忍者ブログ

女番長

  • posted at:2018-09-21
  • written by:砂月(すなつき)
すけばん
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年1月13日 併映「仁義なき戦い」
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:大原清秀 皆川隆之 鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:和多田弘
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
音楽:八木正生
編集:堀池幸三
助監督:皆川隆之
記録:牧野淑子
装置:吉岡茂一
装飾:松原邦四郎
美粧:東和美粧
結髪:東和美粧
演技事務:伊駒実麿
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
進行主任:長岡功
主題歌:「女番長流れ者」杉本美樹
挿入歌:「兄妹」西来路ひろみ
出演:杉本美樹 宮内洋 衣麻遼子 太田美鈴 西来路ひろみ
シネマスコープ カラー 84分

特別少年院へ向かう護送車を一台のトラックが追い抜いた。それは車内の女番長・燎子を助けるために講じた子分たちの妨害工作で、荷台から落としたドラム缶で護送車の進路を塞ぐと法務教官がうろたえる隙を突いて計画を実行した。するとその騒動に乗じて他の女番長たちも脱走を企てたのだった。その中の一人、関東小政は一匹狼として大阪の盛り場に潜り込もうと考えていたが、彼女の気風の良さに惚れ込んだ桃子、鈴江、ラン子から自分たちのリーダーになって欲しいと頼まれたため急遽ジプシー団を結成した。大阪の繁華街へたどり着いたものの一文無し。しかも朝から何も食べていなかったため力が出なかった。だがそんな時ほど悪知恵が働く小政は飛んでいるハエを捕まえると仲間を引き連れて中華料理店に向かった。そしてフルコースで腹を満たすと残った料理の皿にハエを放り込みクレームをつけて逃げるはずだった。だがその店を経営しているのが暴力団・北竜会だったことから手口を見抜かれ、事務所で袋叩きに遭うのだった。初犯ということもあり何とかその程度で許してもらったが、大阪で生き抜くためには次の手を考えなければならなかった。そこでひらめいたのは街中にいる鳩を投網で捕まえ路上で焼き鳥として売り捌くことだった。すると巡回中の警官に見つかり撤去を求められたが、冷や酒一杯で穏便に済ませてもらった。次のシノギはパチンコ店の床に落ちた玉を拾うふりをして客の鞄から現金を抜き取ることだったが、桃子が地元の女番長グループ・黒菊団に見つかり殴られた。だが小政たちが現れたことで形勢が逆転した。

よそ者のジプシー団の存在感が増していることに嫌気が差していたのは女番長グループ・梅田学ラン会だった。学ラン会はジプシー団を路地裏へ連れて行くとケンカを吹っ掛けたが、それを止めたのは黒菊団のリーダーとなった燎子だった。彼女は護送車でのいざこざで小政から左手に傷を受けており、その仕返しとパチンコ店での子分の仇を討つために決闘を申し出たのだった。だがパトカーのサイレンが鳴り響いたことで勝負はお預けとなり彼女らは蜘蛛の子を散らすように逃げた。道に迷い戸惑う小政を家に引き入れ匿ったのは一郎という男だった。彼は北竜会の予備軍に当たる三星会の一員で、道端での靴磨きやブルーフィルムの監督などをして上納金を稼いでいた。その三星会のリーダーを務める手代木達夫は若者に会のバッジを1つ3千円で手荒く売りつけたが、それが北竜会幹部・淀博丈の逆鱗に触れ事務所に呼び出された。その若者は税務署長・二宮昌三の息子だったのだ。達夫が暴行を受けた上に上納金も倍額にされたことを一郎が愚痴ると、小政は仇を取りたくないかと提案した。その方法とは二宮の妻・文子を騙してブルーフィルムを撮り、北竜会に脱税の指南をする二宮から口止め料をせしめることだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R