忍者ブログ

高度7000米 恐怖の四時間

  • posted at:2016-05-25
  • written by:砂月(すなつき)
こうどななせんめーとるきょうふのよじかん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1959年
公開日:1959年9月30日 併映「大岡政談 千島の印篭」
監督:小林恒夫
企画:根津昇
脚本:舟橋和郎
撮影:藤井静
録音:小松忠之
照明:城田昌貞
美術:藤田博
音楽:木下忠司
編集:長沢嘉樹
助監督:鈴木敏郎
進行主任:山下明
協力:北日本航空株式会社
航空指導:荒蒔義次
衣裳協力:「帯とキモノ」研究所
出演:高倉健 今井俊二 大村文武 中原ひとみ 小宮光江
シネマスコープ カラー 79分

羽田発仙台経由札幌行のダグラスDC-3・大雪号は13時50分の出発時刻を静かに待っていた。この日のフライトを担当するのは、飛行時間6000時間の実績を持つエキスパートの機長・山本桂三と、彼の妹・絹代と恋人の関係にある副操縦士の原、そして客室乗務員の大野みどりと並木蓉子だった。搭乗手続きが終わり出発の準備が整うと大雪号は乗客27人を乗せて定刻通りに離陸した。

札幌での商談に向かう自動車販売員の石川和子は、同じ飛行機に乗っているにもかかわらず恋人の藤尾とは別れて座っていた。和子は藤尾とライバル関係にある会社に勤めており、まとまり掛けていた顧客を彼から奪ったことで後ろめたさを感じていたのだ。イヤホンでラジオを聞きながら時間を潰していた和子はある事件が気になっていた。それは空港のロビーで見た池袋の御木野真珠店で一家全員が殺害されるという惨たらしいニュースだった。池内夫妻と女中は犯人に拳銃で撃たれて即死。犯行推定時間は午前3時頃と見られていた。ラジオから続報が流れ、元店員の木田正太郎が重要容疑者として指名手配されたことが伝えられた。容疑者の特徴は面長で神経質、左足首に義足をはめており拳銃を所持しているということまでわかったが、不快な雑音が入ったことに驚き膝に乗せていた本を思わず落としてしまった。拾い上げようと屈んだところ、隣の席の男・石川は左足首に義足をはめていた。面長な顔だったが、まさかそんなことはないと思い直し窓の外を眺めた。空港のカウンターで最初に会ったときや搭乗時に気さくに話しかけて来たからだ。だが彼はリザーブでチケットを受け取っているため、犯行のあとですぐ飛行場へ駆けつければ説明はつく。そこで和子は石川が眠っている隙にトイレへ移動し客室乗務員にそのことを伝えるかどうかを思案した。その結果、間違えた場合に失礼にならないように荷物棚に置かれた彼のジャケットに入った刺繍ネームを眠っている間に確認することにしたのだ。急いで個室を出た和子だったが、石川は既に目覚めてトイレに向かっていた。彼女は自然に振る舞ってすれ違うと扉が閉まるのを確認してからジャケットに手を掛けた。そこには木田の名前が。やはり犯人だと確信したとき、男が通路で彼女を凝視していた。藤尾に声を掛けようとしたが、足早にやってきた男はそれを阻止した。そしてジャケットから拳銃を取り出すと突きつけ、おとなしくして俺の言う通りにしていれば何もしないと静かに言った。15時10分、指名手配犯を乗せた大雪号は中継地である仙台矢野目飛行場に到着した。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R