忍者ブログ

吹けば飛ぶよな男だが

  • posted at:2018-11-16
  • written by:砂月(すなつき)
ふけばとぶよなおとこだが
松竹(大船撮影所)
配給:松竹
製作年:1968年
公開日:1968年6月15日 併映「こわしや甚六」
監督:山田洋次
制作:脇田茂
脚本:森崎東 山田洋次
撮影:高羽哲夫
美術:重田重盛
音楽:山本直純
照明:戸井田康国
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
編集:石井厳
監督助手:大嶺俊順
装置:小野里良
進行:柴田忠
現像:東京現像所
制作主任:内藤誠
出演:なべおさみ 緑魔子 犬塚弘 芦屋小雁 佐藤蛾次郎
シネマスコープ カラー 89分

チンピラヤクザのサブは大阪駅付近で兄弟分の鉄やガスと何やら物色中。彼らはブルーフィルムを撮影するために適役な女優を探していたのだ。条件は若くてきれいなこと。だがその条件に当てはまる女性はなかなか見つからず、いたとしても了解を得ることは出来なかった。やがて駅前に姿を現したのはいかにも家出風の少女だった。早速声を掛けた彼らは少女をお好み焼き屋に連れて行き、映画の撮影に協力して欲しいと願い出たのだ。少女は九州天草出身で花子という名だった。翌日、野山に出掛けた一行は撮影の準備を始めた。花子はセーラー服に身を包み、学ラン姿の相手役は兄貴分の馬やんが担当した。ところがキスする段階になってそんな話を聞いていないと花子がゴネ出したことがトラブルの始まりだった。強姦シーンはドキュメンタリーの方が迫力があると目論んでいた鉄はうまく行かないことに歯ぎしりし、命が惜しかったらおとなしく言うとおりに演技しろと脅した。すると花子は溜らず泣き出し、彼の目を盗んで逃げだしたのだった。だが小川を越えたところであっさりと捕まり鉄から実演されることになった。その様子が可哀想に思った見張り番のサブは川原で拾った石で鉄の頭を一撃するとガスの協力を得て花子と一緒に逃げ出したのだった。

夜が更けると花子を大阪駅まで送り届けたサブは故郷へ帰るように促したが、その途中で悪い男に引っ掛からないか心配でたまらなかった。そして案の定、男に声を掛けられ困っている姿を目撃すると居ても立っても居られずに突撃した。そこで思わぬ1万円を手に入れたことから食堂でたらふく食べると連れ込み宿に泊まった。そこで花子の不幸な境遇を知り、自分の人生と重ね合わせたことで二人の間は急速に接近した。翌朝、サブはガスを呼び出すと三人で大阪の外に飛び出して思い切り遊ぶことにした。ケーブルカーで六甲山に向かうとレジャーランドやパターゴルフで一日を過ごした。そして日暮れ時になるとサブは次の金儲けの方法を考え始めた。

その夜、ピンク映画のポスターを眺めている初老の男を見つけたガスは相談に乗って欲しいと声を掛けた。彼は男を花子が待つ連れ込み宿へ引っ張って行き、ゆっくりしてくださいと二人きりにさせた。サブは美人局で男から慰謝料をいただこうとしたのだが、男が話だけして帰ろうとしたことでたまらず部屋に乗り込んだのだった。うちの女房に何するんだとサブが言いがかりをつけると、男は劣情を抱いたことを認め罰して欲しいと言った。それを聞いて困ったのはサブの方で、とりあえず宿賃だけ受け取ることにした。君たちは本当はいい人なんだねと男から帰り際に言われたサブは恐縮してあたまを下げたが、男は再び戻ってきてビールを振る舞った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R