忍者ブログ

不良番長 やらずぶったくり

  • posted at:2019-09-17
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうやらずぶったくり
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1971年
公開日:1971年7月31日 併映「女渡世人 おたの申します」
監督:野田幸男
企画:矢部恒
脚本:山本英明 松本功
撮影:稲田喜一
録音:内田陽造
照明:銀屋謙蔵
美術:江野慎一
編集:田中修
助監督:岡本明久
擬斗:日尾孝司
進行主任:松本可則
装置:根上徳一
装飾:酒井喬二
記録:高津省子
美粧:井上守
美容:花沢久子
衣裳:長谷稔
演技事務:佐々木一朗
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
挿入歌:「ダイナマイト・ロック」梅宮辰夫
協力:南房白浜海岸 グランドホテル太陽
出演:梅宮辰夫 渡瀬恒彦 山城新伍 一ノ瀬レナ 渡辺やよい
アメリカンビスタ カラー 89分

東新宿警察署の派出所跡地を根城とする神坂弘とカポネ団は、間違って助けを求めて飛び込んできたウナギも巻き込んで新たな商売に打って出た。それはお嬢様学校の聖学修院女子高校の前に献血運動のテントを張り、清純な乙女からいただいた大量の血液を血液銀行に売って一儲けしようと考えたのだ。一人分を千円として一日百人で十万円。そうなればひと月の売り上げは三百万円にも上るのだ。ところが最初にきた二人にうち一人からワッセルマン反応、つまり梅毒が、そしてもう一人からは淋病の陽性反応が出たのだ。計画が頓挫し途方に暮れる神坂が跡地の前でうろついていると、ひとりの女性が彼を警官と間違えて繊維会館へ行く道を訪ねてきた。これはチャンスとばかりに建物へ誘いこもうとしたが、そこに声を掛けてきたのはネリカン仲間の伊吹信次だった。伊吹の村では今年から遠洋漁業に出ることになり、その手続きのために東京にでてきた。その際、街を案内してもらうためにいとこの鮎子と待ち合わせをしていたのだ。伊吹は一緒に行かないかとカポネ団に声を掛けたが、操業で朝晩ない生活を2週間も送らなければならないことがわかると皆辞退した。

何か儲かる商売はないかと思案する神坂だったが、やる事なす事大失敗。結局は得意なスケコマシで勝負することにした。神坂は新たな商売として全トル連なる団体を設立し風俗嬢の引き抜きを行おうとしたのだが、同業者のこまし屋五郎に見つかった。ところが口八丁で手を組む運びとなり、五郎が率いるずべ公軍団・七色会までも仲間に引き入れた。とんとん拍子に話がうまく行くはずが、今度は暴力団・花岡組に目をつけられ特殊浴場に出入り出来なくなってしまった。それでもめげない神坂は派遣型女性専用風俗を考案。これが珍しさも相俟って大評判を呼び、電話のベルが鳴り止まないほどの繁盛をした。その状況に黙っていられないのが花岡組で、神坂たちは痛い目に遭った上に新宿を追放された。行き場所のないカポネ団は南房総に向かい、成り行きで手に入れた山ほどマグロの缶詰を叩き売って一儲けしようと企んだ。ところが立花水産が製造したその缶詰は工程中に有機水銀が混入したことで出荷停止になっており、パトロール中の警官から職務質問をされたことで神坂たちは初めてそのことを知ったのだった。

伊吹を訪ねて漁村にたどり着くと、そこで鮎子と再会した。彼女の父・浜田徳兵衛はかつて網元として働いていたが、立花水産の缶詰工場が廃液を垂れ流したことで近海での操業が出来なくなった。補償一時金を手に入れた村民が次々と廃業する中、伊吹は遠洋で操業する道を選んだのだった。一方、金持ちの村民に目をつけた神坂は七色会を呼び寄せてひと商売することにした。

屋台的映画館
PR

不良番長 口から出まかせ

  • posted at:2019-08-20
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうくちからでまかせ
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1970年
公開日:1970年12月30日 併映「新網走番外地 吹雪のはぐれ狼」
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:山本英明 松本功
撮影:稲田喜一
録音:井上賢三
照明:大野忠三郎
美術:江野慎一
編集:田中修
助監督:三堀篤
擬斗:日尾孝司
進行主任:坂本年文
装置:吉田喜義
装飾:田島俊英
記録:勝原繁子
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
挿入歌:「ダイナマイト・ロック」梅宮辰夫
出演:梅宮辰夫 山城新伍 大信田礼子 安部徹 由利徹
アメリカンビスタ カラー 86分

日本を出航して2年と3ヶ月。一獲千金を夢見て筏で太平洋横断を試みたカポネ団(神坂弘、五郎、ジャブ、アパッチ)はついに陸地を発見した。アメリカに上陸して石油を掘りまくり億万長者となって日本に凱旋することが彼らの夢だったが、到着したのは八ッ浜村という大阪の漁村だった。ショックを受けた4人だったが、この村の男たちは遠洋漁業で出払っており、残っているのが海女だけだと知るとすぐに立ち直った。村長のお浜は歓迎の式典を開き熱烈な歓迎をしたが、そこに大阪の愚連隊・ジャンボ団が乗り込んできたことで話がややこしくなった。そこで神坂は、ここにいる女たちを掻っ攫ってヌーディストクラブを始めれば儲かること間違いなしと甘い言葉で誘って手を組むことに成功した。

ジャンボ団の拠点がある大阪・釜ヶ崎に移動した神坂たちは、映画スターになれると騙して連れてきた八ッ浜村の女たちを利用してヌーディストクラブとは名ばかりの会員制売春クラブを始めた。入会金5万円で遊び放題という噂が流れた(流した)ことで評判が評判を呼び大盛況となった。そんな中、ジャンボ団の番長・エースの鉄は神坂の鼻を明かすために仲間と空港で待ち伏せして令嬢を誘拐してきた。警察から睨まれるのを避けたい神坂と彼の態度が気に食わない鉄。言い争う二人の間に割って入ったのは、誘拐された張本人の立川マリ子だった。マリ子は江藤製薬社長の娘でパリの旅行から帰ってきたばかりだった。刺激的なことが大好きな彼女は、そのまま誘拐されたことにして身代金を要求して欲しいと神坂に頼んだのだった。金に目がない神坂は五郎を引き連れて社長室に乗り込み、知り合いの凶暴な連中に100万円を、そして悪の組織から助け出す自分たちに手数料として50万円を要求した。ところが社長の立川啓之助がいっそ君の嫁にもらってくれんかねと言い出したため神坂は面食らった。わがまま娘に手を焼いているため1千万円つけてもいいというのだ。いびつな家庭環境に呆れた神坂たちはクラブに戻ることにしたのだが、今度は鉄が真のリーダーを決めようと言い出したのだった。勝負は神坂が圧勝しジャンボ団が出て行ったことで一件落着したかに見えたが、今度はお浜が乗り込んできた。ホワイトカラーとつき合っているいう娘のワカメからの手紙をもらった彼女はこっそり様子を見にきたのだが、話が違うことで愕然としたのだった。お浜は慰謝料と称して神坂の財布から札束を抜き取り男衆が帰ってきていることを伝えると、女たちは皆クラブを後にしたのだった。おまけにジャンボ団から金庫を荒らされ全てを失ったカポネ団は失意のどん底に突き落とされた。そんな彼らを勇気づけるために、まだ金づるが残っているじゃないのとマリ子は言った。

屋台的映画館

不良番長 暴走バギー団

  • posted at:2019-08-09
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうぼうそうばぎーだん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1970年
公開日:1970年10月29日 併映「最後の特攻隊」
監督:内藤誠
企画:矢部恒 吉田達
脚本:松本功 山本英明
撮影:山沢義一
録音:内田陽造
照明:川崎保之丞
美術:北川弘
編集:田中修
助監督:岡本明久
擬斗:日尾孝司
進行主任:松本可則
装置:吉田喜義
装飾:佐藤善昭
記録:勝原繁子
現像:東映化学
音楽:河辺公一
主題歌:「ダイナマイト・ロック」梅宮辰夫
挿入歌:「ウッシッシッ節」梅宮辰夫
協力:福島県 磐梯熱海温泉
出演:梅宮辰夫 谷隼人 山城新伍 鈴木やすし カルーセル麻紀
アメリカンビスタ カラー 84分

デパート集団万引き事件の犯人と間違えられて逮捕されたカポネ団の面々。ホンボシが捕まったことで無罪放免となった彼らはアパッチやニューハーフのマキを巻き込んで新しい商売を始めた。歩行者天国に店を広げた番長の神坂弘が売り出したのはカメマーラというインチキ精力剤だった。ところが一帯を仕切る挺心会に早々に目をつけられたため大事になる前に逃げ出した。逃走中にアパッチがダンプに撥ねられて失神。神坂たちは川島陸運に乗り込んで示談金をせびり取ろうとしたが、社長の方が一枚上手だった。迷惑しているのはこっちの方だと逆ギレし、警察に突き出すなりして好きなようにしろと運転手を突き出したのだ。そんな彼(サミー)を可哀想に思った神坂は仲間に入れた。

神坂がサミーをヒントにして思いついた次の商売は「当てられ屋」だった。後続車が接近してきたと見るや急ブレーキを踏み、追突事故を起こさせて補償金をせしめようという魂胆だ。ところが、警視総監がパリ留学時代の御学友だと相手のオヤジが言い始めたためヤバいと思い神坂たちは引き下がることにした。ところがそのオヤジが女子高校の教師であり、しかも助手席に乗せていたのが若い愛人であることがわかるとカポネ団は大日本むち打ち協会と称して学校に乗り込んだ。そして妾とのアベック衝突は言い記事になると毎朝タイムスの記者と偽ったタニーが追い打ちを掛けると教師は観念して示談に応じた。半年分の給料をもらう約束をした神崎たちだったが、勝手に住み込んでいたモデルハウスがいつの間にか移転していたため根城を失った。そうなると答えは一つだ。むち打ちと偽って高級病院に入院すれば敷金なしで三食つき。そして積もり積もればホテルだって手に入るのだ。タニーはマキ、オシャカの五郎と組んでひと山当てようと企み後続のベンツを狙った。ところがタニーと五郎は本当に首を痛めて入院することになったのだ。補償金をガッポリとせしめる気でいた神坂はジャブを引き連れて金融業を営む二階堂修造の自宅に乗り込んだが、部屋の奥から出てきたのは挺心会の会長で修造の弟の泰造だった。雲行きが怪しくなり身の危険を感じた神崎たちは咄嗟に退散した。

タニーたちの看病と称して居座ろうとした病院を追い出され行くところのない神崎たちはサミーのおばさんの家で世話になることになった。そこにはサミーの妹・京子も住んでいたが、彼女は一年前に遭った交通事故の影響で両目の視力が低下していた。方々の病院を回ったが効果は見られなかった。自分たちのせいでサミーの退職金が値切られたことを申し訳なく感じていた神崎たちは、きれいな金で彼女の目を治してやろうと団結した。

屋台的映画館

不良番長 出たとこ勝負

  • posted at:2019-07-12
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうでたとこしょうぶ
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1970年
公開日:1970年8月1日 併映「日本女侠伝 鉄火芸者」
監督:内藤誠
企画:吉田達 矢部恒
脚本:山本英明 松本功
撮影:中島芳男
録音:広上益弘
照明:元持秀雄
美術:中村修一郎
編集:長沢嘉樹
助監督:小平裕
擬斗:日尾孝司
進行主任:東一盛
装置:吉田喜義
装飾:上原光雄
記録:高津省子
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
協力:福島県 磐梯熱海温泉
出演:梅宮辰夫 谷隼人 渡瀬恒彦 山城新伍 大信田礼子
アメリカンビスタ カラー 87分

警視庁による新宿浄化運動で界隈愚連隊や全学連が目の敵にされる一方で大物暴力団は野放しにされていた。それをいいことに大滝組はカポネ団に対し活動の制限を強要をしたため、番長の神坂弘は団員たちとともに最後の勝負に出ることにした。深夜を待って殴り込みを掛けたのだが、多勢に無勢。行動は相手に読まれておりおとなしく退散するしかなかった。団員を食わせて行かなければならない神坂は大滝組の商売に干渉しない仕事を考え出した。それは高齢の男に若い女の子を紹介するお妾会社だった。まず最初に目をつけたのは土地成金のオヤジで、タニーとハクライ五郎はお金に目のない女の子を集めると突撃した。そして勤めていた特殊浴場が倒産し退職金代わりにもらってきた風俗嬢を月極20万円で置いて欲しいと頼み込むと、オヤジはお安い御用とばかりにタンスから札束を出してきたのだった。ところがその情報があっさりと大滝組に知られてしまい、女の子たちが取られたばかりでなくアパートまで追い出されたのだった。そんな中、大阪万博にアメリカの大富豪・ドッグフェラー三世がやってくるという記事が週刊誌に載っていたが、その写真がタニーにそっくりだったことから神坂は彼をダシにした儲けを企んだ。

ドッグフェラーの一団と称して福島県の磐梯熱海温泉に乗り込んだ神坂たちは、観光協会の会長に会い超一流の旅館を用意して欲しいと週刊誌を見せた。すると見事に騙された会長は温泉街全体で彼らを歓迎するとともに宴の場を用意したのだった。大胆なスケコマシ作戦を計画した神坂は翌日、ミスサウナをスカウトするためのコンテスト開催を市の観光課に相談したところ大磐梯タイムスという小さな新聞社を紹介された。五郎とともに訪れた神坂は何とか丸め込んで後援までこぎつけたのだが、ドッグフェラーが犯罪心理学の大家であることを知った地元の警察署長がやってきて講演を申し込みにきたのだ。タニーだけ特別扱いされていることに嫌気が差していた二人は面白がって引き受けることにした。いざ講演が始まるとつまらない話が長々と続き、しびれを切らした署長は日本語が不自由だからと途中で打ち切った。ホッと胸をなで下ろすタニーだったが、今度は得意の武道を見せて欲しいと言われて青ざめた。

ミス磐梯コンテストが開催され30人が選考に残ったが、神坂やタニーの御めがねに適う娘は一人もいなかった。そんな中、ジャブとバイキングが連れてきた娘に審査員の目が釘付けになり、満場一致で優勝した。入場料と参加費合わせて300万円の収益となり、会長はご満悦だった。神坂はその中から札束一つ渡してトンズラしようとしたのだが、テレビのニュースでアメリカへ旅立つ本物のドッグフェラー三世の様子が放映されたことで嘘がばれてしまった。金融業・旭商事の黒柳社長の要請でやってきた大滝組と鉢合わせした神坂たちは金を諦めて逃げることを選択した。

屋台的映画館

不良番長 一獲千金

  • posted at:2019-06-02
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょういっかくせんきん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1970年
公開日:1970年4月18日 併映「博奕打ち 流れ者」
監督:野田幸男
企画:矢部恒 吉田達
脚本:山本英明 松本功
撮影:飯村雅彦
録音:内田陽造
照明:川崎保之丞
美術:藤田博
編集:田中修
助監督:深町秀熙
擬斗:日尾孝司
進行主任:坂上順
装置:石井正男
装飾:田島俊英
記録:高津省子
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
挿入歌:「ダイナマイト・ロック」梅宮辰夫
・・・:「その時わたしに何が起ったの」和田アキ子
出演:梅宮辰夫 谷隼人 夏珠美 大信田礼子 山城新伍
アメリカンビスタ カラー 87分

風俗嬢の桃代と恋仲になった神坂弘は彼女から預かった10万円を増やすためにタニーと高崎競馬場へ向かった。一獲千金を夢見る神坂は最後のレースに賭け、有り金全てを大穴の1-5に突っ込む指示したが、ここまで負け続けていることを不安視したタニーは自分を信じて1-4を買ったのだ。レースは1-5となり600万円に化けたと大喜びする神坂だったが、タニーが勝った馬券が紙屑同然であることがわかると激しく怒鳴りつけた。ひと騒動ありながらもバイクで何とか新宿までたどり着いた二人は桃代のアパートに転がり込んだのだった。当分世話になることが決まり神坂が桃代の疲れた指を揉んでいるとあるアイデアがひらめいた。それは風俗嬢相手に行う指マッサージだった。この珍商売は評判を呼んだが、ふらりとやってきたスタミナ五郎という変わり者がもっと儲かる話があると言ったため神坂たちは乗ることにした。五郎の大阪時代のダチ公が大宮で特殊浴場の支配人となったが人手不足で嘆いていた。そこで二人にスカウトマンとして人材を送り込んで欲しいというのだ。神坂たちはまず「キャバレー・金の城」の女子寮の前で白衣のマッサージ師の恰好で待ち、ホステスたちが戻ってきたのを見計らって片っ端から声を掛けた。同じ客商売なら土地成金がいくらでも金を落として行く大宮の方が断然儲かるという殺し文句になびいた10人のホステスの引き抜きに成功し、手数料の20万円を手にすることが出来た。だがその状況に黙っていなかったのは金の城を経営する大矢田組だった。幹部の勝又は彼らを事務所に連れ込むと制裁を加えたが、それを止めたのは神坂の少年院時代の親友・桐原重男だった。

桃代の部屋に空き巣として入ったことがきっかけでジャブとバイキングが仲間となり、カポネ団はいよいよ大所帯となった。そうなるとマッサージやスカウトだけではやって行けなくなり新たな商売に手を出さなければならなくなった。そんな矢先、MHK受信料の集金人とラーメン屋で相席になったことでアイデアが浮かんだ神坂は本物の集金人が現れる前に上前をはねる計画を立てた。ところが苦労した割には金にならず、更には相席の集金人・生活まで養わなければならなくなったことでこれまで以上に苦労する羽目になった。その頃、極東海運新報でカメラマンのアルバイトをしているブラン子は、社長の命令である家を張っていたが、退屈していた矢先にタニーと出会ったことで会社を辞める決心をした。早速会社へ向かったが、退職金として渡された金額があまりにも低かったため頭にきてテーブルに置いてあった封筒を勝手に持ち出した。その中に入っているカセットテープには東亜船舶と旭造船が絡む汚職の会話が録音されていた。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R