忍者ブログ

温泉スッポン芸者

  • posted at:2017-05-04
  • written by:砂月(すなつき)
おんせんすっぽんげいしゃ
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1972年
公開日:1972年7月3日 併映「極道罷り通る」
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:掛札昌裕
脚本:関本郁夫 鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:金子凱美
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
音楽:荒木一郎
主題歌:「温泉スッポン芸者」杉本美樹
編集:神田忠男
助監督:関本郁夫
記録:石田照
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧結髪:東和美粧
演技事務:生駒実麿
スチール:中山健司
衣裳:岩逧保
進行主任:上田正直
出演:杉本美樹 城恵美 女屋実和子 三原葉子 成瀬正孝
シネマスコープ カラー 84分

浅草で六代続いたスッポン料理屋丸浅。天然のスッポンにこだわり続けたことで店は倒産し、さらに店主とその妻が亡くなったことで一家を支えることになった娘の浅井良江は温泉芸者として働くことになった。浅井家の誇りを失って欲しくなかった良江は妹の夏子を上流家庭の嫁にやることを夢見て大学進学の援助をしていたが、その夏子にはそんな気などさらさらなかった。姉の気持ちを考えた彼女は同志社大に合格したと嘘をつき、偽の学生証で校内に潜り込んで大学生活を満喫するようになった。アルバイトで生計を立てていた彼女はある日デラックス東寺劇場のステージに三条さゆりの名で立ったが、豊満な肉体の持ち主であることで人気を博し連日多くの人が押し掛けた。その中のひとりである山本明は前列でかぶりついて彼女の姿を拝んでいたが、キャバレーで働いている姿を見かけて驚いた。同じように驚いたのは夏子を清純派だと思い込んでいた友人で法学部4回生の実方信治だった。彼女は踊り子だ学生だと押し問答になったことから、夏子は学生であることを証明するために学生証を提示したのだが、押されていた印鑑が違うことで偽学生だということがばれてしまった。明は夏子が通う大学の教授だった。このことは良子の耳にも入り怒りは頂点に達していた。

良子が山陰城崎温泉に戻ってしばらく経った頃、夏子は姉危篤という電報を受け取った。驚いた彼女は急いで温泉街に向かったが既に息を引き取った後だった。女将の横溝富子によると京都から戻った良子は様子がおかしく、座敷へ出ることなく酒浸りの日々を送り、ふらふらと歩いているところをダンプカーに撥ねられたのだという。それを聞いた夏子は責任を感じていたが、その一端は他にもあることを知った。良子にはスッポンの研究に没頭する風変わりな恋人・服部倉次郎がいたが結婚しようとはしなかった。夏子がその理由を質すために会いに行くと、彼はそんなことを出来るはずがないときっぱり言った。良子は命の恩人の娘だからだ。腹を空かせて上野のガード下をうろついていた戦災孤児の倉次郎を助けたのが彼女の父親で、満腹になるまでスッポン料理を食べさせてもらったことに感謝していた。それ以来、天然の味の虜になった倉次郎は、15年前に父親が流したという500匹の子供が根づいたことを信じてこの地に居を構えたのだった。

夏子は町の観光ポスターのモデルをすることになり、それが評判を呼んで温泉街は活気づいた。ある日、学生時代の初恋のひとにそっくりだという理由で経総連理事長の石橋から夏子に指名が掛かったことから、富子は一夜を共にするようにと頭を下げた。彼は財界のお偉方であり町の発展にも関わるからだ。夏子は返事を渋ったが、姉の200万円の借金を減額すると聞き引き受けることにした。いざ布団に入ると夏子の名器が石橋を咥え込み二人は病院へ搬送される騒動になったが、雷が鳴ると何事もなかったように離したのだった。

屋台的映画館
PR

温泉こんにゃく芸者

  • posted at:2017-04-07
  • written by:砂月(すなつき)
おんせんこんにゃくげいしゃ
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1970年
公開日:1970年8月14日 併映「新網走番外地 大森林の決斗」
監督:中島貞夫
企画:岡田茂 天尾完次
脚本:掛札昌裕 金子武郎 中島貞夫
撮影:鈴木重平
照明:金子凱美
録音:溝口正義
美術:石原昭
音楽:広瀬健次郎
編集:神田忠男
助監督:篠塚正秀
記録:牧野淑子
装置:矢守好弘
装飾:清水悦夫
美粧:中野進明
結髪:白鳥里子
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
振付:藤間勘眞次
進行主任:西村哲男
協力:石川県片山津温泉 たかやま紫雲荘
出演:女屋実和子 荒木一郎 小松芳正 松井康子 安城由貴
アメリカンビスタ カラー 86分

金沢でこんにゃく屋を営む小諸徳助は、B-29の攻撃で失った幼い娘とそっくりだという理由で珠枝を引き取ることにした。それから約10年、珠枝は世のため人のために役立つゴム製品工場で働いていたが、会社は不況により倒産した。退職金に窮する川上社長が現物給与として自社特製のコンドームを支給することにしたことで労組はそんなもんで腹が膨れるかと抗議した。するとこれは腹が膨らまないように出来ていると川上が言い返したことで、役員と労組が取っ組み合いになった。そんな彼らを静かに見ていた珠枝は倉庫に向かうと詰め込めるだけコンドームを袋に押し込んで会社を後にしたのだった。そして自宅に戻ると旅の支度を整え徳助に別れの挨拶をした。彼女には行く当てがなかったが、金にならない彼の研究に付き合うつもりがなかったからだ。不能者の徳助は何万、何十万という男の悩みを解消する性具の開発をしており、完成すれば金は何とかなると考えていたのだ。そんな頼りない徳助に、珠枝はお金が出来たら送るわと約束した。

ヒッチハイクで片山津温泉にやってきた珠枝は、お金を作るためにみやげ物屋に入ると客にコンドームを売りつけようとしたが誰も相手にしてくれなかった。諦めて店を出た彼女に声を掛けてきたのはヌードスタジオの店主・荒川で、そうとは知らない珠枝はあっさりとついて行ったのだ。そして薄暗い部屋で押し倒されると、これを使ってとコンドームを差し出したのだ。荒川は自分が初めての男だったことを知るとこのスタジオ働かないかと好待遇の条件で誘ったが、珠枝は約束どおり買ってくださいと袋の中身をぶちまけたのだった。大量のコンドームの箱に面食らう荒川がこんなに一人で使い切れるわけがないじゃないかと怒鳴ったことで彼女はプイと部屋を出て行き、泊まるところがないため公園のボートで野宿することにした。翌日、珠枝は置屋でコンドームを捌こうとしたが、女将の満子は芸者のやりくりでそれどころではなかった。だが彼女が金に困っていることがわかると、今日一日ここで働いてみてはと誘った。満子にとって渡りに舟。珠枝をインスタント芸者に仕立てることにしたのだ。座っているだけでお金になると聞き、食事と住居の条件も受け入れてもらったことで珠枝は承諾することにした。

他の芸者衆とともに旅館の広間へ通された珠枝は座敷でただおとなしく座っていたが、そんな彼女に見惚れた水源寺の了賢和尚は花蝶という馴染みがいるにも拘らず指名した。アルバイトついでに相手をしたことで5万円を手にした珠枝は翌日その金を父親に送金したが、娘という資金源を見つけた徳助はアパートを引き払って片山津に出てきたのだった。

屋台的映画館

お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷

  • posted at:2017-03-25
  • written by:砂月(すなつき)
おやくしゃぶんしちとりものれきくものすやしき
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1959年
公開日:1959年4月1日 併映「月光仮面 怪獣コング」
監督:沢島忠
企画:辻野公晴 小川貴也
原作:横溝正史
脚本:比佐芳武
撮影:坪井誠
照明:和多田弘
録音:野津裕男
美術:井川徳道
音楽:鈴木静一
編集:宮本信太郎
和楽:望月太明吉
舞台指導:竹柴燥二
進行主任:鳥居高樹
現像:東洋現像所
装置:舘清士
背景:後藤幸造
装飾:神崎頌尚
記録:田中美佐江
美粧:林政信
結髪:西野艶子
衣裳:荒堀実秋
スチール:高瀬和三郎
擬斗:足立伶二郎
助監督:山崎大助
撮影助手:羽田辰治
計測:羽田辰治
照明助手:井上孝二
録音助手:堀場一朗
美術助手:村山鎮雄
編集助手:細谷修三
演技事務:伊駒実麿
進行:藤井又衛
出演:中村錦之助 中村時蔵 中村加津雄 中村歌昇 中村米吉
シネマスコープ カラー 98分

享保元年十月、奥州棚倉勝田藩の領内で土蜘蛛党の蜂起があり、乱は十日後にようやく治まった。首領永瀬大全はじめ十三人は直ちに極刑に処されたが、程なく勝田藩城主豊前守尚勝が急死したことから世人はそれを土蜘蛛党の祟りと噂した。そしてそれ以来、勝田家の藩邸は蜘蛛の巣屋敷と呼ばれるようになった。ある夜、文七が藩邸の傍を通り抜けようとしたところ、飛び出して来た腰元の弥生が覆面の男たちに連れ去られようとしているところを目撃した。賭場帰りの彼は男たちに口止め料をたかったことで斬り殺されそうになり、左腕に深手の傷を負った。何とかその場から逃げることが出来た文七は、見回り中だった与力だるまの金兵衛にそのことを伝えると長屋に戻った。名題役者播磨屋歌六の子息文七は役者になることに抵抗を感じ博打打ちとなった。だがその儲けた金は自分のためだけに役立てるものではなかった。翌日、歌六邸を訪ねた文七はおとよから五両を借りた。昨晩、彼が賭場に出かけたのは、同じ長屋に住み病に臥せる秀太郎の母親のために薬を買う金を稼ぐためだった。だが全て擦った上に傷まで負う始末。四、五日したらきっと返しにくると礼を言っているところを歌六に見つかり、役者の性根を取り戻すまでは出入りは許さないと言ったはずだと一喝された。

真柄道場を訪ねた文七は稽古に来ていた与力の池田大助に昨夜のことを尋ねたが、界隈で起こった騒動の目撃者や付近の大名屋敷、旗本屋敷から奉行所への届け出がなかったことから、文七の狂言に違いないと金兵衛が結論づけたと聞かされ立腹した。怪我までさせられたこの事件が狂言として片づけられようとしていることに納得いかない文七が、頭の男が一人を新谷と呼んでいたことを話すと、お主は女を助けるために争ったんだなと大助は言った。するとそれ以上詮索されたくない文七は訳を聞かないでおくんなさいと言った。そんなこともあって大助に話を信じてもらえなかったことから、文七は自ら証拠を掴むことにした。

勝田藩邸に招かれた大岡越前守は、老中筆頭水野和泉守から相談を持ち掛けられた。水野の嫡男忠常は勝田駿河守の娘輝姫と縁組することになっているが、その輝姫が身分卑しき者に操を奪われた旨が書かれた投げ文が早朝屋敷に落ちていたのだ。越前守は縁談を快く思わない者のいたずらだと言ったが、先方から破談の申し入れがあったことを知ると土蜘蛛の署名に頭を巡らせた。そして十数年前に起きた奥州棚倉での騒動の報復ではないかと口にすると、和泉守は極秘裏に調べて欲しいと願い出たのだった。早速当時の記録帳を調べ詳細を知った越前守は、大介に棚倉での究明を命じた。その頃、文七は勝田藩邸の裏口で中間の喜八に行方不明になった腰元はいないかと尋ねていた。

屋台的映画館

温泉みみず芸者

  • posted at:2016-12-03
  • written by:砂月(すなつき)
おんせんみみずげいしゃ
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1971年
公開日:1971年7月3日 併映「傷だらけの人生」
監督:鈴木則文
企画:岡田茂 天尾完次
原案:久保田正
脚本:掛札昌裕 鈴木則文
撮影:古谷伸
録音:堀場一朗
照明:金子凱美
美術:雨森義允
音楽:鏑木創
編集:神田忠男
助監督:皆川隆之
記録:石田照
装置:温井弘司
装飾:柴田澄臣
美粧結髪:東和美粧
衣裳:岩逧保
舞踊振付:藤間勘眞次
進行主任:伊藤彰将
協力:西伊豆土肥温泉観光協会
出演:池玲子 女屋実和子 杉本美樹 松井康子 芦屋雁之助
アメリカンビスタ カラー 85分

天正元年に土佐の高知で生まれ幼少期から蛸の漁獲に異常な興味を示した多胡善兵衛は、日本各地を転々と流浪して志摩にたどり着き網元の娘・トラをめとると、やがて画期的な漁獲法である蛸壺を考案した。寛永十二年十月に没すると、この地一体の漁師たちは故人の徳を偲び墓を建立した。善兵衛の子孫である十二代目・多胡初栄は今もこの地に住み飲食店を営んでいた。圭子、幸子という美人の娘を持つ初栄は、夫に先立たれてからも男に不自由しなかった。何故なら彼女の先祖は善兵衛だからだ。漁師を儲けさせたご利益として多胡家の女は皆、蛸壺の持ち主なのだ。そして新しい恋人となった西山も彼女と寝たことで虜になったのだった。

善兵衛の墓は借金の抵当に入っており、圭子は一日でも早く取り戻すべく体を張って稼いでいた。ある日、仏壇に納めていた蛸壺がなくなった。その中に貯めてあった圭子の金が西山によって持ち逃げされたのだ。圭子は貸主に頭を下げて期限の延長を申し出ると、半年という条件で認めてもらった。ここにいても目標の百万円を期限まで稼ぐことが出来ないと考えた圭子は東京へ行くことに決めた。そして仕送りする金の管理を幸子に任せた。

右も左もわからない東京で手っ取り早く稼ぐ方法。圭子が選んだのは特殊浴場だった。講義が長くて退屈した彼女の態度に怒った店長は、経験がなくても出来るという自信満々な口を黙らせてやろうと自分が実験台になった。ところが予想以上の高等テクニックだったことから早々に参ってしまい、そのことを急いで社長の久兵エに報告した。久兵エがこの店を始めた理由は、不能になった息子を更生(?)するための女を見つけ出すためだった。息子を蘇らせることが出来たならば給料を10倍にすると言われ、俄然やる気を出した圭子は超デラックスのスペシャルなサービスを提供した。その結果、50万円という大金を手にしたのだった。彼女は早速実家に送金し、手紙に必ず幸子に渡すようにと念を押した。

理想の女を手に入れた久兵エは蛸壺の魅力にはまり、ある日本当に昇天した。葬式から数日後、圭子に母から電報が届いた。そこには伊豆土肥温泉・土肥館にすぐ来るようにと書いてあったため、心配になった彼女は取るものも取り敢えず急行した。ところが泣きつく初栄の話を詳しく聞いて呆れた。圭子が仕送りした50万円を手にした初栄は性懲りもなく若い男を作ったが、遊びに来たこの温泉で有り金全てを持ち逃げされたというのだ。金を払うか母親を警察に突き出すかという選択を迫られた圭子は後者を選ぼうとしたが、その話を聞いた流れ板の馬場敬太郎はそれを全額支払うと言った。彼は上京の際に圭子と列車で相席になったことから何かの縁を感じていたのだ。だがそれを聞いた圭子は大金を払わせるわけにはいかないとその申し出を断り、自分が温泉芸者として働いて返すと言った。

屋台的映画館

温泉おさな芸者

  • posted at:2016-02-27
  • written by:砂月(すなつき)
おんせんおさなげいしゃ
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年7月4日 併映「実録 私設銀座警察」
監督:鷹森立一
企画:太田浩児
脚本:今子正義 鷹森立一
撮影:星島一郎
録音:小松忠之
照明:大野忠三郎
音楽:菊池俊輔
編集:田中修
助監督:田村猛
記録:宮本衣子
スチール:藤井善男
渉外:中川亘
進行主任:岩谷敏明
装飾:装美社
美粧:須々木善三郎
美容:高杉喜美子
衣裳:長谷稔
演技事務:石川通生
現像:東映化学
協力:天城観光協会 天城湯ヶ島温泉旅館組合
出演:深田ミミ 沢リミ子 田辺節子 南廣 小林千枝
アメリカンビスタ カラー 71分

東京の私立高校に通う3年生の速野征代と穴沢良子は、夏休みに入ると残りの10日間を過ごす沖縄旅行の費用を稼ぐためのアルバイト先を探した。お金のない彼女たちが気分転換を兼ねて決めた先は西伊豆。だが20日間をアルバイトに当てることは考えていたものの何をするかは決めていなかった。早速ヒッチハイクで図々しくトラックの荷台に乗り込んだまでは良かったが、行く先は横浜だった。その後もヒッチハイクを繰り返したが、西伊豆に近づくにつれて次の車が拾えなくなり長距離を歩く羽目になった。体はクタクタでもう一歩も歩けなくなっていた彼女たちの目に飛び込んできたのは駐車中の無人のジープだった。後部座席に乗り込んで運転手を待っていると、やってきたのが同世代の女性二人だったことから良子たちは西伊豆まで乗せて欲しいと頼んだ。すると女子高生の方が冗談は顔だけにしてとケンカを売り、カッとなって手を出そうとした征代を車から引きずり降ろしたのだ。尻餅をついた征代を心配して良子が駆け寄ると、背後で大きなクラクションが鳴った。運送会社のトラックが彼女たちのせいで通れずに困っていたのだ。征代たちが運転手に声を掛けた隙にジープは逃げるように走り去った。すると二人はトラックに無理矢理乗り込むと当て逃げをしたあのジープを追いかけて欲しいと頼んだのだった。それをまともに信じた運転手はアクセルを踏み込んだが、登坂で振り切られてしまった。

天城温泉郷についた二人は宿を決める前にまず腹ごしらえをすることにした。茶屋で雑談しているとそこの女将がここで働きなさいよと声をかけてきた。宿泊、三食付きで日当も出るということで持ち合わせのない彼女たちには渡りに舟だった。女将のまん婆さんは多角経営の時代だからと茶屋の他に置屋もやっており人手が不足していたのだ。その夜、旅館の番頭・田村から天城一の売れっ子芸者がまだ来ないという催促の電話があり、前の座敷が長引いていることを知ったまん婆さんは自分が行くことを提案した。だがそれを聞いた田村は、大事な顧客である東日医師会幹事との関係をぶち壊されてはたまらないと全力で拒否したのだった。そこでまん婆さんはある妙案を思いついた。今の時代は何でもインスタント。そこでまんじゅう作りを手伝う征代と良子をインスタント芸者に仕立て上げることにしたのだ。旅館に到着するとそこにジープが停まり芸者が降りてきた。彼女は征代たちを置いて逃げた奈々だった。驚いて指を差し合う征代たちを見て何事かわからないまん婆さんは、大急ぎで二人を座敷に引っ張って行った。首を長くして待っていた須田、毛塚、別所の3人はゼミナールと称した要求を素直に聞く征代たちをとても気に入り、楽し気な笑い声は館内に響いた。噂はあっという間に広がり興味本位の客たちが次々と指名したが、気分が悪かったのは他の芸者衆だった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R