忍者ブログ

嗚呼!!花の応援団 男涙の親衛隊

  • posted at:2018-06-27
  • written by:砂月(すなつき)
ああはなのおうえんだんおとこなみだのしんえいたい
日活
配給:日活
製作年:1977年
公開日:1977年3月19日 併映「野球狂の詩」
監督:曽根中生
プロデューサー:三浦朗
原作:どおくまんプロ
脚本:田中陽造
撮影:森勝
照明:土田守保
録音:橋本文雄
美術:菊川芳江
編集:山田真司
助監督:中川好久
色彩計測:松川健次郎
現像:東洋現像所
製作担当者:高橋信宏
撮影協力:高瀬道場
音楽:コスモスファクトリー
主題歌:「嗚呼花の応援団」異邦人
・・・:「南河内大学節」異邦人
挿入歌:LP「風の伝言」より 東てる美
協力:テレス紳士服株式会社 株式会社市川工務店 篝火荘
技斗:高瀬将敏
出演:本間進 宮下順子 川畑信三 深見博 泉じゅん
アメリカンビスタ カラー 93分

今年も花見の季節がやってきた。だが南河内大学応援団の花見は桜が満開を過ぎて行われていた。何故ならいい場所は他の大学に占領され、力の弱い南河大ははじき出されてしまうからだ。人並みに花見を行うには咲いた桜の枝を折り誰も来ないような場所の木に縛りつけるしかなかった。その下ごしらえはいつも一回生が行うことになっており、今年は富山一美と北口良一が担当した。応援団には一年はゴミ、二年は奴隷、三年になるとようやく人間となり、四年は神様とそれぞれの階級がある。新人は過酷なしごきに耐えねばならず、もうすぐ二回生となる富山と北口はこの作業がゴミ最後の御奉公となるのだ。何故そうまでして花見をしなければならないのか理由はわからなかったが、応援団という場所が男を磨く修羅場だと考えれば納得出来なくもなかった。ようやく会場の準備が整った頃、応援団OBの薬痴寺が到着した。一方、食事の準備をしていた応援団本部の部室に電話のベルが鳴った。副団長の下村が出ると相手は浪華大の団長だった。団員が南河大の団員に暴行されたため詫びを入れろというのだ。下村は幹部を集めて会議を開いたが、親衛隊も含めると200人を超えるといわれる団員に殴り込みを掛けられるのは御免だが頭を下げるのはもっと御免だという結論に至った。穏便に治めるには暴力事件を起こした犯人を見つけ出しその首を差し出さなければならないが、 このことが薬痴寺の耳に入ると厄介なことになるため何事もないように花見を進めた。

翌日、団長の木村は団員を部室に集めて白状させようとしたが、誰ひとり名乗り出る者はいなかった。そこに現れたのは親衛隊隊長の青田赤道で、突然「ボクちん、見合いするんよね」と言った。相手は昨年度のミス日本で山口県一の金持ちの令嬢。結婚を前提としたお付き合いをしたいと先方から申し込んできたというのだ。木村たちはその話を唖然とした表情で聞いた。父・玄道からの手紙には私立探偵が素行調査を行う旨が書かれており、軽率な行動と慎むべきだと釘を刺されていたことから赤道はいつもの自分らしさを消して慎重に行動した。きょろきょろと街中を警戒しながら歩いているとコートに身を包んだ黒メガネの男がつけてきた。そして広場でエロ本を名残惜しそうに燃やしていると男はその様子をじっと観察していた。その頃、浪華大の襲撃を警戒する部室では、木村や副団長の下村、リーダー長の柏原が新しい革靴を自慢し合っていた。ボロボロの革靴を履いていたことで悔しい思いをした統制部長の小川はその反動で10万円もする雪駄を手に入れたのだが、ヤクザ者の車に泥を撥ねられ因縁をつけたことでのされた上にそれを奪われてしまった。バーに入ったヤクザ者がその雪駄を穿いてご機嫌でいると舎弟の男は古い雪駄を投げ捨てた。その先には赤道がおり彼の怒りは頂点に達していたが、後ろの席には黒メガネの男が座っていた。

屋台的映画館
PR

嗚呼!!花の応援団 役者やのォー

  • posted at:2018-06-12
  • written by:砂月(すなつき)
ああはなのおうえんだんやくしゃやのぉー
日活
配給:日活
製作年:1976年
公開日:1976年12月25日 併映「サチコの幸」
監督:曽根中生
プロデューサー:三浦朗
原作:どおくまんプロ
脚本:田中陽造
撮影:山崎善弘
照明:松下文雄
録音:橋本文雄
美術:柳生一夫
編集:鍋島惇
助監督:山口友三
色彩計測:鈴木耕一
現像:東洋現像所
製作担当者:天野勝正
音楽:コスモスファクトリー
主題歌:「嗚呼花の応援団」異邦人
・・・:「南河内大学節」異邦人
挿入歌:「夕陽と団旗」異邦人
協力:テレス紳士服株式会社 株式会社市川工務店 篝火荘
撮影協力:高瀬道場
南河大応援技術指導:日本大学応援団
技斗:高瀬将敏
振付(ロック座):斉藤智恵子
出演:井上治之 宮下順子 香田修 深見博 片桐夕子
アメリカンビスタ カラー 105分

南河内大学一回生の富山一美や北口良一が応援団員として板につき始めた頃、一人の学生が入団を希望した。その変わり者は応援団に入れば金がガバガバ入ってくるし、授業に出なくても単位はくれるし、おまけに女は抱き放題という根も葉もない噂を聞きつけた少し足りない河内八郎太だった。副団長の下村から面倒を見るように言われた富山たちは一回生としての心得を教え込もうとしたが何処吹く風。幹部室から出てきた下村がタバコを差し出しても無視をした。頭にきた彼は副団長の小川が止めるのも聞かずに八郎太を殴り倒したが、実は暴力団関西悪心会会長・河内一郎の孫だったことがわかり態度を翻したのだ。団長の木村やリーダー長の柏原も一緒になってご機嫌を取ったことで何とか治まったが、八郎太はその代わりに何でもするという幹部四人に犬になれと命じたのだった。そこに親衛隊隊長の青田赤道がやってきたことで八郎太は彼にも犬になるよう命じた。すると事情を知らない青田は狂犬となって八郎太に噛みついたのだった。俺たちは知らないと木村たちが幹部室へ逃げ込む中、南河大に黒塗りの車が列を成してやってきた。逃げ帰った八郎太が一郎たちを引き連れて戻ってきたのだ。富山と北口の心配をよそに青田は正面から出て行き話をつけることにした。青田がコテンパンにやられることを期待していた木村たちだったが予想は外れ、一郎は迷惑を掛けたと頭を下げるとお詫びの気持ちとして金を差し出した。それを鷲掴みにした青田は微動だにせずに車を見送ったが、やがて見えなくなると気が抜けて倒れ「非常に怖かったのネンノネン」とつぶやいた。その夜、彼は富山と北口を引き連れて飲み屋を梯子した。

ある日、団員全員が部室に集められた。富山と北口は幹部連中がご機嫌なことで嫌な予感がしていたがそれが的中した。応援団恒例の秋合宿が始まるというのだ。手渡された封筒には主意書が入っており、費用は交通費や宿泊費等々で10万円と書いてあった。その破格な金額をめぐって部室で騒動が起きる中、一本の電話が掛かった。それはOBの薬痴寺からだった。かつて「しごきの鬼」と呼ばれた先輩が急遽視察にくることになったことで木村たちは慌てて集団練習の支度をした。薬痴寺は真剣に打ち込む団員たちの様子にご満悦だったが、腹痛で見学中だという前田等に近づくと「役者やのォー」と気合を入れた。その夜、屋台で一杯引っ掛けた薬痴寺が心斎橋筋商店街付近をフラフラと歩いていると、三人のホステスをはべらせた青田を見かけた。そこで彼は一人分けて欲しいと言い寄ったのだが川へ投げ込まれたのだった。翌日、青田が部室に顔を出すと幹部たちとともに薬痴寺が入ってきた。昨夜の学生が青田であることがわかると、薬痴寺は復讐のために彼をグラウンドに呼び出し制裁を加えることにした。

屋台的映画館

ある殺し屋の鍵

  • posted at:2018-05-02
  • written by:砂月(すなつき)
あるころしやのかぎ
大映(京都撮影所)
配給:大映
製作年:1967年
公開日:1967年12月2日 併映「残侠の盃」
監督:森一生
企画:藤井浩明
原作:藤原審爾
構成:増村保造
脚本:小滝光郎
撮影:宮川一夫
録音:海原幸夫
照明:中岡源権
美術:太田誠一
音楽:鏑木創
編集:谷口登司夫
擬斗:楠本栄一
助監督:大洲斉
制作主任:小沢宏
現像:東洋現像所
出演:市川雷蔵 西村晃 佐藤友美 山形勲 中谷一郎
シネマスコープ カラー 79分

ある花街の奥路地に屋敷を構える日本舞踊・藤川流の師匠の藤川寿一郎こと新田。その端整な顔立ちから彼を慕うものは多く、女弟子で芸者の秀子もその中の一人だったが、新田は努めて謹厳な態度を崩そうとはしなかった。ある日、そんな彼に仕事の依頼が舞い込んできた。その内容は「殺し」だった。新田は日舞の他にその道でも超一流の腕前を持っていたのだ。依頼主は石野組組長で新田と連絡を取ったのは舎弟の荒木だった。標的は朝倉という高利貸で、100億を超える脱税をして世間を騒がせている男だった。新田が簡単に了承しないと聞いていた荒木は、カタギの人々は泣きの涙で税金を納めている人が多く中には首をくくる人だっているという話で情に訴えかけた。そしてそんな悪党をのさばらせておく手はないと一押しすると新田はしばらく考え込み、いくら出すかと切り出した。小さな笑みを浮かべた荒木が謝礼として1500万円出すと言うと新田は心を決めた。

世間では東日道路公団の用地買収にかかわる政財界の不正事件が露見し、その発端となったのが金融王・朝倉による証言だった。彼は130億円にも上る脱税のもみ消しを経済界会長の北城から断られたことを逆恨みし、その証拠となる「秘密メモ」を公表するという噂が流れたのだ。そうなれば要職につく人物の名前が浮かび上がり、下手をすれば北城にもたどり着く可能性があった。そこで彼は遠藤建設社長を呼び出すと4000万円を渡し、わかっていることは朝倉が私にとって邪魔だということだと言った。4000万円を持ち帰った遠藤は石野を呼び出すと筋書きを話した。すると石野は3000万円で了承し、いざという場合を考えて始末のときに都合の良い男を選び出すと約束した。遠藤は荒木を応接室に呼び出すと手付として1000万円、仕事後にもう1000万円渡すと言った。荒木は快く引き受け、万が一ドジを踏むようなことがあっても組長の顔を潰すようなことは絶対しないと約束した。このような仕事に打ってつけな人物として荒木が依頼したのが仲間の草薙と懇意にしている新田だった。

朝倉は仮保釈中で刑事に取り囲まれながらホテル住まいをしていた。荒木からその情報を得た新田は生活する様子を写真に収め遠藤に提出した。そして手付金の1000万円を受け取ると仕事後の謝礼に1000万円を要求した。同席する荒木は不快な顔をしたが、遠藤はその条件を飲んだ。それから数日後、新田は荒木が運転する車をホテルから少し離れた場所に停めさせると単身で乗り込んで行った。そして客として水着でプールサイドに近づくと辺りを見回し、プールで泳ぐ朝倉と彼を見張る警官の位置を確認した。しばらくして泳ぎ始めると秀子とばったり会った。朝倉は秀子のパトロンだったのだ。秀子はプールサイドでしきりに話し掛けてきたが新田は浪費する時間に焦りを感じていた。余計な邪魔が入り計画は水泡に帰すかと思われたが、奥にいた若者たちがはしゃぎ始めそれを見て秀子も泳ぎましょうよとプールへ入った。それを機に水中へ潜った新田はプールの中央でくつろぐ朝倉のゴムボートへ向かうと周囲に悟られぬ間に仕事を終えた。そして素早く着替えを済ませると車に急いだが荒木の姿はなかった。パトカーのサイレンが聞こえたことで長居は無用とエンジンを掛けたが、その車のブレーキには細工が施されていたのだ。停まることを知らない車はガードレールを突き破り谷底へ消えて行った。

屋台的映画館

ある殺し屋

  • posted at:2018-04-15
  • written by:砂月(すなつき)
あるころしや
大映(京都撮影所)
配給:大映
製作年:1967年
公開日:1967年4月29日 併映「にせ刑事」
監督:森一生
企画:藤井浩明
原作:藤原審爾
脚本:増村保造 石松愛弘
撮影:宮川一夫
録音:林土太郎
照明:美間博
美術:太田誠一
音楽:鏑木創
編集:谷口登司夫
擬斗:楠本栄一
助監督:大洲斉
制作主任:村井昭彦
現像:東洋現像所
出演:市川雷蔵 野川由美子 成田三樹夫 小池朝雄 渚まゆみ
シネマスコープ カラー 82分

駅を出てきたサラリーマン風の男はタクシーを拾うと運転手に埋立地へ向かうように言った。彼が降り立ったのは何もない只だだっ広い場所で、海の方へ歩くと小さな小屋があった。中には誰もおらず物置のようになった室内をひと通り見回すとドアを閉めた。それから町の方へ歩いて行くと墓地を抜けた先に晴海荘という古びたアパートを見つけた。二階の窓から辺りが一望出来、隣室の船員は日本に不在であることと他の部屋に借主がいないことを確認すると大家に契約を申し出た。老婆の足音が遠ざかるとバッグから黒い包みを取り出し、それを畳に広げると二丁の拳銃が姿を現した。男の名は塩沢。裏の職業は殺し屋。それからしばらくして土砂降りの雨の中を訪ねてきたのは圭子という女だった。彼女は部屋に入るなり窓を開け、仕事に差し支えないかしらと聞くと、塩沢はかえって好都合かもしれないと静かに答えた。

圭子との出会いは些細なことだった。小料理屋「菊の家」の店主で板前の塩沢は、食堂で無銭飲食の代金を体で払おうとする圭子の分まで支払った。その際、財布の中身を見て驚いた圭子は何とか関係を持とうとしてお礼をさせて欲しいと近づいた。だがけんもほろろの扱いを受けたため、偶然通り掛かった彼女のヒモの賢次に助けを求めたのだ。賢次は俺の女房に何するんだと脅して金をせしめようとしたのだが相手にされなかったためナイフを抜くと、塩沢は彼の腕を取って肩を外したのだった。その鮮やかな身のこなしと力強さに惚れ込んだ圭子は痛がる賢次を見捨てて追い掛けたが、これ以上の付き合いは御免だねと言われショックを受けた。だがそれでもめげない彼女は塩沢の後を追い、ついに菊の家まで押し掛けたのだった。中に入ると店は準備中で女中のみどりが掃除をしていたことから、圭子は彼女に近づき塩沢のことを根掘り葉掘り聞き出そうとした。そして彼が独身だとわかると図々しく部屋に上がり込み、同情を引いて働かせて欲しいと頭を下げたのだった。様子を見るために接客させると思った以上に客受けが良かったが、それに嫉妬したのはみどりだった。彼女は圭子が大きな顔をして店を仕切り始めたことで居場所を無くし出て行った。

塩沢が仕事を引き受けるきっかけとなったのは、木村組身内の前田という男と会ったことだった。前田は社長の命令で金に物を言わせて仕事を片っ端から横取りする仁義なき同業の大和田をつけ狙ったが、全く隙を見せなかったため仕方なく塩沢にすがることにしたのだ。だが塩沢にとってやくざの組織がどうなろうと知ったことではなかった。それを理由に断ると、今度は社長直々に会いにきたのだ。話を聞くうちに祖国のためと信じて若くして散った航空隊の同期の仲間のことを思い出し、一方で悪徳の塊のような男がのうのうと生き続けていることに怒りが込み上げてきたのだった。塩沢は仕事を引き受ける条件として二千万円を要求した。

屋台的映画館

あしたのジョー2

  • posted at:2017-12-10
  • written by:砂月(すなつき)
あしたのじょーつー
三協映画=ヘラルドエンタープライズ=富士映画=ちば企画
配給:ヘラルドエンタープライズ=富士映画
製作年:1981年
公開日:1981年7月18日
監督:出崎統
制作総指揮:梶原一騎
制作:川野泰彦
プロデューサー:島田十九八
原作:高森朝雄 ちばてつや
脚本:出崎統
作画監督:杉野昭夫
音楽監督:荒木一郎
主題歌:「あしたのジョー2のテーマ 明日への叫び」ジョー山中
・・・:「青春の終章(ピリオド) JOE・・・FOREVER」ジョー山中
美術:小林七郎
撮影:高橋宏固
録音:瀬川徹夫
編集:鶴渕允寿
選曲:太田正一
効果:帆苅幸雄
助監督:竹内啓雄
監修:ちばてつや
制作協力:東京ムービー新社
声の出演:あおい輝彦 藤岡重慶 檀ふみ 岡田真澄 細川俊之
アメリカンビスタ カラー 110分

日本中に衝撃が走ったバンタム級ボクサー・力石徹の死から一年。あの壮絶な試合を行った同じ会場に追悼の10カウントゴングが鳴り響いた。白木財閥の創始者で白木ボクシングジムの名誉会長・白木幹之介は、力石の対戦相手だった矢吹丈(ジョー)が会場にきているのではないかとその姿を目で捜したが、孫娘の葉子はいるはずがないと思っていた。何故ならジョーは力石が死んだ一因が自分にあると思い詰めて消息不明になっていたからだ。だがその数日後、泪橋の下にある丹下拳闘クラブではコーチの丹下段平と門下生のマンモス西が驚きの声を挙げていた。早朝の薄暗いジムに明るい笑顔のジョーがいたからだ。その情報は瞬く間にドヤ街に広がり大騒ぎになった。ジョーが次に向かった先は力石が眠る墓だった。もう減量をする必要はないのだからたっぷり飲めよとミネラルウォーターを墓石にかけると、彼は気持ちを吹っ切ると報告をした。そしてじゃあなと踵を返すとその先には葉子がいた。

復帰後のジョーは破竹の勢いを見せ、5戦5勝をいずれもボディー攻めでKOを奪った。その全ての試合をリングサイドで観戦した葉子は、言葉では言い表せないもののジョーのファイトスタイルに違和感を覚えていた。そこで彼女は会長職を退く幹之介に白木ジムを任せて欲しいと願い出たのだった。その違和感は西も気づいていた。新戦法としてボディー攻めを行うジョーが未だに相手への顔へクリーンヒットさせたことがなかったからだ。そのことを段平に話すと、今はうまく行っているのだからそれ以上口にするなと釘を刺した。

ノンタイトル戦だがバンタム級チャンピオンのタイガー尾崎と戦うことになったことでジョーの気持ちは高揚していた。この試合に勝てば次はタイトル戦に臨むことが出来るからだ。前回同様、簡単に試合が進むと思われたが、尾崎がボディーを徹底的にブロックすることで攻めあぐんだ。痺れを切らした段平の指示で相手のテンプルを狙ったが、力石の姿が脳裏に過り動きが止まった。そこを尾崎に突かれてパンチを食らうと形勢は一気に逆転した。アッパーカットでダウンしたジョーはまさか自分が倒れると思っておらず、立ち上がると反撃を試みたがレフェリーから試合終了のストップが掛かった。それは段平がリングにタオルを投げ込んだからだった。「もうこれ以上やっても無駄だよ」。ジムへ帰るタクシーの中で段平は納得の行かないジョーに現状を説明した。力石のテンプルへのパンチが死へと追いやったという罪の意識が働き、彼は無意識にそこを避けて攻撃を行っていたのだ。力石の存在を吹っ切って戻ってきたつもりだったが、思わぬ弱点が露見したことでジョーはひどくショック受けた。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R