忍者ブログ

宇宙大怪獣ドゴラ

  • posted at:2018-08-03
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうだいかいじゅうどごら
東宝
配給:東宝
製作年:1964年
公開日:1964年8月11日 併映「喜劇 駅前音頭」
監督:本多猪四郎
制作:田中友幸 田実泰良
原作:丘美丈二郎
脚本:関沢新一
撮影:小泉一
美術:北猛夫
録音:矢野口文雄
照明:小島正七
音楽:伊福部昭
整音:下永尚
監督助手:佐野健
編集:藤井良平
音響効果:知久長
現像:東京現像所
制作担当者:中村茂
特殊技術・撮影:有川貞昌 富岡素敬
特殊技術・光学撮影:真野田幸雄 徳政義行
特殊技術・美術:渡辺明
特殊技術・照明:岸田九一郎
特殊技術・合成:向山宏
特殊技術・監督助手:中野昭慶
特殊技術・制作担当者:小池忠司
特技監督:円谷英二
出演:夏木陽介 藤山陽子 小泉博 若林映子 中村伸郎
シネマスコープ カラー 81分

テレビ中継用の人工衛星・L-100型が打ち上げられ、周回軌道に乗ることに成功した。衛星が6周目の日本上空を通過した頃、宇宙空間で異常事態が発生した。光を明滅しながら成長する3体の宇宙生物が地球に接近し、その衛星を飲み込んだのだった。だが地上で観測を行っていた電波研究所では正確な事態を把握することが出来なかった。

人工衛星の事故をラジオが速報として伝えていた深夜、パトロール中の警官二人は不審な車を見つけたため声を掛けた。その車にはラジオを聞いている女が乗っていたが、男を待っている様子だったのでそれ以上は聞かなかった。しばらくパトロールを続けていると酔っ払いが宙に浮いているのを目撃し急いでその後を追ったのだった。その頃、宝石店・天宝堂に五人組の強盗が押し入り金庫の扉をガスバーナーで焼き切ろうとしていたが、急に体が浮いて自由が利かなくなったため道具を放り出して逃げたのだった。店のシャッターには人工衛星を破壊した物と同じ生物が張り付いており、男たちは発砲したが手に負えず用意していた車をスタートさせると、リーダー格の男は待ち伏せしていた女の車に乗り込んだ。警官は銃声を聞いて駆け付けたが強盗団を捕まえることは出来なかった。

世界各国でダイヤモンドが盗まれる事件が多発し、それは日本も例外ではなかった。警視庁外事課の駒井刑事は宝石ブローカーのマーク・ジャクソンを追跡し、結晶構造学の権威・宗方博士の邸までたどり着いたが、あと一歩のところで出し抜かれたのだった。最近、世界的に組織されたダイヤモンド強盗団が動き出しており、ニューヨークやロンドン、パリなどで大きな被害が出ていた。だが彼らが拘わっていたのはパリの一件だけだった。日本支部でも成果が上がらないことに頭を抱えており、髭のボスは何か名案はないかと知恵を絞った。そもそも昨夜の犯人は人間ではなく、何故そんな奴がダイヤを狙っている理由がわからなかった。そこへ浜子がマークを連れてきたのだった。夕べの仕業はお前だろうと多田がマークに掴み掛かったとき、隣にいた真木がボディータッチをして背広のポケットから袋を見つけた。その中身をテーブルにぶちまけると無数のダイヤが光輝いた。

駒井は宗方を警視庁に呼び出すと天宝堂で起きた事件の資料を渡した。写真には金庫の扉が蝋細工のように溶けた様子が写っており、それを見た宗方は現場に放置されていた酸素切断機とは比較にならないほどのエネルギーが必要だと言った。そして駒井が被害届の提出を促すと、宗方は秘書の桐野昌代と顔を見合わせて困ったなと首を傾げた。盗まれたダイヤはまだ公にされていない研究、開発中の「人造ダイヤ」だったからだ。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R