忍者ブログ

やさぐれ姐御伝 総括リンチ

  • posted at:2017-12-24
  • written by:砂月(すなつき)
やさぐれあねごでんそうかつりんち
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年6月7日 併映「やくざ対Gメン 囮」 
監督:石井輝男
企画:天尾完次
原作:凡天太郎
脚本:掛札昌裕 関本郁夫 石井輝男
撮影:わし尾元也
照明:井上孝二
録音:中山茂二
美術:雨森義允
音楽:鏑木創
編集:神田忠男
助監督:萩原将司
記録:黒川京子
装置:稲田源兵衛
装飾:宮川俊夫
美粧結髪:東和美粧
スチール:中山健司
演技事務:饗庭益雄
衣裳:豊中健
擬斗:土井淳之祐
進行主任:伊藤彰将
主題歌:「お蝶のブルース」池玲子
出演:池玲子 愛川まこと 春日朱美 城恵美 碧川ジュン
シネマスコープ カラー 86分

関西扇組一家に草鞋を脱ぐことになり神戸港に到着した猪の鹿お蝶は、女スリの朱実から麻薬の運び屋と間違えられ迎えにきていた人力車に乗った。邸に着いたときにはもう日がとっぷりと暮れており、玄関までくると突然の停電で辺りが見えなくなった。そこで車夫に付き添って中に入ると奥からろうそくを持った男が現れた。だがホッとしたのもつかの間、暗闇から現れた男たちに羽交い絞めにされ麻酔薬を嗅がされたのだった。意識を取り戻した彼女は梁から吊るされて身動きが取れなくなっていた。そこに男の指が伸び女陰をまさぐったのだが彼らの目当ての物は見つからなかった。お蝶が運び屋とは無関係であることがわかるとロープが外され、落下した彼女はショックで気を失った。

再び意識を取り戻したお蝶は目の前に男の顔が見えたことから右手に握った物で攻撃しようとした。彼は刑務所帰りの譲二という男で、見覚えのある車夫の後をつけてきたところにお蝶が横たわっていたのだ。勘違いは迷惑だと腕を掴み、派手なことをやったじゃないかと譲二が言うと、お蝶はようやく自分が置かれている状況を把握した。彼女の傍らには全裸の女が死んでおり、女陰が血飛沫を浴びた右手のドスでえぐられていたのだ。世間を騒がせている股裂き魔の濡れ衣を着せられたお蝶は必ず仕返ししてやると心に誓った。一方、邸を抜け出した譲二は待ち伏せしていた男たちに左腕を撃たれ飲み屋街に逃げ込んだ。するとキリストの好美という謎の女に匿われたのだった。

翌日、扇組をお蝶が訪ねるとそこは空き家になっていた。このことと自分が巻き込まれた事件が関連しているのではないかと考えたお蝶は神戸港へ向かい朱実に親分のところへ案内するように言った。お蝶が連れてこられたのはバラック小屋で、そこは酒場の名を借りた売春宿だった。あんたの子分に払い下げたいのがいるとお蝶は直談判したのだが、親分の半纏ババアは聞く耳を持たなかった。分からず屋の相手だとわかると彼女は力ずくで朱美を連れ出し、誰もこない蔵の中で車夫の正体を強引に聞き出した。十日程前、いつものように港で稼ぎをしていた朱美は三人組の男に捕まり宿に連れ込まれて廻された。そして親分に言えばそのときの写真をばら撒くと脅されたために従うしかなく、さらに友人を集めるように命じられた。男たちは彼女らをシャブ漬けにすることで自由を奪ったのだった。薬が切れ掛けて苦しむ朱美に洗いざらい話すことをお蝶が強要すると、港から神戸に入ってくる赤い襟巻をした女たちを三人のところへ連れて行く仕事を任されたことを話した。そしてそのアジトが一柳閣というホテルだとわかるとお蝶は早速翌日から様子を探ることにした。すると門をくぐって出てきたのは譲二だった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R