忍者ブログ

再会(1975年)

  • posted at:2017-12-17
  • written by:砂月(すなつき)
さいかい
松竹=NPプロダクション
配給:松竹
製作年:1975年
公開日:1975年3月15日 併映「続 愛と誠」 
監督:斎藤耕一
制作:瀬島光雄
企画:西川宗明
脚本:斎藤耕一 仲倉重郎
撮影:坂本典隆
美術:芳野尹孝
音楽:青山八郎
録音:平松時夫
調音:松本隆司
照明:津吹正
編集:杉原よ志
監督助手:仲倉重郎
装置:若林六郎
装飾:磯崎昇
進行:玉生久宗
衣裳:松竹衣裳
現像:東京現像所
制作主任:峰順一
挿入歌:「何処へ」野口五郎
出演:野口五郎 江波杏子 角ゆり子 佐藤英夫 寺田農
アメリカンビスタ カラー 93分

両親を早くに亡くした村田賢はひと回りほど離れた姉の葉子に育てられた。青年になったある日、その母のように慕う姉が突然ブラジルのサンパウロへ行くことになった。岐阜の柳ケ瀬でホステスとして働く葉子は小沼という五十過ぎの男と出会い恋に落ちた。そして小沼がサンパウロ行きの提案をしたことで今回の運びとなったのだ。だが会ったこともない男を信用出来ない賢は心配になり、駅で見送るどころかアルバイトをサボり同じ列車に乗って横浜までついて行ったのだった。小沼とは港町にあることぶき館という旅館で落ち合うことになっていたが、遅れるという言伝を主人が受けていたため先に部屋で休むことにした。姉との別れの日ということもあって落ち着かない賢は、本当にブラジル行きに船があるのか港へ確かめに行こうと誘ったが、葉子は電話を待つと言って動こうとしなかった。だが最後の日ぐらい付き合ってくれてもいいだろうと言われると従うしかなかった。

二人は港へ行ったがブラジル行きの船は見つからなかった。付近にいる船員に聞いても知らないという。オロオロする姉の姿を見た賢はおかしさを抑えきれなかった。三年前にも同じようなことがあり、好きな男に騙されたと彼の布団で泣いていたことを思い出したのだ。それを聞いた葉子が覚えていないとごまかし再び船を探し始めると、今いる場所とは別の埠頭に停泊していることがわかった。明るい声を張り上げる姉とは裏腹に賢の心は暗く沈んだ。船がなければいいのにという願いは叶わなかった。逸る気持ちを抑えられずに駆け出そうとする葉子と今の時間が長く続けばいいのにと焦らす賢。二人はやがてその埠頭にたどり着いた。ルーゼエベレットという名の船は客船ではなく貨物船だった。作業員から出航日が明日ではなく一日伸びたことを聞いた葉子は確認をするために事務所へ行ったが、そこでは貨物のことはわかっても乗客名簿がなかったため予約の確認をすることが出来なかった。そこでことぶき館に電話を掛けたが、小沼からの連絡はまだなかった。パスポートなどの手続きは三ヶ月前から小沼が準備していることになっているが、賢は彼の姿を見るまでそれを信用するつもりはなかった。

その夜、賢が寝付けないでいると旅館の主人が葉子を呼んだ。小沼から電話が掛かってきたというのだ。彼は電話を盗み聞きし、小沼が警察から追われていることを知った。そんな素性のわからない男と一緒になろうという姉の気持ちがわからなくなった賢は旅館を出て行こうとしたが、その時に口走った「どうせ明日から他人だもんな」という言葉が葉子の心を深く傷つけたのだった。賢は夜の街へ飛び出しディスコで一夜を明かすことに決めた。すると一人の女が近づいてきて踊ろうとステージへ引っ張って行った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R