忍者ブログ

女番長 玉突き遊び

  • posted at:2018-11-28
  • written by:砂月(すなつき)
すけばんたまつきあそび
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1974年
公開日:1974年10月19日 併映「衝撃!売春都市」
監督:関本郁夫
企画:三村敬三
脚本:松本功
撮影:鈴木重平 古谷伸
照明:井上孝二
録音:格畑学 中山茂二
美術:竹川輝夫
音楽:クニ河内
編集:神田忠男
助監督:河村満和 萩原将司
記録:牧野淑子 森村幸子
装置:温井弘司
装飾:山田久司
背景:西村和比古
美粧結髪:東和美粧
スチール:諸角良男 中山健司
演技事務:伊駒実麿
衣裳:高安彦司 松田孝
擬斗:土井淳之祐
キックボクシング指導:風間健
パラセール指導:北島義国
進行主任:上田正直
挿入歌:「泣くなおっぱいちゃん」星まり子
出演:叶優子 田島晴美 藤山律子 城恵美 大堀早苗
アメリカンビスタ カラー 87分

カトレヤ女学院の女番長・三奈とのタイマン勝負で勝利した血桜グループの女番長・山猫お今日こと牧今日子。だが彼女は通報で駆けつけた警官に傷害罪で逮捕され特別少年院に送られた。出所し二年ぶりに住み慣れたミナミの街へ戻ってきた今日子は、白タクで稼ぐかつての仲間のユキと偶然出会ったことで部屋に居候することになった。翌日、今日子が街へ出るとデパートで捨て子騒動に巻き込まれた桃代と弘子に出会った。彼女はその赤ん坊を利用しない手はないと考え、葬儀会場で大騒ぎして大金をせしめると、喪服の貸主に代金を赤ん坊とミルク代とともに渡して大事に育てるように言った。三人がうまくいったと話しながら歩いていると、トン子とかおるが大変なことになったとユキが知らせにきた。暴力団立花興業が二人をキャバレーのレズビアンショーで酷使しているというのだ。それを聞いた今日子は楽屋に乗り込むと契約破棄の書類と引き換えにトン子たちを連れ出し、ユキの部屋に戻ると新たな女番長グループを結成することに決めた。

ある日、今日子は立花興業の組員に突然車に押し込まれて拉致された。廃墟の建物に放り込まれた彼女を待っていたのは、二年前の決闘で額に傷をつけられた三奈だった。今日子は三奈と彼女の仲間から壮絶なリンチを受けたが、偶然通り掛かった風来坊によって助けられた。その夜、ユキたちが心配する中戻った今日子は、三奈が未だにカトレア会を率いていることを伝えた。それを聞いた弘子は元カトレヤ会の和子から聞いたある噂を思い出した。それはカトレヤ会がOL売春を行っているというものだった。今日子は三奈たちが行っている全て調べ上げて落とし前をつけようと考え、血桜グループは活動を開始した。しばらくの間カトレヤ会の動きを探っていると何故か洋服を品定めしている現場に出くわした。何か大きなシノギがあるのではないかと考えた今日子たちは更に調査を続けたが、その途中で立花興業の組員に追われるあの男の姿を見掛けた。その夜、組員から事務所でリンチを受けた風来坊は雨に中に放り出された。いつかのお返しとその傍に寄り添い手当てを行った今日子は何故こんな目に遭ったのかと理由を尋ねた。新宿を拠点に活動していた西条五郎は、大阪での初仕事として数人のストリッパーの鞍替えを選んだ。ところが彼女らは立花興業のヒモつきだったことから仕返しに遭ったのだ。手当てが終わると五郎はまた何処かで会おうと言って姿を消した。

カトレヤ会のマリは沖ダイヤの経理部長・八木から琵琶湖のホテルに誘われていた。銀行に勤めるマリは沖ダイヤが計画倒産を目論む情報を掴んでおり、三奈はそれを利用して一儲けしようと企んでいたのだ。だがそれを事前に察知していた今日子は、浮気現場に踏み込むと写真をネタに強請り八木から30万円をせしめたのだ。それを知り激怒した三奈はカトレヤ会を引き連れて血桜グループの前に現れたのだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R