忍者ブログ

としごろ(1973年)

  • posted at:2015-06-22
  • written by:砂月(すなつき)
としごろ
松竹=ホリプロ
配給:松竹
製作年:1973年
公開日:1973年4月14日 併映「同棲時代 今日子と次郎」
監督:市村泰一
制作:瀬島光雄
脚本:元持栄美
撮影:小杉正雄
美術:梅田千代夫
音楽:小川寛興
照明:佐久間丈彦
編集:杉山よ志
録音:鈴木正男
調音:小尾幸魚
監督助手:福田幸平
装置:川添善治
装飾:宗田八郎
進行:宗本弘美
衣裳:松竹衣裳
現像:東京現像所
制作主任:馬道昭三
挿入歌:「私は歩いている」和田アキ子
・・・:「星空の孤独」和田アキ子
・・・:「中学三年生」森昌子
・・・:「せんせい」森昌子
・・・:「恋人時代」堺正章
・・・:「青春に賭けよう」西城秀樹
出演:和田アキ子 森昌子 秋谷陽子 村野武範 森次晃嗣
アメリカンビスタ カラー 89分

中学女子バレーボールの名門校・泰成中学で卒業式があった。その夜、後輩部員の高木京子の兄が支配人を務めるレストランでパーティーが行われ、母校で事務員とコーチを兼任する大和田章子が招待された。彼女が心配していたのは渡辺優子が未だに進路を決め兼ねていることだった。だが翆峰高校に進学することに決めたと明るい表情で話すことで安堵した。高校バレーの名門である翆峰の練習はとても厳しかったが、ボールに食らいついていく姿に沼田正樹コーチは感心した。優子の評判をいち早く嗅ぎ付けていたのは実業団チーム昭和紡績のマネージャー・岡部で、彼は札束攻撃による優子引き抜きを画策していた。ある日、下宿している甘味処に章子が戻ると優子が訪ねてきていた。優子のいない間に堺が両親と会い、昨年全国三位の昭和紡績にスカウトされたというのだ。優子自身は高校生活を続けたかったが、大工の父・源三が半月前に左手をケガして働けなくなっていることから、受け入れるしかないと考えていたのだった。話を聞いた章子は沼田に相談することにした。バレーボール協会で会ったときに優子のことを評価していると話していたため、きっと協力してくれるに違いないと信じていた。沼田は章子とともに優子の家を訪れたが、今の経済状態では会社にお世話になった方が得策だと母親は考えていた。事情を知った沼田は、十分なことが出来るかわからないが僕に彼女を預からせてほしいと言った。高校ナンバーワンの素質を持つ彼女を基礎訓練が出来ていない状態で実業団に送り込んでも潰されてしまうに違いないと彼は考えていた。沼田は学費を負担すると言ったが、源三は首を縦に振ろうとはしなかった。すると話を聞いていた優子の弟が割り込んできて、学校へ行かせてやれよと涙ながらに父親に訴えたのだった。沼田の自宅で下宿することになった優子を妻の秀子はとても気に入っていた。だがその日以来、沼田の様子が変わった。秀子の料理は選手に不向きだと言って外食に連れ出したり、ケガをしたときに執拗にボディータッチを行うなど彼女は不信を抱いた。

優子の親友で章子とも仲がいい森川昌子は、母子家庭という事情もあり進学することなく家の近所にある金属加工工場で働いていた。仕事に慣れない彼女に声をかけてきたのは先輩の塚原雄二だった。雄二に初恋をした昌子は、絵が好きだという彼に話を合わせるために後輩でバレー部キャプテンの藤沢淳子を誘って美術館で教養を身につけることにしたのだ。ところが急な残業が入り、昌子は淳子の自宅へ電話をかけたのだが30分前に家を出たので連絡を取れないと彼女の母親から告げられた。そんなことは知らない淳子は待ち合わせ場所で不良グループに因縁をつけられ、廃工場に連れ込まれると男たちにレイプされた。それからしばらくして彼女は練習中に倒れた。保健室に呼び出された章子は先生から淳子の体に妊娠の兆候が見られると告げられたが、まさかそんなことはないと笑い飛ばした。だが心配になり話をしようとしたが、ベッドに姿はなかった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R