忍者ブログ

ウール100%

  • posted at:2019-09-07
  • written by:砂月(すなつき)
うーるひゃくぱーせんと
「WOOL 100%」製作委員会(クロックワークス=ピラミッドフィルム=双日)
配給:クロックワークス
製作年:2005年
公開日:2006年10月28日
監督:富永まい
エグゼクティブプロデューサー:酒匂暢彦 高橋増夫 松江正俊
プロデューサー:遊佐和彦 原田雅弘
ラインプロデューサー:関友彦
脚本:富永まい
撮影監督:瀬野敏
美術:都築雄二
音楽:矢口博康
監督補:谷口正行
VE:仲野喜久治
録音:前田一穂
編集:長嶋勝一
アニメーション制作:ROBOT
助監督:市原大地
照明:尾崎智治
装飾:柴田博英
美術制作:高橋徹
スタイリスト:三田真一
着物制作:田島貴代子
ヘアメイクディレクター:小西神士
編み物監修:八田幸子
制作主任:稲垣清隆
制作進行:落合洋介 谷岡貴雄
出演:岸田今日子 吉行和子 北浦愛 ティアラ 兼田カロリナ
アメリカンビスタ カラー 99分

今は昔か、あるところに梅と亀という老いた姉妹が住んでいた。二人は長い間、古い屋敷に暮らしてきたが、訪ねてくるものは誰もおらず、誰にも会いたいとも思わなかった。姉妹は毎日一度だけ街に出掛けるが、その度に何かしら拾って帰ってきた。街にはあまりにもたくさんの物が捨てられているため、何時だって気に入った「ヒロイモノ」を見つけることが出来るのだ。二人はヒロイモノをとても大切にし、夜はそれらに囲まれることで安心して眠ることが出来た。そんな夜を何千回と迎えたが、聞こえないくらいの小さな音が耳の奥に流れていることを姉妹は気づいていなかった。そしてその流れの中に、長い間拾われることを待っている誰かがいることを。

毎朝、姉妹はおせっかいな幼稚園の先生と園児たちによる合唱で起こされる。朝食を取り、その日の気分に合わせてヒロイモノの杖や靴などをコーディネートすると、いつものように街へ出掛けるのだ。そしてゴミ捨て場から目ぼしい物を見つけると満面の笑みでそれを眺め屋敷に持って帰った。だがその日は川原へ向かいもう一苦労することにしたのだが、その甲斐あって赤ちゃん用の玩具を見つけることが出来た。思わぬ収穫に満足し帰ろうとした矢先、二人は足を取られて草むらに倒れ込んだ。姉妹の足には毛糸が絡んでいたのだ。長く伸びる毛糸を辿って行くと、そこには真っ赤な毛糸の玉が山のように盛られたかごが置いてあったため、二人はそれを持って帰ることにした。

帰宅した姉妹はまずヒロイモノをきれいに拭き、スケッチブックにその絵を描いた。今日の収穫は「おきあがり小法師」、美容機器の「ビューテーセブン」、そして「真っ赤な毛糸玉」だった。その日の深夜、物音に気づき恐る恐る姉妹が覗くと居間に灯りが点いていた。そこでは少女が毛糸を使って一心不乱にセーターを編んでいた。運ぶときに転がり落ちた毛糸玉の糸を辿って屋敷にやってきたのだ。彼女はあっという間にセーターを完成させるとすぐに着込み網目のチェックを始めた。ところが気に入らない箇所が見つかり頭を抱えると「あみなおしじゃあ」と叫んだのだった。その音量は耳を塞がなければならないほどの驚くべきもので、止めると同時に彼女は裾をほどくとまた編み始めた。ところが突然倒れるように眠ってしまったため、姉妹も寝ることにした。翌朝、姉妹は眠ったままの少女を置き去りにしてヒロイモノ探しに出掛けると、いつものように収穫を手にして戻ってきた。冷蔵庫の中は荒らされ食器は散らかされていたが、厄介者がいなくなったと安堵のため息をついた。だが再び現れて叫びながら屋敷中を駆け回るため頭を抱えた。お腹がいっぱいになれば眠たくなるはずと食事を与えることにしたのだが、少女は逆に編み進めるスピードを速めたのだった。次なる手段として少女を布団に寝かせて絵本を読み聞かせようとしたのだが、自分たちが先に寝入ってしまった。

屋台的映画館
PR

宇宙快速船

  • posted at:2019-01-08
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうかいそくせん
ニュー東映(東京撮影所)
配給:ニュー東映
製作年:1961年
公開日:1961年7月19日 併映「水戸黄門 助さん格さん大暴れ」
監督:太田浩児
企画:根津昇 吉川義一
原案:渡部昭洋
脚本:森田新
撮影:藤井静
録音:大谷政信
照明:森沢淑明
美術:下沢敬悟
音楽:鏑木創
編集:鈴木寛
助監督:佐藤純弥
進行主任:武田英治
出演:千葉真一 江原真二郎 水上竜子 小宮光江 亀石征一郎
シネマスコープ モノクロ 74分

少年宇宙研究会の仲良し6人組(谷川健一、伊藤辰夫、林三郎、稲宮正、村瀬忠雄、千葉肇)は浅香山で人工衛星の観測会を行うことにした。日中から作業に取り掛かり忠雄が天体望遠鏡を覗いていると銀色をした飛行物体が目の前を落下して行った。驚いた彼はそれが人工衛星だと確信すると健一たちを引き連れて落下地点に向かったが、そこには彼らが知っているルーニク2号とは似ても似つかない宇宙船が着陸していたのだ。健一の父親の谷川博士は日本宇宙科学研究所の所長を務める科学者で、1961年4月にロシアのユーリイ・ガガーリンが有人宇宙飛行を成功させたボストーク3KA-2の後継機をストロフスキー博士と開発した。ルーニク2号のことは谷川の助手の立花真一から度々聞いていたため、その違いを認識することが出来たのだ。6人が遠巻きに調査を始めると、銀色の宇宙服に身を包んだ複数の宇宙人が現れ彼らを取り囲んだ。宇宙人たちがジリジリと詰め寄る中、宇宙快速船の轟音とともに登場したのはアイアンシャープというスーパーヒーローだった。アイアンシャープは子供たちに早くこの場から立ち去るように言うと、次々と宇宙人をなぎ倒したのだった。戦いが不利だと悟った宇宙人たちは宇宙船に乗り込むと逃げ去った。

日本宇宙科学研究所では強力な電波をキャッチし谷川博士はその原因を探っていた。一方、電波望遠鏡を操作していた立花も同様の現象を確認していた。発信源を調べていた立花だったが、電子頭脳が機能を停止したためそれ以上のことはわからなかった。その頃、関東一帯では異常な現象が起きていた。金属音とともに電子機器が逆回転を始め、20分間程停止した。だが故障は一切見つからなかったのだ。日本宇宙科学研究所には真相を聞き出そうと新聞記者が大挙押し寄せていたが、谷川としてもお手上げの状態だった。そこにやってきた健一たちは宇宙人を見たと父親に報告するが記者たちは一笑に付した。だが東京中の電気が止まるとなると話は別だった。

立花は強力な電波の正体が通常地球上では確認することが稀な極超短波・シグマ電波であることを突き止めた。その頃、アメリカでも同様の電波を確認していた。だがその電波はおかしなことに地球上から宇宙に向けて発信されているのだ。日本に飛来した宇宙人と遊星間で行われた交信ではないかと立花が仮定の話をすると、谷川は一刻も早く発信源を特定し企みを暴くべきだと言った。

屋台的映画館

宇宙戦艦ヤマト

  • posted at:2018-12-03
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうせんかんやまと
西崎義展(株式会社アカデミー)
配給:西崎義展(株式会社アカデミー)
製作年:1977年
公開日:1977年8月6日
監督:舛田利雄
企画:西崎義展
原案:西崎義展
総指揮:西崎義展
脚本:藤川桂介 山本暎一
音楽:宮川泰
美術:松本零士
設定デザイン:松本零士
アニメーションディレクター:石黒昇
作画監督:芦田豊雄 白土武 小泉謙三 岡迫亘弘 泉口薫 宇田川一彦
背景・美術:槻間八郎
撮影:諌川弘 吉坂研一 藤田正明 山崎友正
タイトル:多々良正春
音響監督:田代敦已
効果:柏原満
編集:鶴渕允寿
録音:アバコ・スタジオ
現像:東京現像所
助監督:棚橋一徳
制作担当:長嶋正治 野村和史 堤隆之 広岡修
オリジナルサントラ盤:コロムビア・レコード
声の出演:納谷悟朗 富山敬 仲村秀生 麻上洋子 永井一郎
アメリカンビスタ カラー 130分

西暦2199年、地球は終末のときを迎えようとしていた。海は蒸発し尽し地上の全生命は死滅した。人類はわずかにその生存圏を地下に求めて細々と生き延びていた。地球を滅亡へと導いたのは、大マゼラン星雲内にあるサンザー太陽系第8番惑星・ガミラスのデスラー総統だった。21世紀初頭以来、宇宙侵略を着々と進めてきたガミラス宇宙艦隊はついに太陽系へその魔の手を伸ばし、地球に対して遊星爆弾による無差別攻撃を加え続けた。地球人は地下都市を築いて必死に生き延びたが、圧倒的な戦力を誇るガミラス軍では地球防衛軍の懸命な努力も皆無に等しかった。情け容赦のないガミラス軍は人類に対し全滅か奴隷かの選択を迫り、頼みの綱である地球防衛艦隊も壊滅寸前となっていた。遊星爆弾による放射能汚染は地球の表面はもとより地下をも犯し始め、人類は絶滅のときを待つばかりとなっていた。

正体不明の飛行物体が火星に墜落し、地球防衛軍火星観測所に常駐していた戦斗科訓練学生の古代進と運行科訓練学生の島大介は探索艇で調査に向かった。宇宙船は地球の物でもガミラスの物でもない形状をしており、ハッチは開いたままになっていた。そしてその付近には美しい女性が倒れていたが既に息はなかった。その女性が持っていた通信カプセルを地球へ持ち帰り地球防衛司令部で分析を行ったところ、それにはイスカンダル星の女王・スターシャからのメッセージと超高速波動エンジンの設計図が記録されていた。人類滅亡が1年と迫る中、その危機から逃れるには「放射能除去装置 コスモクリーナーD」を使用するしかなかった。だが地球からイスカンダル星までは14万8千光年離れている上にスターシャにはそれを送り届ける術がなかった。そこで彼女は波動エンジンを組み立ててイスカンダル星までくることが出来れば放射能除去装置を渡してもいいというのだ。司令長官は懐疑的だったが、今は信じるべきだと地球防衛軍艦隊隊長・沖田十三は言った。九州・坊ノ岬沖で朽ち果てた姿を晒す戦艦大和。その地下では限られた人類を脱出させるための宇宙船が建造されていたが、計画の変更により急遽波動エンジンが搭載されることになった。

「ヤマト」は完成し出航を待つばかりとなっていたが、冥王星ガミラス前線基地から発射された超大型ミサイルが地球に刻一刻と近づいていた。その標的はヤマトだった。地上を偵察し大和の遺跡近辺での不審な動きを探知したガミラスはその拠点を一気に破壊しようとしたのだ。ミサイルが地球到達まで10分を切った頃、艦長となった沖田は装填したエネルギーが120パーセントになったと同時に、航海長となった島へ補助エンジンのスタートを指示した。そして出力が3千になったところで波動エンジンに接続するとついに蘇った船体が地上に姿を現したのだった。主砲による攻撃で難を逃れたヤマトは果てしなく長い航海に出発した。

屋台的映画館

宇宙大怪獣ドゴラ

  • posted at:2018-08-03
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうだいかいじゅうどごら
東宝
配給:東宝
製作年:1964年
公開日:1964年8月11日 併映「喜劇 駅前音頭」
監督:本多猪四郎
制作:田中友幸 田実泰良
原作:丘美丈二郎
脚本:関沢新一
撮影:小泉一
美術:北猛夫
録音:矢野口文雄
照明:小島正七
音楽:伊福部昭
整音:下永尚
監督助手:佐野健
編集:藤井良平
音響効果:知久長
現像:東京現像所
制作担当者:中村茂
特殊技術・撮影:有川貞昌 富岡素敬
特殊技術・光学撮影:真野田幸雄 徳政義行
特殊技術・美術:渡辺明
特殊技術・照明:岸田九一郎
特殊技術・合成:向山宏
特殊技術・監督助手:中野昭慶
特殊技術・制作担当者:小池忠司
特技監督:円谷英二
出演:夏木陽介 藤山陽子 小泉博 若林映子 中村伸郎
シネマスコープ カラー 81分

テレビ中継用の人工衛星・L-100型が打ち上げられ、周回軌道に乗ることに成功した。衛星が6周目の日本上空を通過した頃、宇宙空間で異常事態が発生した。光を明滅しながら成長する3体の宇宙生物が地球に接近し、その衛星を飲み込んだのだった。だが地上で観測を行っていた電波研究所では正確な事態を把握することが出来なかった。

人工衛星の事故をラジオが速報として伝えていた深夜、パトロール中の警官二人は不審な車を見つけたため声を掛けた。その車にはラジオを聞いている女が乗っていたが、男を待っている様子だったのでそれ以上は聞かなかった。しばらくパトロールを続けていると酔っ払いが宙に浮いているのを目撃し急いでその後を追ったのだった。その頃、宝石店・天宝堂に五人組の強盗が押し入り金庫の扉をガスバーナーで焼き切ろうとしていたが、急に体が浮いて自由が利かなくなったため道具を放り出して逃げたのだった。店のシャッターには人工衛星を破壊した物と同じ生物が張り付いており、男たちは発砲したが手に負えず用意していた車をスタートさせると、リーダー格の男は待ち伏せしていた女の車に乗り込んだ。警官は銃声を聞いて駆け付けたが強盗団を捕まえることは出来なかった。

世界各国でダイヤモンドが盗まれる事件が多発し、それは日本も例外ではなかった。警視庁外事課の駒井刑事は宝石ブローカーのマーク・ジャクソンを追跡し、結晶構造学の権威・宗方博士の邸までたどり着いたが、あと一歩のところで出し抜かれたのだった。最近、世界的に組織されたダイヤモンド強盗団が動き出しており、ニューヨークやロンドン、パリなどで大きな被害が出ていた。だが彼らが拘わっていたのはパリの一件だけだった。日本支部でも成果が上がらないことに頭を抱えており、髭のボスは何か名案はないかと知恵を絞った。そもそも昨夜の犯人は人間ではなく、何故そんな奴がダイヤを狙っている理由がわからなかった。そこへ浜子がマークを連れてきたのだった。夕べの仕業はお前だろうと多田がマークに掴み掛かったとき、隣にいた真木がボディータッチをして背広のポケットから袋を見つけた。その中身をテーブルにぶちまけると無数のダイヤが光輝いた。

駒井は宗方を警視庁に呼び出すと天宝堂で起きた事件の資料を渡した。写真には金庫の扉が蝋細工のように溶けた様子が写っており、それを見た宗方は現場に放置されていた酸素切断機とは比較にならないほどのエネルギーが必要だと言った。そして駒井が被害届の提出を促すと、宗方は秘書の桐野昌代と顔を見合わせて困ったなと首を傾げた。盗まれたダイヤはまだ公にされていない研究、開発中の「人造ダイヤ」だったからだ。

屋台的映画館

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

  • posted at:2017-06-06
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうせんかんやまとにいちきゅうきゅうほしめぐるはこぶね
宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会(プロダクションI.G=バンダイビジュアル=ジーベック=バンダイ=バンダイナムコゲームス=ボイジャーエンターテインメント=東北新社=松竹=オー・エル・エム=ランティス)
配給:松竹
製作年:2014年
公開日:2014年12月6日
総監督:出渕裕
企画:石川光久 河野聡 西﨑彰司
プロデューサー:郡司幹雄 藤澤宜彦 鈴木忍
総括プロデューサー:上山公一 古川寛高 黒田康太
制作プロデューサー:下地志直 小山剛弘
チーフディレクター:別所誠人
原作:西﨑義展
脚本:出渕裕
総作画監督:結城信輝
キャラクターデザイン:結城信輝
チーフメカニカルディレクター:西井正典
メカニカルデザイン:石津泰志 玉盛順一朗
セットデザイン:青木薫 高倉武史 小林誠
撮影監督:青木隆
美術監督:谷岡善王
美術:小倉宏昌
色彩設定:鈴城るみ子
編集:小野寺絵美
音楽:宮川彬良 宮川泰
音響監督:吉田知弘
音楽プロデューサー:西﨑彰司
音楽制作:ボイジャーホールディングス バンダイビジュアル
CGディレクター:上地正祐
CG制作協力:SUNRISE D.I.D.
アニメーション制作:XEBEC
声の出演:小野大輔 桑島法子 鈴村健一 大塚芳忠 中村繪里子
アメリカンビスタ カラー 112分

西暦2199年、瀕死の地球を救うために7か月の航海を経てイスカンダル星にたどり着いたヤマトだったが、女王のスターシャ・イスカンダルは船体を汚染浄化システム・コスモリバースのシステムとして改造する際に、波動エネルギーの出力を兵器に利用する「波動砲」の発射口を封印した。イスカンダル人は波動エネルギーを兵器に転用した最初の人類で、大マゼランを血に染めて大帝国を作り上げた。だがその反省から二度と愚行を繰り返さないために艦長の沖田十三へ交換条件を提示したのだ。

ヤマトが大マゼラン銀河を後にしようとしていた頃、大ガミラス帝国のデスラー総統の死で目的を失った反乱軍のバシブ・バンデベルは帰国を思案していた。そこに現れたのは彼らが「蛮族」と呼ぶ帝星ガトランティスのグタバ(小マゼラン)遠征軍で、謎の破壊兵器によって抵抗も虚しく殲滅された。デスラー政権崩壊で他民族のガトランティスが台頭してきたのだ。

ガミラスとの戦いが終わり、あとは受け取ったコスモリバースシステムを地球へ届けるだけとなったことでヤマトの艦内は平穏な空気に包まれていた。そんな中、突然攻撃を受けたためガミラスの標準コードで呼びかけたが応答はなかった。そこで反撃を行うと新たに現れた巡洋艦とともに旗艦「メガルーダ」が出現したのだった。戦術長の古代進はガトランティスの大都督・雷鳴のゴラン・ダガームに対して事を構える意思がないことを伝えたが、彼には和睦という選択肢はなかった。何故ならガトランティス人は戦闘的民族であり、ダガームはその中でも最たる者だったからだ。ガミラスに甚大な打撃を与えた波動砲を持つヤマトは彼にとって魅力的であり、その技術は忠誠心を誓う大帝陛下への手土産として最適だった。そこで軍門に下って船を明け渡せと要求したが、古代が怯まずに断ったことで総攻撃を開始した。

7隻の戦艦が迫ってくる中、三時の方向に自由浮遊惑星が存在するという報告を受けた古代はそこへ逃げ込む選択をした。波動砲を撃てないヤマトにとって戦闘行為は自死に等しいからだ。宇宙魚雷などの攻撃と波動防壁で損傷を最小限に止めたヤマトだったが、手柄が欲しいグリアテはしつこく追跡を続けた。ダガームはそんな彼を忌々しく思い、ヤマトとともに火焔直撃砲で葬り去ろうとしたのだ。火焔直撃砲は超高熱エネルギー弾を目標へワープさせて爆破する兵器だが、巡洋艦の影響で転送座標に誤差が生じヤマトは命拾いした。このままでは敵の的になるだけだと判断した古代は複雑な空洞構造を持つ惑星に降下することにしたが、そこは異様な生物の巣窟だった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R