忍者ブログ

温泉おさな芸者

  • posted at:2016-02-27
  • written by:砂月(すなつき)
おんせんおさなげいしゃ
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年7月4日 併映「実録 私設銀座警察」
監督:鷹森立一
企画:太田浩児
脚本:今子正義 鷹森立一
撮影:星島一郎
録音:小松忠之
照明:大野忠三郎
音楽:菊池俊輔
編集:田中修
助監督:田村猛
記録:宮本衣子
スチール:藤井善男
渉外:中川亘
進行主任:岩谷敏明
装飾:装美社
美粧:須々木善三郎
美容:高杉喜美子
衣裳:長谷稔
演技事務:石川通生
現像:東映化学
協力:天城観光協会 天城湯ヶ島温泉旅館組合
出演:深田ミミ 沢リミ子 田辺節子 南廣 小林千枝
アメリカンビスタ カラー 71分

東京の私立高校に通う3年生の速野征代と穴沢良子は、夏休みに入ると残りの10日間を過ごす沖縄旅行の費用を稼ぐためのアルバイト先を探した。お金のない彼女たちが気分転換を兼ねて決めた先は西伊豆。だが20日間をアルバイトに当てることは考えていたものの何をするかは決めていなかった。早速ヒッチハイクで図々しくトラックの荷台に乗り込んだまでは良かったが、行く先は横浜だった。その後もヒッチハイクを繰り返したが、西伊豆に近づくにつれて次の車が拾えなくなり長距離を歩く羽目になった。体はクタクタでもう一歩も歩けなくなっていた彼女たちの目に飛び込んできたのは駐車中の無人のジープだった。後部座席に乗り込んで運転手を待っていると、やってきたのが同世代の女性二人だったことから良子たちは西伊豆まで乗せて欲しいと頼んだ。すると女子高生の方が冗談は顔だけにしてとケンカを売り、カッとなって手を出そうとした征代を車から引きずり降ろしたのだ。尻餅をついた征代を心配して良子が駆け寄ると、背後で大きなクラクションが鳴った。運送会社のトラックが彼女たちのせいで通れずに困っていたのだ。征代たちが運転手に声を掛けた隙にジープは逃げるように走り去った。すると二人はトラックに無理矢理乗り込むと当て逃げをしたあのジープを追いかけて欲しいと頼んだのだった。それをまともに信じた運転手はアクセルを踏み込んだが、登坂で振り切られてしまった。

天城温泉郷についた二人は宿を決める前にまず腹ごしらえをすることにした。茶屋で雑談しているとそこの女将がここで働きなさいよと声をかけてきた。宿泊、三食付きで日当も出るということで持ち合わせのない彼女たちには渡りに舟だった。女将のまん婆さんは多角経営の時代だからと茶屋の他に置屋もやっており人手が不足していたのだ。その夜、旅館の番頭・田村から天城一の売れっ子芸者がまだ来ないという催促の電話があり、前の座敷が長引いていることを知ったまん婆さんは自分が行くことを提案した。だがそれを聞いた田村は、大事な顧客である東日医師会幹事との関係をぶち壊されてはたまらないと全力で拒否したのだった。そこでまん婆さんはある妙案を思いついた。今の時代は何でもインスタント。そこでまんじゅう作りを手伝う征代と良子をインスタント芸者に仕立て上げることにしたのだ。旅館に到着するとそこにジープが停まり芸者が降りてきた。彼女は征代たちを置いて逃げた奈々だった。驚いて指を差し合う征代たちを見て何事かわからないまん婆さんは、大急ぎで二人を座敷に引っ張って行った。首を長くして待っていた須田、毛塚、別所の3人はゼミナールと称した要求を素直に聞く征代たちをとても気に入り、楽し気な笑い声は館内に響いた。噂はあっという間に広がり興味本位の客たちが次々と指名したが、気分が悪かったのは他の芸者衆だった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R