忍者ブログ

この子の七つのお祝いに

  • posted at:2016-01-20
  • written by:砂月(すなつき)
このこのななつのおいわいに
松竹=角川春樹事務所
配給:松竹
製作年:1982年
公開日:1982年10月9日 併映「蒲田行進曲」
監督:増村保造
制作:角川春樹
プロデューサー:岡田裕介 中川完治
原作:斎藤澪
脚本:松木ひろし 増村保造
音楽:大野雄二
撮影:小林節雄
照明:川崎保之丞
美術:間野重雄
録音:井家真紀夫
編集:中静達治
助監督:近藤明男
制作主任:高橋文雄
撮影助手:竹沢信行 岩本道夫 笠間公夫
撮影効果:塚本貞重
照明助手:国本正義 本田純一 大坂章夫 清野俊博 岡秀雅
美術助手:和田洋
装置:荒井新一
セット付:藤田雄幸
装飾:神田明良
衣裳:松竹衣裳 相沢登記雄
メーキャップ:入江荘二
結髪:馬場利弘 沢辺満代
記録:山之内康代
録音助手:舛森強 小川健司
音響効果:佐々木英世
編集助手:大橋富代
ネガ編集:南とめ
現像:東洋現像所
宣伝:梶原時雄 松本行央
スチール:清水紀雄
助監督:藤由紀夫 加藤仁
進行:宮本恵司 大崎裕伸 八鍬敏正
制作担当:生田篤
衣装協力:鈴乃屋
衣装制作:小泉清子
ロケ協力:会津若松・市橋漆工藝(有)
制作協力:オフィス・ヘンミ
出演:岩下志麻 根津甚八 辺見マリ 畑中葉子 中原ひとみ
アメリカンビスタ カラー 111分

東京のとあるマンションで無職の女性・池畑良子が殺害された。遺体には左の頸動脈から喉元にかけて鋭い刃物で切られたような傷があり、他にも肩甲骨の下に2か所の刺し傷、左の乳房の下にもえぐられた箇所があった。警視庁城西警察署の渋沢刑事はあまりにもひどい手口から怨恨の可能性を口にしたが、近所の聞き込みで男出入りが激しかった情報を掴んでいた阿久津刑事は色恋のもつれではないかと言った。その相手はマンション周辺に住む土地成金の親父やその息子たちで、5,6人を代わるがわる部屋に連れ込んでいたという話だった。部屋は荒らされておらず洋服ダンスだけがかき回されていること、現場にはケーキの他に外国たばこの吸い殻が残されていることから、渋沢らはそれらを手掛かりに捜査を始めた。

参考人の一人としてピックアップされたのは、5年前に東洋新報を辞め今は月刊公論の専属ルポライターをしている母田耕一だった。彼が27日、つまりこの日の午後6時に良子と会う約束をしていたことは部屋のカレンダーに記されていたことでわかったが、母田はその理由を秦一毅の日常生活を取材するためだったと取り調べで証言した。秦は保守党次期総裁候補・磯崎大蔵大臣の第一秘書官で、磯崎を陰で操っている怪物と言われていた。その屋敷で家政婦として働いていた良子だったが、出入りの商人と関係したことでクビになった。それを知った母田は彼女に接触して秦に関する情報を聞き出そうとしたのだ。母田は潔白を証明するために吸っていたショートホープをもみ消すと、僕の血液型はO型だからこの吸い殻で良く調べてくださいと皮肉を言った。その夜、署内で偶然再会した東洋新報時代の後輩・須藤洋史に取材方法の手解きをすることにした母田は、須藤の行きつけのバー・往来(ゆき)で調査中の案件を公開した。秦が磯崎の黒幕であることを須藤は知っていたが、母田は彼を大物にしたのは秦ではなく内縁の妻の青蛾(おおが)であることをファイルの資料で説明した。占い師の青蛾は高輪にある秦の豪邸を仕事場にしていた。彼女は証文(人の手形)を見て運勢や将来を占うのだが、磯崎が総裁候補になれたのは青蛾の言うとおりに動いたからだという噂だった。そのことが評判になり大物の政治家たちが事を決める時は必ず青蛾に占ってもらうことにしていた。この高輪詣は秦が選んだ人物しか占わず、一回の相場が300万から500万円と言われていた。

クビになった良子と連絡が取れたため喫茶店で会うことになった母田は、そこで青蛾の占いにからくりがあることを聞いた。話の続きは500万円をもらってからでないと話せないと言われたが、信憑性がないと断ると彼女は証拠として頭にきて盗み出したという一枚の証文を取り出した。青蛾は占いと称してこの手形の男を探しているというのだ。あんたに洗いざらい話して復讐してやるんだと良子が言うと、金は何とかするから3日後にマンションで詳しい話を聞きたいと再び会う約束をしたのだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R