忍者ブログ

タッチ 背番号のないエース

  • posted at:2015-08-13
  • written by:砂月(すなつき)
たっちせばんごうのないえーす
東宝=フジテレビジョン=旭通信社
配給:東宝
製作年:1986年
公開日:1986年4月12日 併映「テイク・イット・イージー」
監督:杉井ギサブロー
製作:大橋雄吉 日枝久 太田一郎
企画:角谷優 関谷猪三男
原作:あだち充
脚本:原田遊人 並木敏 杉井ギサブロー
アニメーション監督:前田庸生
作画監督:前田実 遊佐和重
美術:金村勝義
絵コンテ:永丘昭典 池田はやと
音楽:芹澤廣明
主題歌:「背番号のないエース」ラフ&レディ
・・・:「ガラスのティーンエイジ」ラフ&レディ
プロデューサー:藤原正道 岡正 片岡義朗
制作プロデューサー:対木重次
音響監督:藤山房延
制作:グループ・タック 田代敦巳
声の出演:三ツ矢雄二 難波圭一 日高のり子 林家こぶ平 銀河万丈
アメリカンビスタ カラー 93分

明青学園の中等部時代に帰宅部だった上杉達也は、高等部に進学したことを機に部活を始めようと考えていた。だが双子の弟の和也や幼馴染の浅倉南と違い、特に目標のない彼にとってそれは難しい決断だった。校内をブラブラするそんな達也に声をかけたのは、野球部部長で教師の児島悠子だった。中等部時代から素晴らしい運動神経に注目していたと聞いて驚く達也に、悠子は体育祭での短距離走でいつもトップだったことを例に挙げ、何故野球をやらないのかと尋ねた。そして和也がやってますからと答えると、今度は野球が嫌いかと尋ねた。嫌いじゃないけどと戸惑う達也にきっといい選手になると思うけどなと囁き、まだクラブを決めていないなら待っているからいつでもいらっしゃいと言った。その夜、和也に野球部に入るのを決めたのかと聞かれた達也だったが、まだ決めかねていた。幼い頃に達也から野球を教えてもらったこと、そしてまた一緒に野球が出来るのになと呟いた和也の言葉が達也の心を動かしたのだった。翌日の放課後、部室に向かった達也がドアを開けようとしたところ、室内から南がマネージャーとして入部するという話が聞こえ、ショックを受けた彼はその場を立ち去った。幼い頃からの南の夢。彼女を甲子園に連れて行くという夢を叶えるために和也は野球に取り組み、中等部時代からエースとして君臨した。三人は子供の頃から常に一緒だったが、達也はいつしかその中の一人が女であることを意識した。そのことから彼は二人から一歩引き、和也と南を見守ることにしたのだ。校舎の屋上で考え事をしていた達也のもとに巨漢の同級生・原田正平がやってくると、ノートと鉛筆を渡しクラスと名前を書けと言った。早くしろと急かされ従った結果、達也は知らぬ間にボクシング部に入部していた。

ある晩、勉強部屋を訪ねた南はボクシング部の練習で帰宅が遅くなっている達也を心配した。和也は本人がやる気になっているみたいだと言ったが、彼女は達也が遠くへ行ってしまったような気がしていた。本当にボクシングをやりたくてやっているのかなあと南が疑問を口にすると和也も頷いた。野球部の練習が休みになった和也は達也を河川敷へ呼び出し、南は兄貴のことを好きなんじゃないかと言った。達也の心の中には、幼い頃に彼女が言った何気ない言葉がしこりとなって残り、和也のために南と野球から遠ざかるようになったのだ。それを聞いた達也は、誰が見たって南とお前が並んでいるのが自然だと言った。兄貴はどう思うのと尋ねられると、一瞬動揺したもののそれが自然だと答えた。

達也が出場する試合の日程が決まったが南には伝えていなかった。どうして教えてくれなかったのと怒る南に、達也はただの練習試合だからなと答えた。「応援に行かなくてもいいの?」と心配する彼女に達也はそっけなくいいよと言った。その日は明青野球部の地方予選第一回戦と同じ日だった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R