忍者ブログ

男組 少年刑務所

  • posted at:2015-10-02
  • written by:砂月(すなつき)
おとこぐみしょうねんけいむしょ
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1976年
公開日:1976年9月15日 併映「爆発!750cc族」「太陽の恋人 アグネス・ラム」
監督:岡本明久
企画:安斉昭夫
原作:雁屋哲 池上遼一
脚本:中島信昭 雁屋哲
撮影:中島芳男
録音:内田陽造
照明:川崎保之丞
美術:藤田博
編集:田中修
助監督:森光正
記録:山内康代
擬斗:日尾孝司
スチール:遠藤努
進行主任:松本可則
装置:安沢重治
装飾:田島俊英
美粧:入江荘二
美容:宮島孝子
衣裳:福崎精吾
演技事務:山田光男
現像:東映化学
音楽:鏑木創
主題歌「夜明けのバラード」塩見大治郎
出演:舘ひろし 神有介 竹井みどり 大関優子 村山一海
アメリカンビスタ カラー 84分

政財界の実力者・荘一郎を父に持つ神竜剛次は、バックにある「力」を味方にして野望を実現化しようとしていた。彼は都内にある生徒が集まらない進学校に「神竜組」とともに転入すると、教師を敵に回して生徒たちの英雄となった。こうして三校を牛耳った神竜の次の標的は星雲学園高校だった。それを問題視した校長の白井隆二は関東少年刑務所に収監されている流全次郎を入学させ、対峙させることにしたのだ。白井にとって二人がどうなろうと関係なかった。流は決闘を行い、彼の蹴りが神竜の腹に決まったことで勝負はついた。だが彼の左胸を神竜の日本刀が貫いていたのだ。流は日本刀を引き抜くと倒れた神竜の顔のそばに突き立て「お前の野望もこれまでだ!」と叫んだのだった。

少年刑務所の医務室で養生していた流は、窓から逃げ出そうとする矢崎浩次に声を掛けた。矢崎はどうせ明日までの命なら、チンピラだった自分を男にしてくれた関東番長連合の総長・堀田英盛に一目会いたいというのだ。彼の気持ちを汲んだ流は脱走に手を貸した。その様子を医務室のベッドから見ていたのは神竜組の大田原源蔵だった。流との男の勝負を選んだことで神竜から犬呼ばわりされた大田原は神竜組に裏切られて重傷を負ったところを、流を兄貴と慕う「五家宝連」に助けられたのだ。彼の心の深さに感動した大田原は協力を申し出たのだった。

英明高校とのアメリカンフットボールの試合が星雲学園のグラウンドで行われることになり、流は傷が癒えぬまま出場する決断をした。だがそれは彼を潰すために仕組んだ神竜の罠だった。英明高校の主将・大村明は、英明攻略のために派遣された神竜組の幹部だった。しかも試合は反則無視で行われていたのだ。大田原の助言で流の命が危ないことを知った五家宝連(伊庭彦造、高柳秀次郎、岩瀬大介、長浜昇一、大杉五郎)は秘密の通路か抜け出して加勢に向かった。0-18という劣勢の試合の中、流はチームメイトに最後まで諦めずに戦うことを命じた。そこへ駆けつけた伊庭たちは、この試合が仕組まれたもので徹底的に選手を痛めつけることで恐怖感を煽ろうという企みであることを告げると流は納得した。血気に逸って試合に出ようとする五家宝連を押し止めた彼は、自分たちで正々堂々と戦い抜くことを宣言した。そしてついに待望のタッチダウンを決め、選手たちを祝福する生徒や教師に激怒した神竜組がグラウンドになだれ込んだそのとき、そこへ現れたのは矢崎の骨箱を抱えた堀田と十二衆だった。敗北を認めた神竜組がグラウンドから去ると堀田は流に声を掛け、神竜との戦いに関東番長連合が総力を挙げて応援することを約束した。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R