忍者ブログ

不良番長 出たとこ勝負

  • posted at:2019-07-12
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうでたとこしょうぶ
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1970年
公開日:1970年8月1日 併映「日本女侠伝 鉄火芸者」
監督:内藤誠
企画:吉田達 矢部恒
脚本:山本英明 松本功
撮影:中島芳男
録音:広上益弘
照明:元持秀雄
美術:中村修一郎
編集:長沢嘉樹
助監督:小平裕
擬斗:日尾孝司
進行主任:東一盛
装置:吉田喜義
装飾:上原光雄
記録:高津省子
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
協力:福島県 磐梯熱海温泉
出演:梅宮辰夫 谷隼人 渡瀬恒彦 山城新伍 大信田礼子
アメリカンビスタ カラー 87分

警視庁による新宿浄化運動で界隈愚連隊や全学連が目の敵にされる一方で大物暴力団は野放しにされていた。それをいいことに大滝組はカポネ団に対し活動の制限を強要をしたため、番長の神坂弘は団員たちとともに最後の勝負に出ることにした。深夜を待って殴り込みを掛けたのだが、多勢に無勢。行動は相手に読まれておりおとなしく退散するしかなかった。団員を食わせて行かなければならない神坂は大滝組の商売に干渉しない仕事を考え出した。それは高齢の男に若い女の子を紹介するお妾会社だった。まず最初に目をつけたのは土地成金のオヤジで、タニーとハクライ五郎はお金に目のない女の子を集めると突撃した。そして勤めていた特殊浴場が倒産し退職金代わりにもらってきた風俗嬢を月極20万円で置いて欲しいと頼み込むと、オヤジはお安い御用とばかりにタンスから札束を出してきたのだった。ところがその情報があっさりと大滝組に知られてしまい、女の子たちが取られたばかりでなくアパートまで追い出されたのだった。そんな中、大阪万博にアメリカの大富豪・ドッグフェラー三世がやってくるという記事が週刊誌に載っていたが、その写真がタニーにそっくりだったことから神坂は彼をダシにした儲けを企んだ。

ドッグフェラーの一団と称して福島県の磐梯熱海温泉に乗り込んだ神坂たちは、観光協会の会長に会い超一流の旅館を用意して欲しいと週刊誌を見せた。すると見事に騙された会長は温泉街全体で彼らを歓迎するとともに宴の場を用意したのだった。大胆なスケコマシ作戦を計画した神坂は翌日、ミスサウナをスカウトするためのコンテスト開催を市の観光課に相談したところ大磐梯タイムスという小さな新聞社を紹介された。五郎とともに訪れた神坂は何とか丸め込んで後援までこぎつけたのだが、ドッグフェラーが犯罪心理学の大家であることを知った地元の警察署長がやってきて講演を申し込みにきたのだ。タニーだけ特別扱いされていることに嫌気が差していた二人は面白がって引き受けることにした。いざ講演が始まるとつまらない話が長々と続き、しびれを切らした署長は日本語が不自由だからと途中で打ち切った。ホッと胸をなで下ろすタニーだったが、今度は得意の武道を見せて欲しいと言われて青ざめた。

ミス磐梯コンテストが開催され30人が選考に残ったが、神坂やタニーの御めがねに適う娘は一人もいなかった。そんな中、ジャブとバイキングが連れてきた娘に審査員の目が釘付けになり、満場一致で優勝した。入場料と参加費合わせて300万円の収益となり、会長はご満悦だった。神坂はその中から札束一つ渡してトンズラしようとしたのだが、テレビのニュースでアメリカへ旅立つ本物のドッグフェラー三世の様子が放映されたことで嘘がばれてしまった。金融業・旭商事の黒柳社長の要請でやってきた大滝組と鉢合わせした神坂たちは金を諦めて逃げることを選択した。

屋台的映画館
PR

不良番長 一獲千金

  • posted at:2019-06-02
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょういっかくせんきん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1970年
公開日:1970年4月18日 併映「博奕打ち 流れ者」
監督:野田幸男
企画:矢部恒 吉田達
脚本:山本英明 松本功
撮影:飯村雅彦
録音:内田陽造
照明:川崎保之丞
美術:藤田博
編集:田中修
助監督:深町秀熙
擬斗:日尾孝司
進行主任:坂上順
装置:石井正男
装飾:田島俊英
記録:高津省子
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
挿入歌:「ダイナマイト・ロック」梅宮辰夫
・・・:「その時わたしに何が起ったの」和田アキ子
出演:梅宮辰夫 谷隼人 夏珠美 大信田礼子 山城新伍
アメリカンビスタ カラー 87分

風俗嬢の桃代と恋仲になった神坂弘は彼女から預かった10万円を増やすためにタニーと高崎競馬場へ向かった。一獲千金を夢見る神坂は最後のレースに賭け、有り金全てを大穴の1-5に突っ込む指示したが、ここまで負け続けていることを不安視したタニーは自分を信じて1-4を買ったのだ。レースは1-5となり600万円に化けたと大喜びする神坂だったが、タニーが勝った馬券が紙屑同然であることがわかると激しく怒鳴りつけた。ひと騒動ありながらもバイクで何とか新宿までたどり着いた二人は桃代のアパートに転がり込んだのだった。当分世話になることが決まり神坂が桃代の疲れた指を揉んでいるとあるアイデアがひらめいた。それは風俗嬢相手に行う指マッサージだった。この珍商売は評判を呼んだが、ふらりとやってきたスタミナ五郎という変わり者がもっと儲かる話があると言ったため神坂たちは乗ることにした。五郎の大阪時代のダチ公が大宮で特殊浴場の支配人となったが人手不足で嘆いていた。そこで二人にスカウトマンとして人材を送り込んで欲しいというのだ。神坂たちはまず「キャバレー・金の城」の女子寮の前で白衣のマッサージ師の恰好で待ち、ホステスたちが戻ってきたのを見計らって片っ端から声を掛けた。同じ客商売なら土地成金がいくらでも金を落として行く大宮の方が断然儲かるという殺し文句になびいた10人のホステスの引き抜きに成功し、手数料の20万円を手にすることが出来た。だがその状況に黙っていなかったのは金の城を経営する大矢田組だった。幹部の勝又は彼らを事務所に連れ込むと制裁を加えたが、それを止めたのは神坂の少年院時代の親友・桐原重男だった。

桃代の部屋に空き巣として入ったことがきっかけでジャブとバイキングが仲間となり、カポネ団はいよいよ大所帯となった。そうなるとマッサージやスカウトだけではやって行けなくなり新たな商売に手を出さなければならなくなった。そんな矢先、MHK受信料の集金人とラーメン屋で相席になったことでアイデアが浮かんだ神坂は本物の集金人が現れる前に上前をはねる計画を立てた。ところが苦労した割には金にならず、更には相席の集金人・生活まで養わなければならなくなったことでこれまで以上に苦労する羽目になった。その頃、極東海運新報でカメラマンのアルバイトをしているブラン子は、社長の命令である家を張っていたが、退屈していた矢先にタニーと出会ったことで会社を辞める決心をした。早速会社へ向かったが、退職金として渡された金額があまりにも低かったため頭にきてテーブルに置いてあった封筒を勝手に持ち出した。その中に入っているカセットテープには東亜船舶と旭造船が絡む汚職の会話が録音されていた。

屋台的映画館

不良番長 王手飛車

  • posted at:2019-05-25
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうおうてびしゃ
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1970年
公開日:1970年1月9日 併映「日本女侠伝 真赤な度胸花」
監督:内藤誠
企画:吉田達 矢部恒
脚本:松本功 山本英明
撮影:星島一郎
録音:広上益弘
照明:大野忠三郎
美術:江野慎一
編集:長沢嘉樹
助監督:伊藤俊也
擬斗:日尾孝司
進行主任:清河朝友
装置:吉田喜義
装飾:佐藤善昭
記録:勝原繁子
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
挿入歌:「惚れちゃって燃えちゃって泣いちゃって」銀座ミユキ
出演:梅宮辰夫 谷隼人 榊原史子 夏珠美 山城新伍
アメリカンビスタ カラー 87分

神坂弘を頭とするカポネ団は「愛の星友の会」という結婚相談所を開設し荒稼ぎしようとした矢先に逮捕された。それから2年後、神坂はヌードスタジオをオープンさせ、タニーは白タクで稼ごうとしたがうまく行かず始終腹を空かせていた。このままではダメだと考えた神坂は昔の仲間を集めて再出発することに決めた。スタジオに元団員を集めると何をやったら儲かるかという話し合いを始めたが、一向に埒が明かなかった。そんな中、口を開いたのは金はあるが行く当てない常連客の教授だった。彼は世界中で流行している経営コンサルタントに目をつけ、資本がいらないその職業を提案した。するとその案はあっさりと受理され、東亜開発から早速依頼を受けたのだった。ノウハウを知らない神坂だったが、彼や教授が行う口八丁のセミナーは評判を呼び、業績が向上したことで社長の大崎武人は世界経営研究所と長期の契約を結んだのだ。報酬を受け取るために社長室へ呼ばれた神坂はそこで旧友の滝川雄平と6年ぶりに再会した。滝川は社長として小さな建設会社を切り盛りしていたが、それを良しとしないのは大門組だった。

滝川建設は東亜開発からマンション建設の発注を受けたが、まず住民の立ち退きという問題を解決しなければならなかった。大崎から金銭を受け取っている滝川は住民の土地を安く買い叩かなければならなかった。何故なら東亜開発が買い取ったその土地の差額を大崎が懐に入れていたからだ。滝川は泥を被る形になったが、3分の1のマージンがもらえることと会社が大きくなるための絶好のチャンスだと思って我慢した。だが立ち退きは一向に進まず悩んでいたところに神坂が現れたことで相談すると、俺に任せろと神坂は胸を叩いた。彼らにとって難敵だったのは印刷工場の女主人・飯塚秋子と工員の桜井保だった。神坂は研究所の事務所として使いたいから土地を譲って欲しい願い出たが、彼が滝川建設の回し者と疑う秋子は信用せずきっぱりと断った。作戦の変更を余儀なくされた神坂が飯塚印刷所の経営状態を調べてみたところ、滝川建設から200万円の手形を借金の形に取られていることがわかった。ここが攻め所だと考えた彼は秋子を喫茶店に呼び出し、経営コンサルタントとして力になると約束した。だがそれが体目当ての嘘だとわかり秋子が毅然とした態度を取ったため、神坂は彼女に惚れ込みペースに飲まれたのだった。

神坂は日頃お世話になっているからと大崎を招待し宴会を開いた。だが翌日、二人のヤクザ者が東亜開発を訪れ、芸者と一夜をともにした彼の写真をネタに強請ってきたのだ。神坂は仲介に入り後々厄介なことになるからと300万円を支払わせることにしたが、それは全て彼が仕組んだ芝居だった。神坂から200万円を受け取った秋子は取り立てにきた滝川にそれを差し出したが、金の出処がわかった滝川は神坂から裏切られたことを知った。

屋台的映画館

不良番長 どぶ鼠作戦

  • posted at:2019-05-10
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうとぶねずみさくせん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1969年
公開日:1969年10月15日 併映「日本暗殺秘録」
監督:野田幸男
企画:矢部恒 吉田達
脚本:山本英明 松本功
撮影:星島一郎
録音:広上益弘
照明:川崎保之丞
美術:中村修一郎
編集:田中修
助監督:岡本明久
擬斗:日尾孝司
進行主任:清河朝友
装置:松野太三郎
装飾:田島俊英
記録:山之内康代
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
出演:梅宮辰夫 谷隼人 賀川雪絵 南弘子 山城新伍
アメリカンビスタ カラー 88分

神坂弘を番長とする「カポネ団」は新宿を追われて大阪・釜ヶ崎に流れてきた。だが神坂とバイキングは大事なバイクをバラされ、タニーとジャブは飲み屋でボラレて代金代わりに血を抜かれた上に身包みまで剥された。とても大阪では生き抜けないと感じたバイキングはタニーらとともに東京へ帰ろうと考えたが、神坂は関東のどぶ鼠根性で稼ぎまくるつもりでいた。彼が考え出したその商売とはインチキなまむしドリンクの街頭販売だったが、関西で一、二を争う愚連隊・ヤリフリ団の幹部・マイトに目をつけられてしまった。四対一なら勝てると踏んだ神坂たちはマイトを懲らしめようとしたが、そこに現れた団長の峰隆三の提案でサシで落とし前をつけることになった。ところが騒動を聞きつけた警官によって中断され、結局は和解に至った。峰は警官をおちょくった神坂の度胸に脱帽し、神坂も一歩も引かなかった峰を認めたのだった。

神坂が次に思いついた商売は峰と組んだお座敷ストリップだった。思った以上に儲かったため手を広げようと考えていた矢先に乗り込んできたのは関西挺身会の大東組だった。縄張りを荒らしたと主張する幹部の五十嵐敏に対し、うちは劇場の商売を邪魔しているわけではないと峰は説明した。そこにいつまでやっているんだと組長の大東一行がやってくると、どぶ鼠なんて目もくれないのが貫録ってもんでしょうと神坂はおどけた。そして穏便に済ますために縄張りから出て行くことを約束するとようやく解放された。その夜、神坂は男前のタニーをダシにして天王寺公園でストリッパーのスカウトを行っていたが、そこで奇妙な男に出会った。その男は河内一の金看板、山高組で代貸をやっている猪叉大八で、金を持って大東劇場に行きストリッパーの引き抜きを行おうとしたことが原因で大東組に追われているというのだ。面倒なことに巻き込まれたくない神坂は無視しようと決めたが、他人事には思えないとバイキングが言ったことで仕方なく匿うことにした。ところが大東組にそのことがあっさりとバレてしまい、責任を感じた峰が呼び出しに応じたのだった。救出に向かった神坂たちだったが、一足遅く峰は斬られた後だった。幹部の五十嵐敏と睨み合いを続けていると奥の部屋から会長の川島精之助が現れたことで、ダチをこんな目に遭わされたんじゃ黙っちゃいないと抗議した。すると川島が仲良くやれと一笑にふしたため神坂は峰を連れ帰ることが出来たのだった。

病床の峰は大東組と昔からいがみ合っていることを告白し、迷惑を掛けたことを詫びた。神坂は特に何とも思っていなかったが、これ以上留まれば逆に迷惑を掛けてしまうことを気にしていた。そこで彼はタニーたちと相談して河内へ行くことに決めた。

屋台的映画館

不良番長 送り狼

  • posted at:2019-04-16
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうおくりおおかみ
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1969年
公開日:1969年7月31日 併映「日本女侠伝 侠客芸者」
監督:内藤誠
企画:吉田達 矢部恒
脚本:松本功 山本英明
撮影:星島一郎
録音:小松忠之
照明:元持秀雄
美術:藤田博
編集:長沢嘉樹
助監督:三堀篤
擬斗:日尾孝司
進行主任:伊藤源郎
装置:石井正男
装飾:上原光雄
記録:宮本衣子
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
出演:梅宮辰夫 谷隼人 赤座美代子 夏珠美 山城新伍
アメリカンビスタ カラー 90分

新宿を根城にして活動する不良グループ・カポネ団。金儲けのためなら何にでも挑戦する神坂弘は、今度はアカツキ・クラブという名のデートクラブの経営に乗り出した。事務所は神坂の愛人・清子が経営する美容室の二階にあり、電話が掛かればそのカードに書かれたナンバーにデート嬢を派遣するのだ。ジャブと三平は停まっている車や公衆電話に電話番号が書かれたカードを手当たり次第に貼りつけた。すると程なくして電話が掛かり、ジャブとバイキングはトン子を紳士のもとへ送り届けたが、売春防止法を逆手に取り金だけもらってトンズラした。ところがその様子を一部始終見ていた男がいた。夜遅くアカツキ・クラブに乗り込んできたのは紅バラ会の会長・大森あいだった。彼女は戦前から30年間玉の井一筋でやってきたその道のプロで、やらずぶったくりの詐欺を働く神坂を激しく糾弾した。神坂は営業妨害とジャブたちの治療費を合わせた50万円を要求したが、あいはそれを軽く往なした。

あいに対抗するためにカポネ団が取った手段は、彼女の娘・桂子を誘拐することだった。神坂の目論見通り紅バラ会の事務所から出てきたところを拉致しアカツキ・クラブへ連れてきたまではよかったが、脅しの電話を掛けてもあいは全く動じず高笑いした。母親の性格を知り抜いている桂子は、私より商売物の女の方がかわいいのよと呆れる神坂らの前でそう言い、どうやら用済みねとおどけて封筒を渡した。中には彼女が経営するゴーゴークラブ・シャングリラの優待券が入っており、お暇ならきてよねと言って桂子は去って行った。狐につままれたような気分になった神坂たちはシャングリラで「番長シャロック」を歌って憂さを晴らした。だが関東挺心会会長の川島安三郎が出入りしていることがわかると波風を立てないように心掛けた。

美容室の電話が繋がらなくなり、電電公社の職員はその原因が公衆電話を長時間占拠する女のせいであることを突き止めた。彼に同行していたタニーはそれが紅バラ会のコールガールであることがわかると懲らしめてやろうとした。だが彼女が首から下げている十字架のネックレスに気づきこれをどうしたのかと尋ねた。それは立川の孤児院で育った彼女を実の妹のようにかわいがった少年からもらったもので、それ以来外したことがなかったのだ。タニーはその少年が自分であり彼女がユキだということがわかったが、そのことを伝えることは出来なかった。その頃、あいへの復讐を考えていた神坂はトン子たちを紅バラ会のコールガールと称して問題を起こさせた。警察が出動する中、タニーはユキを事務所に戻らせないようにして商売から足を洗うよう説得した。やがて彼があのときの少年だと気づいたユキは思い出話に花を咲かせたが、フーテンをしていたときに拾ってもらった恩義があるため、あいを裏切ってまでして商売替えをすることは考えていなかった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R