忍者ブログ

女番長ブルース 牝蜂の挑戦

  • posted at:2018-05-16
  • written by:砂月(すなつき)
すけばんぶるーすめすばちのちょうせん
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1972年
公開日:1972年2月3日 併映「まむしの兄弟 懲役十三回」
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:小山裕久
脚本:皆川隆之 鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:吉村晟
音楽:鏑木創
編集:神田忠男
助監督:皆川隆之
記録:石田照
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
美粧結髪:東和美粧
スチール:杉本昭三
演技事務:森村英次
衣裳:高安彦司
擬斗:三好郁夫
進行主任:俵坂孝宏
主題歌:「女番長ブルース」八田富子
出演:池玲子 宮内洋 小山明子 風間千代子 女屋実和子
シネマスコープ カラー 84分

京都の市街地を中心に活動する京都パール団。女番長の真紀は愚連隊の一郎と組んで修学旅行生相手にいかがわしい写真の売買や売春の斡旋などをして金を稼いでいる。ある日、お土産代を落として困っているという中学生にアルバイトしないかと声を掛けた真紀は、彼女が先日新聞に載った中学生売春の当事者だったことに驚いた。そこで一郎が連れてきたカモ・呉服屋の若旦那の中村に処女と偽って高値を吹っ掛けることにした。枕探しに遭った中村は一郎にクレームをつけたが後の祭り。中学生は既におらず、売春の世話をしたけどボディーガードを引き受けた覚えはないと真紀は突っぱねた。そこにやってきた地元の暴力団・黒地組は、挨拶に来ずに無断で商売をする一郎に制裁を加えたのだった。

ある日、パール団の溜まり場となっているゴーゴーバーに大阪ミナミを拠点とする黒百合会が乗り込んできた。仲間の知子がリンチされ、女番長のユリが言い残した万博道路という言葉を頼りに真紀は団員と大阪にやってきた。真紀はユリとサシで勝負をつけることにしたのだが、そこをレースカーの遊び場とする露木栄三が仲裁に入ったことで勝負はお預けとなった。栄三とユリは集団就職で大阪にきた幼なじみだったが、その道から外れた栄三は金や学歴ではなく実力で生きることが出来るレーサーを目指すことにしたのだ。

一郎は新たな仕事を手に入れていた。それは街のど真ん中にある墓地の移転だった。墓地は一等地にありそれを売り飛ばして山科に引っ越せば大きな利ザヤが出る。その話を玄海和尚に持ちかけるとあっさりと同意したため、一郎はおこぼれに預かることになったのだ。移転には学生のアルバイトを雇うためわざわざ力仕事をして手を汚す必要もなかった。和尚は金だけでなく女にも目がないため絶倫和尚と呼ばれていた。一郎は墓移転の手数料として3千万円の10パーセントを契約通り要求したが、5万円しかもらえなかったため芸者遊びしていることを檀家に全てぶちまけると脅した。だが和尚のバックに黒地組がついていることがわかったため黙って引き下がるしかなかった。それでも諦めきれない一郎が何かいい知恵はないかと真紀のアパートを訪れると、私に任せてくれるなら全額巻き上げてみせると彼女は言った。その条件は儲けの折半。一郎は真紀に賭けてみることにした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R