忍者ブログ

危いことなら銭になる

  • posted at:2017-06-25
  • written by:砂月(すなつき)
やばいことならぜにになる
日活
配給:日活
製作年:1962年
公開日:1962年12月1日 併映「機動捜査班 群狼の街」「37年大相撲九州場所 新鋭・柏鵬の堅塁に迫る」
監督:中平康
企画:久保圭之介
原作:都築道夫
脚本:池田一朗 山崎忠昭
撮影:姫田真佐久
音楽:佐藤勝
照明:岩木保夫
録音:福島信雅
美術:大鶴泰弘
編集:丹治睦夫
助監督:曽我仁彦
色彩計測:安藤庄平
特殊技術:金田啓治
製作主任:園山蕃里
音楽:伊部晴美
主題歌:「危いことなら銭になる」三宅光子
振付:漆沢政子
技斗:渡井嘉久雄
出演:宍戸錠 長門裕之 浅丘ルリ子 藤村有弘 郷鍈治
シネマスコープ カラー 82分

早朝、大蔵省印刷局小田原工場から滝野川工場へ輸送中の千円札印刷用透かし入りミツマタ和紙10億8千万円相当を乗せた車が何者かに襲撃を受けた。そしてこの車に乗っていた二人のうち運転手の木島は日活多摩川撮影所付近の林の中で他殺死体として発見された。そのニュース速報を週刊犯罪の事務所で知った計算尺こと編集長の沖田哲三はロッカーを開けてバックナンバーを調べ始めた。計算尺ではじき出した数字しか信用しない彼にとってこの話がまたとないチャンスだと確信すると、贋金づくり日本一の特集に登場した坂本雅章に接触することにしたのだ。明後日、飛行機で香港から帰ることがわかるとその日は朝から空港に入り浸ったが、彼と同じ考えを持っていたのはガラスのジョーこと近藤錠次だった。透かし入りの紙を盗んだ連中に本物そっくりの原版を彫ることが出来る贋幣の名人を高く売り込めば大金が手に入るという算段だが、手を組もうと持ち掛けた哲三の提案を錠次は拒否したのだった。堅い事言わずにと哲三が説得しているところに割り込んできたのは、二人の古い知り合いのダンプの健こと芹沢健だった。三人では割に合わないことがわかると錠次はオサラバしようとしたが、彼の弱みを握っている哲三はショーケースのガラスをコインで引っ掻いた。するとその音がこの世で一番大嫌いな錠次はもがき苦しみ始めたのだ。あだ名のガラスはここからきていたのだった。

哲三と健が雑談をしていると錠次は抜け目なく雅章の妻に孫だと言って近づいた。すると周りにいた和紙泥棒たちが怪しんで近づいてきたため、健もひ孫だと名乗った。その頃、哲三は税関職員の制服に身を包んで到着したばかりの雅章に寄り添うと、最近物騒なことが多いのでもう一度荷物を調べ直すと言って職員通用口に連れて行ったのだった。そうとは知らない錠次たちは雅章がくるのを今か今かとロビーで待ち構えていたが、職員専用の出入り口あることを職員から聞き哲三に先を越されたことがわかると健とともに駆け出した。すると裏通りに停めた車の前で何やら揉めている二人を見つけたため、錠次は雅章を言葉巧みに連れて行こうとした。ところがもたもたしているうちに今度は和紙泥棒たちが現れ、拳銃を突きつけて雅章を誘拐したのだった。

組織のボス・土方の屋敷に連れてこられた雅章の前には一級品の贋幣用の道具がずらりと並べられていたが、彼は自分の道具と気に入った場所でなければやる気にならないと言った。そして危ない橋を渡っても儲けはたかが知れている贋幣は金儲けのためにやる仕事ではないと言うと、土方は立派に儲けてみせると宣言した。香港の金融業者にまとめて買ってもらう話が既に出来ているのだ。落ち着いて仕事が出来る場所は何処がいいかと土方が尋ねると、雅章はゴミゴミしてうるさくて色っぽいところがいいと言った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R