忍者ブログ

嗚呼!!花の応援団 男涙の親衛隊

  • posted at:2018-06-27
  • written by:砂月(すなつき)
ああはなのおうえんだんおとこなみだのしんえいたい
日活
配給:日活
製作年:1977年
公開日:1977年3月19日 併映「野球狂の詩」
監督:曽根中生
プロデューサー:三浦朗
原作:どおくまんプロ
脚本:田中陽造
撮影:森勝
照明:土田守保
録音:橋本文雄
美術:菊川芳江
編集:山田真司
助監督:中川好久
色彩計測:松川健次郎
現像:東洋現像所
製作担当者:高橋信宏
撮影協力:高瀬道場
音楽:コスモスファクトリー
主題歌:「嗚呼花の応援団」異邦人
・・・:「南河内大学節」異邦人
挿入歌:LP「風の伝言」より 東てる美
協力:テレス紳士服株式会社 株式会社市川工務店 篝火荘
技斗:高瀬将敏
出演:本間進 宮下順子 川畑信三 深見博 泉じゅん
アメリカンビスタ カラー 93分

今年も花見の季節がやってきた。だが南河内大学応援団の花見は桜が満開を過ぎて行われていた。何故ならいい場所は他の大学に占領され、力の弱い南河大ははじき出されてしまうからだ。人並みに花見を行うには咲いた桜の枝を折り誰も来ないような場所の木に縛りつけるしかなかった。その下ごしらえはいつも一回生が行うことになっており、今年は富山一美と北口良一が担当した。応援団には一年はゴミ、二年は奴隷、三年になるとようやく人間となり、四年は神様とそれぞれの階級がある。新人は過酷なしごきに耐えねばならず、もうすぐ二回生となる富山と北口はこの作業がゴミ最後の御奉公となるのだ。何故そうまでして花見をしなければならないのか理由はわからなかったが、応援団という場所が男を磨く修羅場だと考えれば納得出来なくもなかった。ようやく会場の準備が整った頃、応援団OBの薬痴寺が到着した。一方、食事の準備をしていた応援団本部の部室に電話のベルが鳴った。副団長の下村が出ると相手は浪華大の団長だった。団員が南河大の団員に暴行されたため詫びを入れろというのだ。下村は幹部を集めて会議を開いたが、親衛隊も含めると200人を超えるといわれる団員に殴り込みを掛けられるのは御免だが頭を下げるのはもっと御免だという結論に至った。穏便に治めるには暴力事件を起こした犯人を見つけ出しその首を差し出さなければならないが、 このことが薬痴寺の耳に入ると厄介なことになるため何事もないように花見を進めた。

翌日、団長の木村は団員を部室に集めて白状させようとしたが、誰ひとり名乗り出る者はいなかった。そこに現れたのは親衛隊隊長の青田赤道で、突然「ボクちん、見合いするんよね」と言った。相手は昨年度のミス日本で山口県一の金持ちの令嬢。結婚を前提としたお付き合いをしたいと先方から申し込んできたというのだ。木村たちはその話を唖然とした表情で聞いた。父・玄道からの手紙には私立探偵が素行調査を行う旨が書かれており、軽率な行動と慎むべきだと釘を刺されていたことから赤道はいつもの自分らしさを消して慎重に行動した。きょろきょろと街中を警戒しながら歩いているとコートに身を包んだ黒メガネの男がつけてきた。そして広場でエロ本を名残惜しそうに燃やしていると男はその様子をじっと観察していた。その頃、浪華大の襲撃を警戒する部室では、木村や副団長の下村、リーダー長の柏原が新しい革靴を自慢し合っていた。ボロボロの革靴を履いていたことで悔しい思いをした統制部長の小川はその反動で10万円もする雪駄を手に入れたのだが、ヤクザ者の車に泥を撥ねられ因縁をつけたことでのされた上にそれを奪われてしまった。バーに入ったヤクザ者がその雪駄を穿いてご機嫌でいると舎弟の男は古い雪駄を投げ捨てた。その先には赤道がおり彼の怒りは頂点に達していたが、後ろの席には黒メガネの男が座っていた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R