忍者ブログ

誘拐報道

  • posted at:2018-12-20
  • written by:砂月(すなつき)
ゆうかいほうどう
東映=日本テレビ放送網
配給:東映
製作年:1982年
公開日:1982年9月25日
監督:伊藤俊也
制作:高岩淡 後藤達彦
企画:天尾完次 高井牧人
プロデューサー:松尾守 瀬戸恒雄
原作:読売新聞大阪本社社会部
脚本:松田寛夫
撮影:姫田真佐久
録音:林鉱一
照明:山口利雄
美術:今村力
編集:戸田健夫
助監督:森光正
音響効果:原尚
記録:山内康代
制作調整:山田光男
演技事務:河合啓一
装置:開米慶四郎
装飾:金田孝夫
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:内山三七子
宣伝:レオ・エンタープライズ(株)
スチール:加藤勝男
方言指導:島田淳 池田道枝
現像:東映化学
進行主任:小島吉弘
音楽監督:菊池俊輔
主題歌:「息をしている」林牧人
出演:萩原健一 小柳ルミ子 秋吉久美子 藤谷美和子 高橋かおり
アメリカンビスタ カラー 134分

昭和57年1月22日金曜日、宝塚市内で誘拐事件が発生し、その夜兵庫県警は記者クラブで事件の詳細を発表した。被害者は宝塚署管内居住の小児科医・三田村昇の一人息子・英之(私立豊中若葉学園小学部1年・7歳)で、午後3時30分頃いつものように帰宅していたが、自宅付近の路地で待ち伏せていた何者かに拉致された。5時過ぎに被害者宅へ若い男から電話が掛かり、応対した昇の妻・緋沙子に3千万円を要求した。それと同時に、警察へ通報すれば自分は金を諦める代わりにおまえは子供を諦めろと脅迫した。成沢刑事部長は各新聞社に対し、当分の間取材活動や報道を自粛するよう要請した。報道協定解除の条件は、被害者が発見された場合、または犯人が逮捕され被害者の安全が確保された場合、もしくは捜査を秘匿する必要がなくなったことを刑事部長が確認しその旨を記者会見で発表した時点だった。記者の一人はまるで報道管制だとこぼしたが、子供の命が掛かっていることを考えれば致し方なかった。この事件では成沢を本部長とする捜査本部を県警に設け、捜査の進展に伴う発表はここで行うことになった。所轄の宝塚署に捜査の指揮本部を設定し、剣持捜査第一課長が担当した。

三田村家には被害者対策班の遠藤警部他6人が待機し犯人からの電話を待っていた。すると夜遅くになってついに掛かってきたのだ。犯人は緋沙子一人でタクシーを拾い宝塚新大橋を越えた建設現場で降りてパワーショベルのところで待てと命じた。風邪をひいている英之のことが心配な緋沙子は息子のことを聞き出そうと努力したが、犯人はそれ以上のことをしゃべることなく電話を切った。遠藤は指揮本部に連絡を行い、緋沙子はタクシーで現場に向かったが、車内には気づかれないように刑事が待機していた。そして工事現場周辺にも複数の刑事が先回りをして張り込んでいた。緋沙子が現場に到着してもそれらしき人物は見当たらなかった。だがパワーショベルの近くまで歩いて行くとその光景に彼女は思わず悲鳴をあげた。英之の学帽やランドセルが無造作に置かれていたからだ。呆然としたまま帰宅すると犯人から電話があった。警察に知らせたらどうなるかわかっただろう、と。

読売新聞神戸支局では大西支局長が若手記者の滝耕太郎に雷を落としていた。準備している予定稿が「警察お手柄 犯人逮捕」や「英之ちゃん無事 泣いて喜ぶ両親」という楽観的なものばかりだからだ。大西は最悪な事態の記事も用意しろと言ったが、まだそうと決まったわけではないから書けないと滝は拒否したのだった。すると大西は、誘拐された両親を思いやるよりも、惨いことを書かせる犯人を憎めと叱りつけた。

屋台的映画館
PR

幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形

  • posted at:2016-06-11
  • written by:砂月(すなつき)
ゆうれいやしきのきょうふちをすうにんぎょう
東宝
配給:東宝
製作年:1970年
公開日:1970年7月4日 併映「悪魔が呼んでいる」
監督:山本迪夫
制作:田中友幸 田中文雄
脚本:小川英 長野洋
撮影:原一民
美術:本多好文
録音:富田実
照明:佐藤幸次郎
音楽:真鍋理一郎
監督助手:渡辺邦彦
編集:岩下広一
合成:三瓶一信
擬闘:宇仁貫三
現像:東京現像所
制作担当者:鈴木正雄
出演:松尾嘉代 中尾彬 小林多岐子 南風洋子 中村敦夫
シネマスコープ カラー 71分

風雨の強い夜、半年間のアメリカでの出張を終え日本に帰って来た佐川和彦は、婚約者・夕子に逢うために蓼科山中の野々村家を訪れたが、彼女の母・志津から半年前に自動車事故で亡くなったことを知らされ愕然とした。その日は今日と同じような嵐で、山道の土砂が崩れ車ごと流されたのだ。志津は和彦を生前のまま手を付けていない夕子の部屋へ連れて行くと、息を引き取る間際まで名前を呼び続けていたことを話した。身動ぎ一つせずに遺影を見つめ続けていた和彦は、信じられないと繰り返した。夜遅いことから屋敷の別室に泊まることになった和彦は、どこからともなく聞こえてくる女性の泣き声が気になり廊下へ出た。それらしき部屋にたどり着いた彼が鍵穴から室内を覗くと、ロッキングチェアを揺らす女性の後ろ姿が見えた。だが思案してもう一度覗くと彼女の姿は消えていたのだ。意を決してドアノブを回すと鍵はかかっておらず、室内にそれらしき人物はいなかった。なぜ隠れるんですかと問うてみても返事はなく、和彦は一番奥にあるクローゼットのドアを開けた。すると中に夕子がいた。驚いて後ずさりしたその時、背後から近付いてきた何者かに殴られ意識を失った。

ソファーで目覚めると和彦の前に志津と使用人の源蔵が立っていた。彼はこの部屋で起きた出来事を志津に信じさせるためにクローゼットを開けたが、そこには夕子の洋服がかけてあるだけだった。訝る和彦に志津は夢をご覧になったのねと言った。そして彼の言葉遮り落ち着いてお休みになってくださいと静かに言った。部屋に戻ってからも納得行かない和彦は眠りにつくことは出来なかった。すると外で鳥が驚いて羽ばたく音が聞こえたため、慌てて窓のカーテンを開けた。そこには月明かりに照らされた夕子が庭を走って行く姿があった。追いかけて庭に出た和彦は彼女が向かった方へ歩を進め、やがて道の傍らには夕子の墓を見つけた。気配を感じて振り向くと、そこには夕子の姿が。和彦は慌てて駆け寄ると、やっぱり生きてたんだねと言って手を取った。手は冷たかった。頭が混乱する和彦は説明を求めたが、彼女が発した言葉に息を飲んだ。「私を殺して」。

夕子に逢いに行ったきり連絡もなく一週間以上戻って来ない和彦のことを心配していたのは、妹の圭子だった。彼女の不安は兄が殺されるというおかしな夢を見たことでさらに増していた。そこで圭子は恋人の高木浩とともに野々村家を訪ねることにしたが、4日前に帰ったという志津の言葉と仕草に疑問を抱いたため、墓参りと称して二人で密談することにした。すると付近に血の付いた和彦のカフスボタンが落ちていたことから、彼が何らかの事件に巻き込まれたのではないかと圭子たちは考えた。その様子を息をひそめて見ていたのは源蔵だった。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R