忍者ブログ

天才バカヴォン 蘇るフランダースの犬

  • posted at:2018-12-28
  • written by:砂月(すなつき)
てんさいばかぼんよみがえるふらんだーすのいぬ
天才バカヴォン製作委員会(DLE=ぴえろ=東映=SDP=アニマティック=中央映画貿易=オデッサ・エンタテインメント)
配給:東映
製作年:2015年
公開日:2015年5月23日
監督:FROGMAN
制作総指揮:椎木隆太
制作:松本淳 本間道幸 遠藤茂行 細野義朗 旦悠輔 星野晃志 星野岳志
企画:山田太郎
原作:赤塚不二夫
脚本:FROGMAN
総合プロデューサー:紙谷零
プロデューサー:紀伊宗之 津田智 柳村努 福元孝尚 荻島達
制作協力:フジオ・プロダクション 日本アニメーション(石川和子 榊枝文一 涌井雄輔)
企画協力:ぴえろ
主題歌:「パパの子守歌」クレイジーケンバンド
オープニングテーマ:「天才バカボン」チームしゃちほこ
音楽:manzo
音響監督:はたしょうこ
音響効果:出雲範子
録音:八巻大樹
録音スタジオ:studio Don Juan
作画監督:山脇光太郎
声の出演:FROGMAN 瀧本美織 濱田岳 犬山イヌコ 岩田光央
アメリカンビスタ カラー 84分

暗黒組織インテリペリの総統でIQ500の狂人・ダンテがオメガという究極のコンピューターを開発していたが、何故か起動に失敗した。長年インテリペリを追い内密に調査を行っていた東京霞が関の内閣情報局局員の神田輝夫はついにその真相を突き止めたのだ。その原因とは、たった一人の男の名前を入力ミスするという些細なものだったが、その男にはとんでもない秘密が隠されていた。彼は普段、自分を「長男の父親」などという風変わりな通称で呼び、役所への届け出や銀行の名義にもその名が使われていた。不審に思った神田が詳しく調べたところ、役所の窓口担当者が終いにはパ行でしかしゃべることが出来なくなるくらいその男は本名を語らなかったのだ。インテリペリは男から名前を聞き出そうと躍起になっていることは間違いなく、一刻も早く対処しなければコンピューターが完成してしまうのだ。だが局内に協力する者は誰もいなかったため、神田は一人で事に当たらなければならなかった。

ダンテはバカボンのパパから名前を聞き出すために税務署職員などと称してこれまで20人以上の刺客を送り込んだ。だが彼らは本名を聞き出せないどころかパ行でしか話せなくなっていた。腹心の部下・レスターはいっそ脅して吐かせた方がいいのではないかと提案したが、ダンテは無理強いするほど嘘をつく可能性が高いと考え、気づかれずに聞き出すよう命じた。そしてそれが無理ならば聞き出す相手をパパではなく息子のバカボンの方にすれば容易いと言った。子供と仲良くなるには子供が一番だ。そこでダンテは特別な子供を呼び出すことにした。

パパとバカボンが公園で太陽を西から昇らせる実験を行っていると神田がやってきた。バカボンに家へ招待された彼が客として現れた不審な人物について尋ねると、20人くらいきた男たちをからかったら皆最後は泣き出しパ行でわめきながら帰って行ったとパパは誇らしげに答えた。神田は、パパが名前をしゃべっていないことを確認すると世の中には世界を我が物にしようとする悪い奴らがいると説明した。ダンテはオメガに世界中のあらゆる情報を入力しているが、それが完成すれば神の頭脳となり未来の予測が可能になるのだ。悪用されれば簡単に世界征服が出来るが、幸いまだ完成に至っていなかった。何故なら未だにダンテですらわからない謎があるからだ。それがパパの名前なのだ。神田はパパの命を守るために24時間の警護を行うことにした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R