忍者ブログ

モスラ(1961年)

  • posted at:2016-09-23
  • written by:砂月(すなつき)
もすら
東宝
配給:東宝
製作年:1961年
公開日:1961年7月30日 併映「アワモリ君売出す」
監督:本多猪四郎
制作:田中友幸
原作:中村真一郎 福永武彦 堀田善衛
脚本:関沢新一
撮影:小泉一
美術:北猛夫 安倍輝明
録音:藤縄正一 宮崎正信
照明:高島利雄
音楽:古関裕而
挿入歌:「インファントの娘」ザ・ピーナッツ
振付:県洋二
監督助手:野長瀬三摩地
編集:平一二
現像:東洋現像所
制作担当者:森田信
特殊技術・撮影:有川貞昌
特殊技術・美術:渡辺明
特殊技術・照明:岸田九一郎
特殊技術・作画合成:向山宏
特殊技術・光学撮影:真野田幸雄 
特殊技術・制作担当者:成田貫
特技監督:円谷英二
出演:フランキー堺 小泉博 香川京子 伊藤ユミ 伊藤エミ
シネマスコープ カラー 101分

カロリン群島で発生した台風8号。瞬間最大風速が80メートルにも及ぶ超大型台風は毎時50キロのスピードで日本に向かって北上していた。松菱海運の貨物船・第二玄洋丸が渦中にいたことから、船舶協会は第七管区海上保安本部に対し救援を要請した。その頃、第二玄洋丸はロシリカ国の原水爆実験場となっているインファント島の海岸付近に流され座礁した。この一帯は放射能の汚染地域であることから生存者は絶望視されていたが、海上保安庁の救難ヘリがK岬の海岸で4名の遭難者を発見した。巡視船さつまに救助され国立総合核センターに運ばれた遭難者を調べたところ、不思議にも放射能の汚染症状が発見されなかった。そこで原田博士は直接彼らに問診を行ったが、特に変わったことは感じられないという答えが返って来た。そのとき光が閃き、それがカメラのフラッシュだとわかると院長はフィルムを出すように言った。カメラの主は日東新聞の花村ミチで、社会部記者の福田善一郎とともに関係者に紛れていたのだ。呆れた原田が何を聞きたいのかと尋ねると、致死量の放射能の中からどうして奇跡の生還が出来たのかと福田は逆に尋ねた。すると遭難者の一人が口を開き、原住民が飲ませてくれた赤いジュースのおかげかもしれないと言った。

無人島と言われていたインファント島に原住民が住んでいるという特ダネをスクープし意気上がる天野貞勝社会部長は、夕刊の一面にこの記事を載せることを決め、善一郎にロリシカ大使館で行われる大使の談話を取るよう命じた。大使はインファント島に原住民がいないことを調査、確認して実験場としているため、調査隊を派遣する必要はないとした。だが突然前言を撤回して日ロ合同調査隊を派遣することになったため、善一郎は参加することになっている言語博士・中條信一の自宅を訪ねた。ところが中條は写真を撮られることをひどく嫌い、ミチからレンズを向けられると新聞紙で顔を隠し適当な意見を言って早く帰らせようとしたのだった。そこで善一郎は撮影しないことを条件にして取材を行った。ポリネシア海域の少数民族間には言語、風俗、習慣に共通点があり、その要因はポリネシア一帯はその昔大陸だったのではないかという仮説を話すと、ミチは怪訝な顔をした。そしてカメラから覗いた現実しか信じないと言った。

合同調査団が出発することになったが、ロリシカ国事務局長のクラーク・ネルソンは報道関係者の乗船を禁じた。さらに調査資料はネルソンが一括して処理することになっており、原田と中條は彼に不信感を抱いた。抗議するために中條がネルソンの部屋へ行くと、使用人として忍び込んだ善一郎に銃口が向けられていた。何か用かと言われた中條は、調査資料全てを提出することはロリシカ政府の意向かと尋ねた。そして調査隊の希望だと知ると、ひと言断ると言い残して善一郎を連れ出したのだった。原田はネルソンと話し合い、記者活動を行わないことを条件に善一郎を臨時の警備員として乗船させることを承諾させた。

屋台的映画館
PR

モスラ対ゴジラ

  • posted at:2016-04-17
  • written by:砂月(すなつき)
もすらたいごじら
東宝
配給:東宝
製作年:1964年
公開日:1964年4月29日 併映「蟻地獄作戦」
監督:本多猪四郎
製作:田中友幸
脚本:関沢新一
撮影:小泉一
美術:北猛夫
録音:矢野口文雄
照明:小島正七
音楽:伊福部昭
整音:下永尚
監督助手:梶田興治
編集:藤井良平
音響効果:西本定正
現像:東京現像所
製作担当者:森本朴
特殊技術・撮影:有川貞昌 富岡素敬
特殊技術・光学撮影:真野田幸雄 徳政義行
特殊技術・美術:渡辺明
特殊技術・照明:岸田九一郎
特殊技術・合成:向山宏
特殊技術・監督助手:中野昭慶
特殊技術・制作担当者:小池忠司
特技監督:円谷英二
出演:宝田明 星由里子 小泉博 藤木悠 佐原健二
シネマスコープ カラー 89分

台風8号が東海地方を直撃し、倉田浜新産業計画の基盤となる干拓地には逆流した海水が巨大な水溜りを作っていた。翌朝、毎朝新聞の記者・酒井市郎と助手の中西純子が現場の取材にやってくると、事業が台風によって甚大な被害を受けたという記事が朝刊の一面に載ったことに激怒した県会議員が彼らを待ち構えて抗議した。その日は干拓事業の完成記念セレモニーが行われることになっているのだ。新産業計画はわが県の五大事業の一つであり、すみやかに復旧を行い全力を挙げて期日までに完成させることを議員は関係者の前で一席ぶったが、市郎はそんなことなど聞き流して写真撮影を行う純子の様子を見に行った。すると彼女は瓦礫の中に浮かぶ直径30センチ程の虹色に輝く奇妙な物体を撮影しようとしていたのだ。その頃、静之浦沖に巨大な卵が漂着し、網元はその対応を躊躇していた。だが神主から祟りが起こらぬようにお祓いをしたことを聞き腹をくくった。網元は、この浜で獲れる物は魚だろうが卵だろうが俺たちの物だと言って漁師たちに船を出すよう命じた。すると時化続きで海へ出られなかった漁師たちは俄然やる気を出して沖へ向かった。

浜へ運ばれた卵は生物学者の三浦俊助博士によって調査が進められていたが、ハッピー興行社の熊山という男が見る分には構わないが傷つけてもらっちゃ困ると言ってやってきた。熊山は所有権を主張する網元から122万4560円で買い取ったというのだ。彼のバックにいる興行師の虎畑二郎は、孵化するのが鳥か獣かという前代未聞のイベントと、それを中心とした東洋一の娯楽センター・静之浦ハッピーセンターを建設して最低10億円の荒稼ぎをしようと企んでいたのだ。熊山と虎畑がホテルの一室で密談をしていると、「卵をかえしてください」という女性の声が何処からともなく聞こえてきた。スパイだと感付いた虎畑が室内を隈なく探していると、二人の小美人が現れ「お願いです、卵を返してください」と再び呼びかけてきたのだ。これも見世物にすれば金になると踏んだ虎畑は熊山に命じて捕まえようとしたが、すばしこい小美人は難なく逃げ出したのだった。その頃、同じホテルに熊山が訪ねてきたを知った市郎は、彼の黒幕の正体を暴くためにその後をつけ、部屋に入る機会を今か今かと待ち構えていた。そこに騒動があったため、泥棒ですかとどさくさ紛れに部屋へ入り込み中にいる人物の顔を確かめたのだった。部屋を追い出された市郎は外で待っていた純子と三浦に仔細を報告した。虎畑二郎は興行界の影の実力者と呼ばれる人物で、多大な資産を持ち、父・万造以上に政界と太いパイプでつながっていた。三浦が興味を持って市郎の話に耳を傾けていると、あの卵を金の卵にしようとしてるのねと純子が言った。すると何処からか「お願いです、卵を返してください」という声が聞こえた。

屋台的映画館

もらとりあむタマ子

  • posted at:2015-09-06
  • written by:砂月(すなつき)
もらとりあむたまこ
エムオン・エンタテインメント=キングレコード
配給:ビターズ・エンド
製作年:2013年
公開日:2013年11月23日
監督:山下敦弘
プロデューサー:齋見泰正 根岸洋之
脚本:向井康介
撮影(秋・冬篇):芦澤明子
撮影(春・夏篇):池内義浩
照明(秋・冬篇):永田英則
照明(春・夏篇):原由巳
美術:安宅紀史
録音:小宮元 岩丸恒 中山隆匡
整音:岩丸恒
編集:佐藤崇
スタイリスト:篠塚奈美 馬場恭子
ヘア・メイク:木村友華 望月志穂美 大島美保
助監督:長尾楽 渡辺直樹 窪田祐介
ラインプロデューサー:濱松洋一 原田耕治
アソシエイトプロデューサー:石井稔久
主題歌:「季節」星野源
制作プロダクション:マッチポイント
出演:前田敦子 康すおん 伊東清矢 奈良木未羽 萩原利映
アメリカンビスタ カラー 78分

東京の大学を卒業し甲府の実家に戻ってきたものの、就職もせず、家業のスポーツ用品店も手伝わず、毎日ゴロゴロして過ごしている坂井タマ子。起きているときはマンガかゲーム。ニュース番組を見ながらの食事では「ダメだな、日本は」といつも毒づいた。家事は父・善次が一手に引き受け、雑用はじゃんけんで決めている。季節は秋になってもその生活リズムは変わっていなかった。ある日、善次が出かけているときに客がやって来た。その客は前日に母親とバスケットシューズを注文しにきた中学一年生の仁で、先輩よりも高い物を身につけていると具合が悪いから商品を変更したいというのだ。タマ子はカタログを見ながら仁の気に入りそうな物を一緒に選ぶことにした。その夜、夕食時にニュース番組を観ながら悪態をつくタマ子に、善次は日本がダメなんじゃなくてお前がダメなんだと怒鳴った。滅多に荒げない善次の声に驚いたタマ子は、しばらく考えてから「少なくとも今ではない」と静かに答えた。

大晦日にもなると坂井家も新年の準備で大忙しとなっていた。善次は店の片付けや床の掃除を行い、自主的に動くようになったタマ子は買い物に出かけた。用事を終えた彼女が近所の商店から出てくると、仁が同級生の女の子と仲良さげに帰宅していた。自分をじっと見ていることに気付いた仁が目をそらすと、タマ子はにやにやしながら何度も振り返ってその場を去った。その夜、タマ子が紙に落書きをしながら年越しそばが出来るのを待っていると、善次の義姉・よし子がおせちを届けにきた。よし子は帰省することになっているタマ子の姉の顔をついでに見て帰るつもりでいたが、夫の都合で出発が遅くなると聞き残念そうに帰って行った。そばが出来上がると二人は早速食べ始めたが、携帯電話をいじるのを止めようとしないタマ子に善次はどちらかにしろと注意した。するとタマ子は、年が明けたが繋がらなくなるから今のうちに新年のメールを送っておくのと言った。それを聞いた善次は、その機転を就職活動に活かしてくださいよと嫌味っぽく言った。体が温まりこたつでうとうとするタマ子。夢に驚いて目覚めるがまだ姉は帰ってはいなかった。お母さんからも連絡ないねとさりげなく言うが、善次はゆく年くる年を観ながらそっけなく「そう」とだけ答えた。タマ子が離婚した母と先月電話でしゃべったことを話していると姉夫婦が帰って来た。

春、タマ子は美容院で髪を切った。だが家に帰って鏡を見ると、自分のイメージとはかけ離れていたため舌打ちした。彼女は自室にこもると履歴書を書き始め、夕食は父親が作ったものではなくカロリーを意識したものを自分で用意した。食事中に面接用の服が欲しいと言われた善次は、ついに来るべき時が来たと思いあっさりと承諾した。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R