忍者ブログ

女番長 タイマン勝負

  • posted at:2018-12-06
  • written by:砂月(すなつき)
すけばんたいまんしょうぶ
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1974年
公開日:1974年1月15日 併映「仁義なき戦い 頂上作戦」
監督:関本郁夫
企画:杉本直幸 奈村協
脚本:鴨井達比古 志村正浩
撮影:古谷伸
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:雨森義允
音楽:広瀬健次郎
編集:市田勇
助監督:萩原将司
記録:石田照
装置:温井弘司
装飾:西田忠男
背景:西村和比古
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角良男
演技事務:森村英次
衣裳:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
進行主任:大岸誠
出演:池玲子 衣麻遼子 藤山律子 田島晴美 一の瀬玲奈
シネマスコープ カラー 87分

姉・みちよを弄び自殺へと追いやった大島興業のボス・大島文男への復讐を誓う相沢桂子は、ついに彼の居場所を突き止めナイフで刺した。だが致命傷には至らず、逮捕された彼女は信愛女子学院へ送られた。同室のひまわり会女番長・スペードの美和こと立花美和からヤキを入れられた桂子は、3日後に彼女が退院すると頭角を現して次々と配下を増やして行き、ついに頂点に立ったのだった。退院の日、半月前に退院をした松尾幸恵やその彼女のマブダチの太田節子と出会ったが、行く当てのない3人はブラブラと辺りをさまよった。ヒッチハイクで停まってくれたスクラップ屋のポンコツ車で何とか市街地までたどり着き、食堂でようやくまともな食事にありつくことが出来たのだが、面白くないとホステスを辞めた節子を連れ戻そうとクラブの用心棒たちがやってきたことで面倒に巻き込まれた。桂子が一緒について行くと節子の客のツケが118万円あることがわかった。節子が困っていると、私が払うから100万円にまけて欲しいと桂子は言った。するとママは了承し、その条件として1週間以内に顧客の集金を行うこと、もしそれが出来なければ身柄を預かる節子が大島興業へ引き渡されることを約束させた。クラブのオーナーが因縁の相手だとわかると桂子は尚更ファイトが湧いた。だが彼女には先にやらなければならないことがあった。それは美和を捜し出し勝負にケリをつけることだった。手っ取り早い方法として彼女が選んだのは、ひまわり会の連中を片っ端からカツアゲすることだった。すると予想通り幹部がやってきたため、締め上げて女番長のところへ案内させた。だが美和は仲間を捨てて蒸発し、リーダはカミソリ絵里こと黒木絵里に替わっていた。そこで桂子は絵里とタイマン勝負を行い勝利するとひまわり会を支配下に収めた。

旧ひまわり会は解散状態となり、桂子のもとへきたのは沢光代、戸上清子、杉野ユキの3人だけだった。美和の情報を集めつつ桂子たちが行うのはクラブの集金で、会社だろうが税務署だろうがお構いなく上がり込み容赦なく金を巻き上げて行った。その頃、大島は自分のクラブへ地主を招待し、工場建設のための土地を特別な価格で買い取る代わりに周辺の土地を据え置きで説得して欲しいと圧力を掛けた。そしていい返事をもらえるように節子を宛がおうとしたのだが、それに待ったを掛けたのは桂子だった。彼女は久しぶりの挨拶もそこそこに、テーブルに札束を叩きつけて節子を連れて行こうとした。だが大島は俺とここで会った以上ただで帰れると思った大間違いだと桂子を倉庫へ連れて行き制裁を加えたが、それを止めたのはホステスとして働く絵里だった。彼女はこれを機会に桂子との勝負にケリをつけようと考えたが、大島の怒りは絵里など眼中になかった。再び制裁を加える大島に横槍を入れたのは、彼を監視するために関東侠友会が送り込んできた幹部の黒木達也だった。ここは小娘がくるところじゃないと桂子に言って立ち去ろうとしたが、うずくまるホステスの名が絵里だと知り顔色が変わった。

屋台的映画館
PR

女番長 玉突き遊び

  • posted at:2018-11-28
  • written by:砂月(すなつき)
すけばんたまつきあそび
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1974年
公開日:1974年10月19日 併映「衝撃!売春都市」
監督:関本郁夫
企画:三村敬三
脚本:松本功
撮影:鈴木重平 古谷伸
照明:井上孝二
録音:格畑学 中山茂二
美術:竹川輝夫
音楽:クニ河内
編集:神田忠男
助監督:河村満和 萩原将司
記録:牧野淑子 森村幸子
装置:温井弘司
装飾:山田久司
背景:西村和比古
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角良男 中山健司
演技事務:伊駒実麿
衣裳:高安彦司 松田孝
擬斗:土井淳之祐
キックボクシング指導:風間健
パラセール指導:北島義国
進行主任:上田正直
挿入歌:「泣くなおっぱいちゃん」星まり子
出演:叶優子 田島晴美 藤山律子 城恵美 大堀早苗
アメリカンビスタ カラー 87分

カトレヤ女学院の女番長・三奈とのタイマン勝負で勝利した血桜グループの女番長・山猫お今日こと牧今日子。だが彼女は通報で駆けつけた警官に傷害罪で逮捕され特別少年院に送られた。出所し二年ぶりに住み慣れたミナミの街へ戻ってきた今日子は、白タクで稼ぐかつての仲間のユキと偶然出会ったことで部屋に居候することになった。翌日、今日子が街へ出るとデパートで捨て子騒動に巻き込まれた桃代と弘子に出会った。彼女はその赤ん坊を利用しない手はないと考え、葬儀会場で大騒ぎして大金をせしめると、喪服の貸主に代金を赤ん坊とミルク代とともに渡して大事に育てるように言った。三人がうまくいったと話しながら歩いていると、トン子とかおるが大変なことになったとユキが知らせにきた。暴力団立花興業が二人をキャバレーのレズビアンショーで酷使しているというのだ。それを聞いた今日子は楽屋に乗り込むと契約破棄の書類と引き換えにトン子たちを連れ出し、ユキの部屋に戻ると新たな女番長グループを結成することに決めた。

ある日、今日子は立花興業の組員に突然車に押し込まれて拉致された。廃墟の建物に放り込まれた彼女を待っていたのは、二年前の決闘で額に傷をつけられた三奈だった。今日子は三奈と彼女の仲間から壮絶なリンチを受けたが、偶然通り掛かった風来坊によって助けられた。その夜、ユキたちが心配する中戻った今日子は、三奈が未だにカトレア会を率いていることを伝えた。それを聞いた弘子は元カトレヤ会の和子から聞いたある噂を思い出した。それはカトレヤ会がOL売春を行っているというものだった。今日子は三奈たちが行っている全て調べ上げて落とし前をつけようと考え、血桜グループは活動を開始した。しばらくの間カトレヤ会の動きを探っていると何故か洋服を品定めしている現場に出くわした。何か大きなシノギがあるのではないかと考えた今日子たちは更に調査を続けたが、その途中で立花興業の組員に追われるあの男の姿を見掛けた。その夜、組員から事務所でリンチを受けた風来坊は雨に中に放り出された。いつかのお返しとその傍に寄り添い手当てを行った今日子は何故こんな目に遭ったのかと理由を尋ねた。新宿を拠点に活動していた西条五郎は、大阪での初仕事として数人のストリッパーの鞍替えを選んだ。ところが彼女らは立花興業のヒモつきだったことから仕返しに遭ったのだ。手当てが終わると五郎はまた何処かで会おうと言って姿を消した。

カトレヤ会のマリは沖ダイヤの経理部長・八木から琵琶湖のホテルに誘われていた。銀行に勤めるマリは沖ダイヤが計画倒産を目論む情報を掴んでおり、三奈はそれを利用して一儲けしようと企んでいたのだ。だがそれを事前に察知していた今日子は、浮気現場に踏み込むと写真をネタに強請り八木から30万円をせしめたのだ。それを知り激怒した三奈はカトレヤ会を引き連れて血桜グループの前に現れたのだった。

屋台的映画館

女番長 感化院脱走

  • posted at:2018-11-12
  • written by:砂月(すなつき)
すけばんかんかいんだっそう
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年5月24日 併映「ボディガード牙」
監督:中島貞夫
企画:天尾完次
脚本:鴨井達比古 中島貞夫
撮影:古谷伸
照明:金子凱美
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道
音楽:荒木一郎
編集:市田勇
助監督:牧口雄二
記録:石田照
装置:米沢勝
装飾:柴田澄臣
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角良男
演技事務:西秋節生
衣裳:森護
擬斗:三好郁夫
進行主任:長岡功
挿入歌:「好きではじめた女じゃないが」太田美鈴
出演:杉本美樹 叶優子 須永かつ代 太田美鈴 須藤リカ
シネマスコープ カラー 90分

京都にある特別教護施設・私立心愛女子学院から7度目の脱走を試みた青木るり子(18歳)は職員によって捕らえられ無理矢理車に押し込まれた。そして傷害事件を起こした松本三奈とともに学院へ送り返されたのだった。その日の朝食は半分に減らされており、不審に思った春美は主任教官の黒田に抗議した。規則では連帯責任の減食懲罰は脱走者が捕まるまでとなっていたが、一向に効果が表れないため今回から脱走した日から5日間減食を行うことに変更したのだ。春美は頭にきたが不平を言っても腹は満たされないため黙って従うことにした。だが農作業の際に同じ部屋の者が見張っていないからだとるり子一派の杏子たちに因縁をつけたことで乱闘が始まった。職員たちはケンカでストレスを解消させなければ次に自分たちが危うい目に遭うと黙認し、三奈はその様子を遠くから冷ややかな目で見ていた。三奈のバックには大阪商工会議所の遠山実がついており、彼女を頼むと多額の寄付を学院に贈呈していたのだ。

減食5日目、その日は朝から杏子の元気がなかった。彼女は母との面会日を数日前から楽しみにしていたが、ケンカで負傷した顔を見られて問題になっては困ると素野院長が脱走の連帯責任を理由に急遽中止にしたのだ。院長室の掃除中にそのやり取りを見ていた三奈が理由をつけて追い返したことを朝食時にしゃべると、杏子は教官の目を盗んで院長室に向かい直接抗議した。だが聞き入れられず連帯減食を3日追加された。

心愛女子学院には78名が収容されているが、法務省には水増しして113名と報告していた。国庫補助金を不正請求していることがわかれば認可を取り消される上にお縄になる可能性も秘めていた。法務省の院内視察を数日後に控え素野は落ち着かなかったが、黒田は難事を乗り切る方法を心得ていた。それは院生の日常生活を見てもらうという名目で全員を分散しうまく移動させれば乗り切れるのだ。素野は不安でたまらなかったが黒田に一任することにした。その頃、懲罰房から解放されたるり子は院内の様子が騒がしいことに気づいた。部屋に戻ると広田マキや妹のユキは敵意むき出しだったが、杏子は騒動を起こせば出所が遅れるだけだといさめた。視察の日、黒田の計画通りに事が進むはずだったが、作業場に役人がくると院生は一斉にミシンの手を止めた。そして春美は自分たちが1週間食事を半分しか食べさせてもらえなかったことを役人に訴えたのだった。青ざめた素野は彼らを見送ると、逆らった者たちに見せしめを行うことにした。それは反省の色が見えるまでの無期限夕食抜き、今後半年間の全ての退院予定は取り消しという無謀なものだった。皆が落胆する中、杏子はるり子に尋ねた。今度いつ脱走するのか、と。するとマキやユキだけでなく三奈までもその話に興味を持った。決行は、今夜。

屋台的映画館

女番長

  • posted at:2018-09-21
  • written by:砂月(すなつき)
すけばん
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年1月13日 併映「仁義なき戦い」
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:大原清秀 皆川隆之 鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:和多田弘
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
音楽:八木正生
編集:堀池幸三
助監督:皆川隆之
記録:牧野淑子
装置:吉岡茂一
装飾:松原邦四郎
美粧:東和美粧
結髪:東和美粧
演技事務:伊駒実麿
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
進行主任:長岡功
主題歌:「女番長流れ者」杉本美樹
挿入歌:「兄妹」西来路ひろみ
出演:杉本美樹 宮内洋 衣麻遼子 太田美鈴 西来路ひろみ
シネマスコープ カラー 84分

特別少年院へ向かう護送車を一台のトラックが追い抜いた。それは車内の女番長・燎子を助けるために講じた子分たちの妨害工作で、荷台から落としたドラム缶で護送車の進路を塞ぐと法務教官がうろたえる隙を突いて計画を実行した。するとその騒動に乗じて他の女番長たちも脱走を企てたのだった。その中の一人、関東小政は一匹狼として大阪の盛り場に潜り込もうと考えていたが、彼女の気風の良さに惚れ込んだ桃子、鈴江、ラン子から自分たちのリーダーになって欲しいと頼まれたため急遽ジプシー団を結成した。大阪の繁華街へたどり着いたものの一文無し。しかも朝から何も食べていなかったため力が出なかった。だがそんな時ほど悪知恵が働く小政は飛んでいるハエを捕まえると仲間を引き連れて中華料理店に向かった。そしてフルコースで腹を満たすと残った料理の皿にハエを放り込みクレームをつけて逃げるはずだった。だがその店を経営しているのが暴力団・北竜会だったことから手口を見抜かれ、事務所で袋叩きに遭うのだった。初犯ということもあり何とかその程度で許してもらったが、大阪で生き抜くためには次の手を考えなければならなかった。そこでひらめいたのは街中にいる鳩を投網で捕まえ路上で焼き鳥として売り捌くことだった。すると巡回中の警官に見つかり撤去を求められたが、冷や酒一杯で穏便に済ませてもらった。次のシノギはパチンコ店の床に落ちた玉を拾うふりをして客の鞄から現金を抜き取ることだったが、桃子が地元の女番長グループ・黒菊団に見つかり殴られた。だが小政たちが現れたことで形勢が逆転した。

よそ者のジプシー団の存在感が増していることに嫌気が差していたのは女番長グループ・梅田学ラン会だった。学ラン会はジプシー団を路地裏へ連れて行くとケンカを吹っ掛けたが、それを止めたのは黒菊団のリーダーとなった燎子だった。彼女は護送車でのいざこざで小政から左手に傷を受けており、その仕返しとパチンコ店での子分の仇を討つために決闘を申し出たのだった。だがパトカーのサイレンが鳴り響いたことで勝負はお預けとなり彼女らは蜘蛛の子を散らすように逃げた。道に迷い戸惑う小政を家に引き入れ匿ったのは一郎という男だった。彼は北竜会の予備軍に当たる三星会の一員で、道端での靴磨きやブルーフィルムの監督などをして上納金を稼いでいた。その三星会のリーダーを務める手代木達夫は若者に会のバッジを1つ3千円で手荒く売りつけたが、それが北竜会幹部・淀博丈の逆鱗に触れ事務所に呼び出された。その若者は税務署長・二宮昌三の息子だったのだ。達夫が暴行を受けた上に上納金も倍額にされたことを一郎が愚痴ると、小政は仇を取りたくないかと提案した。その方法とは二宮の妻・文子を騙してブルーフィルムを撮り、北竜会に脱税の指南をする二宮から口止め料をせしめることだった。

屋台的映画館

女番長ゲリラ

  • posted at:2018-09-13
  • written by:砂月(すなつき)
すけばんげりら
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1972年
公開日:1972年8月12日 併映「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義」
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:皆川隆之 鈴木則文
撮影:赤塚滋
照明:和多田弘
録音:堀場一朗
美術:石原昭
音楽:津島利章
編集:市田勇
助監督:清水彰
記録:石田照
装置:米沢勝
装飾:宮川俊夫
美粧:東和美粧
結髪:東和美粧
演技事務:森村英次
スチール:諸角義雄
衣裳:岩逧保
擬斗:三好郁夫
進行主任:渡辺操
主題歌:「女番長流れ者」杉本美樹
挿入歌:「赤色エレジー」あがた森魚+蜂蜜ぱい
協力:西伊豆土肥温泉 桂川シーサイドホテル
出演:杉本美樹 成瀬正孝 丘ナオミ 小林千枝 城恵美
シネマスコープ カラー 84分

暴走族新宿赤ヘル団の団長・女番長(スケバン)幸子は仲間のユキ、浮子、リンダを引き連れて京都にやってきた。そもそもは祗園祭の開催日が近く生まれ故郷に行きたいとユキが言ったことが発端で、それ以外に目的もないまま無一文でたどり着いたのだ。遊ぶためには金が必要なことから、各自で資金集めを行うことにした。男やもめをたぶらかすなどシノギを積み重ねて調達し合流すると、地元のグループが修学旅行生を相手にカツアゲをしている場面に出くわした。それを見過ごせない4人が中に割って入ると、リーダー格のヤスがサシゴロで勝負をつけようと提案した。するとユキが幸子よりも先にパンチを繰り出し相手をノックアウトにした。それを見兼ねた辰美が彼女を助け上げ、総番長に合わせるために顔を貸して欲しいと言うと、幸子は素直に従った。京都女番長連合の総番長で京極グループのリーダー・リカが仁義を切り、シマを荒らすのならそれなりの覚悟をしてきたんだろうと言った。すると幸子も負けじと勝ったらシマを貰うよと啖呵を切った。二人のサシでの勝負が始まり、当初はリカの優勢だったものの形勢が逆転し幸子が優位に立った。勝負は決したに見えたが、リカが隠し持っていたナイフをかざすと他のメンバーもナイフを取り出した。幸子たちは命の危険にさらされたが、それを止めたのは祗園囃子の奈美だった。京都生まれの彼女は総番長をリカに譲り一匹狼となって旅に出たのだが、お囃子が懐かしくなって戻ってきたのだ。だが思い切りの良さを見込んで地位を譲ったにも拘らず、そのリカが負けを認めないことに失望し叱責した。そして好きなようにしなと幸子に言った。

偶然鉢合わせし奈美が街に戻ってきたことを知って驚いたのは暴力団筒井組の幹部・中原修司だった。彼は組長の筒井猛に奈美を預けようとしたが、突然姿を消したことで恥をかいたのだ。また俺に恥をかかせる気かと質すと、奈美は彼の頬に平手を一発食らわせた。何故なら奈美は修司の妹だからだ。修司は兄貴のメンツを潰す奴は妹じゃねえと言い放ちすぐに出て行けと促したが、指図は受けないと奈美は突っぱねた。その頃、総番長となった幸子は幹部を集め、シマはそのまま預ける代わりに週一回動きを報告するよう命じた。そこにやってきた修司は、例え総番長が代わっても組への上納金は忘れるなと釘を刺した。その時、駐車場に停めてあったリンダのバイクが尼寺の坊主に盗まれ、4人は3台のバイクで追い掛けた。すると事故を起こしてケガをした坊主は何処の病院でもいいから連れて行って欲しいと泣きついたのだった。とりあえず近所の産婦人科に担ぎ込んだのだが、そこに夫婦が乗り込んできたことで院内は騒動になった。妻の唄代は中絶手術を行ったが、院長の竹見兵衛がもぐりの医者であることを後に知ったのだ。観念した竹見は今日限りで医者を辞め慰謝料を払う代わりに警察への通報を勘弁して欲しいと泣きついたが、浮子はそれをネタにして強請り大金をせしめたのだった。幸子は坊主を尼寺の桂子と改名させて新宿赤ヘル団の一員とし、総括の掟を教え込むと同時にメンバーの証である薔薇の刺青を左の胸に入れた。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R