忍者ブログ

風来坊探偵 赤い谷の惨劇

  • posted at:2018-01-18
  • written by:砂月(すなつき)
ふうらいぼうたんていあかいたにのさんげき
ニュー東映(東京撮影所)
配給:ニュー東映
製作年:1961年
公開日:1961年6月9日 併映「わが生涯は火の如く」
監督:深作欣二
企画:佐藤正道
脚本:松原佳成 神波史男
撮影:飯村雅彦
録音:内田陽造
照明:原田政重
美術:北川弘
音楽:池田正義
編集:鈴木寛
助監督:小西通雄
進行主任:白浜汎城
出演:千葉真一 曽根晴美 北原しげみ 小林裕子 故里やよい
シネマスコープ モノクロ 62分

北アルプスの赤岩岳にセスナ機が墜落し、乗っていた新日本開発の南雲社長と香山操縦士が死亡した。優秀なパイロットだった兄の死が信じられない香山美佐子は事故現場へ向かうために赤岩岳山麓の村までやってきたのだが、土地に不慣れだったこともありバスを降りてもどう進んでいいかわからなかった。するとそこに上田牧場の娘・ちか子の馬車が通り掛かり、事情を知ると牧場まで連れて行ったのだった。ちか子の父・清太郎は現場を見ても仕方がないと諦めさせようとしたが、ちか子は美佐子の肩を持ち単純な事故ではないから調べるべきだと言った。この事故が不可解なのは南雲の遺体だけ顔の損傷が酷いと言われているからだ。黒幕が北東観光の鬼頭大作ではないかとちか子が口にすると、文雄は証拠がないのだから疑うべきではないと言った。鬼頭は新日本開発を押しのけて地域一帯の観光事業をあくどいやり方で独占しようとしており、スキー場やゴルフ場を建設するには上田牧場が邪魔になっていた。そのためにヤクザ者を集めているという噂が流れてきており、いつ襲撃されるかわからないことから、ちか子はすぐにでも証拠を見つけて警察に介入してもらいいち早く阻止したいと考えていたのだった。

ちか子からの助言を受けて雪山を進む美佐子はついにセスナ機の残骸を発見し、コクピットの中に落ちていたマニキュアの小瓶を拾い上げた。まだ何かあるのではないかと辺りを見回していると、彼女を麓からつけてきた三人の悪漢が襲い掛かり拉致しようとしたのだ。そこに颯爽と現れた青年は見る間に男たちを退治すると高笑いし、お礼を言う美佐子に山には化け物がいるから早く帰った方がいいよと助言した。そして彼女が落とした小瓶を拾い上げると美佐子の爪と見比べて君のマニキュアじゃないのかと言った。どうせ俺には用のない代物だと小瓶を渡すと青年は名前を告げずに去って行った。

翌朝、ちか子が牛の世話をしていると干し草の中から青年が突然現れたため、驚いてパイプホークの爪を向けた。青年は敵意がないことを示すために風来坊の西園寺五郎だと自己紹介し、寒い中を歩いていたので無断で失礼したんだと悪びれずに言った。そして牧場にいる美佐子のことを尋ね、赤岩岳で死んだパイロットの妹だと知ると納得した。ちか子は美佐子の危機を救ったのが五郎だとわかると警戒を解いて知らせに行ったが、美佐子を連れて戻ってくると姿を消していた。しばらくすると一台のジープがやってきた。乗っていたのは南雲の署名が入った権利書を手にした鬼頭だった。彼は牧場のある土地が新日本開発と無関係な南雲個人の所有物だと主張し、月額60万円の借地料を要求した。そして抗議する清太郎に牧場の立ち退きを迫るのだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R