忍者ブログ

ある殺し屋の鍵

  • posted at:2018-05-02
  • written by:砂月(すなつき)
あるころしやのかぎ
大映(京都撮影所)
配給:大映
製作年:1967年
公開日:1967年12月2日 併映「残侠の盃」
監督:森一生
企画:藤井浩明
原作:藤原審爾
構成:増村保造
脚本:小滝光郎
撮影:宮川一夫
録音:海原幸夫
照明:中岡源権
美術:太田誠一
音楽:鏑木創
編集:谷口登司夫
擬斗:楠本栄一
助監督:大洲斉
制作主任:小沢宏
現像:東洋現像所
出演:市川雷蔵 西村晃 佐藤友美 山形勲 中谷一郎
シネマスコープ カラー 79分

ある花街の奥路地に屋敷を構える日本舞踊・藤川流の師匠の藤川寿一郎こと新田。その端整な顔立ちから彼を慕うものは多く、女弟子で芸者の秀子もその中の一人だったが、新田は努めて謹厳な態度を崩そうとはしなかった。ある日、そんな彼に仕事の依頼が舞い込んできた。その内容は「殺し」だった。新田は日舞の他にその道でも超一流の腕前を持っていたのだ。依頼主は石野組組長で新田と連絡を取ったのは舎弟の荒木だった。標的は朝倉という高利貸で、100億を超える脱税をして世間を騒がせている男だった。新田が簡単に了承しないと聞いていた荒木は、カタギの人々は泣きの涙で税金を納めている人が多く中には首をくくる人だっているという話で情に訴えかけた。そしてそんな悪党をのさばらせておく手はないと一押しすると新田はしばらく考え込み、いくら出すかと切り出した。小さな笑みを浮かべた荒木が謝礼として1500万円出すと言うと新田は心を決めた。

世間では東日道路公団の用地買収にかかわる政財界の不正事件が露見し、その発端となったのが金融王・朝倉による証言だった。彼は130億円にも上る脱税のもみ消しを経済界会長の北城から断られたことを逆恨みし、その証拠となる「秘密メモ」を公表するという噂が流れたのだ。そうなれば要職につく人物の名前が浮かび上がり、下手をすれば北城にもたどり着く可能性があった。そこで彼は遠藤建設社長を呼び出すと4000万円を渡し、わかっていることは朝倉が私にとって邪魔だということだと言った。4000万円を持ち帰った遠藤は石野を呼び出すと筋書きを話した。すると石野は3000万円で了承し、いざという場合を考えて始末のときに都合の良い男を選び出すと約束した。遠藤は荒木を応接室に呼び出すと手付として1000万円、仕事後にもう1000万円渡すと言った。荒木は快く引き受け、万が一ドジを踏むようなことがあっても組長の顔を潰すようなことは絶対しないと約束した。このような仕事に打ってつけな人物として荒木が依頼したのが仲間の草薙と懇意にしている新田だった。

朝倉は仮保釈中で刑事に取り囲まれながらホテル住まいをしていた。荒木からその情報を得た新田は生活する様子を写真に収め遠藤に提出した。そして手付金の1000万円を受け取ると仕事後の謝礼に1000万円を要求した。同席する荒木は不快な顔をしたが、遠藤はその条件を飲んだ。それから数日後、新田は荒木が運転する車をホテルから少し離れた場所に停めさせると単身で乗り込んで行った。そして客として水着でプールサイドに近づくと辺りを見回し、プールで泳ぐ朝倉と彼を見張る警官の位置を確認した。しばらくして泳ぎ始めると秀子とばったり会った。朝倉は秀子のパトロンだったのだ。秀子はプールサイドでしきりに話し掛けてきたが新田は浪費する時間に焦りを感じていた。余計な邪魔が入り計画は水泡に帰すかと思われたが、奥にいた若者たちがはしゃぎ始めそれを見て秀子も泳ぎましょうよとプールへ入った。それを機に水中へ潜った新田はプールの中央でくつろぐ朝倉のゴムボートへ向かうと周囲に悟られぬ間に仕事を終えた。そして素早く着替えを済ませると車に急いだが荒木の姿はなかった。パトカーのサイレンが聞こえたことで長居は無用とエンジンを掛けたが、その車のブレーキには細工が施されていたのだ。停まることを知らない車はガードレールを突き破り谷底へ消えて行った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R