忍者ブログ

ピラニア軍団 ダボシャツの天

  • posted at:2018-08-07
  • written by:砂月(すなつき)
ぴらにあぐんだんだぼしゃつのてん
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1977年
公開日:1977年2月26日 併映「北陸代理戦争」
監督:山下耕作
企画:杉本直幸 上坂久和
原作:政岡としや
脚本:松本功
撮影:増田敏雄
照明:金子凱美
録音:中山茂二
美術:富田治郎
音楽:渡辺岳夫
編集:玉木濬夫
助監督:清水彰
記録:梅津泰子
装置:吉岡茂一
装飾:西田忠男
背景:西村和比古
美粧:長友初生
結髪:福本るみ
スチール:内藤アリ
演技事務:西秋節生
衣裳:豊中健
擬斗:上野隆三
進行主任:長岡功
主題歌:「ダボシャツの天」川谷拓三
・・・:「恋歌」川谷拓三
出演:川谷拓三 竹田かほり 橘麻紀 菅貫太郎 深江章喜
シネマスコープ カラー 83分

死んだ母親から通天閣のように真っ直ぐ伸びるような男になれという願いを込めてつけられた名前を持つ松田天。それをどう解釈したのか出世するには極道になることが早道だと考えたのだった。そのためには刑務所に入って箔をつけることが先決だとし阪神刑務所の外壁に立ち小便するのだが、刑務官からは軽くあしらわれた。雪駄、腹巻、ダボシャツに夜店で買った偽革バンドといういで立ちの天は大阪・新世界を活動の拠点としている。ある日、彼はストリップ劇場の裏道で気弱そうな学生に無理矢理エロ本を売りつける高校生たちから四千円を巻き上げた二人のヤクザ者に物申した。何故ならその高校生は天をアニキと慕っている数少ない味方だからだ。ところがそこに大市組の幹部・花木が現れたことで事情は変わった。上方会の下っ端の彼が例え合図を送ったところで援軍がくるはずもなく袋叩きに遭うのだが、ある男が偶然通り掛かったことで形勢は逆転した。それは天が男の中の男と惚れ込んだ幹部の「百足の錦三」だった。四年前のイザコザで出来た腹の傷を錦三が見せると、バツが悪い花木は歯向かえず言われたとおりに四万円と心づけを渡してそそくさと逃げたのだった。

どうしても本物の極道になりたい天は以前から錦三に正式組員に所属したいことを申し出ていた。改めてそのことを申し出ると錦三は土産がいると言った。上方会では阿倍野の朝日町に特殊浴場を開くことになっており、彼はそこでマネージャーを任されることになっていた。そこで錦三は若い女性を二、三人連れてきたら考えてやると言った。天が不安視しているのは朝日町が大市組の縄張りであることだったが、錦三はそれも計算済みだった。近々、上方会は大市組と一戦交える計画があるからだ。それを聞いて安心した天は公園に出掛けて女性に片っ端から声を掛けた。ところが痴漢と間違えられてパトロール中の警官に逮捕され留置場に入れられたのだった。天は落ち込むどころかこれも極道にとって勉強だと前向きに捉えた。ブタ箱は小学校、拘置所は中学、そして刑務所は大学、と。ところが身元保証人となった錦三によってあっさりと釈放されたことでうれしさとさみしさが入り乱れた。

錦三の希望どおりに女を集められなかったことで正式組員への道が遠ざかった天は、天王寺動物園近くの道端でサルのおもちゃを売ることにした。そのときに高校生くらいの少女を見つけたためこれ幸いと声を掛けた。彼女は夏という名の奈良の山奥からやってきた家出少女で、大阪にきたもののどうしていいかわからない様子だったことから錦三のもとへ連れて行くことにした。だが世話をするうちに情が移り、自分は悪い男だし大阪には似たような男がいる怖い所だから田舎に帰るべきだと諭した。ところが話をするうちに夏が自分と同じように両親を亡くしていることがわかり、帰る家がないことを不憫に思った天は彼女を自宅に泊めることにした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R