忍者ブログ

野良猫ロック 暴走集団’71

  • posted at:2018-06-03
  • written by:砂月(すなつき)
のらねころっくぼうそうしゅうだんななじゅういち
日活=ホリ企画制作
配給:ダイニチ映配
製作年:1971年
公開日:1971年1月3日 併映「新・ハレンチ学園」
監督:藤田敏八
制作:笹井英男 岩澤道夫 真下武雄
企画:佐々木志郎
脚本:永原秀一 浅井達也
撮影:萩原憲治
照明:大西美津男
録音:杉崎喬
美術:千葉和彦
編集:丹治睦夫
音楽:玉木宏樹
助監督:岡田裕
色彩計測:前田米造
現像:東洋現像所
製作担当:坂田則正
技斗:田畑善彦
出演:梶芽衣子 藤竜也 原田芳雄 地井武男 司美智子
アメリカンビスタ カラー 87分

新宿の公園などの空き地を使ってテントに寝泊まりする奇妙な若者集団。ピラニアをリーダーとする彼らは気ままに移動しながら自由を求めて生きていた。ある早朝、皆が寝ている隙に抜け出した隆明と振り子がじゃれ合っているとミリタリールックに身を包んだバイクの集団が取り囲んだ。彼らは黒い親衛隊ブラックSSという5人組で、隆明の父・荒木義太郎が家出をした息子を取り戻すために派遣したのだ。隆明はSSの一人・ヘスを刺殺したが抵抗も虚しく連れて行かれた。そして総統に腹を殴られて気絶した振り子は隆明が持っていたナイフを握らされた。二人が突然姿を消したことを心配したレモンたちが駆けつけると振り子は呆然とヘスを眺め、やがて悔しさをぶつけるように死体を滅多刺しにし始めたことから彼女らは必死に止めた。二ヶ月後、関東女子教護院に収監された振り子はそこで知り合ったアヤの手引きでともに脱走した。そして街に出ると人気のない通りで待ち伏せして学生を引き込み服を奪ったのだった。隆明を取り返しに行くことに決めていた振り子はアヤにピラニアのところへ行くように言った。

新宿センター建設予定地に居を構えていたピラニアたちは資金を稼ぐために週刊誌の取材に応じたが、ギャラ交渉で決裂し一方的に破棄した。そこにやってきたアヤがマッポにそのことを話すと、彼は振り子に課せられた危機的状況を黙って見過ごすか否かの意見を聞いた。彼女が勝手過ぎるという意見が飛び出す中、口を挟んだのはアヤだった。ヘスを刺したのは隆明だったと。するとユメは振り子が握っていたナイフが隆明の物だったことを思い出したのだ。行ってやろうよという女性陣の提案を、ピラニアは男の問題として今夜考えようと言った。夕食後、街をぶらついているとネクロが突然道路の工事現場へフラフラと歩いて行き、借りた削岩機の持ち手を股間に当てた。やがて彼は昇天したが、心臓が止まり本当に昇天してしまった。悲しみに暮れるバスの中でマッポはこの街から出て行こうかとつぶやいた。それが決心のきっかけとなった。

翌朝、ピラニアたちは自転車で隆明の生まれ故郷である来海町に向かった。その頃、荒木邸では町長の義太郎が職務に専念出来るよう、父の経営する各種事業の跡継ぎに専念する隆明の襲名披露が行われていた。一方、振り子も既にこの町に入っていた。彼女の目撃情報は義太郎にも伝わっており、振り子の口から隆明が人を殺したことが漏れれば、近日に迫っている町長選に影響が出ることは間違いなかった。そこで秘書の深沢は弟の総統に彼女の口を封じるように命じた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R