忍者ブログ

冒険者たち ガンバと7匹のなかま

  • posted at:2017-03-11
  • written by:砂月(すなつき)
ぼうけんしゃたちがんばとななひきのなかま
東京ムービー新社
配給:共同映画全国系列会議
製作年:1984年
公開日:1984年3月4日
監督:出崎統
制作:藤岡豊
プロデューサー:加藤俊三
原作:斉藤惇夫
脚本:大和屋竺 馬嶋満 金子裕 吉川惣司 高屋敷英夫
作画監督:椛島義夫
画面設定:芝山努
美術:小林七郎
撮影:清水達正
音楽:山下毅雄
主題歌:「ガンバのうた」河原裕昌
・・・:「冒険者たちのバラード」すぎうらよしひろ
録音:加藤敏
編集:鶴渕允寿
声の出演:野沢雅子 水城蘭子 内海賢二 島田彰 堀絢子
スタンダード カラー 93分

町ネズミのガンバは生まれてこの方、海を見たことがなかった。そこで親友のボーボを誘って川を下ることにしたのだ。どんな川でも繋がっていると聞き、海への憧れから想像を膨らませるガンバ。様々な困難を乗り越えてたどり着いた港で雨宿りをするシジンからこの先に海があると聞いて驚いた二人は喜び勇んで桟橋へ向かった。だがそこにあるのは夕闇に沈む大きな水たまりだった。がっかりした二人は寝床を探すことにしたが、ボーボがごちそうの匂いを嗅ぎつけたためガンバもついて行くことにした。倉庫では年に一度開かれる港ネズミと船乗りネズミによる大パーティーが始まっており、彼らはガンバたちを快く受け入れた。やがてパーティーは佳境に入り、メインイベントのケンカナンバーワンが始まった。優勝商品は5年連続のチャンピオンのヨイショが七つの海を渡り歩いて手に入れた品物だったが誰も敵う者がいなかった。成り行きで挑戦することになったガンバは互角に渡り合ったが、そこへ傷だらけの小ネズミが転がり込んできたのだった。彼の名前は忠太といい、島にイタチが乗り込んできて仲間を片っ端から殺して行くと言うのだ。その島は夢見ヶ島というが、ノロイ島という別名があることを忠太が説明すると倉庫に緊張が走った。島の名前が雪のように白い大きなイタチのノロイのことだとわかると、拘わり合いになるのはごめんだと港ネズミたちは去って行った。何故なら歯向かったら最後、死しか待っていないからだ。逃げるネズミたちを引き留めようとするガンバに、ヨイショは相手が悪過ぎるんだと説得した。だが涙を流す忠太のことが見捨てられない彼は一人でも行くことに決めたのだった。忠太をおんぶして船に乗り込んだガンバを待っていたのは、サイコロをお守り代わりにしているイカサマ、力自慢のヨイショと彼の幼なじみで物知りのガクシャ、酔っ払いの医者・シジン、そして食いしん坊のボーボだった。がんばり屋のガンバは思わぬ援軍に涙して喜んだ。

ヨイショは忠太から島の情報を得ることにした。夢見ヶ島は雨が多く風が強いがネズミにとっては過ごしやすいところだった。だが白い悪魔を首領としたノロイ族が瞬く間に島のほとんどを占拠したのだ。赤い月が出ていた夜、長老ネズミの発案で数が3分の1に減った島ネズミたちはほとんど食べ物のない北側の岩山地帯へ逃げ延びた。イタチはここまで追ってこないだろうと。だがノロイは待ち伏せていた。ノロイ族の目的はネズミの縄張りを奪うことではなく、ただ「殺す」ことだった。やっと見つけた洞穴に逃げ込むことが出来たのはほんの一握りのネズミだけで、このままでは全滅してしまうと長老は忠太に島の地図を渡したのだった。仲間の命運は身軽でケガのない彼に託されたが、先回りしていたノロイに狙われたのだ。その話を聞いた6匹はショックを受けたが、ガンバは日光に映える海の姿を甲板から見たことで元気を取り戻し、その姿を見た仲間たちも勇気づけられるのだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R