忍者ブログ

君は恋人

  • posted at:2015-09-16
  • written by:砂月(すなつき)
きみはこいびと
日活
配給:日活
製作年:1967年
公開日:1967年11月3日 併映「赤木圭一郎は生きている 激流に生きる男」
監督:斎藤武市
企画:水の江滝子
脚本:若井基成
撮影:山崎善弘
照明:大西美津男
録音:高橋三郎
美術:坂口武玄
編集:近藤光雄
助監督:樋口頴一
色彩計測:畠中照夫
現像:東洋現像所
制作担当者:長谷川朝次郎
音楽:中村八大 小野崎孝輔
主題歌:「君は恋人」浜田光夫
主題歌:「旅に出るなら」浜田光夫
挿入歌:「愛につつまれて」舟木一夫
挿入歌:「いつか何処かで」ジャニーズ
挿入歌:「さすらい」克美しげる
挿入歌:「愛すればこそ君に」克美しげる
挿入歌:「君に捧げん」荒木一郎
挿入歌:「いとしのマックス」荒木一郎
挿入歌:「アヒルの行進」ザ・スパイダース
挿入歌:「バン・バン」ザ・スパイダース
挿入歌:「恋のハレルヤ」黛ジュン
協賛:ヨット鉛筆株式会社
出演:浜田光夫 和泉雅子 克美しげる 林家こん平 戸田皓久
シネマスコープ カラー 93分

重傷を負った俳優・浜田光夫の復帰記念として、映画会社は彼を主役にした映画「君は恋人」を製作することになった。久しぶりに撮影所へやってきた彼をスタッフや俳優たちは温かく迎えた。メイクを終えスタジオに入ると、映画監督の石崎はリハーサルに参加するよう指示し、ブランクを感じさせない演技に満足すると本番の撮影に入ったのだった。

歌舞伎町の小路を歩いていた矢代光夫は、とんかつ屋・とん吉から出てきたトン坊とぶつかって出前を台無しにしてしまい、食い逃げで捕まった山川とともに皿洗いで弁償することになった。店員の雅子は仕事を終えた光夫に引き続き見習いコックとして働くことを薦めたが、彼はこんなゴキブリ臭いところに潜り込むぐらいだったらガタボロでも旋盤にしがみついてるよとつれない返事をした。そしてどうして工員を辞めたのかとしつこく聞いてくる雅子におせっかいだと釘を刺し、これで貸し借りなしだぞと出て行った。光夫が向かった先はバー・とまり木だった。そこで待っていたのは石戸興業の社員のこん平で、事故で遅くなったと言い訳する光夫に今夜の仕事がふいになったと激怒した。遅れた分を取り返すのでやらしてくださいと光夫が懇願すると、こん平は一束の名刺大のビラを渡した。光夫が請け負ったのはこの「今晩おひま?」と書かれたピンクビラを停めてある車のワイパーに挟んで回る仕事だったが、こん平が間違ってパトカーに挟んだことで二人は警官に追われる羽目になってしまった。翌早朝まで飲んでに帰宅した光夫が昼まで寝ていると、母親のさちが仕事に出かけることを告げるために起こしに来た。さちは昨日、職場からの帰りに工場長とバッタリ出会い、光夫が工場を辞めたことを知って驚いたのだ。なぜ相談してくれなかったのかと問いただすと、俺が思いついたことに反対されたくなかったのさと光夫は答えた。彼が兄貴と呼ぶ人物がヤクザであることがわかると、さちはヤクザなんて人間の屑だと言った。それを聞いた光夫は、旋盤工の方が屑さと言い返した。旋盤工として働いていた彼の父は交通事故であっけなく死んだ。そのことから光夫は石戸組に入って中幹部になり、贅沢な生活をすることを夢見ていた。だが組に入るにはそれなりの成果が必要なことから、こん平の手伝いをしながらチャンスを待っていたのだ。その石戸興業の社長・石戸は組織暴力団としてではなく健全なサービス業としての新たな経営方針を考えていたため、石戸組と呼ばれることをひどく嫌った。だが大野専務ら重役は、下がっている営業成績を立て直すには旧体制を復活させて社員を鍛え上げ、組織を叩き上げなければならないと考えていた。深江組の親分が出所するという噂があり、それが現実となれば石戸がバラされシマが乗っ取られる可能性があるのだ。大野たちは同業の会合でラスベガスへ行くという石戸を送り出すと、部下に深江を消させる計画を立てた。

シナリオライターの赤井はストーリーに行き詰って頭を抱えていた。撮影中に脚本を勝手に変更されたことで辻褄合わせをしなければならなくなっていたのだ。籠りっきりになっている赤井を心配した妹が部屋にコーヒーを届けると、彼は気分転換のためにボウリング場へ出かけた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R