忍者ブログ

スクラップ・ヘブン

  • posted at:2015-07-16
  • written by:砂月(すなつき)
すくらっぷへぶん
オフィス・シロウズ=テレビ東京=バンダイビジュアル=イエス・ビジョンズ=ザズウ
配給:オフィス・シロウズ=シネカノン
製作年:2005年
公開日:2005年10月8日
監督:李相日
企画:佐々木史朗
制作:井澤昌平 川城和実 竹中功 松野恵美子
プロデューサー:久保田傑 柳原雅美 河野聡 吉田晴彦
アソシエイト・プロデューサー:押田興将 安井美紀子 上山公一
ライン・プロデューサー:齋藤寛朗
脚本:李相日
撮影:柴崎幸三
照明:市川元一
録音:柿澤潔
美術:仲前智治
編集:今井剛
スクリプター:田口良子
衣裳:小林身和子
ヘア・メイク:細川昌子
CGディレクター:増尾隆幸
助監督:久万真路
制作担当:金子堅太郎
音楽プロデュース:曾田茂一
音楽:曾田茂一 JETBIKINI Masao Nisugi
音楽制作:茂木英興
音楽制作協力:GRAND FUNK 毒組 WILD CORPORETION
出演:加瀬亮 オダギリジョー 栗山千明 光石研 田中哲司
アメリカンビスタ カラー 117分

テレビドラマに出てくるような刑事像に憧れて警察官になった粕谷シンゴ。だが現実は甘くなかった。交番に5年勤務した後、本署の刑事部へ転属になったものの、希望した刑事課ではなく総務課に配属された。被害届などの手書きの書類をパソコンに打ち込む地味な作業を毎日続けることで仕事への意欲を失っていた。ある日、嶋田係長に呼び出されたシンゴは、一課の薮田刑事とともに遠藤町で一年前に起こったストーカー殺人事件で被害者になった主婦の法事に出向くことになった。自宅前の道路で子供が落書きしていたので、薮田は「パパ、いるかい」と声をかけケーキの箱を手渡した。すると子供は箱を叩き落とすと足で踏みつけ、家に駆け込んで行った。シンゴは被害を食い止められなかったことと、刑事は事が起こらなければ動けないことへの矛盾を感じていた。その夜、帰宅のためにバスに乗った彼は、潰れたケーキをかぶり付きながらぼんやりとしていた。すると後部座席に座っていた清掃員の葛井テツが、走っているコースが違っていると騒ぎ出したのだ。我に返ったシンゴもそれに気づき、同乗していた薬剤師の藤村サキも慌てた。テツが運転手に文句を言いに行こうとすると、その横に立っていた男が彼に拳銃を向け、ちょっと行く先を変えましたと言った。そして少し落ち着くと自分について勝手にしゃべり出した。猛勉強して大学に入り代議士の秘書になったが、不祥事を被って自殺をしなければ納まりがつかなくなった、と。一段落すると斎藤は運でも試しますかと言ってリボルバーの弾倉から弾を抜き、一発だけ残した。弾倉を回して銃口をこめかみにつけると、まず私から行きますと引き金を引いた。だが弾は出ず、俺はついているぞと叫んだ。気持ちが高揚した斎藤が次をじゃんけんで決めようと言い出すと、シンゴは憧れのシチュエーションでいいところを見せようとした。だが震える声に説得力はなく、銃口を向けられると何も出来なかった。斎藤の威圧する声で始まったじゃんけんはあっけなく決まり、テツが負けた。すると彼はいきなりテツに向けて発砲した。その銃声に怯えた運転手がブレーキを踏んだことでバスは急停車し、乗客たちは床に転がった。シンゴは座席にしがみつき、テツは胸から血を流し、サキは右目の義眼を探していた。そして斎藤は首に銃口を押し当て自殺した。3か月後、シンゴは薮田に相談を持ち掛けた。一課に取り次ぐという話はそのままになっていたのだ。薮田は、あれだけのバツが付いたんだから俺の立場も考えてくれと言った。そしてお前は警官に向かないヤバいタイプだから肩の力を抜いて仕事しろとアドバイスした。

シンゴの帰宅コースではいつもホストが女性をナンパしていた。いつかあいつらを懲らしめてやりたいと思っていたが、それを実践していたのがテツだった。偶然の再会を喜んだシンゴが世の中の矛盾など思いの丈をぶちまけると、テツはある場所に連れて行った。そこは公園の公衆トイレだった。世の中には復讐したくても何も出来ない人がいる。そこで代わりに心の叫びを聞き、世間を肥溜めにしている馬鹿どもに、振り上げた拳が自分に返ってくることを思い知らせることにしたのだ。壁にメッセージを書いたテツは、自分が苛立っている原因は何かとシンゴに尋ねた。答えられずにいると、デスクに一日中かじりついていても世の中は1ミリも変わらないぞと言った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R