忍者ブログ

恐怖女子高校 アニマル同級生

  • posted at:2020-02-20
  • written by:砂月(すなつき)
きょうふじょしこうこうあにまるどうきゅうせい
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年12月1日 併映「実録安藤組 襲撃篇」
監督:志村正浩
企画:三村敬三 杉本直幸
脚本:掛札昌裕 中島信昭
撮影:増田敏雄
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
音楽:鏑木創
編集:神田忠男
助監督:野田和男
記録:牧野淑子
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄臣
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角良男
演技事務:饗庭益雄
衣裳:豊中健
擬斗:土井淳之祐
進行主任:長岡功
出演:池玲子 田島晴美 織部ゆう子 成瀬正孝 一の瀬レナ
アメリカンビスタ カラー 86分

「自由」が校風の聖和女学院。アメリカ・カリフォルニア州の名門セントグレゴリーカレッジと姉妹校である学院では成績優秀者で選考にパスすれば無償で留学出来る特典があった。ある日、5人の転校生がくることになった。麻生政江、阿部静子、荒木真砂美の3人はいずれも前の学校で問題を起こして見放されたが、親が300万円の入学金を支払ったことで編入となった。小早川一絵は成績優秀者だったが留学制度に魅力を感じ編入を志願した。そして残りの風花亜紀は姿を現さなかった。彼女の姉・美紀は学園切っての成績優秀者でアメリカに留学中だった。その日の夜、4人は入寮することになったが、学園を仕切る「黒バラ会」によって身体検査を強要された。だがそれを黙って見ていられなかったのは遅れてやってきた亜紀だった。番長の紅原竜子は彼女が「口笛の亜紀」だとわかると手下に手を出すなと命じた。竜子は誰よりも亜紀の厄介さを知っているからだった。

5人の転校生は3年B組に入ることになったが、そこは黒バラ会の巣窟だったこともあり亜紀と竜子の対立は激しさを増した。そんな中、体育会会長・深沢嵐子はフェンシング部に入部した亜紀の身体能力に目をつけ正選手として選手権に出場するように勧めた。その夜、学園の関係者が開いたパーティーに亜紀を連れてきた嵐子は理事長の篠原角太郎に紹介した。頑張ってくれたまえと声を掛けられたものの、堅苦しい場に不慣れな亜紀は片隅に置いてあった椅子に座るを一息ついた。すると何処からか口笛が聞こえてきたため音の出処を探した。窓の外にいたのは洗車中の男。嵐子の話によると彼は最近入った篠原のお抱え運転手の梶村政男で、近寄らない方がいいと忠告されたが気になって仕方がなかった。

体育館でフェンシング部が練習を行っていると黒バラ会がやってきた。すると嵐子は練習を途中で切り上げ竜子らを部室へ連れて行った。不審に思った亜紀が中の様子を立ち聞きすると、体育会が黒バラ会を支配下に置き毎月5万円の上納金を搾取しているがわかった。だが亜紀はしばらく見ないふりをすることに決めた。嵐子に絶対的な権力を与えたのは篠原だった。篠原との愛人関係を結んだ嵐子は体育会の援助費増額を要求するなどやりたい放題だった。一方、反撃の機会を狙う竜子は政江らを黒バラ会に誘い込みメンバーを増やしてチャンスを窺っていた。

口笛のメロディーを誰から教わったのか。それが知りたくて亜紀は梶村に会いに行った。何故ならその曲は美紀が彼女のために作ったものだったからだ。それがわかると梶村は美紀とのことは黙し、調べていた体育会と学園の関係についてだけ明かした。

屋台的映画館
PR

恐怖女子高校 不良悶絶グループ

  • posted at:2020-02-09
  • written by:砂月(すなつき)
きょうふじょしこうこうふりょうもんぜつぐるーぷ
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年9月1日 併映「まむしの兄弟 恐喝三億円」
監督:志村正浩
企画:天尾完次
脚本:関本郁夫 志村正浩 鈴木則文
撮影:赤塚滋
照明:若木得二
録音:堀場一朗
美術:吉村晟
編集:堀池幸三
助監督:俵坂昭康
記録:森村幸子
装置:近藤幸一
装飾:松原邦四郎
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角良男
演技事務:伊駒実麿
衣裳:岩逧保
擬斗:土井淳之祐
進行主任:真沢洋士
挿入歌:「好きではじめた女じゃないが」太田美鈴
挿入歌:「私が今愛し始めた女は」愛川まこと
音楽:荒木一郎
協力:福田レーシングチーム
出演:池玲子 白石襄 叶優子 春日朱美 芹明香
アメリカンビスタ カラー 87分

米軍基地の街にある私立聖愛女子学園の三年A組は良家の女子ばかりで構成されている。学園は彼女らの親による多額の寄付金で運営されていることを理由に特別扱いを行い、一流の政治家夫人や実業家夫人などトップレディーとなるべく特別なエリート教育を施した。信頼とともに権力を与えられたA組は紅ばら会を結成し学園内の風紀を取り締まったが、頭痛の種はD組の存在だった。スクラップコースと呼ばれるD組は商店街で万引きした商品を売り捌いて小遣い稼ぎするようなワルの集団で、紅ばら会番長・西園寺美也の片腕である副番の野中鷹子はいつか粛正したいと考えていた。ある日、父親の仕事の都合で美也が北海道へ転校することになり、新番長を決める選挙が行われることになった。鷹子ともう一人の副番の速水絹枝が候補者として選ばれ、1票差で鷹子が大役を引き継ぐことになった。ところがその夜、市会議員で父親の信孝が泥酔状態で多重事故を起こし即死。助手席に乗っていた妊娠5ヶ月の尾形雪子という女性も即死したことで世間は興味本位に大騒ぎした。雪子は速水グループのトップ・速水勇策の秘書だったからだ。相手家族への償いで野中家は財産を失ったため鷹子は学校を辞めて働こうとしたが、母・紀代子はどんなことがあっても学校だけは卒業しなさいと引き留めた。PTA会長の速水の援助により最低限の暮らしをすることが出来るようになった鷹子だったが、所定の寄付金を2ヶ月分滞納していることを理由に学園長の二階堂寛からD組への編入を通告された。 その結果、クラスメイトからは今までの恨みをリンチという形で仕返しされた。だがメリケンリンダこと山崎リンダとサシの勝負をしたことで二人の間に友情が芽生え、紅ばら会と戦う決意をした。鷹子はスクラップコース全員で恐竜会を結成し、番長としてハヤブサお鷹と名乗ることにした。

仕事のパートナーであるシェパードと密輸で私腹を肥やす、速水は身辺を嗅ぎ回る信孝を事故に見せかけて消した。そのために犠牲になった雪子はただの駒だったのだ。二人の関係を更に強くするために、速水はシェパードが目をつけた紀代子を提供することにした。その一方で番長の座を手に入れたが鷹子の存在が疎ましく感じていた娘の絹枝はジープで鷹子を襲ったが、窮地に陥った彼女を助けたのは通りすがりのダンプの運転手・尾形二郎だった。鷹子の名前を知った二郎は何かの縁を感じていた。それは彼が雪子の弟だったからだ。二郎はこの街が嫌になり東京へ出て働いていたが、姉の死で舞い戻ってきた。そして様々なことを調べて行くうちに事故が実は仕組まれたスキャンダルではないかと考えるようになったのだ。重大な秘密を握ったことでの抹殺。黒幕が誰なのか知りたがる鷹子に、二郎は死んだ二人の名誉のためにこの俺がきっと暴いてやると約束した。

屋台的映画館

北の螢

  • posted at:2020-01-20
  • written by:砂月(すなつき)
きたのほたる
東映=俳優座映画放送
配給:東映
製作年:1984年
公開日:1984年9月1日
監督:五社英雄
制作:高岩淡 佐藤正之
企画:矢部恒 佐藤雅夫
プロデューサー:佐藤和之 厨子稔雄 遠藤武志
スーパーバイザー:阿久悠
脚本:高田宏治
撮影:森田富士郎
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
照明:増田悦章
美術:西岡善信 山下謙爾
編集:市田勇
監督補佐:清水彰
助監督:長岡鉦司
装置:野尻裕
装飾:福井啓三
背景:西村三郎
記録:田中美佐江
衣裳:松田孝
美粧・結髪:東和美粧
演技事務:寺内丈夫
刺青:毛利清二
擬斗:土井淳之祐
馬術指導:渡辺隆馬
音楽:佐藤勝
主題歌:「北の螢」森進一
スチール:中山健司
進行主任:山本吉應
協力:福井市江上町 ほくりくみどりの広場 芝政 土佐料理 司 東映京都美術センター 東映俳優センター
出演:仲代達矢 岩下志麻 佐藤浩市 早乙女愛 隆大介
アメリカンビスタ カラー 125分

明治の初頭。徳川幕府から政権を引き継いだ明治新政府は、広大な土地と無尽蔵な資源を埋蔵する北海道の開発なくしては日本の西洋式近代国家への脱皮はありえないことを熟知していた。しかし未開の自然と想像を絶する極寒の気象条件は人間の侵入を拒み、開拓は大幅に遅れた。そのため北海道開拓使長官・黒田清隆は内務卿・伊藤博文と相談の上、全国の囚人たちを北海道へ押送し開拓労働に就かせることにした。明治14年、札幌の北方約30里に当たる石狩川上流に樺戸集治監が開設され、初代典獄は月潟剛史がその任に就いた。

集治監開設から2年の後の明治16年、絶対的な権力を持つ月潟は破獄を許した各務靭良監視長を平看守に降格させた上に減俸、担当看守9名にも減俸を命じた。そして捕縛した逃走囚60人全員を斬首の刑とし、執行を補充採用者として最近赴任してきた元新選組の永倉新八に任せた。集治監には斬首の作法を心得る者がいないことが抜擢の理由だった。だが据物斬の達人である各務が名乗り出た。62号囚は政府要人の暗殺を企てた国事犯で元は幕府の直参だったが、前田看守を殺したことへの決着をつけたいと考えたからだ。月潟はそれを認め、翌日午後3時に第二獄舎囚人全員を立ち合せた上で行うことを命じた。ところが要領を得ない各務は処刑をしくじり、見兼ねた月潟は各務、62号の両者を斬り捨てたのだった。

逃走囚の捜索の際に各務隊が雪中で発見した旅芸人の行き倒れの中に一人だけ息がある者がいた。三味線弾きのその女・ゆうを気に入った月潟は、情婦のすまが女将を務める料理屋に預けることにした。ある日、峰延道路の進捗状況を視察にきた内務省開拓副長官の石倉武昌は月潟に休養を取るように言った。それは集治監の典獄を4年の間任せられることになっていた月潟にとって寝耳に水の出来事だった。だが北海道の行政が一変して札幌、函館、根室の三県に分かれることになり、札幌県知事の有力候補として彼の名前が挙がっていることを知ると話は別だ。ゆうを石倉の寝所に向かわせる代わりに彼女の要望を飲むことにした。それは国事犯として捕えられている男鹿孝之進との再会だった。かつて京の祇園で芸姑をしていたときに匿ったことがきっかけとなったのだ。ところがゆうは続けて赦免を要求してきたため、頭に血が上った月潟は石倉のところへ行くか今すぐ村を出て行くか選べと怒鳴りつけた。

ゆうが指示通りに石倉のもとへ行ったため、月潟は彼女を男鹿と面会させることにした。あなたを赦免にするためならどんなことでもする覚悟できたとゆうが言うと、男鹿は赦免の必要はないと断った。男鹿は明治政府の囚人に対する扱いに抗議するために自ら犠牲となり1300人の凶悪犯の破獄を手助けする覚悟でいたのだ。それを聞いて驚くゆうに、男鹿は月潟を刺せと命じた。

屋台的映画館

狂気の海

  • posted at:2019-12-20
  • written by:砂月(すなつき)
きょうきのうみ
映画美学校
配給:映画美学校
製作年:2007年
公開日:2008年6月28日
監督:高橋洋
脚本:高橋洋
撮影:山田達也
特技撮影:伊藤淳
照明:高井大樹
録音:臼井勝
音楽:長嶌寛幸
監督補:安里麻里
メイク:三浦杏子
衣装:石毛麻梨子
銃器効果:遊佐和寿
編集:春日和加子
合成:春日和加子
色彩補正:吉村博幸
出演:中原翔子 田口トモロヲ 長宗我部陽子 浦井崇 宮田亜紀
アメリカンビスタ カラー 34分

精神科医からカウンセリングを受ける女性。彼女は時々おかしな夢を見た。それは薄暗い洞窟のような場所に聳えて立つ気味悪い大きな何かの前で大勢の人たちに傅かれているのだ。王女の姿をしたその女には激しい憎悪が感じられたが、それが何によるものか皆目見当がつかなかった。女の中にある恐ろしい感情が自分の中にもあり、それが前世の因縁ではないかと言うと、精神科医は前世を信じますかと尋ねた。女性は首を横に振り、いいえとだけ答えた。続いてそのような感情に襲われるのは夢だけですかと精神科医が尋ねると、女性は以前富士山へ行った時のことを思い出した。富士の裾野に立った彼女は何処か懐かしい場所にきたような気がしたのだった。だが夢の中の女が自分であることだけは絶対に認めたくなかった。

総理大臣・真壁晋太郎は国会での圧倒的な議席数を盾に、日本を「普通の国」とすべく憲法改正に着手しようとしていた。草案がまとまり、これが国会で可決されればいよいよ国民投票となる。これまでに様々な困難が訪れたが、真壁の心に支えとなっているのは彼が親しみを込めて「マッチー」と呼ぶ妻だった。彼女は真壁と最初に会ったときに激しい嫌悪に襲われた。それはまるで毒虫に触れたようだった。それでも結婚に踏み切ったのはこんな愛もあると思ったからだった。ある日、真壁は新聞社が行った世論調査の結果を見て、誘導によって行われたものであり馬鹿げていると言った。それを聞いた夫人は、彼が以前から国民を一つにするものが必要だと言っていたことを思い出し、それは何かと尋ねた。すると真壁は戸惑い、苦し紛れに文化や伝統だと答えた。夫人は明治政府が作り出した一神教は既に衰退し、それに替わったのが「日本国憲法 第九条」だと言った。憲法は平和憲法と呼ばれたときに宗教となり、死んだ。自分たちが何故戦争を始めたのかがわからなくなり、国民は迷信にすがって一つになった。いつまた同じことを繰り返すか不安でならなかったからだ。夫人は愛国心を呷っても薄っぺらなナショナリズムしか生まれずアメリカに利用されるだけだと夫を非難した。そして彼女が自分の正体を明かそうとしたそのとき、首相官邸に現れたのは近藤リサ・ライス特命捜査官だった。同日の午後、ロサンゼルス市内にある寿司バーの視察に訪れていたアメリカ大統領が突然意識を失い市内の病院に運び込まれたが重篤な状態が続いていた。大統領は既に死んでいたが、公式にはまだ発表されておらずFBIは原因の究明に奔走していたのだ。そしてその死に方が異常だったことからアメリカ政府は日本に対して「巫蟲」、つまり「呪殺」の疑惑を抱き「霊的国防」が管轄のライスを官邸に派遣したのだ。巫蟲の使用が毒ガスや生物兵器と同様に国際条約で禁止される法律を先程成立させ、それに則ってライスは捜査を始めたのだった。彼女が気配を感じた方へ歩み寄ると観葉植物の植木鉢へ手を突っ込み何かを取り出した。それは五寸釘が打ちこまれた藁人形だった。

屋台的映画館

恐怖女子高校 暴行リンチ教室

  • posted at:2019-12-01
  • written by:砂月(すなつき)
きょうふじょしこうこうぼうこうりんちきょうしつ
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年3月31日 併映「非情学園 ワル」
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:鴨井達比古
撮影:鈴木重平
照明:若木得二
録音:荒川輝彦
美術:雨森義允
編集:堀池幸三
助監督:志村正浩
記録:梅津泰子
装置:吉岡茂一
装飾:渡辺源三
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角義雄
演技事務:森村英次
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
進行主任:伊藤彰将
主題歌:「冷えた世代」須藤リカ
音楽:八木正生
出演:杉本美樹 佐分利聖子 叶優子 太田美鈴 衣麻遼子
アメリカンビスタ カラー 88分

誠実と献身と人間愛を校風に掲げる創立27年目の希望女子学園。不幸にして悪の道に走った非行少女を数多く受け入れて更生させる役割として政界の長老・佐藤茂がこの学園を設立したが、凶悪化する入学者に対し教頭の石原仙太郎が風紀委員会へ絶対的な権力を与えた。風紀委員長の野坂洋子は宮本敏江や不破由美らと校舎を巡回し、秩序を乱す者を処罰した。ある日、風間典子、久保京子、北野レミが編入してきた。三人ともに札付きのワルで、石原は寮での集団生活で規律を徹底的に叩き込めと早々に風紀委員へ引き渡した。

石原は学園の実権を狙う計画を着々と進めていた。教師の三島美智子と婚約をし彼女の実家の資産を手にしようとしていた。そして風紀委員会は兵隊として活動させ、その見返りとして特別奨学金の他に行きつけのバーで自由に飲み食いさせた。間近に迫る創立記念日では理事長の佐藤が次の総選挙を見据えて視察にくることになっていた。そこで石原は事件が起きないよう洋子たちに厳しく言い聞かせた。その夜、彼女たちがバーで飲んでいるとサングラスの男が話し掛けてきた。男は若林哲也というフリーライターで、道代の死について取材していたのだ。学園のことについて嗅ぎ回らない方が身のためだと洋子が凄んだが、それが逆に疑惑を深めたのだった。騒動になる前に割って入ったママの九条孝子は彼をカウンターに誘った。石原がパトロンであることまで調べがついていることがわかると、孝子は学園の周りを嗅ぎ回っても市や警察まで手を回してあるから無駄だと言った。

昼休みに典子たちが校舎の屋上でしゃべっていると2年B組の西田とも子が話し掛けてきた。そして十字架のペンダントを見せると典子の顔色が変わった。風紀委員が行う検査のときに彼女が同じペンダントを持っていることを知ったとも子はいつか渡そうとタイミングを計っていたのだ。それはかつて典子の右腕として鳴らした秋山道代のものだった。風紀委員からいじめられるとも子を助けたことがきっかけとなり道代はマークされた。身の危険を感じた彼女は、自分にもしものことがあった場合、典子にこのペンダントを渡して欲しいと託した。その3日後に道代は命を落としたが、洋子らによる私刑を石原は警察と結託して事故として処理したのだった。それを知らない典子は京子とレミ、そして偶然話を聞き面白がる君原純子と森伸江とともに真相を暴くことにした。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R