忍者ブログ

女番長 感化院脱走

  • posted at:2018-11-12
  • written by:砂月(すなつき)
すけばんかんかいんだっそう
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年5月24日 併映「ボディガード牙」
監督:中島貞夫
企画:天尾完次
脚本:鴨井達比古 中島貞夫
撮影:古谷伸
照明:金子凱美
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道
音楽:荒木一郎
編集:市田勇
助監督:牧口雄二
記録:石田照
装置:米沢勝
装飾:柴田澄臣
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角良男
演技事務:西秋節生
衣裳:森護
擬斗:三好郁夫
進行主任:長岡功
挿入歌:「好きではじめた女じゃないが」太田美鈴
出演:杉本美樹 叶優子 須永かつ代 太田美鈴 須藤リカ
シネマスコープ カラー 90分

京都にある特別教護施設・私立心愛女子学院から7度目の脱走を試みた青木るり子(18歳)は職員によって捕らえられ無理矢理車に押し込まれた。そして傷害事件を起こした松本三奈とともに学院へ送り返されたのだった。その日の朝食は半分に減らされており、不審に思った春美は主任教官の黒田に抗議した。規則では連帯責任の減食懲罰は脱走者が捕まるまでとなっていたが、一向に効果が表れないため今回から脱走した日から5日間減食を行うことに変更したのだ。春美は頭にきたが不平を言っても腹は満たされないため黙って従うことにした。だが農作業の際に同じ部屋の者が見張っていないからだとるり子一派の杏子たちに因縁をつけたことで乱闘が始まった。職員たちはケンカでストレスを解消させなければ次に自分たちが危うい目に遭うと黙認し、三奈はその様子を遠くから冷ややかな目で見ていた。三奈のバックには大阪商工会議所の遠山実がついており、彼女を頼むと多額の寄付を学院に贈呈していたのだ。

減食5日目、その日は朝から杏子の元気がなかった。彼女は母との面会日を数日前から楽しみにしていたが、ケンカで負傷した顔を見られて問題になっては困ると素野院長が脱走の連帯責任を理由に急遽中止にしたのだ。院長室の掃除中にそのやり取りを見ていた三奈が理由をつけて追い返したことを朝食時にしゃべると、杏子は教官の目を盗んで院長室に向かい直接抗議した。だが聞き入れられず連帯減食を3日追加された。

心愛女子学院には78名が収容されているが、法務省には水増しして113名と報告していた。国庫補助金を不正請求していることがわかれば認可を取り消される上にお縄になる可能性も秘めていた。法務省の院内視察を数日後に控え素野は落ち着かなかったが、黒田は難事を乗り切る方法を心得ていた。それは院生の日常生活を見てもらうという名目で全員を分散しうまく移動させれば乗り切れるのだ。素野は不安でたまらなかったが黒田に一任することにした。その頃、懲罰房から解放されたるり子は院内の様子が騒がしいことに気づいた。部屋に戻ると広田マキや妹のユキは敵意むき出しだったが、杏子は騒動を起こせば出所が遅れるだけだといさめた。視察の日、黒田の計画通りに事が進むはずだったが、作業場に役人がくると院生は一斉にミシンの手を止めた。そして春美は自分たちが1週間食事を半分しか食べさせてもらえなかったことを役人に訴えたのだった。青ざめた素野は彼らを見送ると、逆らった者たちに見せしめを行うことにした。それは反省の色が見えるまでの無期限夕食抜き、今後半年間の全ての退院予定は取り消しという無謀なものだった。皆が落胆する中、杏子はるり子に尋ねた。今度いつ脱走するのか、と。するとマキやユキだけでなく三奈までもその話に興味を持った。決行は、今夜。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R