忍者ブログ

不良番長 練鑑ブルース

  • posted at:2019-04-09
  • written by:砂月(すなつき)
ふりょうばんちょうねりかんぶるーす
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1969年
公開日:1969年6月14日 併映「極悪坊主 念仏人斬り旅」
監督:野田幸男
企画:矢部恒 吉田達
脚本:山本英明 松本功
撮影:星島一郎
録音:小松忠之
照明:元持秀雄
美術:藤田博
編集:田中修
助監督:伊藤俊也
擬斗:日尾孝司
進行主任:伊藤源郎
装置:吉田喜義
装飾:田島俊英
記録:宮本衣子
現像:東映化学工業株式会社
音楽:八木正生
主題歌:「番長シャロック」梅宮辰夫
出演:梅宮辰夫 谷隼人 夏圭子 夏珠美 鈴木やすし
シネマスコープ カラー 89分

詐欺、婦女誘拐・暴行、窃盗の罪で練馬鑑別所へ5回、少年刑務所へ2回送られた神坂弘は、練鑑出身者を集めてカポネ団を結成し番長として歌舞伎町界隈を縄張りにし競輪のノミ屋とバーの借金取り立てをシノギとしている。彼らと敵対するのは新宿桜吹雪団の団長・梶木征一で、頭に血が上ると何を仕出かすかわからない厄介者だった。梶木は団員を引き連れてノミ屋の店に手薄な昼間を狙って乗り込み売り上げ金を巻き上げようと企んだが、神坂らによって阻止された。

ジャブとバイキングがいつものように競輪場でノミ行為を行っていると、菊地石松という何処か抜けた極道者が売り上げを渡せと言ってきた。いてまうぞとナイフをチラつかせる石松にやれるものならやってみいと凄むジャブだったが、本当に刺されたのだった。そのことに一番驚いたのは石松で、慌てて病院に担ぎ込むと素早く入院の手続きを取ったのだった。すると見舞いにきたのが神坂であり、ジャブ彼の舎弟だったことを知って石松はまた驚いた。石松も練鑑仲間だったからだ。出所後はツキから見放され、やる事なす事裏目に出てしまうため、ついに浜松を離れて東京に出てきたのだ。再会を喜ぶのもつかの間、入院費を払う金がないため急いで夜逃げした。

ある日、カポネ団の店に美女がやってきて10万円で8レースの1-5を1点買いするように言った。危険だと感じたタニーは、うちはただのビリヤード屋だと断ったが彼女は聞く耳を持たなかった。通常フリーの客を相手にすることはなかったが、1-5がくる確率が低かったため引き受けることにした。カモがきたと喜ぶタニーたちだったが、予想に反して大当たりし260万円を支払わなければならなくなった。揉めているところにやってきた用心棒は練鑑仲間の重光史郎で、それがわかると昔の仲間を裏切るわけにはいかないと契約金を彼女に返したのだった。重光は競輪場で一日だけ用心棒になって欲しいと頼まれただけで女の素性を知らなかった。一平と八平が後をつけたところ、彼女が白河元侯爵の娘・小夜子であることがわかった。神坂たちがその後の対策を話し合っていると黒ずくめの男たちがやってきてビルの屋上へ連れて行かれた。そこには桜吹雪団の姿もあり、両者はそこが決闘の場だと考えたがそうではなかった。弁護士の藤原大蔵は国際賭博場を開く計画があり、協力して欲しいと申し出たのだ。ヤクザは嫌いだが素人には任せられない。そこで彼らに白羽の矢が立ったのだ。ラスベガスなどで日本人が散財するのがたまらない藤原は外国人客からその分を取り返そうと考えた。だが格好の場所と考えていた白河元侯爵の屋敷は横田産業の社長の物になっていたのだ。横田は手付を打っただけで残りの金を払っておらず、依頼主から取り立てを頼まれたものの話が先に進んでいなかった。そこで藤原は、成功した方に賭博場のマネジメントを任せることを提案した。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R