忍者ブログ

タイム・アバンチュール 絶頂5秒前

  • posted at:2016-05-09
  • written by:砂月(すなつき)
たいむあばんちゅーるぜっちょうごびょうまえ
にっかつ
配給:にっかつ
製作年:1986年
公開日:1986年12月20日 併映「ベッド・イン」
監督:滝田洋二郎
プロデューサー:沖野晴久
企画:作田貴志 吉田格
脚本:高木功
音楽:藤野浩一
撮影:志賀葉一
照明:田島武志
録音:佐藤富士夫
美術:川船夏夫
編集:山田真司
選曲:細井正次
効果:東洋音響
助監督:石田和彦
制作担当:田中亨
制作進行:近藤伸一
プロデューサー補:両沢和幸
出演:田中こずえ 杉田かおり 若菜忍 木築沙絵子 野上祐二
アメリカンビスタ カラー 76分

1986年、冬。東京のオフィス街で働く田中悦子は、憧れの上司・小宮からプロポーズの言葉とともに給料3か月分といわれる指輪を受け取った。ベッドインした二人だったが、突然部屋のラジオにスイッチが入り臨時ニュースが流れ出した。「只今入りました情報によりますと、今夜9時45分頃、渋谷区月見ヶ丘3丁目に住む商事会社OL・田中悦子さんがまたもや失恋しました」。顔を見合わせる悦子と小宮。彼女が内容を確かめようとスピーカーに耳を近づけたその時、目覚まし時計がけたたましく鳴った。現実に戻された悦子は、またいつものように出勤の支度を始めた。

少しでも小宮と一緒の時間を作りたい悦子は、わざと時間稼ぎをして残業することにしたのだが、彼女のことを部下としか思っていない小宮は用事があると言ってさっさと部屋を出て行ってしまった。することがなくなった悦子も退社することにしたのだが、経理課から聞こえる物音が気になり室内を覗くと・・・。小宮と悦子の同僚で親友の田島直子が抱き合っていたのだ。ショックを受け自宅に戻った悦子が留守番電話の再生スイッチを押すと、好きな人と今夜二人で旅に出るのだという直子からのメッセージが入っていた。早く恋人を見つけるように言われた彼女は、大きなお世話だと愛猫のマイケルに愚痴るとラジオにスイッチを入れ、周波数は2001kHzに合わせると自慰に耽った。ラジオから流れる音楽が盛り上がりを見せるに連れ彼女の体も紅潮し絶頂に上り詰めて行った。

様子がおかしいことに気付き目を開けると悦子は病院の廊下にいた。彼女は遺体を運ぶストレッチャー・カーに乗っていたのだ。病死した遺体の上に寝ていたことに驚き、さらに自分が裸であることに驚いた悦子は、そばにいたマイケルを抱き寄せると遺体に掛かったシーツを引っ掴んで運転手に気付かれないように飛び降りたのだった。シーツを体に巻き付けた彼女が建物の外に出ると街は見たことのない風景に変貌していた。寒風が運んできた新聞紙が足に絡みそれを拾い上げると、一面には西川きよし総理大臣とクリント・イーストウッド大統領が日米首脳会談を行った記事が。発行日が2001年12月30日と書いてあることに目を疑いスポーツ欄を見ると、西武ライオンズの清原和博選手が通算800号ホームランを打ったという記事が載っていた。混乱する悦子は屋台街でアコーディオンを弾く男に今いる場所を尋ねると、そこは新宿の歌舞伎町で高層ビル群は第二次関東大震災で全滅したという。そこに現れた甲冑姿の暴走族は、悦子の姿を認めると追い回し始めたのだった。どこまでもしつこく追いかけるバイクを駐車中のポンコツ車に身を潜めてやり過ごした悦子は、乗り込んで来た男に助けを求めた。車のオーナーは岡野という名の探偵だった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R