忍者ブログ

不良番長 どぶ鼠作戦

  • posted at:2019-05-10
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうとぶねずみさくせん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1969年
公開日:1969年10月15日 併映「日本暗殺秘録」
監督:野田幸男
企画:矢部恒 吉田達
脚本:山本英明 松本功
撮影:星島一郎
録音:広上益弘
照明:川崎保之丞
美術:中村修一郎
編集:田中修
助監督:岡本明久
擬斗:日尾孝司
進行主任:清河朝友
装置:松野太三郎
装飾:田島俊英
記録:山之内康代
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
出演:梅宮辰夫 谷隼人 賀川雪絵 南弘子 山城新伍
アメリカンビスタ カラー 88分

神坂弘を番長とする「カポネ団」は新宿を追われて大阪・釜ヶ崎に流れてきた。だが神坂とバイキングは大事なバイクをバラされ、タニーとジャブは飲み屋でボラレて代金代わりに血を抜かれた上に身包みまで剥された。とても大阪では生き抜けないと感じたバイキングはタニーらとともに東京へ帰ろうと考えたが、神坂は関東のどぶ鼠根性で稼ぎまくるつもりでいた。彼が考え出したその商売とはインチキなまむしドリンクの街頭販売だったが、関西で一、二を争う愚連隊・ヤリフリ団の幹部・マイトに目をつけられてしまった。四対一なら勝てると踏んだ神坂たちはマイトを懲らしめようとしたが、そこに現れた団長の峰隆三の提案でサシで落とし前をつけることになった。ところが騒動を聞きつけた警官によって中断され、結局は和解に至った。峰は警官をおちょくった神坂の度胸に脱帽し、神坂も一歩も引かなかった峰を認めたのだった。

神坂が次に思いついた商売は峰と組んだお座敷ストリップだった。思った以上に儲かったため手を広げようと考えていた矢先に乗り込んできたのは関西挺身会の大東組だった。縄張りを荒らしたと主張する幹部の五十嵐敏に対し、うちは劇場の商売を邪魔しているわけではないと峰は説明した。そこにいつまでやっているんだと組長の大東一行がやってくると、どぶ鼠なんて目もくれないのが貫録ってもんでしょうと神坂はおどけた。そして穏便に済ますために縄張りから出て行くことを約束するとようやく解放された。その夜、神坂は男前のタニーをダシにして天王寺公園でストリッパーのスカウトを行っていたが、そこで奇妙な男に出会った。その男は河内一の金看板、山高組で代貸をやっている猪叉大八で、金を持って大東劇場に行きストリッパーの引き抜きを行おうとしたことが原因で大東組に追われているというのだ。面倒なことに巻き込まれたくない神坂は無視しようと決めたが、他人事には思えないとバイキングが言ったことで仕方なく匿うことにした。ところが大東組にそのことがあっさりとバレてしまい、責任を感じた峰が呼び出しに応じたのだった。救出に向かった神坂たちだったが、一足遅く峰は斬られた後だった。幹部の五十嵐敏と睨み合いを続けていると奥の部屋から会長の川島精之助が現れたことで、ダチをこんな目に遭わされたんじゃ黙っちゃいないと抗議した。すると川島が仲良くやれと一笑にふしたため神坂は峰を連れ帰ることが出来たのだった。

病床の峰は大東組と昔からいがみ合っていることを告白し、迷惑を掛けたことを詫びた。神坂は特に何とも思っていなかったが、これ以上留まれば逆に迷惑を掛けてしまうことを気にしていた。そこで彼はタニーたちと相談して河内へ行くことに決めた。

屋台的映画館
PR

不良番長 送り狼

  • posted at:2019-04-16
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうおくりおおかみ
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1969年
公開日:1969年7月31日 併映「日本女侠伝 侠客芸者」
監督:内藤誠
企画:吉田達 矢部恒
脚本:松本功 山本英明
撮影:星島一郎
録音:小松忠之
照明:元持秀雄
美術:藤田博
編集:長沢嘉樹
助監督:三堀篤
擬斗:日尾孝司
進行主任:伊藤源郎
装置:石井正男
装飾:上原光雄
記録:宮本衣子
現像:東映化学
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
出演:梅宮辰夫 谷隼人 赤座美代子 夏珠美 山城新伍
アメリカンビスタ カラー 90分

新宿を根城にして活動する不良グループ・カポネ団。金儲けのためなら何にでも挑戦する神坂弘は、今度はアカツキ・クラブという名のデートクラブの経営に乗り出した。事務所は神坂の愛人・清子が経営する美容室の二階にあり、電話が掛かればそのカードに書かれたナンバーにデート嬢を派遣するのだ。ジャブと三平は停まっている車や公衆電話に電話番号が書かれたカードを手当たり次第に貼りつけた。すると程なくして電話が掛かり、ジャブとバイキングはトン子を紳士のもとへ送り届けたが、売春防止法を逆手に取り金だけもらってトンズラした。ところがその様子を一部始終見ていた男がいた。夜遅くアカツキ・クラブに乗り込んできたのは紅バラ会の会長・大森あいだった。彼女は戦前から30年間玉の井一筋でやってきたその道のプロで、やらずぶったくりの詐欺を働く神坂を激しく糾弾した。神坂は営業妨害とジャブたちの治療費を合わせた50万円を要求したが、あいはそれを軽く往なした。

あいに対抗するためにカポネ団が取った手段は、彼女の娘・桂子を誘拐することだった。神坂の目論見通り紅バラ会の事務所から出てきたところを拉致しアカツキ・クラブへ連れてきたまではよかったが、脅しの電話を掛けてもあいは全く動じず高笑いした。母親の性格を知り抜いている桂子は、私より商売物の女の方がかわいいのよと呆れる神坂らの前でそう言い、どうやら用済みねとおどけて封筒を渡した。中には彼女が経営するゴーゴークラブ・シャングリラの優待券が入っており、お暇ならきてよねと言って桂子は去って行った。狐につままれたような気分になった神坂たちはシャングリラで「番長シャロック」を歌って憂さを晴らした。だが関東挺心会会長の川島安三郎が出入りしていることがわかると波風を立てないように心掛けた。

美容室の電話が繋がらなくなり、電電公社の職員はその原因が公衆電話を長時間占拠する女のせいであることを突き止めた。彼に同行していたタニーはそれが紅バラ会のコールガールであることがわかると懲らしめてやろうとした。だが彼女が首から下げている十字架のネックレスに気づきこれをどうしたのかと尋ねた。それは立川の孤児院で育った彼女を実の妹のようにかわいがった少年からもらったもので、それ以来外したことがなかったのだ。タニーはその少年が自分であり彼女がユキだということがわかったが、そのことを伝えることは出来なかった。その頃、あいへの復讐を考えていた神坂はトン子たちを紅バラ会のコールガールと称して問題を起こさせた。警察が出動する中、タニーはユキを事務所に戻らせないようにして商売から足を洗うよう説得した。やがて彼があのときの少年だと気づいたユキは思い出話に花を咲かせたが、フーテンをしていたときに拾ってもらった恩義があるため、あいを裏切ってまでして商売替えをすることは考えていなかった。

屋台的映画館

不良番長 練鑑ブルース

  • posted at:2019-04-09
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうねりかんぶるーす
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1969年
公開日:1969年6月14日 併映「極悪坊主 念仏人斬り旅」
監督:野田幸男
企画:矢部恒 吉田達
脚本:山本英明 松本功
撮影:星島一郎
録音:小松忠之
照明:元持秀雄
美術:藤田博
編集:田中修
助監督:伊藤俊也
擬斗:日尾孝司
進行主任:伊藤源郎
装置:吉田喜義
装飾:田島俊英
記録:宮本衣子
現像:東映化学工業株式会社
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
出演:梅宮辰夫 谷隼人 夏圭子 夏珠美 鈴木やすし
シネマスコープ カラー 89分

詐欺、婦女誘拐・暴行、窃盗の罪で練馬鑑別所へ5回、少年刑務所へ2回送られた神坂弘は、練鑑出身者を集めてカポネ団を結成し番長として歌舞伎町界隈を縄張りにし競輪のノミ屋とバーの借金取り立てをシノギとしている。彼らと敵対するのは新宿桜吹雪団の団長・梶木征一で、頭に血が上ると何を仕出かすかわからない厄介者だった。梶木は団員を引き連れてノミ屋の店に手薄な昼間を狙って乗り込み売り上げ金を巻き上げようと企んだが、神坂らによって阻止された。

ジャブとバイキングがいつものように競輪場でノミ行為を行っていると、菊地石松という何処か抜けた極道者が売り上げを渡せと言ってきた。いてまうぞとナイフをチラつかせる石松にやれるものならやってみいと凄むジャブだったが、本当に刺されたのだった。そのことに一番驚いたのは石松で、慌てて病院に担ぎ込むと素早く入院の手続きを取ったのだった。すると見舞いにきたのが神坂であり、ジャブ彼の舎弟だったことを知って石松はまた驚いた。石松も練鑑仲間だったからだ。出所後はツキから見放され、やる事なす事裏目に出てしまうため、ついに浜松を離れて東京に出てきたのだ。再会を喜ぶのもつかの間、入院費を払う金がないため急いで夜逃げした。

ある日、カポネ団の店に美女がやってきて10万円で8レースの1-5を1点買いするように言った。危険だと感じたタニーは、うちはただのビリヤード屋だと断ったが彼女は聞く耳を持たなかった。通常フリーの客を相手にすることはなかったが、1-5がくる確率が低かったため引き受けることにした。カモがきたと喜ぶタニーたちだったが、予想に反して大当たりし260万円を支払わなければならなくなった。揉めているところにやってきた用心棒は練鑑仲間の重光史郎で、それがわかると昔の仲間を裏切るわけにはいかないと契約金を彼女に返したのだった。重光は競輪場で一日だけ用心棒になって欲しいと頼まれただけで女の素性を知らなかった。一平と八平が後をつけたところ、彼女が白河元侯爵の娘・小夜子であることがわかった。神坂たちがその後の対策を話し合っていると黒ずくめの男たちがやってきてビルの屋上へ連れて行かれた。そこには桜吹雪団の姿もあり、両者はそこが決闘の場だと考えたがそうではなかった。弁護士の藤原大蔵は国際賭博場を開く計画があり、協力して欲しいと申し出たのだ。ヤクザは嫌いだが素人には任せられない。そこで彼らに白羽の矢が立ったのだ。ラスベガスなどで日本人が散財するのがたまらない藤原は外国人客からその分を取り返そうと考えた。だが格好の場所と考えていた白河元侯爵の屋敷は横田産業の社長の物になっていたのだ。横田は手付を打っただけで残りの金を払っておらず、依頼主から取り立てを頼まれたものの話が先に進んでいなかった。そこで藤原は、成功した方に賭博場のマネジメントを任せることを提案した。

屋台的映画館

不良番長 猪の鹿お蝶

  • posted at:2019-03-11
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょういのしかおちょう
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1969年
公開日:1969年1月18日 併映「にっぽん’69 セックス猟奇地帯」
監督:野田幸男
企画:吉田達 矢部恒
原作:凡天太郎
脚本:山本英明 松本功
撮影:山沢義一
録音:小松忠之
照明:大野忠三郎
美術:江野慎一
音楽:八木正生
編集:祖田冨美夫
助監督:山口和彦
擬斗:日尾孝司
進行主任:清河朝友
装置:吉田喜義
装飾:武井正二
記録:勝原繁子
現像:東映化学工業株式会社
出演:梅宮辰夫 宮園純子 谷隼人 菅原文太 克美しげる
シネマスコープ カラー 89分

関東特別少年院から出所した神坂弘は、自動車修理工場から巻き上げた建物を使って仲間とともにスター音楽舞踊研究所というダンス教室を始めた。彼らの目的はレッスンにきた女性たちを踊り子に仕立て上げて海外に売り飛ばすことだった。ある日、昔の仲間の赤沢五郎が訪ねてきたことで懐かしがっていると、大勢の連れがやってきた。彼らは釜ヶ崎の大釜組で、サイコロ賭博で100万円の借金を作ったために赤沢は神坂を頼ってきたのだ。そこへ中国人ブローカーの周喜兆が下見にきたことから、神坂は踊り子8人分の120万円を前金で払って欲しいと言った。だが周は足が太い女は嫌だと言って50万円しか出さなかったため、神坂はこれで話をつけようと札束を放り投げ相手の注意が逸れたのを見計らって銃を奪い取った。その鮮やかさに驚いた大釜組は恐れおののいて逃げ帰ったのだった。神坂が次に目をつけたのはゴーゴー喫茶で働くダンサーの奈々子だった。彼女はダンス教室に通う生徒たちとは別格で、美人でスタイルもよく高額で取り引きされることは間違いなかった。だがこの店を取り仕切る住田組が黙っておらず、関東挺身会からも目をつけられた。

ある日、着流し姿の女がダンス教室にやってきた。彼女は妹の初枝を勝手に連れ出そうとしたが、神坂はそれを黙って見過ごすわけには行かなかった。何故なら教育のための費用が掛かっているからだ。初枝の代わりに身を置けと神坂が言うと、女は懐から出した札束で彼の頬を叩いた。すると神坂は態度を変え、どうぞお帰りくださいとにこやかに言った。女が初枝と帰ろうとしたところ、乗ってきた車が谷川武たちの嫌がらせで潰されていた。谷川のふざけた口をふさぐために、女は彼に向けて3枚の花札を投げた。猪、鹿、蝶。彼女は関東と関西を股に掛けて荒稼ぎをする一匹狼の女番長・猪の鹿お蝶だった。

ポパイの暴走がきっかけで少年院時代の仲間だった藤木光男と再会した神坂は、その夜歓迎会を開いた。藤木は博多で世話になった稲長組の親分に恩義を感じており、彼の娘のキクエに手を出そうとした兄貴分を斬って逮捕されたのだ。そして宇都宮から仙台へたらい回しされた挙句、網走に飛ばされようやく出所したばかりだった。故郷の博多へ帰らずに東京にいた理由は、世話になった親分が刑務所暮らしの間に亡くなり、兄貴分が知らぬ間に跡目を継いでいたからだ。更にその兄貴分は性懲りもなくキクエを妻にしようと企んだため、彼女はそれを嫌って2年前に東京へ逃げてきたのだった。話を聞いた神坂が、また刑務所に戻るような要領の悪い渡世をしちゃダメだと助言したその時、投石が窓ガラスを破った。乗り込んできたのは住田組の福田で、稲長組からキクエを捜しにきている男と組んで彼女を取り返しにきたのだ。その男は少年院時代の仲間の八代敬だった。

屋台的映画館

不良番長

  • posted at:2019-03-03
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょう
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1968年
公開日:1968年10月1日 併映「徳川女刑罰史」
監督:野田幸男
企画:吉田達 矢部恒
脚本:松本功 山本英明
撮影:山沢義一
録音:渡辺義夫
照明:銀屋謙蔵
美術:藤田博
編集:田中修
助監督:内藤誠
擬斗:日尾孝司
進行主任:阿部征司
装置:石井正男
装飾:林新吉
記録:宮本衣子
現像:東映化学工業株式会社
音楽:八木正生
挿入歌:「夜の花」克美しげる
出演:梅宮辰夫 谷隼人 克美しげる 大原麗子 夏珠美
アメリカンビスタ カラー 89分

海岸でカップルが新宿に巣食う不良グループに襲われた。彼らは神坂弘率いる愚連隊で、ヤクザなどの組織とは違い己の欲望を満たすためだけに行動した。襲われたカップルのうち男の方はグループの中でも一番の色男のタニーで、全てはナンパした女を利用するための芝居だった。手段を択ばない彼らは女を馴染みのバー・サバンナにホステスとして売り飛ばすと手に入れた金で夜の街に消えた。翌日、路上に停めてある車を盗み出そうとしている現場を持ち主の女子大生の龍子に見つかった。タニーがいつものように色仕掛けで迫ると、彼女は面白い所へ案内すると言った。龍子が連れてきたのはエキゾチックな雰囲気漂うクラブで、タニーたちは彼女やその友達が酔い潰れるのを辛抱強く待った。そして時がくるとグループのマンションに連れ込んだのだが、突然睡魔が彼らを襲った。龍子は男たちが目を逸らしているうちにグラスへ睡眠薬を入れていたのだ。静かになった部屋から逃げ出そうとしたところ、入り口で立っていた神坂に止められ自由を奪われた。

新宿駅の前でナンパしていたタニーとランキングは大阪からきたという娘に声を掛けた。心が打ち解けたところで神坂のもとに連れて行こうとした二人だったが、彼らの前に立ち塞がったのは神津組の若い衆だった。シマを荒らしていることに対し制裁を加えようとしたが、駆けつけた神坂たちの助力によってタニーとランキングは命拾いした。だが騒動を聞きつけた大江興業の背広組が加わったことで話がややこしくなった。そこで神坂は仲間に逃げるように言うと自ら事務所に出向くことにした。会長から使えそうだと見込まれ組に入らないかと誘いを受けた神坂だったが、その時がきたらお願いしますと答え、頭を下げると早々に立ち去った。

街中で龍子の姿を見つけたポパイはタクシーで後をつけることにした。その結果、神津という大きな屋敷にたどり着いたが、そこは神津組会長・神津清之助の屋敷だった。彼はポパイの身柄を預かり神坂を呼び出すと、娘の前から消えろと説教した。龍子は神津の一人娘なのだ。その大事な娘が神坂によって汚されたことを知り神津は激怒したが、ちょっとした弾みで起きたことは金で解決すべきだと龍子は冷静に言った。そして精神的、肉体的慰謝料として50万円を要求すると神坂はニヤリと笑った。金で済むのであればと支払いの約束をすると、彼はポパイを引き連れて帰って行った。それから数日後、神坂は神津に呼び出された。高台から見える建設中のホテルは北星観光の物だったが、大江興業が建設費から多額のピンハネを行っているという噂が流れていた。そこで神津は証拠を掴んで強請って欲しいと頼んだが神坂は首を縦に振らなかった。神津は仕方なく北星観光の請負を大江に全て横取りされたことを話すと、神坂は分け前の金額次第で考えると言った。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R