忍者ブログ

0課の女 赤い手錠

  • posted at:2018-12-13
  • written by:砂月(すなつき)
ぜろかのおんなあかいわっぱ
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1974年
公開日:1974年5月21日
監督:野田幸男
企画:吉峰甲子夫
原作:篠原とおる
脚本:神波史男 松田寛夫
撮影:中島芳男
録音:小松忠之
照明:大野忠三郎
美術:桑名忠之
編集:祖田冨美夫
助監督:沢井信一郎
記録:宮本衣子
擬斗:久地明
スチール:加藤光男
進行主任:堀賢二
装置:吉田喜義
装飾:酒井喬二
美粧:住吉久良蔵
美容:石川靖江
衣裳:河合啓一
演技事務:山田光男
現像:東映化学
音楽:菊池俊輔
主題歌:「女の爪あと」杉本美樹
出演:杉本美樹 郷鍈治 室田日出男 荒木一郎 三原葉子
シネマスコープ カラー 88分

警視庁にはいずれの課にも属さない「0課」が存在した。その課は特殊任務の遂行のために超法規的な手段を使う秘密の部署で、所属するのは零という名の女刑事だけだった。迷宮入りになりかけた事件に友人のエミイが巻き込まれて殺害されたことから、赤いスーツに身を包んだ彼女は犯人が現れると目されるゴーゴーバーで待つことにした。踊りつかれてカウンターの席に着くと、あなたのダンスを楽しませてもらったお礼だと外国人の男が酒を奢ってきた。彼女がグイとグラスを空けると男は喜び次々と酒を注いだ。酔って動けなくなった零を介抱すべく男は彼女を車へ乗せるとホテルへ直行した。そして抵抗出来ない彼女をベッドに寝かせると服を脱がせたのだった。男は喜々としてアタッシュケースからSMに使う道具を取り出そうとしたが、それは全て零の予想通りの行動だった。酔ったふりをしていた彼女は、男が背を向けていることを確認するとハンガーに掛けてあった背広の上着から手帳を取り出した。そこには「大使館付一等書記官 リチャード・サクソン」という名と本人を証明する顔写真が貼られていた。彼女は手帳を引き破ると、エミイの殺害現場で撮られた写真を投げつけた。男は警察にでも訴えるのかと高笑いし零を鞭で打とうとしたが、彼女は隠し持っていた赤い手錠を投げつけたのだった。彼の首は手錠で締まり、更に赤い拳銃から発射された弾丸を受けたことでリチャードは絶命した。この事態に激怒した上層部は零を留置所に送った。牢に入れられた零に気づいたのはかつて彼女に逮捕され掛けた矢野加律子だった。彼女の話で零が刑事だったことを知った女囚たちは、警察への恨みを晴らすために集団でリンチした。

神奈川刑務所を仲原義秀が出所すると外で待ち受けていた仲間たちが歓迎した。義秀は「ヨコスカの玉ころがし」というグループのリーダーで、彼を慕う野呂次男、関三郎、稲葉徹がメンバーだ。だが義秀を最も驚かせたのは、養っていた親父が死んだことで会いにきたという身寄りのない弟の義明がいたことだった。自由の身となった義秀がまず最初に行ったのは、カップルの乗った車への襲撃だった。ストッキングを被った5人はまず男を引きずり出すと暴行を加えて気絶させ、次に女を草むらへ連れて行くと代わるがわるレイプした。ところが息を吹き返した男が暴れ出し義明に襲い掛かったため、義秀は持っていたナイフで男を刺殺した。その夜、義秀たちは根城にしているスナックに女を運び込むと、釈放されたママの加律子に組織へ売り飛ばすための品定めをさせた。すると彼女は女が与党民政党次期総裁候補・南雲善悟の娘の杏子であることに気づいた。杏子と鳩村前総裁子息・直之との婚約が発表されたこともあって多くの人に顔を知られていたのだ。そこで義秀は南雲に対し3千万円の身代金を要求した。

南雲からの相談を受けた警視庁の日下正志は、杏子が犯人の顔を見ているため身代金を受け取った後に消される可能性が高いと考えていた。どのような手段を使ってでも生きたまま連れ戻して欲しいと南雲は頭を下げたが、捜査を極秘裏に進める条件をつけた。娘の縁談と自分の首が掛かっているからだ。逮捕、裁判を行わずに全てを抹殺しなければならないことから、日下は谷署長と相談し零にチャンスを与えることにした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

最新記事

 

P R