忍者ブログ

メカゴジラの逆襲

  • posted at:2018-03-29
  • written by:砂月(すなつき)
めかごじらのぎゃくしゅう
東宝映像
配給:東宝
製作年:1975年
公開日:1975年3月15日 併映「新八犬伝 第一部 芳流閣の決斗」「アグネスからの贈りもの」「アルプスの少女ハイジ」「はじめ人間ギャートルズ」「サザエさん」
監督:本多猪四郎
制作:田中友幸
脚本:高山由紀子
撮影:富岡素敬
美術:本多好文
録音:矢野口文雄
照明:高島利雄
音楽:伊福部昭
整音:東宝録音センター
効果:東宝効果集団
現像:東京現像所
監督助手:山下賢章
編集:黒岩義民
スチール:田中一清
協力制作:所健二
制作担当者:篠田啓助
現像:東京現像所
特殊技術・美術:青木利郎 小村完
特殊技術・合成:三瓶一信
特殊技術・監督助手:田渕吉男
特殊技術・光学撮影:真野田嘉一
特殊技術・光学作画:石井義雄
特殊技術・操演:松本光司
特殊技術・特殊効果:渡辺忠昭
特技監督:中野昭慶
出演:佐々木勝彦 藍とも子 平田昭彦 中丸忠雄 睦五郎
シネマスコープ カラー 83分

ゴジラとキングシーサーによって破壊されたメカゴジラの残骸を捜索するために派遣された海洋開発研究所の調査艇「あかつき号」が沈没した。国際警察東京支局では事故調査委員会が開かれ、研究所技術員の若山勇一は試作段階の状態であっても一瞬で大規模な爆発に繋がるような設計上や技術上のミスが起こるとは考えられないと証言した。そして調査艇が強力なエネルギーによって解体されたような状態で発見されたことを報告すると、出席者は驚きの声を挙げた。すると田川署長が数枚の写真を取り出し、断定は出来ないと前置きをしてその説明を始めた。写真には円盤のような物が写っており、あかつき号が沈んだ辺りの海から数回に亘って空中に浮上していくのを撮影者が確認していたのだ。そこへ海洋生物学者の一之瀬明が遅れて到着すると若山は早速ボイスレコーダーに録音された音声を聞かせた。そこには緊迫した艇内の生々しい様子と獣のような雄叫び、そして「恐竜だ!」という乗員の叫び声が記録されていた。署長から意見を求められた一之瀬だったが、信じられないとしか答えられなかった。

一之瀬が恐竜という言葉から連想出来る人物が一人だけいた。それはかつて海洋開発研究所で研究員として働いていた生物学博士の真船信三だった。真船は30代の初めに海洋開発理論を発表し海底牧場プランは世界中から注目を浴びた。その後、彼は動物を自由自在にコントロールする実験に乗り出したが成果を収めることは出来なかった。それからしばらくして、今度は小笠原の海底で恐竜を発見したと報告し、「チタノザウルス」と名付けたその恐竜を必ずコントロールしてみせると発表したところ生物学会から批判されて研究所を辞めざるを得なくなったのだ。彼が真鶴に住んでいるかもしれないという情報を得た一之瀬は、彼の先輩で国際警察捜査官の村越二郎とともに現地へ向かった。すると地元の住民も近づかないような森の中の一軒家に住んでいることがわかり、洋館を訪ねると中から若い女が出てきた。彼女は真船の娘の桂で、5年前に死んだと言うとドアを閉めた。二人は食い下がって質問を続けたが、あの頃のことは思い出したくないと追い返されたのだった。

故郷のブラックホール第3惑星が破滅に向かいつつあることから、第3惑星人のムガール隊長は地球の頭脳とも云える東京を先ず占拠し自分たちの住み良い都市に改造する計画を立てていた。計画は着々と進んでおり、その一環として真船を利用しようと考えていた。彼は生きていたのだ。第3惑星人は真船の研究をバックアップし、ついにチタノザウルスコントロール装置を完成させたが、それは海底から引き揚げ修復したメカゴジラを操るための装置でもあった。

屋台的映画館
PR

名探偵ホームズ

  • posted at:2017-06-30
  • written by:砂月(すなつき)
めいたんていほーむず
東京ムービー新社=RAI
配給:東映
製作年:1984年
公開日:1984年3月11日 併映「風の谷のナウシカ」
監督:宮崎駿
制作:藤岡豊 ルチアーノ・スカッファ
オリジナル・アイデア:マルコ・パゴット ジー・パゴット
グラフィック・デザイン:マルコ・パゴット ジー・パゴット
脚本:片渕須直
作画監督:近藤喜文 丹内司 友永和秀
キャラクターデザイン:近藤喜文
美術監督:山本二三
撮影監督:高橋宏固
録音監督:斯波重治
編集:瀬山武司
音楽:村松邦男
エンディングテーマ:「冒険のアリバイ」桑名晴子
演出補:富沢信雄
演出助手:片渕須直
整音:桑原邦男
効果:依田安文
編集助手:笠原義宏
タイトル:高具アトリエ
制作担当:竹内孝次
制作デスク:土岐友二
制作進行:山路晴久 笠原克彦
音響制作:オムニバスプロモーション
録音スタジオ:新坂スタジオ
現像所:東洋現像所
協力:徳間書店
制作協力:テレコム・アニメーション・フィルム
声の出演:柴田侊彦 富田耕生 大塚周夫 永井一郎 肝付兼太
スタンダード カラー 45分

「青い紅玉の巻」
夕方の渋滞にはまったことでイラつく医師のワトソンと、この時間はいつもそうさと気長に待つ相棒の私立探偵ホームズ。すると何処からともなく現れた翼竜型航空機プテラノドンが奇妙な鳴き声をあげながら街中を飛び回ったのだ。パニックに陥るロンドンの街。この騒動を一人ほくそ笑むのはモロアッチ教授だった。彼は部下のスマイリーとトッドにプテラノドンを操縦させ、街が混乱に陥ったのに乗じて宝石店から秘宝を盗み出す計画を立てたのだ。それはあっけないほど簡単に成功し、店主に見つからずに裏口から逃げ出すことに成功した。我ながら自分の才能が恐ろしいと馬車の中で高笑いするモロアッチだったが、服のポケットをいくら探してもあの宝石が見つからなかった。焦る気持ちを抑えて頭を巡らせてみるとひとつだけ思い当たる節があった。それは宝石店の裏口で少年にぶつかったことだった。掏られたに違いないと確信したモロアッチは必ず捕まえてやると吼えた。その夜、ホームズの下宿に宝石店から依頼状が届いた。翌日、宝石店の主人から話を聞くことにした二人は、あの秘宝がある王家から預かった世界に一つしかないという青い紅玉(ルビー)であることを知った。主人の目的は犯人逮捕ではなく宝石の返還なのだ。犯人から買い戻すことが出来れば500ギニーを支払うとまで言う主人の話にホームズは努力しますとそっけなく答えた。


「海底の財宝の巻」
仕事の依頼のない暇な雨の日、愛車のプロトベンツを手入れするホームズの元にレストラント警部がやってきた。手荒なことはしたくないからついてきてくれと言われ、ワトソンと渋々承知したホームズが連れてこられたのはイギリス海軍の戦艦の中だった。艦隊司令官によると、海軍が極秘に開発していた第一号潜航艇が何者かによって盗まれたのだという。ほぼ完成しあとは進水式を待つばかりとなったある日、食堂の昼のシチューの肉が古かったのか整備士全員が食中毒に罹った。その1週間後、ようやく工事を再開したところ中身が空っぽになっていた。事件とともに姿を消した3人のコックが怪しいと睨んでいたが、その似顔絵を見たワトソンはモロアッチだと言った。そしてあんな物盗んでどうする気だろうと思わずつぶやいたところ、あんな物とはなんだと司令官は怒鳴った。二人が言い争いをしているにも構わずホームズが犯行があった日を尋ねると、レストラントは1ヶ月前だと答えた。我々の捜査は完全に行き詰っているんだという彼の苦悩を知ったホームズは依頼を引き受けることにした。ひと月分の新聞を調べあげ泥棒に入られた場所がいずれも犬ヶ島にある船舶関連の工場であることを突き止めたホームズは、犯人が潜航艇の外側を自分たちで作っていることを説明した。さらに対岸の工場が狙われなかった根拠として、犯人が下水道を使って移動するためにテムズ川を渡ることが出来ないのだと結論づけた。それを聞いて犯人が下水道付近に潜んでいることを確信したレストラントは司令官と協力してモロアッチを包囲することにした。

屋台的映画館

めがね

  • posted at:2016-03-28
  • written by:砂月(すなつき)
めがね
めがね商会(日本テレビ=バップ=シャシャ・コーポレーション=パラダイス・カフェ=日活)
配給:日活
製作年:2007年
公開日:2007年9月22日
監督:荻上直子
企画:霞澤花子
エグゼクティブ・プロデューサー:奥田誠治 木幡久美
プロデューサー:小室秀一 前川えんま
アソシエイトプロデューサー:オオタメグミ
ラインプロデューサー:関友彦
脚本:荻上直子
撮影:谷峰登
照明:武藤要一
録音:林大輔
美術:富田麻友美
スタイリスト:堀越絹衣
ヘアメイク:宮崎智子
フードスタイリスト:飯島奈美
編集:普嶋信一
スクリプター:天池芳美
音楽:金子隆博
エンディングテーマ:「めがね」大貫妙子
制作プロダクション:パラダイス・カフェ
出演:小林聡美 市川実日子 加瀬亮 光石研 もたいまさこ
アメリカンビスタ カラー 106分

日本の南にある小さな島。タエコは早春のその島に静かな居場所を求めてやってきた。手書きの地図を片手に大きなトランクを引きずりながら彼女が向かった先は「ハマダ」という小さな民宿だった。タエコの姿に気づいた主人のユージは、ずいぶん早かったですねと声を掛けると自己紹介をした。大きな看板を出すとお客がたくさん来るから表札でちょうどいいのだという。犬のコージも元気だ。ユージはタエコを部屋に案内すると窓を開け、右側が海で左側が街と覚えておけば大丈夫だと言った。

食堂に来たタエコにユージはよく迷わずに来れましたねと言った。彼の書く地図はわかりづらいらしく、ほとんどの客が迷うという。この季節に来た客は3年ぶりで、迷わずに来た客も3年ぶり。ユージは夕食の弁当を作りながら、あなたにはここにいる才能がありますよと言った。そして大切な人が来たから今日の夕食はみんなで食べますと言うと、タエコは遠慮して断った。するとユージは冷蔵庫にあるものを適当に食べてくださいと言い残してそそくさと出掛けてしまった。一人残されたタエコは仕方なく冷蔵庫の扉を開けたが、中には生魚一匹。どうしようもないので外に出かけようとしたが、ユージが後でやっておくと言いながら放置されたままになっているトランクに目が留まり自分で片付けた。

翌朝、目覚めると知らない女性が足元に座っていた。驚くタエコに彼女は微笑みながら挨拶し、「今日もお天気」と言い残して立ち去った。何事か理解できないタエコは再び眠り込むが、微かに聞こえる軽快な音楽が気になって目覚めたのだった。音楽の方へ歩いて行くと、浜辺で島の人たちがその音楽に乗せて体操を行っていた。彼女に気付いたユージは一緒にやりませんかと誘ったが、私は結構ですと言って宿に戻った。その「メルシー体操」を指導していたのはタエコを起こしに来たサクラだった。

ハマダの食堂で朝食のテーブルを囲んでいたのは、タエコとユージ、そしてサクラだった。今日は観光をしようと思うのですが、何かいいところありますかとサクラが尋ねると、ユージは困ったようにサクラと目を合わせそんなところありませんよと答えた。皆この島には観光目的ではなく黄昏に来るのだと言う。そこでタエコは早速、浜辺で黄昏てみることにしたのだが、自分には無理だとすぐに理解した。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R