忍者ブログ

脱皮ワイフ

  • posted at:2016-08-05
  • written by:砂月(すなつき)
だっぴわいふ
フルモーション
配給:バイオタイド
製作年:2004年
公開日:2005年2月28日
監督:本田隆一
製作:永森裕二
プロデューサー:黒須功
原案:永森裕二
脚本:永森裕二
助監督:広田幹夫
撮影:下元哲
照明:高田宝重
録音:塩原政勝
音楽:松石ゲル(ザ・シロップ)
美術:田中耕作
ヘアメイク:堀川なつみ
スチール:奥川彰
撮影助手:中村拓 玄聖愛
車輌:山下こて
・・・:「君がかんでたチューインガム」溝呂木はじめ
・・・:「雨が降ってます」溝呂木はじめ
・・・:「二つで三百円」溝呂木はじめ
・・・:「とっておきの朝」溝呂木はじめ
製作協力:黒須映像工業
出演:小沢和義 miko 益子智行 時任歩 白石あや
アメリカンビスタ カラー 79分

茨城県出身で独自の世界観を持つミュージシャンの溝呂木はじめ。イカ天ブームのときに脚光を浴びた彼だったが、それ以降は長い長い不遇の時代を過ごしてきた。20世紀末となった今でも再ブームが来ることを信じてやまないはじめは、マネージャーで弟のテツを引き連れ若い頃に過ごしたひたちなかの商店街でギターを爪弾くのだった。いい物はいつの時代も受けるという信念のもとに活動を続けるはじめとは逆に、一度確変が掛かったパチンコ台で一日中粘ってもオケラになるだけだとテツは考えていた。そんな中、インディーズレーベルで茨城限定発売した「君がかんでたチューインガム」がオリコンチャート30位に食い込み、地元のラジオ番組に出演することになったのだが、気が大きくなったはじめは女性DJ・エミの「野育ち」という発言が気に入らないと難癖をつけ、それを口実にしてホテルに連れ込んだのだった。

5年間のストリートミュージシャン活動が実って久々のヒットを飛ばしたはじめは、1年足らず経ったある日、テツとともにレコード会社から呼び出された。担当の尾藤がはじめのベスト盤を出すというのだ。海外でのPV撮影や録音、大々的なプロモーション活動などを行い5枚のシングルをリリースしたにも関わらず世間の注目を浴びることはなかった。さらに親会社の役員の娘で宣伝部の女子社員と寝たことが発覚したため、告発しない代わりに首を切りベスト盤を出して少しでも宣伝費を回収せよというのが上層部からの命令だった。静かに話を聞いていたはじめが尾藤を殴ったことで、テツは次のレコード会社を探すとともに新たな仕事を探す決断をした。東京のラジオ局に彼が曲の売り込みに行った際、水戸でDJをしていたエミと偶然会った。エミはラジオ番組のディレクターをしており、はじめの声に魅力を感じていたことから彼女が担当する深夜番組のパーソナリティーをやらないかと誘われたという。その話を聞いたはじめは、ミュージシャンの俺が季節の話題やランキング紹介をして他人の曲を流すことなんてプライドが許さないと言った。

思うことはあるものの「溝呂木はじめの歌うハイウェイ」のパーソナリティーとなったはじめ。2003年最後の放送を終えたはじめがブースから出てくると、茨城時代からのファンだったというファンをテツが連れて来た。はじめは美樹というその娘を食事に誘うとそのまま自宅に持ち帰った。新年早々、彼は番組の中で入籍したことを突然発表した。そのことを誰にも伝えていなかったためテツはショックを隠せなかったがエミは平静を装った。新婚生活を始めて数日後の朝、はじめが目覚めると傍らに薄皮のような物が落ちていた。美樹に尋ねるとそれは彼女の物だという。「脱皮するの、わたし」。理解出来ずに再び尋ねると、同じ人と何度かエッチするとある日突然全身の皮がきれいに剥けるの、と言った。皮膚科や精神科に行っても解決しなかったことから美樹は一人で思い悩んでいたのだが、真面目に話を聞くはじめに心を許したのだった。その日以来、彼女に少しずつ変化が見え始めた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R