忍者ブログ

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

  • posted at:2017-06-06
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうせんかんやまとにいちきゅうきゅうほしめぐるはこぶね
宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会(プロダクションI.G=バンダイビジュアル=ジーベック=バンダイ=バンダイナムコゲームス=ボイジャーエンターテインメント=東北新社=松竹=オー・エル・エム=ランティス)
配給:松竹
製作年:2014年
公開日:2014年12月6日
総監督:出渕裕
企画:石川光久 河野聡 西﨑彰司
プロデューサー:郡司幹雄 藤澤宜彦 鈴木忍
総括プロデューサー:上山公一 古川寛高 黒田康太
制作プロデューサー:下地志直 小山剛弘
チーフディレクター:別所誠人
原作:西﨑義展
脚本:出渕裕
総作画監督:結城信輝
キャラクターデザイン:結城信輝
チーフメカニカルディレクター:西井正典
メカニカルデザイン:石津泰志 玉盛順一朗
セットデザイン:青木薫 高倉武史 小林誠
撮影監督:青木隆
美術監督:谷岡善王
美術:小倉宏昌
色彩設定:鈴城るみ子
編集:小野寺絵美
音楽:宮川彬良 宮川泰
音響監督:吉田知弘
音楽プロデューサー:西﨑彰司
音楽制作:ボイジャーホールディングス バンダイビジュアル
CGディレクター:上地正祐
CG制作協力:SUNRISE D.I.D.
アニメーション制作:XEBEC
声の出演:小野大輔 桑島法子 鈴村健一 大塚芳忠 中村繪里子
アメリカンビスタ カラー 112分

西暦2199年、瀕死の地球を救うために7か月の航海を経てイスカンダル星にたどり着いたヤマトだったが、女王のスターシャ・イスカンダルは船体を汚染浄化システム・コスモリバースのシステムとして改造する際に、波動エネルギーの出力を兵器に利用する「波動砲」の発射口を封印した。イスカンダル人は波動エネルギーを兵器に転用した最初の人類で、大マゼランを血に染めて大帝国を作り上げた。だがその反省から二度と愚行を繰り返さないために艦長の沖田十三へ交換条件を提示したのだ。

ヤマトが大マゼラン銀河を後にしようとしていた頃、大ガミラス帝国のデスラー総統の死で目的を失った反乱軍のバシブ・バンデベルは帰国を思案していた。そこに現れたのは彼らが「蛮族」と呼ぶ帝星ガトランティスのグタバ(小マゼラン)遠征軍で、謎の破壊兵器によって抵抗も虚しく殲滅された。デスラー政権崩壊で他民族のガトランティスが台頭してきたのだ。

ガミラスとの戦いが終わり、あとは受け取ったコスモリバースシステムを地球へ届けるだけとなったことでヤマトの艦内は平穏な空気に包まれていた。そんな中、突然攻撃を受けたためガミラスの標準コードで呼びかけたが応答はなかった。そこで反撃を行うと新たに現れた巡洋艦とともに旗艦「メガルーダ」が出現したのだった。戦術長の古代進はガトランティスの大都督・雷鳴のゴラン・ダガームに対して事を構える意思がないことを伝えたが、彼には和睦という選択肢はなかった。何故ならガトランティス人は戦闘的民族であり、ダガームはその中でも最たる者だったからだ。ガミラスに甚大な打撃を与えた波動砲を持つヤマトは彼にとって魅力的であり、その技術は忠誠心を誓う大帝陛下への手土産として最適だった。そこで軍門に下って船を明け渡せと要求したが、古代が怯まずに断ったことで総攻撃を開始した。

7隻の戦艦が迫ってくる中、三時の方向に自由浮遊惑星が存在するという報告を受けた古代はそこへ逃げ込む選択をした。波動砲を撃てないヤマトにとって戦闘行為は自死に等しいからだ。宇宙魚雷などの攻撃と波動防壁で損傷を最小限に止めたヤマトだったが、手柄が欲しいグリアテはしつこく追跡を続けた。ダガームはそんな彼を忌々しく思い、ヤマトとともに火焔直撃砲で葬り去ろうとしたのだ。火焔直撃砲は超高熱エネルギー弾を目標へワープさせて爆破する兵器だが、巡洋艦の影響で転送座標に誤差が生じヤマトは命拾いした。このままでは敵の的になるだけだと判断した古代は複雑な空洞構造を持つ惑星に降下することにしたが、そこは異様な生物の巣窟だった。

屋台的映画館
PR

宇能鴻一郎の濡れて打つ

  • posted at:2017-04-16
  • written by:砂月(すなつき)
うのこういちろうのぬれてうつ
日活
配給:日活
製作年:1984年
公開日:1984年2月17日 併映「縄姉妹 奇妙な果実」「セクシー・オーラル 浮気な唇」
監督:金子修介
プロデューサー:栗林茂
原作:宇能鴻一郎
企画:小松裕司
脚本:木村智美
制作担当プロデューサー:三浦増博
撮影:杉本一海
美術:斎藤岩男
録音:中山義廣
照明:高柳清一
編集:冨田功
選曲:佐藤富士男
挿入曲:「太陽がくれた季節」暗い三角定規
助監督:池田賢一
色彩計測:鈴木繁雄
現像:東映化学
出演:山本奈津子 林亜里沙 石井里花 沢田情児 原田悟
アメリカンビスタ カラー 55分
 
泉ヶ丘高校一年生の細川ひろみがテニス部に入ったのは、去年の春ボールを追うお蝶様の姿に一目惚れしたからだった。お蝶様から才能を見出されたひろみは、わたくしのように強くなりたかったら恋は禁物よとアドバイスを受けた。彼女は男に溺れて挫折して行った部員を何人も見てきたからだった。男の存在を忘れなさいと忠告し愛用している赤いラケットをお蝶様が渡すとひろみは感激した。何故なら新入部員で名誉ある待遇を受けたのは彼女だけだったからだ。そんなひろみに目をつけたのはスタープレイヤーの坂西卓で、テニスの個人指導をするとともに別の指導も行うのだった。二人の様子を恨めし気に見ていたのは報道部の玉本茂樹で、ビデオカメラを手にひろみの姿をいつも追っていた。

翌日がお蝶様の誕生日であることを思い出したひろみは、スポーツ用品店でプレゼント用のラケットを買った。店を出てエレベーターに乗ろうとしたところ突然男が乗り込んできたのだ。男は操作パネルをいじってエレベーターを停め、地震だが心配ないからと落ち着くように言った。そして換気扇が止まっていることで室内の温度が上がれば脱水症状を起こして死んでしまうと脅した。喉が渇くというひろみに前兆が始まっていると説明すると、無理矢理パンティーを脱がそうとした。抵抗する彼女に死にたいのかと怒鳴る男。ひろみがおとなしくすると男は調べるからと言って彼女の股間をまさぐった。やがて潤ってくると男は、今度は服を脱ぐように言った。何故と問いかけるひろみに、男は脱水症状の後遺症を処理するために肉棒注射をするんだと答えた。

翌日、練習の前にプレゼントを渡したひろみは、お蝶様からお礼のキスをもらった。このようなことは稀であるため、部員たちは彼女に嫉妬した。その後、新コーチの北條が紹介されたが、ひろみは彼の顔を見て唖然とした。あのエレベーターの男なのだ。北條は部員たちにいきなりグランド50周を命じた。毎日厳しい練習が続く中、北條は関東大会シングルスの代表選手を発表し、お蝶様こと松波美沙とひろみの名を呼んだ。1週間後に試合を行い、勝った方が正選手となり、負けた方が補欠に回るというのだ。ひろみは北條を追い掛け、大会への出場経験がない自分が選ばれた理由を尋ねた。すると彼は言った。あの時にお前が持っている天性の腰のバネを発見したんだ、と。

屋台的映画館

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海

  • posted at:2016-09-12
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうせんかんやまとにいちきゅうきゅうついおくのこうかい
宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会(プロダクション I.G=バンダイビジュアル=ジーベック=バンダイ=バンダイナムコゲームス=ボイジャーエンターテインメント=東北新社=松竹=オー・エル・エム=ランティス=MBS)
配給:松竹
製作年:2014年
公開日:2014年10月11日
構成:森田繁 加戸誉夫
ディレクター:加戸誉夫
編集:小野寺絵美
監修:出渕裕
ナレーション:小野大輔 桑島法子
ナレーション原稿:森田繁
アニメーションスタッフ:結城信輝 前田明寿 
アシスタントディレクター:中野剛
CG制作協力:サンライズD.I.D.
CGディレクター:今西隆志
エンディングイラスト:むらかわみちお
音響監督:吉田知弘
音響効果:西村睦弘
オープニングテーマ:「宇宙戦艦ヤマト」ささきいさお
エンディングテーマ:「BLUE」水樹奈々
音楽:宮川彬良 宮川泰
声の出演:菅生隆之 小野大輔 桑島法子 鈴村健一 大塚芳忠
アメリカンビスタ カラー 131分

西暦2191年、人類は史上初めて地球外知的生命体「ガミラス人」と接触した。友好関係を試みた地球に対し、ガミラスは一方的に戦端を開くと情け容赦のない無差別攻撃を仕掛けてきた。第二次火星沖海戦・カ2号作戦で強大な軍事力を誇る彼らの艦隊の直接攻撃を食い止めることが出来たが、地球は遊星爆弾によるロングレンジ爆撃を受けたことで大気は汚染し海は干上がった。人類は地下都市を築いて生き延びるしかなかったが、死の影は着実に迫っていた。

科学者が地球滅亡までおよそ1年と発表した2199年1月、冥王星に基地を置くガミラスに対し国連宇宙軍は残存する全艦隊を集結して総攻撃を行った。だがその真の目的は、「アマテラス」と暗号名がつけられた宇宙船を太陽系に招き入れるための陽動作戦・メ号作戦だった。その宇宙船が火星に墜落したことから、回収要員として派遣されアルカディアポート跡付近に待機していた古代進と島大介が調査を行った。乗員の女性には生命反応がなかったことから、大事そうに抱えていたカプセルのみを回収した。

国連極東管区に待機を命じられた古代と島だったが、艦上戦闘機コスモゼロに魅せられ勝手に出撃した。その際、敵偵察機を発見したため迎撃を試みたが武装されておらず逃げられてしまった。さらにシステムエラーが発生しやむなく胴体着陸を試みた。救助を待つ二人が丘を登ると、目の前には大昔の戦争で海の底に沈んだ戦艦が赤く朽ち果てた状態で顔を出していた。そこは九州・坊ノ岬沖だった。

会場に集められたのは特殊任務の訓練を受けてきたイズモ計画の選抜メンバーだった。そして壇上に立っていたのはメ号作戦でただ一隻帰還した戦艦きりしま艦隊司令の沖田十三宙将だった。沖田はメンバーに対し正式な任務を発表したが、それは限られた人々を地球から脱出させるイズモ計画ではなかった。最初に回収したカプセルには映像と音声メッセージが記録されており、そこにはイスカンダルの王女・スターシャがガミラスの攻撃で破滅の危機を迎えている地球を哀れみ、次元波動エンジンの設計図を妹のユリーシャに託したことが綴られていた。イスカンダル星には汚染を浄化し惑星を再生させるシステム「コスモリバースシステム」があるが、スターシャはそれを地球に届けることが出来なかった。そこで彼女は新たに次元波動エンジンの起動ユニットである波動コアをもう一人の妹のサーシャに預けたのだが、それが古代たちが回収したカプセルだった。国連は技術供与を受けたことで既に次元波動エンジンを搭載した恒星間航行用の宇宙船「ヤマト」を完成させていたが、それを察知したガミラスは坊ノ岬沖に偵察機を派遣したのだ。イスカンダル星は地球から遥か約16万8千光年彼方の大マゼラン銀河にあり、人類にとって未知の航海となる。だが滅亡へのカウントダウンが始まっている地球を救うには躊躇わずに進むしかないのだ。

屋台的映画館

宇宙人東京に現わる

  • posted at:2016-06-06
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうじんとうきょうにあらわる
大映(東京撮影所)
配給:大映
製作年:1956年
公開日:1956年1月29日 併映「豹の眼」
監督:島耕二
制作:永田雅一
企画:中代冨士男
原案:中島源太郎
脚本:小國英雄
撮影:渡辺公夫
録音:西井憲一
照明:久保田行一
美術:間野重雄
色彩指導:岡本太郎
色彩技術:渡辺徹
特殊技術:的場徹
メークアップ:牧野正雄
装置:石崎喜一
装飾:大野幸雄
小道具:永川勇吉
背景:中村桂太郎
園芸:吉田年
工作:田村誠
電飾:金谷省吾
結髪:篠崎卯女賀
衣裳:東郷嗣男
音響効果:花岡勝次郎
移動:諸星勇
スチール:宮崎忠男
俳優事務:中山照子
記録:原益子
助監督:菅野恒三
撮影助手:村井博
録音助手:奥村幸雄
照明助手:藤野慎一
美術助手:山口熙
進行係:川勝昭信
音楽:大森盛太郎
演出補:中村倍也
編集:鈴木東陽
制作主任:阪根慶一
現像:東京現像所
出演:川崎敬三 苅田とよみ 八木沢敏 山形勲 南部彰三
スタンダード カラー 87分

城北天文台の小村芳雄博士から特ダネを引き出そうと雨の駅で列車を待っていた新聞記者の秀野は、偶然を装って傘を差し出すと小村行きつけの小料理屋・宇宙軒に向かった。秀野は女将との会話もそこそこに社から持ってきた第四版の新聞を取り出すと、また円盤が出ましたよと記事を示した。そこには「空飛ぶ円盤 東京にも出現!」という見出しが載っていた。最近、世界各地で円盤が目撃されており、日本各地でも頻繁に現れていたのだ。某国の新兵器とも考えられることから、それは一体何者なんですかと秀野は尋ねたが、学者は融通が利かないので例え九分がわかっていても一分がわからなければわからないのと同じだと小村は答えを濁した。その頃、天文台で星空を観測していた小村の助手の磯部徹は、複数の光体が複雑に乱舞する様子を目撃した。そのうちの一体が東京に飛来すると、宇宙軒の照明が一時的に明滅し、ラジオ放送は妨害電波によってかき乱された。店外へ出た秀野は、ラジオがおかしいのがこの店だけではないことを確認すると、故障したのはラジオ局の方ですねと言って食事を終えた小村を見送った。

小村が自宅に戻ると、徹が駆け込んできた。妨害電波は天文台にも影響を与えていたのだ。徹はあの光体が某国があげた人工衛星ではないかと考えていたが、静かに聞いていた小村はそれならば前もって通告があるはずだと打ち消した。続けて徹が世界中で起きている円盤騒動のことを口にすると、そういうことは科学者として言うべきではないと釘を刺した。すると「円盤だ!」という写真マニアの三吉の叫び声が聞こえたため驚いた小村の娘・多恵子が外へ飛び出すと夜空を光体が横切ったのだ。私が望遠鏡で見たものと同じですと庭から空を眺めながら徹が言うと、小村は隕石の類ではないことは確かだと動揺しながら答えた。彼は自分の目でそれをはっきりと見たことで、光体が円盤だという事実を否定出来なくなっていた。

翌日、徹はマスコミから取材攻勢を受けたが、天文台の立場として交代が円盤であるという明言を避けた。そして職責にかけて究明に当たっているので、いずれ遠からず科学者の立場からの発表が出来ると約束したが、期日を聞かれると口ごもった。研究室では世界各地での目撃情報が続々と入っており、小村は彼のいとこで物理学博士の松田英輔を呼び出すと円盤の実態を掴むための手段を相談した。その結果、松田の大学で気象観測の実験を行っているロケット隊を利用して写真撮影を行うことになった。だが現像された写真に光体の正体が写っておらず徒労に終わった。だが実験当夜に東京湾で怪物が目撃され、翌朝に岸壁を這い上がったような跡が見つかったことから、生物学博士で徹の父の直太郎は警視庁とともに調査を開始した。

屋台的映画館

浮かれ三度笠

  • posted at:2016-01-05
  • written by:砂月(すなつき)

うかれさんどがさ
大映(京都撮影所)
配給:大映
製作年:1959年
公開日:1959年12月6日 併映「闇を横切れ」12/12まで 「旅情」12/13から
監督:田中徳三
制作:三浦信夫
企画:辻久一
脚本:松村正温
撮影:武田千吉郎
録音:大谷巌
照明:斎藤良彰
美術:西岡善信
音楽:塚原哲夫
色彩技術:青柳寿博
編集:菅沼完二
装置:科田豊一
擬斗:宮内昌平
助監督:池広一夫
制作主任:黒田豊
現像:東洋現像所
出演:市川雷蔵 本郷功次郎 中村玉緒 宇治みさ子 左幸子
シネマスコープ カラー 99分

将軍職争いに敗れた尾張大納言宗春は、五日後に届くことになっている同心協力を成約した諸大名の連判状を心待ちにしていた。宗春は徳川幕府に対し謀反を起こそうとしていたのだ。尾張国に不穏な動きがあることを知った八代将軍徳川吉宗は大岡越前守忠相に相談を持ち掛けたが、未だ大名の名前を知るまでに至っていなかった。宗春の気持ちを和らげる方法はないかと頭を悩ませる吉宗は、甥の松平与一郎と宗春の息女菊姫を縁組させその仲人を引き受けることを忠相に提案した。翌日行われる縁談の話題は尾張藩江戸屋敷の腰元たちの間で持ち切りとなり、やがて菊姫の耳にも入った。松平伊勢守与一郎という男、大層粋な若様で浮いた稼業の女たちの間でも引く手あまたとのこと。父上と上様は仲が悪いんだから碌な人を紹介するはずがないと菊姫が言うと、腰元の渚も道楽者でいくじなし、おまけにお脳が弱いと散々な言い草だった。菊姫はそこへやってきた老家老の孫太夫に不承知だと伝えると、御家の安泰など知らぬと部屋を出て行き、追いかけて来る孫太夫を困らせるために廊下の下へ隠れた。姫を捜す孫太夫は家老此木大膳正と指南役の諸岡一角に挟まれ、諸岡によって斬られた。大膳にとって天下泰平を口にするものは全て逆臣だった。菊姫は二人が去ったのを確認し地面に落ちた孫太夫に駆け寄ると虫の息の彼から連判状を受け取った。それが意味することを知っていた菊姫は、宗春の心を変えるために渚とともに名古屋へ向かった。縁談当日、松平家に出向いた大膳は菊姫が出奔し行方が分からなくなっていることを説明したが、家老坂部監物はこの縁談に不満があることに対する言い訳だと考えていた。するとこちらでも与一郎が書置きを残して屋敷から出奔したことが監物の耳に入った。書置きには菊姫に受けた恥辱を刀にかけて晴らすが追手は無用と書いてあった。

大膳は内密に菊姫を捜し出す大役を若い楠見兵馬に託すことにした。だが兵馬は女の扱いが極めて不器用だからという理由で役目を断ろうとした。すると大膳はうっかり渚が落としたという兵馬にあてて書いた恋文を証拠として差し出し、不義が御家の御法度であることを盾に役目を押し付けたのだった。その頃、二人が行方知れずになったことを忠相から伝え聞いた吉宗は気を揉んでいた。尾張藩では頻りに浪人者を抱え、名古屋城を改築。謀反の噂は美濃三州一円にまで広がっていた。出奔と称した菊姫に連判状を託しているのではないかと考えた忠相は、その策略を潰すために隠密ふくろう組の権藤民部と黒手組の赤座道犬に追跡を命じた。街道の茶屋で兵馬がひと休みしていると、向かいに座る娘が何度も目配せをしてきた。無視を決め込んでいた彼もさすがに気になり、どうしていいかわからずにそわそわしていたが、やがて視線が自分にではなく左隣にいる色男に注がれていることに気付いた。その色男は遣らずの与三郎という渡世人だった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R