忍者ブログ

ザ・スパイダースの大騒動

  • posted at:2015-12-16
  • written by:砂月(すなつき)
ざすぱいだーすのだいそうどう
日活
配給:日活
製作年:1968年
公開日:1968年5月18日 併映「娘の季節」
監督:森永健次郎
企画:笹井英男
脚本:伊奈洸
撮影:松橋梅夫
照明:高島正博
録音:太田六敏
美術:西亥一郎
編集:井上治
助監督:近藤治夫
色彩計測:永塚各一郎
現像:東洋現像所
制作担当者:山下昭
音楽:かまやつ・ひろし 林一
主題歌:「あの時君は若かった」田辺昭知とザ・スパイダース
挿入歌:「風が泣いている」田辺昭知とザ・スパイダース
挿入歌:「なればいい」田辺昭知とザ・スパイダース
挿入歌:「バンバン」田辺昭知とザ・スパイダース
挿入歌:「君のハートはダン!ダン!」田辺昭知とザ・スパイダース
挿入歌:「いつまでもどこまでも」田辺昭知とザ・スパイダース
挿入歌:「もう一度もう一度」田辺昭知とザ・スパイダース
挿入歌:「太陽の翼」田辺昭知とザ・スパイダース
挿入歌:「夕陽が泣いている」田辺昭知とザ・スパイダース
挿入歌:「愛しているから」奈美悦子
協賛:ベアー時計バンド
出演:田辺昭知 堺正章 井上順 井上孝之 大野克夫
シネマスコープ カラー 86分

地方公演を終えて新幹線で東京に戻ってきたザ・スパイダース。丸の内中央口を抜けて彼らのプロダクション「スパイダクション」が用意したバスに機材を積み込むと、熱狂的な女性ファンたちが押し掛ける中をすり抜けて7人は移動車に乗り込んだ。次の公演会場へ向かう車中で後部座席にいた堺正章は、後ろを走るスポーツカーの美人ドライバーが自分に惚れているに違いないと隣の井上順に言った。どうしてそんなことがわかるんだよと順が尋ねると、正章はそうに違いないんだと自分に言い聞かせるように答えた。信号での停車中に二人が手を振ると振り返してきたことから、順はドンとぶつかって気持ちを確かめた方がいいと言った。そのとき、後方の車が女性の車に衝突。そのあおりでスパイダースの車にも衝突した。メンバーは検査のために自力で東洋病院に向かったが、女性が同じ病院に救急車で運ばれてきたため正章と順は心配でならなかった。診察と脳の検査を行った結果、異常が見つからなかったことから、二人はメンバーに許可をもらって女性の病室にお見舞いに行くことにした。病室から出てきた看護師に兄弟だと嘘をついて容体を聞き出すと、ショックで興奮しているだけで大丈夫とのこと。早速、室内に入ると女性は笑顔で迎えてくれた。彼女の名前は高村夕子。驚いて気絶しただけだが、念のために医師から入院を勧められたのだった。順は自分を売り込むために一方的に話しかけて正章が割り込むのを妨害した。すると面白くない正章は窓辺に歩いて行きいつもの妄想に耽った。外科医の正章は、手術台に乗った順の大脳切除手術を行おうとしていた。メス、ノコギリ、トンカチ、電気ドリルを使って開封しヤットコで中身を取り出すとダイヤのネックレスが出てきたため「女ったらし」と悪態をついた。続いてネジ回しでネジを外しシャベルで中を掘り進むと突然水が噴き出してきたのだ。夢も空想もない空っぽな頭の中だったことがわかると正章は落胆し、順の傷口をセロテープで張り合わせたのだった。そこで妄想から覚めたが、正章は夕子と一度も話すことなく順に連れ出されたのだった。

公演の休憩時間に正章が楽屋に戻ると順が電話をかけていた。彼が自分と同じ時計をしていることから文句を言ってやろうと近づいて行ったが、電話の相手が夕子だとわかると正章は態度を変えた。受話器を奪おうにも隙を見せず楽しそうに話す順に嫉妬した正章は再び妄想に耽った。吹奏楽隊隊長の正章は兵士たちの点呼を行ったが、中々うまく行かず困っていた。そこに女王陛下の乗った馬が到着したため、敬礼のあと回れ右を指示して楽隊を行進させた。そして全員は向こうを向いている間に正章は陛下とキスした。ところ変わって戦場の最前線。三日間も不眠不休で何も口にしていない順は裸のグラビアを見て気を紛らわしていた。それが上官の正章に見つかり、敵情の視察を命じられたのだった。敵が目前まで迫っていたことから正章は陛下のために突撃を命じたが、やる気を無くした部下たちは全員逃亡した。残ったのは正章のファンである看護師のヨシ子だけ。彼は銃を掴むと一人で突撃を試みたが、虚しく敵の銃弾に倒れた。妄想から覚めると出番の時間が目前に迫っていた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R