忍者ブログ

危険な女たち

  • posted at:2017-01-21
  • written by:砂月(すなつき)
きけんなおんなたち
松竹=クラップボード
配給:松竹
製作年:1985年
公開日:1985年5月25日
監督:野村芳太郎
制作:野村芳太郎 野村芳樹
原作:アガサ・クリスティー
脚本:竹内銃一郎 古田求
撮影:川又昻
美術:森田郷平
音楽デザイン:杉田一夫
主題歌:「ミステリユ」安野ともこ
録音:原田真一
調音:松本隆司
効果:福島幸雄
照明:小林松太郎
編集:太田和夫
監督助手:松原信吾
スチール:赤井溥旦
美粧:吉井桂子
衣裳:松竹衣裳
衣裳コーディネーター:高橋康彦
スタイリスト:藤井康司 伊藤芳已
装置:川添善治
装飾:磯崎昇
現像:東洋現像所
進行:小松護
制作主任:福山正幸
出演:大竹しのぶ 藤真利子 和由布子 池上季実子 寺尾聰
アメリカンビスタ カラー 122分

南紀・白浜の断崖から海を見下ろす絹村家の別荘。ここには主の健一郎と妻のハナ、そして小児喘息の療養に来ている棚瀬夫妻の息子・守、他に二人の家政婦が住んでいた。いつになくハナが朝からそわそわしているのは、親しい客たちが3日間も泊まりに来ることになっているからだ。その夜、開かれた食事会に集まったのは、病院の院長を務める健一郎の代行で守の父親の秀雄とその妻の紀子、子供の頃にハナに可愛がられた藤井冴子、水野美智子、升森弘、そして隣の別荘に住む小説家の枇杷坂周平だった。食事が終わると夜会が始まり、専ら釣りの話で盛り上がった。夜が深まり守が寝室へ行くと、ハナは魚の話なんか止めて人間の話をしましょうと立ち上がった。独身の弘を冴子とくっつけよう前々から考えていた彼女がその話を切り出したところ、キッチンからグラスが割れる音が響いた。この家で引け目を感じていた紀子が片付けを手伝おうとして手を滑らしたのだった。悔しくてたまらず大きな涙をこぼす紀子を寝室へ連れて行った秀雄は、慰めの言葉を掛けると部屋を出た。そして廊下にいた冴子にあの男は止めた方がいいんじゃないかなと言ってキスをした。その様子を弘は階下から偶然目撃した。

釣りの約束をして帰る周平と入れ替わるように屋敷へやってきたのは、鉢植えを抱えたジャズ歌手の橘まゆみだった。彼女は近くの貸別荘に住むことになったが、電気が点かなかったことで助けを求めに来たのだ。ハナから部屋に招かれたまゆみは秀雄の姿を見るなり懐かしいわと偶然の再会に声を弾ませた。かつて医師と患者の関係だった二人は、やがて恋に落ちた。そしてアメリカの大学病院で働くことが決まると秀雄はプロポーズをした。だがオーディションに受かりレコーディングが決まったばかりのまゆみにとってそれは苦渋の選択だった。結局、彼女が自分の夢を選んだことでこの恋は終焉を迎えた。停電の原因がブレーカーだと考えた秀雄はまゆみと別荘へ向かったが、道中でじゃれ合う姿を窓から見ていたのは守だった。そして歩いて10分の場所にあるにもかかわらずいつまで経っても帰ってこない秀雄を紀子はひたすら待ち続けた。

翌早朝、昨夜の出来事がなかったように皆で黒崎の海岸へ出かけて釣りを始めた。各々が自分のポイントを見つけて釣り糸を垂らす中、一発の銃声が辺りに鳴り響いた。健一郎、ハナ、弘、冴子、美智子、守、そして周平が駆けつけると秀雄が胸を押さえて膝をついていた。そしてその傍らには紀子が銃を握って立ちつくしていたのだ。秀雄は体勢を崩して息絶えたが、死の間際に冴子の名を呼んだ。

屋台的映画館
PR

機動警察パトレイバー THE MOVIE

  • posted at:2016-11-19
  • written by:砂月(すなつき)
きどうけいさつぱとれいばーざむーびー
バンダイ=東北新社
配給:松竹
製作年:1989年
公開日:1989年7月15日
監督:押井守
プロデューサー:鵜之沢伸 真木太郎 久保真
企画:ヘッドギア
原作:ヘッドギア
原案:ゆうきまさみ
脚本:伊藤和典
キャラクターデザイン:高田明美
メカニックデザイン:出渕裕
演出:澤井幸次
作画:黄瀬和哉
美術:小倉宏昌
音楽:川井憲次
録音演出:斯波重治
撮影:吉田光伸
編集:森田清次
レイアウト:渡部隆 田中精美
カラーデザイン:池さゆり
声の出演:古川登志夫 冨永みーな 大林隆介 榊原良子 井上遙
アメリカンビスタ カラー 98分

東京を中心とする首都圏では、地球温暖化による海面上昇対策、1995年に発生した東京南沖大地震の瓦礫処理、人口集中による居住地確保のための洋上工事計画「バビロンプロジェクト」が本格的に始動していた。木更津第一人工島は川崎沖合に浮かぶ第二人工島とともに重要拠点となっており、木更津ー川崎間を結ぶ大突堤建設が今後始まることになっている。これが完成すれば首都圏を一周する大環状線が開通するだけでなく、用地問題も一気に解決するのだ。20世紀内の完成が危ぶまれていたが、それを可能にしたのがレイバーシステムの進化だった。3600台もの多足歩行型作業用ロボット・レイバーを大量投入することで作業が急ピッチで進んだが、それが原因となる犯罪も増加していた。そこで警視庁は対策として警備部内の特機部隊にレイバーを導入したが、日々進歩をし続けるレイバー犯罪について行けなかった。そこで新たな専門部署として、第一小隊と第二小隊からなる特科車両二課中隊、通称・特車二課を設立したのだった。

東京湾には全国のレイバーの整備を一手に賄う洋上プラットホーム、通称・方舟が浮かんでいた。ここへやってきたのは、第一小隊隊長・南雲しのぶを迎えにきた第二小隊の泉野明と篠原遊馬だったが、しのぶが行う作業内容を知らない二人は新型レイバー・零式見たさに任務を引き受けたのだ。この零式は98式の最終バージョンで、次世代OSであるハイパーオペレーティングシステム(通称HOS)が初めて採用された機体だった。HOSは篠原重工が発表した革命的なOSで、従来の機体に乗せ換えるだけで30パーセント性能の向上が見られるという優れものだった。実験的に編制されたニューヨーク市警に零式が3機導入され、初代隊長にはかつて二課に所属していた香貫花クランシーが就任すると見られていたが、技術指導で派遣されている整備士のシバシゲオから二課が責任を持ってチェックをして欲しいという連絡を受けたのだ。方舟は篠原重工のラインが入っていることと二課に近いこと、そして機密保持が万全であることからしのぶがその役目を引き受けたのだ。だがシバが心配するような問題点は見つからなかった。

しのぶと第一小隊の後藤喜一隊長を呼び出した福島隆浩・特車二課課長は零式への機種転換訓練の期間延長を伝えた。陸上自衛隊第7管区所属の試作レイバーが風洞実験中に突如暴走したが、調査しようにも機体が大破したため原因を突き止められずにいた。この篠原重工製の試作レイバーにはHOSが実装されていたがコクピットが無人だったことから、警視庁上部は問題視したのだった。それを聞いた野明たちはショックを受けたが、出動命令が下ると気持ちを切り替えた。

屋台的映画館

喜劇 誘惑旅行

  • posted at:2016-07-03
  • written by:砂月(すなつき)
きげきゆうわくりょこう
松竹(大船撮影所)
配給:松竹
製作年:1972年
公開日:1972年2月5日 併映「喜劇 女売出します」
監督:瀬川昌治
制作:樋口清
脚本:下飯坂菊馬 瀬川昌治
撮影:丸山恵司
美術:熊谷正雄
音楽:いずみたく
録音:平松時夫
調音:小尾幸魚
照明:佐久間丈彦
編集:太田和夫
監督助手:増田彬
装置:石渡敬之助
装飾:磯崎昇
衣裳:松竹衣裳
現像:東京現像所
進行:峰順一
制作主任:峰順一
挿入歌:「恋ごよみ」安倍律子
振付:篠井世津子
装飾提供:四谷マブハイ
衣裳提供:伊勢丹
協力:フィリピン航空 阪急交通社フィルパック マニラヒルトン
出演:フランキー堺 倍賞千恵子 森田健作 尾崎奈々 川口まさみ
アメリカンビスタ カラー 93分

優勝賞品が海外旅行の人気テレビ番組「アベックアップダウンクイズ」に出演した大沢夫妻。頼りない夫の泰三に替わって妻の弘子が孤軍奮闘し、優勝とともにフィリピン周遊券1週間分と賞金10万円を獲得した。新幹線ひかり号の専務車掌を務める泰三は翌日から現地女性にもてるためのタガログ語を勉強し始め、車掌室にまでテキストを持ち込んでいた。仕事を終えた彼が帰宅すると、弘子が旅行用小遣い10万円を稼ぐために出場するKTV「ジャンボクイズ」対策の勉強を必死になって行っていた。会社でもらった餞別を渡すと、弘子はもし賞金がもらえたらこの分は貯金しましょうねと言った。「一人じゃそんなにいらないだろうし」。その言葉に疑問を持った泰三が聞きなおすと、スポンサーの日南商事がドルショックの影響で経費を削らなければならなくなったため、今回から賞品は一人分になったと収録後で決まったのだという。曾祖母の妹がフィリピンに住んでいたこともあり、例え一人になっても自分が行くのが当然だと考えていた泰三は、餞別の他に休暇手続きまでしてきた俺の顔を潰してまで行きたいのかと主張したが、内職として始めたクイズの回答で獲得したステレオやカラーテレビなどのことを持ち出されるとぐうの音も出なかった。その日、夜遅く訪ねてきたのはフィリピン航空の客室乗務員・マリだった。弘子が羽田―マニラライン開設10万人目の乗客として選ばれたため、大沢夫妻を1週間のツアーに招待するというのだ。泰三は突然の出来事に言葉を失い号泣した。

海外旅行が初めての二人は飛行機に乗るのも初めてだった。旅行当日、新幹線の自由席のつもりで空いている席に座ろうとする弘子を注意する泰三だったが、やはり慣れない環境にあたふたした。そうこうしているうちに彼は後ろの席に見知った顔の女性がいることに気付いた。彼女の名前は清美といい、先日車中で切符の払い戻しをした際に話し込んだのだ。民族衣装の研究でフィリピンへ行くという清美と話を弾ませる泰三の姿を見て弘子は嫉妬した。やがて飛行機はマニラ国際空港に到着した。マリは会社の車を探すのでこの場所で待つように二人に言い、くれぐれも悪質な客引きには注意するようにと忠告した。泰三はそこいらにいる女性の姿をカメラに収め始めたが、人相の悪い男と目が合い近寄ってきたので慌てて目を逸らした。その男は日南商事のマニラ駐在員の三宅で、本社からの命令で弘子を迎えにきたのだ。早速ホテルへ行きましょうと言うので泰三もついて行こうとしたのだが、御主人を接待しろとは聞いていないと冷たくあしらわれた。戻って来たマリは夫婦を別々に行動させる日南商事のやり方に怒りを感じ二人を連れて行こうとしたが、泰三は強引な客引きの被害に遭っている清美の姿を見つけ助けに行った。それを見てやきもちを焼いた弘美は三宅について行ってしまった。

屋台的映画館

九ちゃん 刀を抜いて

  • posted at:2016-06-17
  • written by:砂月(すなつき)
きゅうちゃんかたなをぬいて
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1963年
公開日:1963年8月31日 併映「海軍」
監督:マキノ雅弘
企画:小川貴也 佐伯明
原作:岡本一平
脚本:城のぼる 吉川透
撮影:山岸長樹
照明:前田光秋
録音:矢部吉三
美術:吉村晟
編集:宮本信太郎
構成:永六輔
音楽:中村八大
助監督:山内鉄也
記録:国定淑子
装飾:前川宗太郎
装置:星益雄
美粧:佐々木義一
結髪:西野艶子
衣裳:豊中健
擬斗:島義一
進行主任:並河正夫
協力:マナセ・プロダクション
主題歌:「九ちゃん 刀を抜いて」坂本九 ダニー飯田とパラダイスキング
出演:坂本九 南田洋子 大村文武 原田甲子郎 西村晃
シネマスコープ カラー 99分

人間が好きなことは何でも人一倍好きだが、その好きなことをするまでの骨折りが好きになれない無精者の三五郎。そんな彼に手を焼いていた父・勘兵衛は、このままでは親子三人飢え死にしてしまうことから、彼を置き去りにして夜逃げしようかと呟いた。それを聞いた母・お才は、若い者が年寄りを置き去りにする話は聞いたことがあるが、そんな話は聞いたことがないと呆れた。この広い世間には無精者でも何か一つぐらいありそうなもんだ。おらに似て器量良し、いい思いをするのが好きで無精者、そしていい男のやれる商売はなんだべとお才が聞くと、勘兵衛はしばらく考えて大名だなと答えた。だが茶店の倅が大名になることなど不可能でしかなかった。お才は役者を提案したが、芸を励まなければならないから奴には向かないと否定した。次に勘兵衛が提案したのは侠客だった。侠客なら幡随院長兵衛のようなピンから端くれのキリまでいるし見かけが立派なら大丈夫だと言うとお才は納得した。その夜、二人は寝ている三五郎に刃物を突き付け、侠客になるか親子で飢え死にするかの選択をさせた。すると彼は、飢え死にすることは満更捨てたものではないが、その死ぬまでの骨折りが何とも億劫だとして侠客になることに決めた。

翌朝、三五郎は江戸に向かって歩き出したはいいが、持ち合わせがないので茶屋に寄っては水を注文して腹を満たした。そうこうするうちに江戸へ到着。太鼓橋近くにある茶屋へ腰を下ろしまたもや水を注文すると、橋のど真ん中で長兵衛の一の子分・唐犬権兵衛と旗本白柄組・阿部四郎五郎による喧嘩が始まった。お互いが刀を抜いてにらみ合う中、そこを通りかかった沢庵禅師が割って入り、ここは天下の往来だから通行人に迷惑だと言った。そして斬り合えばどちらかが死ぬから、素通り出来ない坊主にとっても迷惑だとも言って双方に刀を納めさせた。権兵衛のかっこよさに惚れ込んだ三五郎は、彼の十八番目の子分・出鱈目の半二から一人前の侠客として名を挙げるには人の噂になるような派手なことをしなければならないことを聞き、辻斬りに挑戦してみることにした。その夜、橋の陰で人が来るのを待っていた三五郎は、足音が聞こえたと同時に飛び出した。だがそれが昼間に見かけた権兵衛だと知ると足が震えた。彼は言い訳がましくことの次第を説明すると、お前気は確かかと権兵衛は呆れた。さらに呆れたのは鞘から抜いた長脇差だった。父から貰ったその剣は真っ赤に錆びて、一度抜くと簡単には鞘に収まらないという代物だった。お前みたいな奴に拘るのはごめんだと権兵衛は銭を渡して返そうとしたが、三五郎はどうしても勝負をしろと聞かなかったため一喝すると三五郎は腰を抜かして動けなくなった。その持ち前の愛嬌に惚れ込んだ権兵衛は兄弟分になることを認め、赤鰯の三五郎という名を与えた。

屋台的映画館

キングコングの逆襲

  • posted at:2016-03-04
  • written by:砂月(すなつき)
きんぐこんぐのぎゃくしゅう
東宝
配給:東宝
製作年:1967年
公開日:1967年7月22日 併映「長篇怪獣映画 ウルトラマン」
監督:本多猪四郎
制作:田中友幸
脚本:馬渕薫
テクニカル・アドバイザー:アーサー・ランキン
撮影:小泉一
美術:北猛夫
録音:吉沢昭一
照明:高島利雄
音楽:伊福部昭
整音:下永尚
監督助手:佐野健
編集:藤井良平
音響効果:西本定正
現像:東京現像所
制作担当者:坂本泰明
特殊技術・撮影:富岡素敬 真野田陽一
特殊技術・光学撮影:徳政義行
特殊技術・美術:井上泰幸
特殊技術・照明:岸田九一郎
特殊技術・合成:向山宏
特殊技術・操演:中代文雄
特殊技術・監督助手:中野昭慶
特技監督:円谷英二
出演:宝田明 浜美枝 ローズ・リーズン リンダ・ミラー 天本英世
シネマスコープ カラー 104分

海底油田調査のためソロモン諸島東部に位置するモンド島付近を潜航していた国連科学委員会所属の原子力潜水艦・エクスプロアー号は、突然の海底岸壁崩落によりスクリューシャフトを損傷した。モンド島には大きな入江があることからそこで応急処置を行うことになったが、この島に上陸出来ることを心から喜んでいたのは野村次郎三佐と艦長のカール・ネルソン司令官だった。彼らは兼ねてよりこの島に住むと言われる身長20メートル程のコングを研究していたが、油田調査優先の今回はスケジュールに余裕がなく勝手な行動は許されなかったからだ。次郎とカール、そして二人の話に興味を持ちついてきた看護師のスーザン・ワトソンはホバークラフトで上陸したが、原住民に警告を受けたため話し合いを行うことにした。集落を目指して険しい山を登る彼らはスーザンを残して来たことを後悔した。森の中からゴロザウルスが現れスーザンを背後から襲ったのだ。彼女の悲鳴は次郎たちに届いたが、山の上ではどうしようもなかった。そのとき現れたのは、それを聞きつけたコングだった。コングはスーザンを右手で掴んで高い木の上に避難させるとゴロザウルスと格闘を始めた。敏捷な動きを見せるゴロザウルスに対し、防戦一方のコングは一瞬の隙をついて首投げを決めるとパンチの応酬で勝負を決めた。勝利の雄叫びを挙げるコングは再びスーザンを右手で掴んでしげしげと眺めるが、降ろして欲しいと懇願する彼女の仕草に仕方なく従った。駆けつけたカールに抱き付くスーザンの姿を見たコングは嫉妬するが、息を吹き返したゴロザウルスが右足に噛みついたことでそれどころではなくなった。コングは再びゴロザウルスを押さえつけると両手で顎を引き裂き息の根を止めた。一方、ホバークラフトは騒動の間に脱出を試みたが、海上に出たところで大ウミヘビに襲われた。それに気づいたコングが投げた岩が大ウミヘビの頭に直撃してホバークラフトは沈没を免れたが、尾が船体に当たり安定装置が故障した。コングが海に入って大ウミヘビと格闘を始めると、カールはその時間を使って修理を行いエクスプロアー号に戻った。だがシャフトの修理はまだ完成しておらず、準備を急がせているうちに戦い終えたコングが近づいてきて船体を揺らし始めたのだ。対応に頭を痛めるカールにスーザンはコングを説得する役目を自ら志願した。

究極の核兵器素材となる「エレメントX」を必要とする某国は、工作員マダム・ピラニアを天才科学者のドクター・フーに接触させ、調査等の見返りとして掘削に使用するロボットを研究、開発する費用を全額負担する契約を行った。その結果、北極の地下にその放射性物質が大量に眠っていることを突き止め、ドクター・フーは完成させたロボット怪獣をテストを兼ねて始動することにした。カールと次郎が生物学や解剖学に基づきキングコングと同等の能力を持つロボット版キングコングとして作成した資料を何らかの方法で手に入れ、実体化したのがこの「メカニコング」だった。だが鉱脈に差し掛かると強力な磁気を浴びて機能を停止した。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R