忍者ブログ

刑事物語

  • posted at:2016-11-28
  • written by:砂月(すなつき)
けいじものがたり
キネマ旬報社
配給:東宝
製作年:1982年
公開日:1982年4月17日 併映「ロングラン」
監督:渡邊祐介
制作:黒井和男
原作:片山蒼
脚本:渡邊祐介 武田鉄矢
音楽プロデューサー:三坂洋
音楽:青木望
テーマ曲:「唇をかみしめて」吉田拓郎
・・・:「駅におりたら」海援隊
・・・:「日差しに灼かれて」海援隊
撮影:矢田行男
照明:大西美津男
録音:本田孜
美術:秋森直美
編集:小川信夫
監督補:杉村六郎
アクション指導:松田隆智
技斗:渡辺安章
スタント:高橋レーシンググループ
アクション:ワールドアクショングループ
プロデューサー:藤倉博 黒木照美
出演:武田鉄矢 有賀久代 樹木希林 西田敏行 仲谷昇
アメリカンビスタ カラー 110分

博多祇園山笠祭りで賑わう7月15日の夜、博多署は歓楽街・中洲の風俗店「トルコ淀君」を管理売春の容疑で強制捜査した。ところが確たる証拠が見つからなかったことから、各新聞社は福岡県警の失態と朝刊に書き立てた。世間の批判に対し県警は捜査に当たった片山元刑事ひとりに責任を押し付け、彼を南沼津署へ左遷することで幕引きを図った。捜査から3日後の夜、片山は東京行きの寝台特急に乗ったが、彼の隣の客室には風俗嬢の三沢ひさ子がいた。上司の命令で店内を調べていた片山は、背後からいくら声を掛けても気づかずに浴槽を洗い続ける女を不審に思い近づいた。すると振り向いた女は彼を客だと思い、いらっしゃいませと挨拶した。耳が不自由であることがわかると、片山は静かに語り掛け警察手帳を見せた。それに驚いた女は助けてくださいとすがり泣いた。それがひさ子との出会いだった。取り調べを行った片山は彼女に身寄りがないことを知ると不憫に思い、身柄を引き取ることにしたのだ。沼津駅に到着すると二人は花園荘に向かったが、不動産屋の手違いで一部屋しか取れなかったため、同じ部屋に兄妹として住むことになった。

検挙率最低と言われる南沼津署の一係に配属された片山は、愛知県警が抱えている最重要の案件を説明された。沼津には竜神組、鉾田組、富木組という3つの組織暴力団があり、いずれも麻薬と女を財源にしていた。だがそれらが拘わったとされる事件の尻尾を掴んでも、身内を犠牲にして証拠を断つという巧妙な手口でいつも逃げられているのだ。女が殺された未解決の事件が半年に3件起きていることから、博多署で宙に浮いている経験豊富な片山を捜査に加えることにしたのだ。殺された3人は暴力団に縁もゆかりもない人物ばかりで、その彼女たちが何故売春し殺されたのかが謎だった。主婦の内藤幸子はスーパーのレジ係として働いていたが、夫が夜勤の時のみ売春をしていた。彼女をマークした沼津署が動こうとした矢先に幸子はアパートの屋上から転落死した。この日は夫の夜勤の日だった。勤め先のバーでの人気者だった杉谷京子は、宿代わりに使用していたと思われる自身のアパートで薬殺されていた。モデルの伊藤里美は両手、両足を折られた上に首を絞められ水死体で発見された。検死の結果、3人には性交回数が多いという共通点があったが、それ以外は何もわからなかった。

片山は藤堂係長とともに聞き込みを進めているうちに面白いことに気付いた。それは幸子の夫の夜勤が火曜日と金曜日、京子の休みが土曜日と日曜日、里美がよく休んだのが月曜日と木曜日ということだった。これを並べると水曜日以外の一週間が埋まるのだ。藤堂たちにそのことを話したが、それでと聞かれると後が続かなかった。

屋台的映画館
PR

幻魔大戦

  • posted at:2016-04-06
  • written by:砂月(すなつき)
げんまたいせん
角川春樹事務所
配給:東宝東和
製作年:1983年
公開日:1983年3月21日
監督:りんたろう
制作:角川春樹 石森章太郎
プロデューサー:明田川進
原作:平井和正 石森章太郎
脚本:桂千穂 内藤誠 真崎守
キャラクターデザイン:大友克洋
作画監督:野田卓雄
美術監督:椋尾篁
美術:男鹿和雄 窪田忠雄
撮影監督:八巻磐
音楽監督:キース・エマーソン
音楽:青木望
主題歌:「光の天使」ローズマリー・バトラー
制作担当:浅利義美
声の出演:古谷徹 小山茉美 池田昌子 藩恵子 塩沢兼人
アメリカンビスタ カラー 135分

親善大使としてアメリカ合衆国に向かうウエストイーグル航空336便に乗っていたトランシルバニア国第1王女・ルナ姫は、彼女の水晶玉の中に近く訪れる未来を見て悲鳴を上げた。すると上空から落下してきた巨大な物体が旅客機に直撃し墜落した。その影響で空中に放り出されたルナは、強い光の中に吸い込まれて行った。銀河系から約380万光年離れた宇宙空間に運ばれた彼女は、そこで特定の姿を持たない宇宙意識のエネルギー生命・フロイと出会った。フロイは破壊のための破壊を続ける凶暴なエネルギー生命・幻魔によって10億年の間に無数の星雲や島宇宙が消滅したことを話した。幻魔との戦いは無限の過去から続いており、その中でも勇敢なサイボーグ戦士・ベガは200年を戦い続けてきたが、恋人のアリエータが幻魔に命を絶たれたことで戦意を失い敗れたのだった。幻魔は救命カプセルの中で2000年の眠りを保つことで生き長らえてきたベガを策略で放逐し、いずれ幻魔の存在を感知することになる一人の少女諸共抹殺するために地球へそのカプセルを落下させたのだった。フロイは災厄から救ったルナにトランシルバニア国第1王女としての生涯が終わり、サイオニクス(超越知覚能力)戦士として生きる運命が始まったことを告げた。誰のために、何のために戦うのかわからず戸惑う彼女に、フロイは自分自身のために、生き延びるために戦いなさいと言った。そして、あなた方地球人にある希望、愛と友情の連帯、至上志向の価値を求める心がプラスエネルギーとして集結したとき、地球は幻魔が持つマイナスエネルギーを打ち破ることが出来るだろうと言った。海面に浮かぶ旅客機の残骸の上に立つルナの前に突如カプセルが海中から浮上すると、彼女はベガにテレパシーで話しかけた。だがベガは戦う気力を失っていた。そこで長い眠りから覚めるのは戦士としての自覚、アリエータが告げた愛の実証、自分の願い、そしてフロイの意思であることをルナが伝えると、ベガは彼女がフロイの存在を知っていることに驚き、この日この時を待っていたのかと自問した。

青林学園の高校生・東丈は、野球部のレギュラーを外されたことが原因で落ち込んでいた。さらに恋人の沢川淳子から愛想をつかされてむしゃくしゃした彼は夜の街を彷徨っていたが、暗闇から出てきたベガの姿を見て驚き逃げた。そんな彼をベガは容赦なく撃ち、建築中のビルの最上階に追い込んだ。これ以上逃げられないことを悟った丈がこの化け物めと睨み返した。するとサイオニクスの兆候を見せ始めたことでベガは柱をへし折り丈の頭上に資材を落下させたのだ。すると彼は無意識のうちにバリアを張ってそれを食い止め、それが自分の力のせいだとわかると脇から出てきたルナが止めるのも聞かずにベガに向かって投げ返したのだった。追手から逃げた丈は、これはたちの悪い夢だと思うことにした。一方、瓦礫の山から抜け出したルナとベガはテストが予想以上の成果を挙げたことを喜んでいた。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R