日、火星付近を通過中に傍受した通信音の話を科学局に勤める真田志郎にすると、ある事象との関係性を疑った彼は直ちに解析を行った。突然三日前から太陽系付近に彗星が現れ、観測史上初めて地球に接近していた。一方、解析後のあの通信音は、発信源は不明だが救いを求める声であることがわかった。想像出来ないような宇宙の異変を知らせるメッセージではないかと進が言うと、その意見に同調した真田は防衛会議に議題として提出した。だが参謀総長は防衛軍の力であれば問題ないと一蹴し、準資格者に批判する権利はないと進を怒鳴りつけた。会議後、旧地球防衛軍司令部に集まった元ヤマトのクルーが意見をぶつけ合っていると司令長官が現れ、ヤマトの廃艦が決まったことを伝えた。そして進には木星ガニメデへの出向、元航海班長の島大介には火星基地への出向を命じた。14万8千光年の旅の中で多くの命を失い、宇宙全体の平和がなければ地球の幸せはないことを学んだ進は、その平和を守るためにヤマトがあると信じていた。長官が去った後で進がそのことを力説すると、真田は懲罰を食らってでも行くべきだと言った。すると皆その意見に賛成したが、島は首を縦に振らなかった。そして雪も複雑な表情を見せていた。

屋台的映画館
こまどりしまいがやってくるやぁやぁやぁ
アルタミラピクチャーズ
配給:アルタミラピクチャーズ
製作年:2009年
公開日:2009年10月31日
監督:片岡英子
制作:桝井省志
プロデューサー:土本貴生 山川雅彦
撮影監督:長田勇市
編集:村上雅樹 宮島竜治
録音:郡弘道
タイトルデザイン:赤松陽構造
制作主任:井手浩一朗
企画協力:こまどり音楽事務所 西原義治
撮影:志賀葉一
協力:遠藤実 石本美由紀
制作協力::アルタミラミュージック
出演:長内栄子 長内敏子 渥美二郎 内海桂子 田中圭
アメリカンビスタ カラー 71分

今日も日本の何処かで歌っているこまどり姉妹。長年芸能界で活躍する裏で、彼女たちは数知れぬ苦労を重ねてきた。昭和13年、釧路の家に生まれた双子の姉妹・長内栄子と敏子は、父親が炭鉱夫ということのあって様々な炭鉱町を転々とした。2歳のときに樺太へ渡ったが、その時は日本が景気のいい時期だったこともあり裕福な生活を送った。太平洋戦争の終結によって7歳のときに日本へ引き揚げることになったが、国内は混乱しており父親は職にありつけなかった。小樽の銭函へ移ったときに父親が結核で倒れ、母親が生活のためにヤミ米の担ぎ屋として働いた。だが度々留置場へ入れられることもあり、腹を空かせた栄子たちはよそ様の畑から野菜を拝借するなどして飢えをしのいだ。学校生活では給食代を払えないため、腹いっぱいで食べられないというような素振りをして運動場で時間を潰した。借金取りに泣きながら謝る母親の姿を見た二人は早く大きくなって親孝行をしたいと思うようになった。だが11歳のときに家賃が払えず家族で夜逃げをしたことで、二度とその地を踏むことはなかった。大楽毛に移り住むとうなだれる父親を叱咤する母親は日銭を稼ぐために自ら門付芸人として歌で家々を回った。ところがある家の前で歌ったときに、後ろで立っている双子が歌えばお金をあげると言われたため、空腹の栄子と敏子はやむを得ず初めて人前で歌った。その後、流しの老人の勧めで帯広に移り飲食街で修業を積んだ。

昭和26年2月、13歳のときに上京し一番安い家賃として紹介された浅草山谷に住んだ。町にはアルコール中毒者やヒロポン中毒者がいたが、そうはなるまい、早く町から抜け出したいという一心で仕事を続けた。双子という珍しさもあってあちこちから声が掛かるようになると、妬んだ同業者から嫌がらせを受けるようになった。だが三味線を弾くなら流しを続けてもいいと言われたため経験はないもののやることにした。努力が実を結び売り上げが一日4、5千円になると、管理する両親がその中から家賃と食費を差し引いた残りを全て渡したことで二人は俄然やる気を出したのだった。16歳の頃になると三味線と踊り専門でお座敷に呼ばれるようになった。そのきっかけは、このまま流しを続けても先が見えていると感じたからだった。流しを辞めたいと相談すると両親は収入が途絶えてしまうと言って泣いた。それを見た二人は0が増える芸人になるから信頼してついてきて欲しいと必死になだめた。その頃は子供の歌手が注目される時代であり、そこに目を付けた父親はマネージャーとなって二人をレコード会社や映画会社に連れて行った。流しだったことをバカにされ芸能界に入るまいと考えた栄子たちだったが、勘当の手紙を青森の親戚から送られた父親の寂しい背中を見たことで、何とかして世の中に名前を知らせなければと思うようになった。昭和34年、21歳のときにコロムビアに入社し「浅草姉妹」で念願のレコードデビューを果たした。デビュー当時の芸名は「並木栄子 葉子」だったが、担当ディレクターがそれでは漫才コンビみたいだと言ったことで新しい芸名を一般公募することになった。美空ひばりにあやかって鳥の名前をつけたいと考えていた二人は3千通以上の葉書の中から「コマドリ」と「駒鳥」を見つけ出し、「こまどり姉妹」という名に決めた。そして4月に発売した「ソーラン渡り鳥」は空前のヒットとなった。

屋台的映画館

吼えろ鉄拳

  • posted at:2019-02-05
  • written by:砂月(すなつき)
ほえろてっけん
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1981年
公開日:1981年8月8日 併映「野菊の墓」
監督:鈴木則文
企画:日下部五朗 本田達男
脚本:鈴木則文 井上眞介 志村正浩
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:荒川輝彦
美術:園田一佳
編集:市田勇
助監督:藤原敏之
記録:森村幸子
装置:太田正二
装飾:小谷恒義
背景:西村三郎
衣裳:東京衣裳
美粧結髪:東和美粧
演技事務:藤原勝
スチール:中山健司
音響効果:永田稔
擬斗:斉藤一之
宣伝担当:丸国艦 茂木俊之 小田和治
企画補:佐藤公彦
進行主任:野口忠志
協力:東映俳優センター
音楽:羽田健太郎
主題歌:「青春の嵐(ハリケーン)」真田広之
フラメンコ・ダンス指導:岡崎義隆
奇術指導:広瀬良雄
腹話術指導:小泉みつる
ボクシング指導:権藤正雄
協力:サニ千葉エンタープライズ ジャパンアクションクラブ
アクション監修:千葉真一
出演:真田広之 志穂美悦子 山下美樹 横山エミー 黒崎輝
アメリカンビスタ カラー 95分

アメリカ・テキサス州の牧場で働く響譲次は父危篤の知らせを聞き急いで自宅に戻った。彼の父・鉄心は空手の達人だったが、今は闘病生活を送っていた。鉄心は今際の際に譲次が自分の子ではないことを告げ、お前の人生を狂わせたのは自分だと悔いた。そして真実を書き記した手紙を渡すと息を引き取ったが、譲次の受けた衝撃は計り知れないものだった。18年前、青雲の志を抱いて沖縄から本土へ渡った鉄心だったが、現実は厳しく忽ちその日の食べ物にも事欠く悲惨な暮らしに陥った。その頃、週刊誌で裕福な生活を送る日野原氏のことを知った彼は、幼い3人の子供のうち双子の一方を仲間と共謀して誘拐した。それが譲次だった。諍いがもとで仲間を殺した鉄心は彼を連れてアメリカに渡ったのだった。亡くなるひと月前、ヒューストンの病院へ行った鉄心は偶然日本の新聞を目にし、日野原家の消息を知って愕然とした。3年前に日野原夫妻は自家用機の事故でこの世を去り、双子の兄・透も海外で謎の失踪をしたという。それ以来、鉄心は一日も早く譲次が日本へ帰ることを望んでいたのだった。

ポートアイランド博覧会で賑わう神戸に到着した譲次はメモに従って中央区北野町にある王文元の屋敷にたどり着いた。どうしようかと迷っていると相棒であるリスザルのピーターが塀を乗り越えて中に入って行ったため、勝手に入って捜すことにしたのだがプールで遊ぶ女の子たちに痴漢と間違われてしまった。その様子に驚いた王は慌てて熊沢青厳に電話を掛けた。日野原透が帰ってきた、と。だが熊沢は香港の楊玄徳のシンジケートから始末をつけたという連絡を受けていると真っ向からそれを否定した。

誤解が解け、さらに王邸へくる途中で財布を掏られたことに王の娘・麗花たちから同情された譲次は、連れてこられた喫茶カサブランカで腹を満たした。マスターのボギーから一文無しでどうやって生活して行くんだと心配される中、店に入ってきたのは王邸までバイクで連れてきたチンピラの三吉だった。彼は譲次から掏った財布の金でツケを払いにきたのだ。相手が観念したことで譲次のもとに無事に財布は戻ってきたが、今度は執事風の男が店に現れ彼は大きな屋敷に連れて行かれた。そこは譲次の叔父に当たる資産家・日野原一輝の屋敷で、譲次の姉である盲目の千尋も住んでいた。譲次は自己紹介しなければ千尋が間違うほど声が透とそっくりであり、一輝は現代の奇跡だと心から喜んだ。千尋は譲次を自室に招き入れるとオルゴールの音色を聞かせた。それは19歳の誕生日に父親からプレゼントされた特注品で、今も彼女の心の支えとなっていた。千尋は9歳を過ぎて網膜剥離になり、透は必ず姉さんの目を治すと医学の道を選んだ。そしてロンドンの大学へ留学したのだが行方がわからなくなったのだ。話を聞き終えた譲次は、透が帰ってくるまで僕が姉さんの杖になりますと言った。

屋台的映画館

八甲田山

  • posted at:2019-02-02
  • written by:砂月(すなつき)
はっこうださん
橋本プロダクション=東宝映画=シナノ企画
配給:東宝
製作年:1977年
公開日:1977年6月18日(青森県先行公開 1977年6月4日)
監督:森谷司郎
制作:橋本忍 野村芳太郎 田中友幸
企画:吉成孝昌 佐藤正之 馬場和夫 川鍋兼男
原作:新田次郎
脚本:橋本忍
撮影:木村大作
美術:阿久根巌
録音:吉田庄太郎
照明:高島利雄 大沢暉男
音楽:芥川也寸志
助監督:神山征二郎 橋本信吾 永井正夫 桃沢裕幸 中沢新一
編集:池田美千子
記録:米山久江
タイトル:米内康夫
現像:東洋現像所
制作担当:小山孝和
出演:高倉健 北大路欣也 加山雄三 三國連太郎 丹波哲郎
シネマスコープ カラー 169分


明治三十四年十月、第四旅団司令部において重要な会議が行われた。日本とロシアとの海戦は時間の問題となっており、軍はそれに備えて兵器の充実や兵の教育に力を入れていた。だが中林大佐には現陸軍に準備不足と感じている部分があった。それは寒地訓練だった。予測される戦場は遼東半島から満州に掛けてであるが、先の日清戦争では寒さのためにこの遼東半島で四千人もの凍傷者を出したことで軍の作戦に大きな支障をきたした。次に戦う相手はシベリアの寒さに耐えうる装備と極寒零下数十度においてもなお戦う術を修得するロシア軍であることから、それに対する訓練は一日でも怠ることは出来なかった。また海戦ともなればいち早いロシア艦隊は津軽海峡と陸奥湾の封鎖を行い、その際に艦砲射撃で鉄道や道路を破壊される恐れがあった。そして青森ー弘前、青森ー八戸方面がそれぞれ遮断されると八甲田山系を縦断する以外に方法がなかった。そこで中林は師団参謀長としての私案である寒地装備訓練と同時に万が一の場合の交通路確保の作戦を中隊もしくは小隊編成で行う八甲田山の踏破による調査を提案した。そして友田少将は雪中行軍の経験者である青森歩兵第五連隊の神田大尉と弘前歩兵第三十一連隊の徳島大尉を指名した。会議後、弘前と青森の双方から出発して八甲田山辺りですれ違うという行軍計画を児島大佐が提案すると、自然条件が同じであることを考えればそれが最適だと津村中佐も同意した。

行軍が翌年の一月末か二月初めと決まり、準備のために田茂木野村に出向いた神田は村長の作右衛門から話を聞いた。だが様々なことを聞くうちに今回の作戦が如何に無謀であるかを思い知らされた。その季節は雪が深い上に風が強く一度踏み込んだら生きて帰れない、まるで白い地獄だというのだ。失敗は絶対に許されないことから神田は徳島と情報交換を行ったが、その中で踏破が中林や友田の命令ではなく連隊の責任ということになっていることを知り驚愕した。だがもう引くに引けない二人は資料を参考にして具体的な方法を話し合った。神田が別れ際に今度会うときは雪の八甲田の何処かでと言うと、徳島は静かに頷いた。

徳島は第三十一連隊の雪中行軍計画書を提出した。十泊十一日で行程二百四十キロを踏破するいう無謀な計画書を読んだ児島は驚きどういうことかと説明を求めた。すると徳島は壁に貼ってある地図の前に立ち、弘前から十和田湖に進み南側に沿って進んだ後、北上して八甲田山の北側を進んで弘前に戻るという計画を説明した。そしてその行程になったのは連隊長の責任だと言うと児島は反論出来なかった。徳島は続けて、第五連隊が八甲田を経て八戸方面に向かうため、我々がすれ違うには迂回する以外に方法はないと言った。行軍は見習い士官や下士官を主力にした二十七名の編制するが、それは研究に主眼を置いていることと、いざという場合に国民に対して申し訳が立つからだ。徳島は旅団司令部で安請け合いしたことを後悔していると胸の内を正直に打ち明けた。児島はそれを黙って聞くしかなかった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R