忍者ブログ

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海

  • posted at:2016-09-12
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうせんかんやまとにいちきゅうきゅうついおくのこうかい
宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会(プロダクション I.G=バンダイビジュアル=ジーベック=バンダイ=バンダイナムコゲームス=ボイジャーエンターテインメント=東北新社=松竹=オー・エル・エム=ランティス=MBS)
配給:松竹
製作年:2014年
公開日:2014年10月11日
構成:森田繁 加戸誉夫
ディレクター:加戸誉夫
編集:小野寺絵美
監修:出渕裕
ナレーション:小野大輔 桑島法子
ナレーション原稿:森田繁
アニメーションスタッフ:結城信輝 前田明寿 
アシスタントディレクター:中野剛
CG制作協力:サンライズD.I.D.
CGディレクター:今西隆志
エンディングイラスト:むらかわみちお
音響監督:吉田知弘
音響効果:西村睦弘
オープニングテーマ:「宇宙戦艦ヤマト」ささきいさお
エンディングテーマ:「BLUE」水樹奈々
音楽:宮川彬良 宮川泰
声の出演:菅生隆之 小野大輔 桑島法子 鈴村健一 大塚芳忠
アメリカンビスタ カラー 131分

西暦2191年、人類は史上初めて地球外知的生命体「ガミラス人」と接触した。友好関係を試みた地球に対し、ガミラスは一方的に戦端を開くと情け容赦のない無差別攻撃を仕掛けてきた。第二次火星沖海戦・カ2号作戦で強大な軍事力を誇る彼らの艦隊の直接攻撃を食い止めることが出来たが、地球は遊星爆弾によるロングレンジ爆撃を受けたことで大気は汚染し海は干上がった。人類は地下都市を築いて生き延びるしかなかったが、死の影は着実に迫っていた。

科学者が地球滅亡までおよそ1年と発表した2199年1月、冥王星に基地を置くガミラスに対し国連宇宙軍は残存する全艦隊を集結して総攻撃を行った。だがその真の目的は、「アマテラス」と暗号名がつけられた宇宙船を太陽系に招き入れるための陽動作戦・メ号作戦だった。その宇宙船が火星に墜落したことから、回収要員として派遣されアルカディアポート跡付近に待機していた古代進と島大介が調査を行った。乗員の女性には生命反応がなかったことから、大事そうに抱えていたカプセルのみを回収した。

国連極東管区に待機を命じられた古代と島だったが、艦上戦闘機コスモゼロに魅せられ勝手に出撃した。その際、敵偵察機を発見したため迎撃を試みたが武装されておらず逃げられてしまった。さらにシステムエラーが発生しやむなく胴体着陸を試みた。救助を待つ二人が丘を登ると、目の前には大昔の戦争で海の底に沈んだ戦艦が赤く朽ち果てた状態で顔を出していた。そこは九州・坊ノ岬沖だった。

会場に集められたのは特殊任務の訓練を受けてきたイズモ計画の選抜メンバーだった。そして壇上に立っていたのはメ号作戦でただ一隻帰還した戦艦きりしま艦隊司令の沖田十三宙将だった。沖田はメンバーに対し正式な任務を発表したが、それは限られた人々を地球から脱出させるイズモ計画ではなかった。最初に回収したカプセルには映像と音声メッセージが記録されており、そこにはイスカンダルの王女・スターシャがガミラスの攻撃で破滅の危機を迎えている地球を哀れみ、次元波動エンジンの設計図を妹のユリーシャに託したことが綴られていた。イスカンダル星には汚染を浄化し惑星を再生させるシステム「コスモリバースシステム」があるが、スターシャはそれを地球に届けることが出来なかった。そこで彼女は新たに次元波動エンジンの起動ユニットである波動コアをもう一人の妹のサーシャに預けたのだが、それが古代たちが回収したカプセルだった。国連は技術供与を受けたことで既に次元波動エンジンを搭載した恒星間航行用の宇宙船「ヤマト」を完成させていたが、それを察知したガミラスは坊ノ岬沖に偵察機を派遣したのだ。イスカンダル星は地球から遥か約16万8千光年彼方の大マゼラン銀河にあり、人類にとって未知の航海となる。だが滅亡へのカウントダウンが始まっている地球を救うには躊躇わずに進むしかないのだ。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R