忍者ブログ

くいこみ海女 乱れ貝

  • posted at:2018-07-30
  • written by:砂月(すなつき)
くいこみあまみだれがい
にっかつ
配給:にっかつ
製作年:1982年
公開日:1982年7月9日 併映「鏡の中の悦楽」
監督:藤浦敦
プロデューサー:結城良熙
企画:奥村幸士
脚本:富田康明 藤浦敦
撮影:水野屋信正
照明:矢部一男
録音:信岡実
選曲:伊藤晴康
編集:井上治
美術:中澤克巳
助監督:瀬川正仁
色彩計測:佐藤徹
現像:東洋現像所
制作担当者:鶴英次
協力:神津島観光協会
出演:渡辺良子 松川ナミ 藤ひろ子 水月円 松原玲子
アメリカンビスタ カラー 67分

日本のとある島の漁村。集まれば男の話題に花が咲く6人組の海女は主にアワビなどの貝類を獲っている。その中の一人、渡辺帆奈美は網元の若旦那・岩瀬源太郎と恋仲で、両親を海で亡くした彼女にとって源太郎の父の死は他人事と思えず命日に墓参りをした。そんな帆奈美を源太郎の母・千恵は認めており、息子との縁談をいち早くまとめたいと考えていたが、当の源太郎はというといろいろ自由にやってみたいことがあると言って煮え切らなかった。そこでおじの忠吉は、彼を東京に連れて行きやりたいことを思い存分やってから島で結婚式を挙げればいいと提案した。それからしばらく経った頃、6人の間にある噂が持ち上がっていた。それは上京した源太郎がすっかり羽を伸ばし、銀座の一流ホステスに夢中になっているというのだ。そのホステスはかなりの美人であっちの腕は抜群。そんな彼女に源太郎が骨抜きにされているという話は忠吉からの確かな情報だった。帆奈美はみんなの前で素っ気ない振りをしたが、内心は穏やかではなかった。

ある日、島に到着したフェリーから降りてきたのは今までとすっかり雰囲気が変わり明るさを取り戻した源太郎とそんな彼を心配する忠吉だった。源太郎が惚れ込んだそのホステスは、島にはいないタイプの骨が細くてしなやかな女で一万人に一人といわれる名器の持ち主だった。その話は漁師仲間の只見茂など男たちにあっという間に広がり、それを聞いた女たちも自分とどう違うのだろうと興味津々だった。それから数日後、フェリーから降りてきた垢抜けた女は神津村の岩瀬家が何処にあるのか尋ねた。その女が源太郎を追い掛けてきたホステスの藤井由紀だった。彼女がくるのを心待ちにしていた源太郎は車で出迎えると灯台のある高台へ連れて行き体を重ねた。そしてそれが終わると源太郎は車で島を案内し、もし結婚することになれば先祖代々伝わる山林や土地など数えきれない程の不動産や大きな5艘の漁船、ひと航海して当たればドカッと大金が転がり込む漁師の仕事が2人の物になることを説明した。その様子を目撃したことで面白くなかった6人組のうち何人かはいつか意地悪してやろうと企んでいた。

数日後、島に降り立ったパナマ帽の男はかつての由紀のヒモ・長谷部淳一だった。淳一は岩瀬家に直行すると、大酒呑みで薬を打っている由紀のような女はここの家柄に合わないから源太郎に諦めさせるようにと千恵に吹き込んだ。そして次に由紀が泊まる旅館へ向かうと、二度と会わない約束だったが気が変わったと復縁を迫るのだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R