忍者ブログ

トラック野郎 一番星北へ帰る

  • posted at:2017-01-16
  • written by:砂月(すなつき)
とらっくやろういちばんぼしきたへかえる
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1978年
公開日:1978年12月23日 併映「水戸黄門」
監督:鈴木則文
企画:天尾完次 高村賢治
脚本:掛札昌裕 中島信昭 鈴木則文
撮影:中島徹
録音:広上益弘
照明:小林芳雄
美術:桑名忠之
編集:鈴木宏始
助監督:澤井信一郎 森光正
記録:高津省子
進行主任:石川通生
装置:中村文栄
装飾:金田孝夫
音響効果:原尚
擬斗:日尾孝司
スチール:藤井善男
宣伝担当:坂本年文 本間昭信
演技事務:山田光男
美粧:井上守
美容:石川靖江
衣裳:福崎精吾
協力:東映俳優センター
現像:東映化学
音楽:木下忠司
挿入歌:「仮面舞踏会」黒沢年男
・・・:「ごめんよ」新沼謙治
・・・:「トラック野郎の三度笠」須賀良
協力:いわき市常磐ハワイアンセンター 花巻温泉 山田うどん
企画協力:(株)カントリー
協力:金子運輸株式会社 哥麿会 関西浪花会
出演:菅原文太 愛川欽也 せんだみつお 大谷直子 新沼謙治
アメリカンビスタ カラー 110分

青森で復路の荷を積んだ三台のトラックは晩秋の東北道を疾走していた。先頭は星桃次郎が運転する一番星号、続くは松下金造のやもめのジョナサン号、そしてしんがりは桶川玉三郎の三番星号だった。松下家では金造が1週間ぶりに食卓を囲むことから、妻の君江が奮発して夕食にすき焼きを用意して待っていた。桃次郎と玉三郎も一緒に食事をすることになっていたが、いつまで経っても桃次郎がトラックから降りてこないため、君江が娘の美智子と華子を見に行かせた。すると桃次郎は運転席で縮こまって震えていたのだ。医者に診せたところ食あたりの診断を受けたが、もう少し遅ければ命にかかわるほど危ない状態だった。君江は意識を取り戻したばかりの桃次郎に日本一のお嫁さんを探してあげるからねと約束した。

すっかり体調が良くなった桃次郎は金造とともに再び東北へ荷を運んでいた。ドライブイン・花巻オートスナックで仮眠を取っていた金造は出発の時間になったので桃次郎を起こすとコーヒーを買いに行った。眠気覚ましにトラックから出てきた桃次郎は見回りにやってきた婦人警官の佐倉潔子を車内に連れ込もうとして婦女暴行未遂と公務執行妨害で逮捕された。国道4号線には「4号線のマリー」という婦人警官のコスチュームを着た有名な売春婦がいたことから彼女もその仲間だと思ったのだ。この逮捕を誰よりも喜んだのは、2代目花巻の鬼台貫こと岩手県警の赤沢重吉巡査だった。一番星号には探知機が積まれておりネズミ捕りの場所を事前に察知されるため、その情報は他のトラック野郎たちに筒抜けになるからだ。だが警察官としてのイロハを叩き込まれた彼の先輩の金造が現れ土下座したことで事情は変わった。台貫とは過積載取締りで使用される大型の秤で、金造はかつて花巻の鬼台貫と呼ばれていたのだ。重吉は桃次郎に対し軽微な24時間の拘留を言い渡した。

ドライブイン・みちのくでは桃次郎の出所祝いが盛大に行われていたが、その中で浮かない顔をしている男がいた。彼は真室川こと石川孫六というトラック野郎で、人身事故で支払うことになっている慰謝料のうち残りの60万円をサラ金から借りようと考えていたのだ。だがそれには保証人が必要であることから、金造に頼み込むとよしと言って即座にハンコを押した。すると食堂が騒がしくなった。そこに現れたのはアメリカ帰りで24トンの大型トレーラーを乗り回すビッグ99こと九十九譲次だった。彼は運ぶ荷を横取りする「荷荒らし」を行うことでトラック野郎たちから反感を買っていたのだ。以前煽られたことがある桃次郎は話し合いで解決しようとしたが、道理の通じる相手ではなかった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R