忍者ブログ

綱引いちゃった!

  • posted at:2018-08-28
  • written by:砂月(すなつき)
つなひいちゃった
「綱引いちゃった!」製作委員会(日本テレビ放送網=東宝=バップ=D.N.ドリームパートナーズ=読売テレビ放送=ツインズジャパン)
配給:東宝
製作年:2012年
公開日:2012年11月23日
監督:水田伸生
製作指揮:城朋子
制作:藤本鈴子 市川南 平井文宏 阿佐美弘恭 弘中謙 下田淳行
エグゼクティブプロデューサー:奥田誠治
プロデューサー:飯沼伸之 下田淳行
ラインプロデューサー:及川義幸
脚本:羽原大介
撮影:中山光一
美術:清水剛
録音:鶴巻仁
照明:市川徳充
装飾:うてなまさたか 奥利暁
音楽:岩代太郎
VFXスーパーバイザー:オダイッセイ
編集:平澤政吾
スクリプター:廣瀬順子
監督補:相沢淳
助監督:稲葉博文
制作担当:斉藤大和
主題歌:「愛して笑ってうれしくて涙して」DREAMS COME TRUE
制作プロダクション:ツインズジャパン
企画・制作幹事:日本テレビ放送網
出演:井上真央 玉山鉄二 浅茅陽子 西田尚美 ソニン
アメリカンビスタ カラー 111分

九州地方の東部に位置するマイナーな大分県。中でも大分市は県庁所在地でありながら全国的に認知度が低かった。そこで大分市長の花宮賢一郎は市役所の広報課にイメージアップの戦略を命じた。担当することになったのは広報課の若手職員・西川千晶で、彼女はまず観光用PRビデオの作成に着手した。自ら体当たりでパラグライダーを飛ばしたが結果は散々。そのメイキングビデオを見た花宮は頭を抱えた。全国にアピールして観光客を呼び、空き地だらけの工業団地に企業を誘致して雇用を生み経済を活性化させなければ市民の生活レベルは上がらない。だが予算には限りがあるため大風呂敷を広げるわけには行かない。そう考えていた花宮は無駄な予算を使わずに市民の力で大分市を有名にする方法を思いついた。そのヒントは「大分コスモレディース」にあった。造園業の主婦を中心に結成したその女子綱引きチームは世界大会で3度の優勝を経験したが、数年後に解散した。そのチームを再び立ち上げて知名度アップに繋げようと考えたのだ。そして「女子綱引きプロジェクト」と銘打った企画は千晶に丸投げされた。資料を調べるうちに興味を持つようになった千晶だったが、「メンバー集め」という壁にぶつかった。チラシを作って配ったものの地味でマイナーなスポーツに市民は誰も見向きもしなかったのだ。

花宮は他にも頭の痛い問題を抱えていた。それは市の予算削減のために給食センターの民間委託を発表したところ、センターの職員がデモを起こしたのだ。その中には千晶の母・容子も参加しており、千晶も同様に頭を痛めていた。彼女は市民から応募がないため仕方なく職員に触れ回ったがここでも相手にされず、同僚からは誰もやりたい人がいないからこの企画は無理でしたと市長に正直に言うべきだと言われた。それを聞いて思い悩む千晶だったが、あるアイデアがひらめき市長室に向かった。そして花宮は提案をあっさりと受け入れた。その提案とは給食センターの職員の中からメンバーを選抜してチームを作り、県代表となって全国大会に出場すれば委託を撤回するというものだった。仮にそれが成功すれば支持率アップが狙えるため花宮としても願ったり叶ったりだ。千晶は早速職員を市役所の会議室に集めて説明会を行ったが、最後まで残ったのは7人だけだった。当然のことながら未経験者ばかりで本気度が高いとは言い辛く、競技は8人制であるためひとり足りなかった。だがまず競技に興味を持ってもらおうと考えた千晶はJAおおいた男子チームの練習を見学させることにした。ところが彼女らが興奮したのは男たちの肉体の方で、リーダー格の容子はその中でも一番若い熊田公雄をコーチに指名した。一方、千晶に一目惚れした公雄もいいところを見せようと積極的に役目を引き受けたのだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R