忍者ブログ

HOUSE ハウス

  • posted at:2016-07-18
  • written by:砂月(すなつき)
はうす
東宝映像
配給:東宝
製作年:1977年
公開日:1977年7月30日 併映「泥だらけの純情」
監督:大林宣彦
制作:大林宣彦 山田順彦
原案:大林千茱萸
脚本:桂千穂
撮影:阪本善尚
美術:薩谷和夫
録音:伴利也
照明:小島真二
音楽:小林亜星 ミッキー吉野
演奏:ゴダイゴ
監督助手:小栗康平
スチール:中尾孝
合成:松田博
光学撮影:宮西武史
作画:石井義雄 塚田猛昭
編集:小川信夫
効果:東宝効果集団
整音:東宝録音センター
現像:東洋現像所
制作担当者:広川恭
ピクトリアルデザイン:島村達雄
音響デザイン:林昌平
ファッションコーディネーター:吉田叡子
衣裳協力:(株)西武ピサ (株)西武百貨店
出演:池上季実子 神保美喜 大場久美子 松原愛 佐藤美恵子
スタンダード カラー 88分

東京郊外の女子高に通うオシャレは一週間後に迫る夏休みをとても楽しみにしていた。明日イタリアから帰ってくる最愛の父親と軽井沢の別荘で過ごすことになっていたからだ。親友のファンタは、生物の東条圭介先生の妹が運営する民宿で演劇部の仲間たちと合宿をすることになっていたことから、オシャレが参加出来ないことを残念がった。その日の夕方、オシャレが帰宅すると音楽家の父親が待っていた。彼が帰国した理由の一つは、イタリアで知り合った宝飾デザイナーの江馬涼子を娘と会せることだった。妻を失って8年、親子間の幸せを取り戻す頃合いだと考え再婚に踏み切ることにしたのだが、突然の出来事を受け入れらないオシャレは部屋に閉じこもり、母との思い出に浸った。そしてしばらく会っていない母の姉に当たるおばちゃまのことを思い出していた。

圭介に思いを寄せているファンタにとって長期間一緒に過ごせるこの夏休みは最高の時間になるはずだった。ところが彼の妹が予定よりも早く産気づいたため、民宿を開くことが出来なくなったのだ。困っているファンタたちに救いの手を差し伸べたのはオシャレだった。彼女が誘った宿泊先は軽井沢ではなく、おばちゃまが暮らしている母の実家だった。提案はしたものの先方の了承を得ていないファンタは、子供の頃に一度しか会ったことしかないにもかかわらず母の田舎で母の代わりに甘えてみたいと書いた手紙を送った。すると数日後に待望の返事が届き、ぜひいらっしゃいと書いてあった。

合宿当日、待ち合わせ場所の東京駅には、ファンタの他にガリ、クンフー、マック、スウィート、メロディーの6人が集まったが、演劇部顧問の圭介がいつまで経っても来ないため心配して電話をした。すると家を出た際に軽傷を負ったという。実は階段で転び、尻餅をついた際にバケツがはまって取れなくなったのだ。到着した駅からのバスが一日一本しかなくそれに間に合わないため、彼はバギーで後から追いかけると返事した。ファンタたちのもう一つに心配事は未だにオシャレが来ていないことだった。ホームで待っているに違いないというクンフーの言葉を信じて改札を通ると、オシャレは一人で立っていた。いなくなった猫のシロを探していたのだが、見つからないため落胆していたのだ。列車が到着し7人が自分たちの席に向かうと、シロは先回りしてくつろいでいた。シロはおばちゃまの便りとともにやってきた迷い猫だった。

オシャレがおばちゃまにまつわる話をしているうちにバスは里山村の停留所に到着した。だがどっちに向かっていいかわからず迷っているとシロが指示したため、楽観的な7人はそれに従うことにした。川を渡り、森を抜け、草原を越えた先に民家があり、そこにスイカ売りの主人がいたことから、オシャレはおばちゃまの屋敷について尋ねてみることにした。すると男は彼女を見るなり、あんたはお屋敷のお嬢様の姪御さんだろと言い、山の頂上にある一軒の屋敷を指差したのだった。お礼を言って目的地に向かう7人。男はそれを見送りながら「久しぶりだなあ。お嬢様もさぞかしお喜びなさるだろう。」と高笑いした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R