忍者ブログ

あやしい彼女

  • posted at:2018-10-31
  • written by:砂月(すなつき)
あやしいかのじょ
「あやカノ」製作委員会(日本テレビ放送網=CJ E&M=松竹=日活=読売テレビ放送=バップ=小学館=C&Iエンターテインメント=ソニー・ミュージックレーベルズ=札幌テレビ=ミヤギテレビ=静岡第一テレビ=中京テレビ放送=広島テレビ=福岡放送)
配給:松竹
製作年:2016年
公開日:2016年4月1日
監督:水田伸生
制作:中山良夫 由里敬三 久保雅一 鄭泰成 藪下雅也 久保田修 大角正 沢桂一 村松俊亮
ゼネラルプロデューサー:奥田誠治
エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔
プロデューサー:畠山直人 八尾香澄
共同プロデューサー:伊藤卓哉 里吉優也
ラインプロデューサー:毛利達也
Based on the film:「Miss Granny」
脚本:吉澤智子
音楽:三宅一徳
劇中歌プロデュース:小林武史
美術:磯見俊裕
撮影:中山光一
照明:松本憲人
録音:鶴巻仁
装飾:佐原敦史 大庭信正
衣裳:篠原奈美
ヘアメイク:酒井夢月
編集:平澤政吾
VFXスーパーバイザー:オダイッセイ
音響効果:松浦大樹
キャスティング:杉野剛
スクリプター:阿保智香子
監督補:相沢淳
助監督:蔵方政俊
制作担当:近藤博
主題歌:「帰り道」anderlist
制作プロダクション:C&Iエンターテインメント
制作幹事:日本テレビ放送網
出演:多部未華子 倍賞美津子 要潤 北村匠海 金井克子
アメリカンビスタ カラー 125分

東京の下町に住む瀬山カツ(73歳)はちゃきちゃきの江戸っ子だが、自慢話と口の悪さが災いして周囲から煙たがられている。彼女がパートとして働く銭湯・佐竹湯の店主の中田次郎とはくず鉄拾いなどをしてきた戦災孤児の仲で、こうして生きているのは彼女のおかげだと次郎は今でも感謝していた。夫に先立たれ女手一つで娘の幸恵を育て上げたカツだったが、その幸恵が結婚式から3年後に離婚して出戻って以来、家庭内では口ゲンカが絶えなかった。その仲裁役を担っているのは孫の翼だった。

ある日、出版社で編集長として働く幸恵は担当する雑誌の売り上げ部数が減ったことが原因で部署を移動になった。一方、バンド活動にのめり込んで学業がおろそかになっている高校生の翼が再び留年する恐れがあることがわかり、彼女はそれが気掛かりでならなかった。その夜、カツが振り込め詐欺に引っ掛かって100万円をだまし取られたことを知ったが、それが幸恵のせいだとカツから言われたことで今まで溜まっていた怒りが一気に爆発した。
 
子育てのせいで好きなことが出来なかったのなら今からやればいいと幸恵に言われたカツは頭にきて家出をした。幸恵が彼女にとって大事な娘だからこそ自分の人生を掛けてきたのだ。それが何故わからないのだろうといつも何かあると訪れる秋葉神社の石段に腰掛けていると、そこから見えるオオトリ写真館の灯りがいつもより明るく見えた。ショーウインドーにオードリー・ヘップバーンのポートレートが飾ってあるその小さな写真館に導かれるように入って行ったカツは、人の好さそうな店主に今まで一度も写真館で記念写真を撮ったことがないこと、映画「ローマの休日」に出てくるようなドレスを一度でもいいから着てみたかったことを楽し気に話した。すると店主は、私がこのカメラでお姫様にしてあげますよと言った。

写真館から出てきたカツを後ろか追いかけてくる一つの光。その正体はスクーターに乗ったひったくり犯だった。男はカツが左手に持つバックをかっさらうと交差点を突っ切ろうとしたが、そこを通りかかった高校生の自転車と接触した。ひき逃げされて頭にきた高校生は友人とともに商店街を走り抜けようとするスクーターを追い掛けたが、その自転車の横を走って追い抜いたのはカツだった。彼女は男の背中に飛び掛かってスクーターを倒すと、後からきた高校生たちが取り押さえた。カツは犯人を説教するうちに違和感を覚えた。ヘルメットのシールドに写る顔の様子がおかしいのだ。驚いた彼女がスクーターのミラーで確認すると、その中には20歳の自分がいた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R