忍者ブログ

喜劇 誘惑旅行

  • posted at:2016-07-03
  • written by:砂月(すなつき)
きげきゆうわくりょこう
松竹(大船撮影所)
配給:松竹
製作年:1972年
公開日:1972年2月5日 併映「喜劇 女売出します」
監督:瀬川昌治
制作:樋口清
脚本:下飯坂菊馬 瀬川昌治
撮影:丸山恵司
美術:熊谷正雄
音楽:いずみたく
録音:平松時夫
調音:小尾幸魚
照明:佐久間丈彦
編集:太田和夫
監督助手:増田彬
装置:石渡敬之助
装飾:磯崎昇
衣裳:松竹衣裳
現像:東京現像所
進行:峰順一
制作主任:峰順一
挿入歌:「恋ごよみ」安倍律子
振付:篠井世津子
装飾提供:四谷マブハイ
衣裳提供:伊勢丹
協力:フィリピン航空 阪急交通社フィルパック マニラヒルトン
出演:フランキー堺 倍賞千恵子 森田健作 尾崎奈々 川口まさみ
アメリカンビスタ カラー 93分

優勝賞品が海外旅行の人気テレビ番組「アベックアップダウンクイズ」に出演した大沢夫妻。頼りない夫の泰三に替わって妻の弘子が孤軍奮闘し、優勝とともにフィリピン周遊券1週間分と賞金10万円を獲得した。新幹線ひかり号の専務車掌を務める泰三は翌日から現地女性にもてるためのタガログ語を勉強し始め、車掌室にまでテキストを持ち込んでいた。仕事を終えた彼が帰宅すると、弘子が旅行用小遣い10万円を稼ぐために出場するKTV「ジャンボクイズ」対策の勉強を必死になって行っていた。会社でもらった餞別を渡すと、弘子はもし賞金がもらえたらこの分は貯金しましょうねと言った。「一人じゃそんなにいらないだろうし」。その言葉に疑問を持った泰三が聞きなおすと、スポンサーの日南商事がドルショックの影響で経費を削らなければならなくなったため、今回から賞品は一人分になったと収録後で決まったのだという。曾祖母の妹がフィリピンに住んでいたこともあり、例え一人になっても自分が行くのが当然だと考えていた泰三は、餞別の他に休暇手続きまでしてきた俺の顔を潰してまで行きたいのかと主張したが、内職として始めたクイズの回答で獲得したステレオやカラーテレビなどのことを持ち出されるとぐうの音も出なかった。その日、夜遅く訪ねてきたのはフィリピン航空の客室乗務員・マリだった。弘子が羽田―マニラライン開設10万人目の乗客として選ばれたため、大沢夫妻を1週間のツアーに招待するというのだ。泰三は突然の出来事に言葉を失い号泣した。

海外旅行が初めての二人は飛行機に乗るのも初めてだった。旅行当日、新幹線の自由席のつもりで空いている席に座ろうとする弘子を注意する泰三だったが、やはり慣れない環境にあたふたした。そうこうしているうちに彼は後ろの席に見知った顔の女性がいることに気付いた。彼女の名前は清美といい、先日車中で切符の払い戻しをした際に話し込んだのだ。民族衣装の研究でフィリピンへ行くという清美と話を弾ませる泰三の姿を見て弘子は嫉妬した。やがて飛行機はマニラ国際空港に到着した。マリは会社の車を探すのでこの場所で待つように二人に言い、くれぐれも悪質な客引きには注意するようにと忠告した。泰三はそこいらにいる女性の姿をカメラに収め始めたが、人相の悪い男と目が合い近寄ってきたので慌てて目を逸らした。その男は日南商事のマニラ駐在員の三宅で、本社からの命令で弘子を迎えにきたのだ。早速ホテルへ行きましょうと言うので泰三もついて行こうとしたのだが、御主人を接待しろとは聞いていないと冷たくあしらわれた。戻って来たマリは夫婦を別々に行動させる日南商事のやり方に怒りを感じ二人を連れて行こうとしたが、泰三は強引な客引きの被害に遭っている清美の姿を見つけ助けに行った。それを見てやきもちを焼いた弘美は三宅について行ってしまった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R