忍者ブログ

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘

  • posted at:2016-12-13
  • written by:砂月(すなつき)
ごじらえびらもすらなんかいのだいけっとう
東宝
配給:東宝
製作年:1966年
公開日:1966年12月17日 併映「これが青春だ!」
監督:福田純
制作:田中友幸
脚本:関沢新一
撮影:山田一夫
美術:北猛夫
録音:吉沢昭一
照明:隠田紀一
音楽:佐藤勝
整音:下永尚
監督助手:佐野健
編集:藤井良平
音響効果:金山実
現像:東京現像所
制作担当者:橋本利明
特殊技術・監督補:有川貞昌
特殊技術・撮影:富岡素敬 真野田陽一
特殊技術・光学撮影:徳政義行
特殊技術・美術:井上泰幸
特殊技術・照明:岸田九一郎
特殊技術・操演:中代文雄
特殊技術・合成:向山宏
特殊技術・監督助手:中野昭慶
特殊技術・制作担当者:坂本泰明
特技監督:円谷英二
出演:宝田明 水野久美 平田昭彦 田崎潤 砂塚秀夫
シネマスコープ カラー 86分

マグロ漁船が南方海域で大時化により遭難した。この船に乗っていた漁師・彌太の安否を知るために彼の母・カネは恐山霊場でイタコを訪ねた。遭難現場付近から船の破片が出ていたことを新聞が書き立てていたが、冥土をいくら捜しても見つからなかったとイタコが言ったことで息子が生きていることを確信したカネだったが、彼女と同じ思いでいたの彌太の弟の良太だった。良太は警察に掛け合ってもう一度捜索するよう願い出たが、管轄が違うことを理由にして取り合おうとしなかった。そこで今度は新聞社に取材を願い出たが、接客室に貼られていた耐久ラリーダンスコンクールのポスターを見て気が変わった。優勝賞品がヨットだからだ。

3日前に始まったコンクールは当初の300人から15人に絞られていた。体力の限界で脱落した大学生の市野と仁田に今からでも参加出来るのかと良太は尋ねたが、無理だと聞き落ち込んだ。そんな彼の姿を不憫に思った市野たちはヨットハーバーへ行き、太平洋横断が可能なヤーレン号を拝借することにしたのだ。ところが先客の吉村に不法侵入だと銃を向けられると従わざるを得なくなり、夜明けまで静かに眠ることにした。翌朝、ヤーレン号が良太の手で出航していることに驚いた吉村は港へ戻せと命じたが、良太は神様の思し召しだと言って考えを改めようとはしなかった。銃がおもちゃであることは既にばれていたことから吉村は強引に舵を奪おうと試みたが、良太以外にヨットを操縦出来る者がいないことがわかると彼に行く先を任せることに決めた。ラジオのスイッチを入れるとニュースが始まり、昨日の未明に新橋の外国パチンコ会館の金庫が破られ、現金400万円が盗まれたという情報が流れた。その犯人が吉村ではないかと疑い始めると3人はそれ以上詮索しないことにした。ヨットが登録航路を離れて南下している頃、吉村は市野と仁田にある相談を持ち掛けた。それは良太に積極的に協力して操縦方法を覚え、隙を見てヨットを奪い陸地に戻るという計画だった。だが空の様子がおかしくなり暴風雨に襲われるとそれどころではなくなった。舵の利かなくなったヨットは荒波に揉まれたが、さらに洋上に突き出た巨大なハサミに襲われて良太たちは船外に放り出された。

遭難した4人は孤島に流れ着いた。彼らはまず食糧確保のために崖を登り、森で木になった果物をたらふく食べて満足すると、さらに奥へ進んだ。入港する水上艇が見えたことで無人島ではないことを確信した良太たちはその方向へ歩いて行ったが、そこは厳重な警備が敷かれた工場だった。秘密結社「赤イ竹」が支配したこの島では核兵器の原料となる重水が製造されており、隣島のインファント島の住民が強制連行されて働かされていた。運ばれてきた島民のうち2人が脱走を企てて舟で沖に漕ぎ出すと、そこに現れた「エビラ」が巨大なハサミをもたげて待ち構えていた。

屋台的映画館
PR

高度7000米 恐怖の四時間

  • posted at:2016-05-25
  • written by:砂月(すなつき)
こうどななせんめーとるきょうふのよじかん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1959年
公開日:1959年9月30日 併映「大岡政談 千島の印篭」
監督:小林恒夫
企画:根津昇
脚本:舟橋和郎
撮影:藤井静
録音:小松忠之
照明:城田昌貞
美術:藤田博
音楽:木下忠司
編集:長沢嘉樹
助監督:鈴木敏郎
進行主任:山下明
協力:北日本航空株式会社
航空指導:荒蒔義次
衣裳協力:「帯とキモノ」研究所
出演:高倉健 今井俊二 大村文武 中原ひとみ 小宮光江
シネマスコープ カラー 79分

羽田発仙台経由札幌行のダグラスDC-3・大雪号は13時50分の出発時刻を静かに待っていた。この日のフライトを担当するのは、飛行時間6000時間の実績を持つエキスパートの機長・山本桂三と、彼の妹・絹代と恋人の関係にある副操縦士の原、そして客室乗務員の大野みどりと並木蓉子だった。搭乗手続きが終わり出発の準備が整うと大雪号は乗客27人を乗せて定刻通りに離陸した。

札幌での商談に向かう自動車販売員の石川和子は、同じ飛行機に乗っているにもかかわらず恋人の藤尾とは別れて座っていた。和子は藤尾とライバル関係にある会社に勤めており、まとまり掛けていた顧客を彼から奪ったことで後ろめたさを感じていたのだ。イヤホンでラジオを聞きながら時間を潰していた和子はある事件が気になっていた。それは空港のロビーで見た池袋の御木野真珠店で一家全員が殺害されるという惨たらしいニュースだった。池内夫妻と女中は犯人に拳銃で撃たれて即死。犯行推定時間は午前3時頃と見られていた。ラジオから続報が流れ、元店員の木田正太郎が重要容疑者として指名手配されたことが伝えられた。容疑者の特徴は面長で神経質、左足首に義足をはめており拳銃を所持しているということまでわかったが、不快な雑音が入ったことに驚き膝に乗せていた本を思わず落としてしまった。拾い上げようと屈んだところ、隣の席の男・石川は左足首に義足をはめていた。面長な顔だったが、まさかそんなことはないと思い直し窓の外を眺めた。空港のカウンターで最初に会ったときや搭乗時に気さくに話しかけて来たからだ。だが彼はリザーブでチケットを受け取っているため、犯行のあとですぐ飛行場へ駆けつければ説明はつく。そこで和子は石川が眠っている隙にトイレへ移動し客室乗務員にそのことを伝えるかどうかを思案した。その結果、間違えた場合に失礼にならないように荷物棚に置かれた彼のジャケットに入った刺繍ネームを眠っている間に確認することにしたのだ。急いで個室を出た和子だったが、石川は既に目覚めてトイレに向かっていた。彼女は自然に振る舞ってすれ違うと扉が閉まるのを確認してからジャケットに手を掛けた。そこには木田の名前が。やはり犯人だと確信したとき、男が通路で彼女を凝視していた。藤尾に声を掛けようとしたが、足早にやってきた男はそれを阻止した。そしてジャケットから拳銃を取り出すと突きつけ、おとなしくして俺の言う通りにしていれば何もしないと静かに言った。15時10分、指名手配犯を乗せた大雪号は中継地である仙台矢野目飛行場に到着した。

屋台的映画館

この子の七つのお祝いに

  • posted at:2016-01-20
  • written by:砂月(すなつき)
このこのななつのおいわいに
松竹=角川春樹事務所
配給:松竹
製作年:1982年
公開日:1982年10月9日 併映「蒲田行進曲」
監督:増村保造
制作:角川春樹
プロデューサー:岡田裕介 中川完治
原作:斎藤澪
脚本:松木ひろし 増村保造
音楽:大野雄二
撮影:小林節雄
照明:川崎保之丞
美術:間野重雄
録音:井家真紀夫
編集:中静達治
助監督:近藤明男
制作主任:高橋文雄
撮影助手:竹沢信行 岩本道夫 笠間公夫
撮影効果:塚本貞重
照明助手:国本正義 本田純一 大坂章夫 清野俊博 岡秀雅
美術助手:和田洋
装置:荒井新一
セット付:藤田雄幸
装飾:神田明良
衣裳:松竹衣裳 相沢登記雄
メーキャップ:入江荘二
結髪:馬場利弘 沢辺満代
記録:山之内康代
録音助手:舛森強 小川健司
音響効果:佐々木英世
編集助手:大橋富代
ネガ編集:南とめ
現像:東洋現像所
宣伝:梶原時雄 松本行央
スチール:清水紀雄
助監督:藤由紀夫 加藤仁
進行:宮本恵司 大崎裕伸 八鍬敏正
制作担当:生田篤
衣装協力:鈴乃屋
衣装制作:小泉清子
ロケ協力:会津若松・市橋漆工藝(有)
制作協力:オフィス・ヘンミ
出演:岩下志麻 根津甚八 辺見マリ 畑中葉子 中原ひとみ
アメリカンビスタ カラー 111分

東京のとあるマンションで無職の女性・池畑良子が殺害された。遺体には左の頸動脈から喉元にかけて鋭い刃物で切られたような傷があり、他にも肩甲骨の下に2か所の刺し傷、左の乳房の下にもえぐられた箇所があった。警視庁城西警察署の渋沢刑事はあまりにもひどい手口から怨恨の可能性を口にしたが、近所の聞き込みで男出入りが激しかった情報を掴んでいた阿久津刑事は色恋のもつれではないかと言った。その相手はマンション周辺に住む土地成金の親父やその息子たちで、5,6人を代わるがわる部屋に連れ込んでいたという話だった。部屋は荒らされておらず洋服ダンスだけがかき回されていること、現場にはケーキの他に外国たばこの吸い殻が残されていることから、渋沢らはそれらを手掛かりに捜査を始めた。

参考人の一人としてピックアップされたのは、5年前に東洋新報を辞め今は月刊公論の専属ルポライターをしている母田耕一だった。彼が27日、つまりこの日の午後6時に良子と会う約束をしていたことは部屋のカレンダーに記されていたことでわかったが、母田はその理由を秦一毅の日常生活を取材するためだったと取り調べで証言した。秦は保守党次期総裁候補・磯崎大蔵大臣の第一秘書官で、磯崎を陰で操っている怪物と言われていた。その屋敷で家政婦として働いていた良子だったが、出入りの商人と関係したことでクビになった。それを知った母田は彼女に接触して秦に関する情報を聞き出そうとしたのだ。母田は潔白を証明するために吸っていたショートホープをもみ消すと、僕の血液型はO型だからこの吸い殻で良く調べてくださいと皮肉を言った。その夜、署内で偶然再会した東洋新報時代の後輩・須藤洋史に取材方法の手解きをすることにした母田は、須藤の行きつけのバー・往来(ゆき)で調査中の案件を公開した。秦が磯崎の黒幕であることを須藤は知っていたが、母田は彼を大物にしたのは秦ではなく内縁の妻の青蛾(おおが)であることをファイルの資料で説明した。占い師の青蛾は高輪にある秦の豪邸を仕事場にしていた。彼女は証文(人の手形)を見て運勢や将来を占うのだが、磯崎が総裁候補になれたのは青蛾の言うとおりに動いたからだという噂だった。そのことが評判になり大物の政治家たちが事を決める時は必ず青蛾に占ってもらうことにしていた。この高輪詣は秦が選んだ人物しか占わず、一回の相場が300万から500万円と言われていた。

クビになった良子と連絡が取れたため喫茶店で会うことになった母田は、そこで青蛾の占いにからくりがあることを聞いた。話の続きは500万円をもらってからでないと話せないと言われたが、信憑性がないと断ると彼女は証拠として頭にきて盗み出したという一枚の証文を取り出した。青蛾は占いと称してこの手形の男を探しているというのだ。あんたに洗いざらい話して復讐してやるんだと良子が言うと、金は何とかするから3日後にマンションで詳しい話を聞きたいと再び会う約束をしたのだった。

屋台的映画館

ゴジラの逆襲

  • posted at:2015-10-12
  • written by:砂月(すなつき)
ごじらのぎゃくしゅう
東宝
配給:東宝
製作年:1955年
公開日:1955年4月24日 併映「弥次喜多漫才道中 化け猫騒動の巻」
監督:小田基義
製作:田中友幸
原作:香山滋
脚本:村田武雄 日高繁明
撮影:遠藤精一
美術監督:北猛夫
美術:安倍輝明
録音:宮崎正信
照明:大沼正喜
音楽:佐藤勝
音響効果:三縄一郎
特殊技術:渡辺明 向山宏 城田正雄
監督助手:岩城英二
編集:平一二
現像:東宝現像所
製作担当者:馬場和夫
特技監督:円谷英二
出演:小泉博 若山セツ子 千秋実 志村喬 清水将夫
スタンダード モノクロ 82分

海洋漁業の水上機K‐105パイロット・月岡正一は、上空からカツオの群れを発見すると本社に無線連絡し、同社所属の漁船・第三國竜丸を誘導した。その頃、月岡の同僚・小林弘治が操縦する水上機K‐104のエンジンが停止し岩戸島付近に不時着した。無線係・山路秀美からの連絡を受けて救助に向かった月岡は、機体と小林の姿を確認すると救援のために着水した。濡れた体を温めるために焚き火で暖を取っていると、突然巨大な獣の咆哮が辺りに鳴り響いた。岩の隙間に隠れた二人は、それが日本を恐怖に陥れたゴジラであることに驚いたが、そのゴジラが見たこともない恐竜と戦っていることでさらに驚いたのだった。二頭がもんどりうって海中に墜落すると、月岡たちはその隙を見て逃げ出したのだった。

大阪市警察本部にゴジラ対策本部が置かれ、呼び出しを受けた月岡と小林は古生物学者の田所博士が提示した資料の中から目撃したもう一頭の恐竜を見つけ出す作業を行っていた。そして二人が写真を指差したのが、今からおよそ七千万年前から一億五千万年前に地球を横行していたアンキロサウルス、通称アンギラスだった。アンギラスは多種の生物に対して徹底的な憎悪を持つ好戦的な肉食の暴竜で、脳髄が胸部や下腹部等に分散していることで巨大な体躯にも拘らず敏捷に行動することが可能だった。想像していたあらゆるものの中で最も悪いことが起きたと田所が東京から駆け付けた山根恭平博士に告げると、彼は無言で深く頷いた。田所はアンギラスがゴジラの背後から奇襲したところを月岡たちが目撃したことに触れ、恐竜はアンギラスと認めざるを得ないと結論付けた。続いて警視総監がゴジラ対策について話を求めると、山根はゴジラを防ぐ方法は一つもないと言った。ゴジラを葬り去った唯一の手段である水中酸素破壊剤「オキシジェン・デストロイヤー」の開発者である芹沢大助博士が大量破壊兵器として利用されることを恐れて研究資料をすべて焼却処分し、ゴジラと命をともにしたことで再び完成させることが困難になっていたからだ。第二のゴジラとともに現れたアンギラスの脅威から逃れるには、まず二頭の現在地を把握して上陸地点を予知すること。そして同時に付近の住民を退避させ完全なる灯火管制を行うことを山根は提言した。ゴジラは水爆実験により光に対して非常に敏感なことから、その習性を利用して遠い海洋へおびき出すしか選択肢がなかったのだ。

海洋漁業の一室に役員と社員が集まり、ラジオからの情報に耳を傾けながらゴジラの行方に気を揉んでいた。四国紀伊水道沿岸に上陸する公算が大きくなっていたからだ。その場合、会社にとって一番大事な漁区を失うことになり、工場の生産高に甚大な影響を及ぼすのだ。だがゴジラは進路を変えたことでその心配は去った。その夜、月岡はいつもと変わらない繁華街に秀美を連れ出しダンスホールで至福のひと時を過ごしていたが、突如場内に流れたアナウンスでそれは終わった。ゴジラが突如進路を変え、大阪湾内に進入しつつあるという対策本部からの発表が伝えられたのだ。ダンスホールは忽ちパニックに陥った。

屋台的映画館

ゴジラ(1954年)

  • posted at:2015-09-29
  • written by:砂月(すなつき)
ごじら
東宝
配給:東宝
製作年:1954年
公開日:1954年11月3日
監督:本多猪四郎
製作:田中友幸
原作:香山滋
脚本:村田武雄 本多猪四郎
撮影:玉井正夫
美術監督:北猛夫
美術:中古智
録音:下永尚
照明:石井長四郎
音楽:伊福部昭
特殊技術:円谷英二 向山宏 渡辺明 岸田九一郎
監督助手:梶田興治
編集:平泰陳
音響効果:三縄一郎
現像:東宝現像所
製作担当者:眞木照夫
出演:宝田明 河内桃子 平田昭彦 志村喬 村上冬樹
スタンダード モノクロ 97分

8月13日19時5分、北緯24度統計140度2分付近で南海汽船所属貨物船「栄光丸」(7500トン)が原因不明の遭難をした。付近にいた貨物船「備後丸」が救助に向かったが、同様に沈没した。大戸島の漁船に3人の乗組員が救助され、そのうちの一人は「海が爆発した」と漁師に語った。だが海上保安庁にはその漁船も同じ運命を辿ったという連絡が入った。浮流機雷や海底火山脈の噴出が疑われる中、大戸島では漁師が仕掛けた地引網に一匹も魚がかからなかった。この一連の現象を島の長老は伝説の「呉爾羅」の仕業に違いないと考えていた。ヘリコプターで島へ飛んだ毎朝新聞の記者・萩原は島民に取材を行ったが、巨大な生物が海の中を暴れまわっているという俄かに信じがたい話を聞き、長老に取材することにした。その夜、海の物を食べつくすと陸へ上がって家畜や人間まで襲うという「呉爾羅」の厄払いのために神楽が執り行われた。かつては長くしけが続くときには若い娘を生贄にして沖に流したという。そのときの神楽だけが現在まで残っているのだと長老は語った。夜が深くなるにつれて風雨が強くなり、破壊家屋17棟、死者9名、牛12頭、豚8頭の被害を受けた。

国会議事堂では政府公聴会が行われ、大戸島災害陳情団による報告が行われた。稲田村長や生き残った島民が意見を述べる中、陳情団の一人として参加した萩原は、家の壊れ方やヘリコプターの潰され方など上から押し潰されたとしか考えられない壊れ方をしていることから単なる台風の被害ではないと答えた。政府は急遽、古生物学者の山根恭平博士を責任者とする調査団を結成し現地へ送った。メンバーには山根の助手を務める娘の恵美子、その恋人で南海サルベージの所長・尾形秀人、他に物理学者の田辺博士や萩原も参加した。調査を行った結果、島中にある井戸のうち壊滅した村の水からしか放射能の反応がなかった。そして生物の足跡とみられる場所からおびただしい反応があり、200万年前に絶滅したと言われる甲殻類トリロバイト(三葉虫)を見つけた。その頃、八幡山の裏手から足音が響き、調査団が向かうと巨大な生物が頭をもたげ咆哮した。

東京で公聴会を行った山根は、ジュラ紀から白亜紀にかけて極めてまれに生息していた海棲爬虫類から陸上獣類に進化しようとする中間型の生物が海底の洞窟で今日まで生き長らえていたが、度重なる水爆実験で生活環境を破壊されたことで安住の地を追い出されたのではないかと見解を述べた。それを聞いた議員たちは嘲笑したが、トリロバイトの殻に付着した粘土に含まれていた水爆の残留放射能であるストロンチウム90が巨大生物に付着していた砂からも発見されたことを報告すると場内は騒然となった。生物が水爆実験の落とし子だという重大問題を与党議員は軽々しく公表すべきでないと主張したが、野党議員は重大だからこそ公表すべきだと反論した。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R